zuknow learn together

新しい教材を作成

高校生物01

カード 44枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/06/10)

  • 生物の形質が世代を超えて受け継がれる中で、時間とともに変化をしていくことを(   )という。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

一問一答

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    生物の形質が世代を超えて受け継がれる中で、時間とともに変化をしていくことを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 進化

    解説

  • 2

    生物を分類する基本単位を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    生物の進化に基づく類縁関係を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 系統

    解説

  • 4

    系統を図に表したものを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 系統樹

    解説

  • 5

    すべての生物は、(   )という物質のエネルギーを用いて生命活動を行っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP

    解説

  • 6

    生物が共通してもち、自分自身と外界を膜で隔てている区画化された構造を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞

    解説

  • 7

    細胞が自分自身と外界を隔てている構造を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞膜

    解説

  • 8

    生物が遺伝情報としてもつ物質を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • DNA

    解説

  • 9

    真核生物の細胞の構造で、核以外の部分を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞質

    解説

  • 10

    細胞質に含まれるミトコンドリアや液胞などの構造を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞小器官

    解説

  • 11

    細胞小器官を取り囲む液状の部分を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞質基質

    解説

  • 12

    「すべての生物は細胞からできている」という考え方を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞説

    解説

  • 13

    1個の細胞で1個体をなしている生物を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単細胞生物

    解説

  • 14

    単細胞生物の例を一つあげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゾウリムシ

    解説

  • 15

    多数の細胞が集まって1つの体を構成している生物を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多細胞生物

    解説

  • 16

    ヒトの細胞の大きさは平均(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 17μm

    解説

  • 17

    多細胞生物において、同じような形やはたらきをもった細胞が集まって作る構造を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織

    解説

  • 18

    組織が集まって、まとまったはたらきをする構造を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 器官

    解説

  • 19

    分裂して増殖した単細胞生物が集合体をつくり、1個体の生物のように生活するものを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細胞群体

    解説

  • 20

    細胞群体の例を2つあげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クンショウモ、イカダモ

    解説

  • 21

    核膜で包まれた核をもたない細胞を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原核細胞

    解説

  • 22

    原核細胞でできている生物を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原核生物

    解説

  • 23

    原核生物の例を2つあげよ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大腸菌、ネンジュモ

    解説

  • 24

    核膜に包まれた核をもつ細胞を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真核細胞

    解説

  • 25

    真核細胞でできている生物を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真核生物

    解説

  • 26

    葉緑体やミトコンドリアなどの膜構造をした細胞小器官をもつものは、(   )生物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真核

    解説

  • 27

    生体内における化学反応を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代謝

    解説

  • 28

    無機物等の簡単な物質から有機物などの複雑な物質を合成する反応を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同化

    解説

  • 29

    有機物を無機物に分解する反応を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 異化

    解説

  • 30

    代謝に伴うエネルギーの出入りを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー代謝

    解説

  • 31

    エネルギーの通貨ともいわれ、生体内でエネルギーが必要な反応が起こるときに使われる物質を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ATP(アデノシン三リン酸)

    解説

  • 32

    ATPはアデノシンにリン酸が(   )個結合したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    ATPにおけるリン酸どうしの結合を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高エネルギーリン酸結合

    解説

  • 34

    生体内の温和な条件にもかかわらず、化学反応が効率よく進行しているのは、(   )があるためである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酵素

    解説

  • 35

    化学反応の前後で、それ自体は変化することなく、化学反応を促進する物質を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 触媒

    解説

  • 36

    酵素以外の触媒を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無機触媒

    解説

  • 37

    細胞質基質ではたらき、過酸化水素を酸素と水素に分解する酵素を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カタラーゼ

    解説

  • 38

    唾液に含まれ、デンプンをマルトースに分解する酵素を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アミラーゼ

    解説

  • 39

    二酸化炭素から有機物をつくる反応を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炭酸同化

    解説

  • 40

    光エネルギーを用いた炭酸同化を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光合成

    解説

  • 41

    植物などの真核生物では、光合成は細胞の(   )で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉緑体

    解説

  • 42

    細胞が酸素を用いて有機物を分解し、このとき取り出されたエネルギーを用いてATPを合成するはたらきを(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸

    解説

  • 43

    真核生物の呼吸のはたらきで重要なはたらきをしている細胞小器官は(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミトコンドリア

    解説

  • 44

    真核生物の起源となる生物に共生した原核生物が特定の細胞小器官になったという考え方を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共生説

    解説

57012

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ