zuknow learn together

新しい教材を作成

プライベートエクイティ・投資ファンド

カード 52枚 作成者: Nozomi (作成日: 2013/10/21)

  • カーライル・グループ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

いわゆる広義のPEファンド、投資ファンドでメジャーなプレイヤー一覧です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    カーライル・グループ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米ワシントンD.C.を本拠地として、世界19カ国にオフィスを構える世界最大級のプライベート・エクイティ投資会社。4つの投資分野「バイアウト」「リアルエステート」「グロース・キャピタル」「レバレッジド・ファイナンス」で76のファンドを運営し、その運用額は総額で約977億ドルにのぼる。投資対象となる業界は航空・防衛、自動車・輸送、消費財・小売、エネルギー・電力、金融、ヘルスケア、産業、インフラ、テクノロジー・サービス、通信・メディアと多岐にわたり、1987年の設立から1,015の案件に合計647億ドルもの投資をグローバルで実施している。日本ではバイアウト、リアルエステートの2チームで構成されている。

    解説

  • 2

    株式会社KKRジャパン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1976年に設立された世界最大級のプライベート・エクイティ・ファーム。1989年、史上最大のLBOによってRJRナビスコを買収したことで知られており、カーライル、ブラックストーンと合わせて御三家と称される。米国をはじめ8カ国の市場における過去最大のバイアウトは、すべてKKRが手掛けた案件。日本では2010年に総合人材サービス会社・インテリジェンスの全株式をUSENから325億円で取得、日本での第1号案件となっている。2013年、インテリジェンスを同業大手のテンプHDに680億円で売却することで合意した。

    解説

  • 3

    ブラックストーン・グループ・ジャパン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • KKR、カーライルとともに米投資ファンドの御三家のひとつとされる、世界最大級のオルタナティブ投資会社。1985年、リーマン・ブラザーズ・クーン・ローブ(当時)に勤めていたスティーブ・シュワルツマンと、彼の上司だったリーマン会長兼CEOのピーター・ピーターソンにより設立された。社名はドイツ語で黒(ブラック)を意味する「シュワルツ」と、ギリシャ語で石(ストーン)を意味する「ピーター」に由来する。世界各国に24のオフィスと1800名を超えるスタッフを擁し、グローバルな投資活動を展開している。運用資産総額は2100億ドル。PEファンド、不動産ファンド、メザニンファンドなどを扱う資産運用ビジネスのほか、M&Aアドバイザリーや私募債発行等のサービスも手掛けている。

    解説

  • 4

    TPGキャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デービッド・ボンダーマン氏らが1992年に設立した世界有数のPE投資会社であるテキサス・パシフィック・グループが2007年に名称変更。レバレッジド・バイアウト、資本再構成、スピンアウト、成長投資、合弁事業、事業再編による公開会社および非公開会社へのグローバルな投資に幅広い経験を持つ。保有する運用資産は545億ドル以上にのぼる。全世界10カ国に17のオフィス、300名超のプロフェッショナルを擁し、東京オフィスは6つあるアジア拠点のうちの1つ。日本では2007年に玩具メーカー・タカラトミーへの投資などを実行している。2010年、中国・上海市と重慶市とパートナーシップを結んだと発表。重慶市当局と約625億円規模のファンドを立ち上げ、成長を続ける中国内陸部の民間企業への投資を行っている。

    解説

  • 5

    ペルミラ・アドバイザーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 英国に本拠を置くヨーロッパ最大手のPE投資会社。ファンドには主に欧米の企業年金基金・公的年金基金、保険会社、政府系投資ファンド、その他の機関投資家が資金提供しており、1985年の創立以来、200億ユーロの運用実績を誇る。これまでの5年間でアジア地域においては、アジア・ブロードカスト・サテライト、ギャラクシー・エンターテイメントグループ、ヒューゴ・ボスなど約20億ドル超(約1600億円)の投資を実行。日本での第一号案件は2008年の農薬大手アリスタライフサイエンスの買収。第二号案件として、傘下の投資会社であるコンシューマー・エクイティ・インベストメント・リミテッドが、国内最大手の回転ずしチェーン「あきんどスシロー」の株式をユニゾン・キャピタルから取得した。

    解説

  • 6

    CLSAキャピタルパートナーズジャパン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1986年に香港で設立されたPE投資会社。香港、シンガポール、東京などアジア地域に11拠点を構え、約26億米ドルの運用資産を有する。投資テーマ別に特化型ファンドを組成しており、アジア全域を対象とする不動産ファンド、安定企業向けメザニン・ファンド、クリーンエネルギー/環境特化型ファンドなどがある。日本特化型の中堅企業バイアウトファンドでは、消費財・ヘルスケア・小売・物流・製造等の多様な分野における、主に企業価値が100~300億円程度の中堅企業を対象に、レバレッジを活用した投資を目指している。また、経営陣と一体になった事業運営により投資先企業の国内成長を促進させると共に、アジアでの幅広い経験とネットワークを活用し、海外への事業展開を支援している。元々は仏系金融大手のクレディ・アグリコル・グループが主要株主だったが、2013年に中国の中信(CITIC)証券の100%子会社になっている。

    解説

  • 7

    Taiyo Pacific Partners(タイヨウ・パシフィック・パートナーズ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米国ワシントン州カークランドに拠点を置く、友好的アクティビスト投資のパイオニア。日本における友好的且つ提案型株主となるべく、国際的な視野を持ち、且つ日米双方の言語・文化に通じたプロフェッショナルにより2001年に設立された。日本株の運用総額は約2000億円。CEOのブライアン・ヘイウッド氏は1991年にハーバード大を卒業、J.D. パワー・アンド・アソシエイツ、Belron、シティバンクでの職務経験を持つ。日本語の読み書きも流暢。

    解説

  • 8

    ベインキャピタル・アジア・LLC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1984年にベインアンドカンパニーのメンバーによって設立された、世界最大級のプライベートエクイティファーム。ボストン(本社)、ロンドン、東京をはじめ世界9都市に拠点を構え、約700名のスタッフを擁する。東京オフィスは現在30名規模。経営コンサルティングファームを出自とするバックグラウンドを活かし、対象会社の事業特性の深い理解に基づいた成長戦略の策定と実行を支援。投資先企業の価値向上のための専任チーム(ポートフォリオグループ)が日々の経営を継続的にサポートする。いわゆる短期の転売などによるリターンの追求は行わず、中長期での事業価値の向上を目指すところに特徴がある。

    解説

  • 9

    シティック・キャピタル・パートナーズ・ジャパン・リミテッド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中国の政府系金融コングロマリットであるシティック・グループの一員で、オルタナティブ投資を中心とした投資運用と投資顧問を行う。日本企業の中国・アジア市場での事業展開サポートに強みを持つ。

    解説

  • 10

    株式会社ローン・スター・ジャパン・アクイジッションズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1995年に米国で設立されたグローバル投資ファンド。日本では東京スター銀行、ソラーレホテルズアンドリゾーツ、目黒雅叙園など幅広い対象への投資を実行。

    解説

  • 11

    オリンパス キャピタル ホールディングス アジア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 香港に本拠を置く、アジア地域のミドルマーケットにフォーカスしたPEファーム。中国、インド、日本、韓国等アジア諸国の30超の企業に対し、約13億ドル規模の投資を行っている。日本では、京都きもの友禅などの投資実績がある。

    解説

  • 12

    株式会社ロングリーチグループ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 香港、上海、東京に拠点を持ち、日本及び北アジア地域を対象に投資を行うグローバルPEファンド。投資対象分野は産業テクノロジー、ビジネスサービス、消費材関連、金融サービスで、総額750百万米ドルの第1号ファンドはすでに7社に対して投資を完了、現在は400百万米ドルの第2号ファンドを運用中。日本においてはこれまで日本マクドナルド、サイバード、三洋電機ロジスティクスなどへの投資実績があり、2013年8月にはプリント基板加工機とその周辺機器の製造・販売・サービス事業を展開している日立ビアメカニクスの買収を発表した。

    解説

  • 13

    WISE PARTNERS(ワイズパートナーズ)株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国内のバイアウト投資で豊富な経験と実績を持つ創業パートナーにより2006年に設立された、国内独立系投資ファンド運用会社の代表格。代表取締役の中野氏は野村證券出身。日本の中小型案件に注力し、投資企業の事業再構築に同社自ら深く関与する「ハンズオン方式」により企業価値の向上を目指す投資に特徴がある。1号ファンドの総額はおよそ200億円。2007年に日本政策投資銀行と共同で行った旭ファイバーグラスへの投資を皮切りに、2008年にはツムラライフサイエンス(現バスクリン)へ、2010年には泉精器とテイボーへの投資を実行している。2012年2月には保有するバスクリン株をアース製薬へ約150億円で売却、Exitに成功している。

    解説

  • 14

    株式会社ジェイ・ウィル・パートナーズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2003年4月に設立された独立系ファンド運営会社。社名の「ジェイ・ウィル」は、すべての資金を日本政策投資銀行や年金基金、大手金融機関といった国内機関投資家から集め、投資した国内企業の再生や成長に基づくリターンを日本の投資家に返す、というポリシーに由来する。設立以降、外資系投資銀行等で投資のノウハウを学んだスタッフや、国内の銀行に勤めて日本の商習慣・地域事情に通じたプロフェッショナルが揃い、ファンドの運用額、スタッフ数ともに右肩上がりで増えている。運用規模は約200億~700億円で、特定の分野にとらわれず株式、債権、不動産といった幅広い投資対象の中から最適な案件を発掘し、高い投資パフォーマンスを実現している。投資後はハンズオンで投資先企業に役職員を派遣し、既存の役職員と共に再生を目指す。また、地方金融機関と強いネットワークを持ち、地域再生ファンドの運営を多数手がけているのが特徴。これまで北洋銀行、池田泉州HD、福井銀行などが提携を発表している。具体的な投資案件としては、マンションデベロッパー「穴吹工務店」(2010年より大京とともに再建支援。2013年に大京が完全子会社化)、中堅乳業メーカー「チチヤス」(全保有株を「伊藤園」へ約100億円で売却)をはじめ、注文住宅メーカー「東日本ハウス」、壁紙メーカー「リリカラ」などがあり、その業種業態は非常に幅広い。

    解説

  • 15

    ユニゾン・キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールドマン・サックスで日本初のパートナーになった江原氏を中心に創業された、国内独立系PEファンドのパイオニア。東ハトやクラシエ、あきんどスシローなどこれまでの投資実績も非常に有名。

    解説

  • 16

    MBKパートナーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米カーライル・グループ出身者6名によって設立された、日本、韓国、中国を拠点に活動する独立系プライベート・エクイティ・ファーム。社名のMBKは、創設者のひとりで代表者であるMichael ByungJu Kim氏の名前からとられている。運用資産総額は57億ドル、インベストメント・プロフェッショナルはグローバルで30名を擁し、東京オフィスにはそのうち6名が在籍している。これまで、ユニバーサルスタジオジャパン、田崎真珠、インボイスなどへの投資実績がある。2012年12月に、大手喫茶店チェーンの「コメダ珈琲店」をアドバンテッジ・パートナーズから買収すると報じられた。

    解説

  • 17

    アドバンテッジパートナーズLLP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1997年に日本初のバイアウトファンドへのサービス提供を開始した、国内独立系PEファンドのパイオニア。黎明期からPE投資市場の成長を担ってきており、これまでに累計で国内最多33社への投資を実践している。投資総額は3400億円超。投資先企業に対して、エグジット後も継続発展し得る企業へと育成することを理念としている。50人以上いるプロフェッショナルは、うち2/3以上が経営コンサルティング或いは企業運営を過去に経験しており、新ビジネスの構築や利益向上による価値創造に貢献することを目指している。

    解説

  • 18

    ACA株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定業種や特定ニーズに特化した投資事業組合の運営、M&Aアドバイザリー、有価証券の流動化支援、並びに経営支援に関するコンサルティング等の事業を展開する事業投資会社。

    解説

  • 19

    アイ・シグマ・キャピタル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総合商社 丸紅における金融事業の一翼を担う企業として設立。97年にアドバンテッジパートナーズ社との共同運営により、日本初のバイアウトファンドを組成した、成長支援投資のパイオニア。

    解説

  • 20

    アント・キャピタル・パートナーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハンズオン型PE投資からベンチャーキャピタル投資、ファンド管理等の周辺事業までを網羅したプロフェッショナル集団。08年末時点の投資先19件中11件はすでにエグジットしており、ハイ・パフォーマンスを上げ続けている。

    解説

  • 21

    インテグラル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営陣との信頼関係を礎にし、長期的視野に立った投資を行う独立系のバイアウト投資会社。パートナーには投資ファンド・M&Aアドバイザリー分野での実力者である佐山展生氏や山本礼二郎氏、企業再生の第一人者であり、東ハトの再生を社長として手掛けたことでも有名な辺見芳弘氏等の実力者が結集。プリンシパル投資とファンドを通じたハイブリッド型の投資を実施し、EXITありきではなく、経営陣とともに会社を創っていく姿勢で投資を行う。

    解説

  • 22

    インテグラル・インベストメント株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国内唯一の中堅メーカー特化ファンドの運営会社。オーナー企業や、上場企業の子会社・部門などへの投資、および事業承継問題に直面したオーナー経営者への財務・税務アドバイスなどを行う。

    解説

  • 23

    ヴァリアント・パートナーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中堅企業を対象としたMBO、事業継承・再生等を行う、国内独立系の投資ファンド。タクシー事業会社のANZEN Group株式会社などへの投資実績がある。

    解説

  • 24

    キャス・キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実績に裏付けられた中堅・中小企業育成および経営コンサルティングに関するノウハウを活かして、投資先企業の企業価値向上をはかる国内独立系投資会社。長期的な投資スタンスに立ち、大企業の非中核事業部門や関連会社等を対象として50億円~500億円(1社当り)程度のミドルキャップ案件を扱う。なお、社名のキャス(CAS)は司馬遼太郎作『坂の上の雲』(文藝春秋刊)の題名を自訳した Cloud Above Slope に由来している。代表の川村氏は、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーにおいて投資銀行部門のマネージング・ディレクターを歴任。

    解説

  • 25

    サーベラス・ジャパン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1992年の創設以来ディストレス投資を専門とする、米ニューヨークに本社を置くグローバル投資会社のひとつ。投資総額は200億米ドル以上、130名以上のプロフェッショナルを擁し、過小評価された企業を買収して長期的な成功に向けたメソッドを提供する。幹部にはダン・クエール元米国副大統領や、ジョン・スノー元米国財務長官などの大物が名を連ねている。日本においては、あおぞら銀行、国際興業、昭和地所、西武ホールディングスなどへの投資で知られている。

    解説

  • 26

    シーヴィーシー(CVC)・アジア・パシフィック・ジャパン株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シティグループのVC部門を出自とするPEファンド、CVCキャピタル・パートナーズの日本法人。日本を含むアジア太平洋地域および欧州で総額、約419億米ドル(約3.4兆円)の運用を行っており、現在までに300社を超える投資実績を有する。欧州では、1981年以降で総額351億米ドル(約2.8兆円)以上のファンドを運営しており、欧州における最大規模の資金を運用する、最も歴史の古い投資会社のひとつ。日本を含むアジア太平洋地域においては、1999年に香港で「CVC Asia Pacific Limited」を設立して以降、数多くのマネジメント・バイアウトをサポートしている。現在、アジア太平洋地域では最大規模となる総額68億米ドル(約5,500億円)以上のファンドを運用しており、潤沢な資金を背景に日本、中国をはじめアジア各国において、投資・経営支援を進めている。日本では、SBIホールディングスからの信和(建築用足場メーカー)株式買収、テクノプロ(技術系総合人材サービス企業)グループのMBOのほか、すかいらーく、タワーレコード、ミスター・ミニットなどへの投資実績がある。

    解説

  • 27

    大和クオンタム・キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本を含む、中国、インド等のアジア地域において、技術で価値を作る企業の成長を助けるファンドを運用している投資会社。元SONYの出井伸之氏が創設したクオンタムリープ株式会社と大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ株式会社による合弁会社。

    解説

  • 28

    中央三井キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中央三井トラスト・グループの投資専門会社。メザニンファイナンス、グロースキャピタル、ベンチャーキャピタル等、幅広い領域でダイレクト投資を行う。

    解説

  • 29

    東京海上キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • これまでに6つの投資ファンドを組成、運営している、東京海上グループの投資ファンド運営会社。特に中堅企業のバイアウト案件、技術力に魅力のあるグロース案件投資に強みを持つ。バーニーズニューヨーク、武州製薬等に出資。

    解説

  • 30

    三井物産企業投資株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三井物産系列のプライベートエクイティ投資部隊。グループの事業知見を駆使して、企業価値向上をサポートする。

    解説

  • 31

    日本産業パートナーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業再編に伴うカーブアウト(分社化)を主な手法として、国内企業の事業活性化を支援する独立系投資ファンド会社。現在までに3つのファンドを組成、運営しており、累計投資額は1000億円近くになっている。

    解説

  • 32

    日本みらいキャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国内独立系のバイアウト投資ファンド運営会社。バイアウトスキルと再生スキルを併せ持ち、投資先企業の価値向上を加速させる。

    解説

  • 33

    ニューホライズンキャピタルLLC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産業再編の触媒機能を果たし日本企業の活性化支援を行う、国内独立系のバイアウトファンド。2008年に日立ハウステック(現ハウステック)への投資を実行。2012年にヤマダ電機に全株式を売却し、Exitを果たした。

    解説

  • 34

    ネクスト・キャピタル・パートナーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代表取締役社長の立石氏をはじめ、産業再生機構出身のメンバーを数多く擁するPEファンド。これまでにゴルフ用品製造・販売のキャスコ、足利銀行などへの投資を行っている。

    解説

  • 35

    野村プリンシパル・ファイナンス株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己資金投資を展開している、野村ホールディングスの100%子会社。2011年3月には投資先である株式会社ツバキ・ナカシマの全株式を、カーライルグループに譲渡したことを発表した。

    解説

  • 36

    パレス・キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三菱UFJ証券ほか法人10社により設立されたPEファンド。バイアウト投資だけでなく、事業承継、ベンチャー企業投資(Pre-IPO投資)、共同投資、上場企業へのマイノリティ投資、敵対的買収防衛の為の各種施策などスタイルにとらわれない自由度の高い投資枠の設定により、多様なニーズに対応。これまでの投資実績も、メーカー、金融サービス、外食チェーンなど、その対象は幅広い。

    解説

  • 37

    フェニックス・キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国内機関投資家のリスクマネーによる中長期視点になった企業再生を目指す、独立系ファンドのパイオニア。日本初の本格的再生ファンド「ジャパン・リカバリー・ファンド」をはじめ、これまでに約2300億円の運用実績がある。

    解説

  • 38

    ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本社を構える香港のほか、北京、ムンバイ、東京等に6拠点を持つ、アジア最大級のプライベート・エクイティ・ファンド。運用資産額は50億米ドルを超え、約90名のプロフェッショナルが事業拡大、資本再構成、M&Aにむけた資金を必要とするアジアの中堅企業(企業総価値が1億~5億米ドル)に対する投資を行っている。現在の投資先はアジア地域において30社を超え、従業員計8万人で、2012年度売上高の総計は200億米ドルとなっている。日本ではこれまで、食事クーポン券大手のバークレーヴァウチャーズ、精密金属部品メーカーのラドヴィック、給与計算業務代行業のペイロール、宝飾品小売のプリモ・ジャパンなどへの投資実績がある。?

    解説

  • 39

    J-STAR株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MBOを中心としたプライベート・エクイティ投資事業を展開する、国内独立系PEファンド。

    解説

  • 40

    ベーシック・キャピタル・マネジメント株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • みずほ証券の系列ファンド。元々はみずほ、メリルリンチ、オリックスが共同出資して出来た事業再生ファンドだったが、現在はみずほの100%出資となっている。主にミッド~スモールキャップの案件に投資しており、ハンズオンで投資先の企業価値向上を目指す。これまでの投資実績としては、不二家、ホリー(ミサワホーム系建設用仮設機材の製造・販売)、千房(高級お好み焼きチェーン)、アビバなどがある。

    解説

  • 41

    ポラリス・キャピタル・グループ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • みずほ証券とDIAMアセットマネジメントの出資を受けて誕生したバイアウトファンド運営会社。ターゲットになるのは国内ミドルキャップマーケットで、ハンズオン型のバリューアップ手法を実践する。

    解説

  • 42

    丸の内キャピタル株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三菱商事とMUFGが50%ずつ出資して設立した投資ファンド運営会社。双方のネットワークやノウハウを組み合わせ、投資先企業の価値向上を実現する。2011年3月には高級スーパーの成城石井の買収を発表した。

    解説

  • 43

    みずほキャピタルパートナーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファンド総額900億円を超す、みずほFG系列のMBOファンド。2005年には邦銀グループ初のメザニンファンドを組成している。

    解説

  • 44

    みずほ証券プリンシパルインベストメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • みずほ証券傘下の自己資金投資会社。コーポレート投資からアセット投資まで、幅広く対応することが可能。

    解説

  • 45

    株式会社メザニン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GCAサヴィアングループの一角を担う、日本初の本格的メザニン・ファンド運用会社。吉本興業の株式非公開化にもかかわった。

    解説

  • 46

    株式会社リヴァンプ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対象企業へ最終責任を持つために限定的な資本参加を行い、直接経営に参画することで企業価値向上を目指すプロフェッショナル集団。ユニクロの急成長に貢献した澤田氏を筆頭に、外資系コンサル出身者がボードメンバーに名を連ねる。

    解説

  • 47

    かなえキャピタル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伊藤忠商事とアセット・インベスターズ(現マーチャント・バンカーズ株式会社)の出資により設立されたファンド運営会社。企業価値ベースで30~200億円程度のミドルキャップをメインターゲットとしている。

    解説

  • 48

    カレイド・ホールディングス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MKSパートナーズを創設し、福助やベネックスの再生案件を手掛けたことで有名な川島隆明氏が、2004年に立ち上げた独立系投資ファンド。

    解説

  • 49

    株式会社ドーガン・インベストメンツ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 九州地区に拠点を持つ中小企業、再生企業の企業価値向上に貢献する、独立系の投資ファンド会社。

    解説

  • 50

    ライジング・ジャパン・エクイティ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 住友グループ企業を主要株主として設立された新鋭日系PEファンド。ハンズオン支援による国内中堅企業のバリューアップを通じて、日本経済全体の発展に寄与することをミッションに掲げている。

    解説

  • 51

    ジャパン・インダストリアル・ソリューションズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 錚々たるプロフェッショナルが結集し設立された日系投資ファンド。産業再生を視野に入れた事業の再編・再生をサポートし、企業価値やグローバルな競争力向上に繋がる具体的なソリューションを提供することにより、日本経済再生に貢献していく。投資対象は、上場企業ないしは売上高1,000億円以上等の比較的規模の大きい企業。

    解説

  • 52

    ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2010年に設立された独立系PEファンド。10~100億円規模のサービス業の案件を中心に投資を行い、ハンズオンで投資先企業のグローバル展開を支援。3~5年後の海外市場も含めた株式上場をエグジットの前提とする。

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ