zuknow learn together

新しい教材を作成

インターネットビジネスにおけるサービス開発

カード 9枚 作成者: Akifumi Tominaga (作成日: 2014/05/27)

  • ムーアの法則

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ムーアの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    ウェブにおけるパラダイムシフト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントアプリケーションから、webがプラットフォームとなるwebアプリケーションへとパラダイムシフトが始まった

    解説

  • 3

    マッシュアップサービス

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    インターネットサービスをスタートアップさせる最初のステップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業計画から具体的なビジネス要件を洗い出す

    解説

  • 5

    ビジネス要件定義のポイント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.技術的な実現可能性をできる限り考慮しない 2.ディスカッションする際にキーワード(用語)の定義を行い、ビジネスサイドとテクノロジーサイドの認識を一致させる 3.ホワイトボードなどを利用し、できるだけ図表などで明示的に情報共有する 4.図表などはユースケース図やシーケンス図などUMLツールを利用する

    解説

  • 6

    ユースケース図

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    シーケンス図

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 例.パソリ版 Edy

    解説

  • 8

    UMLとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グラフィカルな記述で抽象化されたシステムモデルを生成するモデリング言語

    解説

  • 9

    システム要件定義のポイント 5つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.要件定義書にて記載する単語の定義を明確にし、似たような表現の単語が出る場合誤解が生じないようにする。 2.自然言語での表現はできるだけ避け、図表を利用しあいまいさを排除する。 3.SLSなどの非機能要件も考慮する 4.ビジネスプランでのマスタースケジュールを考慮しリリーススケジュールを作成 機能に優先順位をつける 段階的にスケジュールも場合によってはつける 5.ビジネスプランとの整合性に気をつける

    解説

56803

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ