zuknow learn together

新しい教材を作成

ケアマネ24

カード 26枚 作成者: なべちゃん (作成日: 2014/06/11)

  • 社会保険では、保険料と保険給付が法令によって定められ、自由に選択することができない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    社会保険では、保険料と保険給付が法令によって定められ、自由に選択することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会保障について ⭕️

    解説

  • 2

    2010(平成22)年10月現在、要介護認定・要支援認定を受けた高齢者は高齢者人口のおよそ4割を占め、85歳以上ではおよそ7割が要介護等に認定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 記述について ❎ 高齢者人口の16.6% 65歳〜69歳では2.8% 85歳以上では57.5%

    解説

  • 3

    生活保護法の更生施設に入所している者は、介護保険の被保険者にはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険の被保険者について ❎ 適用除外施設は救護施設のみ

    解説

  • 4

    介護保険審査会の設置・運営。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険制度における都道府県の事務として ⭕️

    解説

  • 5

    特定施設入所者生活介護における特定施設とは、有料老人ホーム、養護老人ホーム、 軽費老人ホーム、地域密着型特定施設でないものをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険の保険給付について ⭕️ 地域密着型特定施設とは、入居定員29人以下。

    解説

  • 6

    地域支援事業のうち介護予防等事業以外の費用について、2号被保険料の負担はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保険財政について ⭕️ 公費負担と1号被保険料で賄われる

    解説

  • 7

    財政安定化基金の財政は、国と都道府県が半分ずつ負担する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保険財政について ❎ 国、都道府県、市町村が3分の1ずつ負担する。

    解説

  • 8

    市町村が介護保険事業計画を策定または変更しようとする場合、定めるよう努める事項については、あらかじめ都道府県の意見を聴く必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護保険事業計画について ⭕️

    解説

  • 9

    利用者からのサービスに関する苦情申し立てを行うが、事業者に対する指導・助言を行う権限は与えられていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民健康保険団体連合会の業務について ❎ 指導・助言を行う

    解説

  • 10

    市町村の委託を受けて、介護予防・日常生活支援総合事業の実施に必要な費用の審査・支払い事務を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民健康保険団体連合会の業務について ⭕️

    解説

  • 11

    市町村から委託を受けて第三者行為への損害賠償金の徴収・収納事務を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民健康保険団体連合会について ⭕️

    解説

  • 12

    介護予防・日常生活支援総合事業の対象は、すべての第1号被保険者と要支援者である第2号被保険者である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域支援事業について ⭕️

    解説

  • 13

    要支援・二次予防事業では、介護予防普及啓発事業などが行なわれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域支援事業について ❎ 介護予防普及啓発事業について

    解説

  • 14

    地域包括支援センターは、市町村から委託を受けた要支援者に対するケアマネジメント事業のうち一部を指定居宅介護支援事業者に委託することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域支援事業について ⭕️

    解説

  • 15

    予防給付を受けている要支援者は、同時に介護予防・日常生活支援総合事業を利用するこはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域支援事業について ❎ 利用することはできる

    解説

  • 16

    事業者・施設は、各月分の保険給付額の請求について、通常翌月の10日までに所在地の国保連に介護給付請求書等を提出することによって行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護報酬の審査・請求について ⭕️

    解説

  • 17

    介護給付費審査委員会の審査定数の半数以上の出席により行い、出席した委員の過半数によって議決する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護報酬の審査・請求について ⭕️

    解説

  • 18

    低所得の要介護者が施設サービスを利用した場合、食費、居住費については、所得に応じて設置された負担限度額までを支払えばよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高額介護サービス費等や低所得者対策について ⭕️

    解説

  • 19

    介護保険制度が施行される前から特別養護老人ホームに入所していた人の場合、自己負担額について負担能力に応じた減免措置が講じられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高額介護サービス費等や低所得者について ⭕️

    解説

  • 20

    生計維持者が死亡して、サービス費用の1割の定率負担が困難になった被保険者に対して、市町村その負担を軽額することができるが、全額免除をすることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高額介護サービス費等や低所得者対策について ❎ 10割とすることも可能になった。

    解説

  • 21

    社会福祉法人等が実施する、低所得者への利用者負担の軽減措置の対象となるのは、サービス費用の1割負担についてで、食費や居住費、滞在費、宿泊費については対象外である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高額介護サービス費や低所得者対策について ❎ 軽減措置をとることができる。

    解説

  • 22

    事業者や施設の指定の欠格事由には、申請者が労働保険等を滞納している場合も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指定と指定の取り消しについて ⭕️

    解説

  • 23

    更新認定の申請は、原則として有効期限満了日の30日前から満了日までの間に行なわなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護認定について ❎ 60日前から満了日までの間

    解説

  • 24

    要支援2と要介護1のどちらに該当するかの最終判定は、コンピュータによる一次判定の際に行なわれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要介護認定について ⭕️

    解説

  • 25

    介護予防ケアマネジメントを行っていくうえでは、利用者の生活機能の低下を早期に発見し、原因や状態に見合った集中的な対応をすることが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護予防ケアマネジメントについて ⭕️

    解説

  • 26

    介護予防支援におけるモニタリングの結果についての記録は、少なくとも3か月に1回は行う必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護予防ケアマネジメントについて ❎ 1か月に1回は行う必要がある。

    解説

56634

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ