zuknow learn together

新しい教材を作成

37.太宰府関連の人・家・書物(2)

カード 78枚 作成者: enchan (作成日: 2014/05/26)

  • 伊能忠敬の42年も前に国内で初めて緯線と方角線が引かれた地図(1)を制作したのは(2)。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    伊能忠敬の42年も前に国内で初めて緯線と方角線が引かれた地図(1)を制作したのは(2)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①改正日本與地路全図(赤水図) ②長久保赤水(せきすい)

    解説

  • 2

    長久保赤水は1767年に太宰府を訪れ,その様子を後に(1)という紀行文に記した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長崎行役日記

    解説

  • 3

    斎藤秋圃の葵氏艶譜(ぷ)の葵氏は(1)の紫を意識したもので,(2)のことを言う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①紫式部 ②秋圃自身のこと

    解説

  • 4

    秋圃は秋月藩主(1)没後は太宰府で五別当の一つ(2)の姉を後妻にもらい以後(3)年住んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①黒田長舒(ながのぶ) ②御供屋信覚法眼 ③30年

    解説

  • 5

    画家萱島家の系譜は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 萱島鶴栖ー秀山ー秀岳ー秀峰ー秀渓ー秀月

    解説

  • 6

    萱島家の実家は現在美術館になっているがその名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聴松園

    解説

  • 7

    吉嗣拝山は13歳の頃(1)に奉公し,(2)が創設した日田の(3)でも学んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①六度寺 ②広瀬淡窓 ③咸宜園

    解説

  • 8

    斎藤秋圃も含め筑前四大画家とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斎藤秋圃、村田東圃、 石丸春牛、桑原鳳井

    解説

  • 9

    斎藤秋圃が鷽替えと鬼すべを描いた絵は何と呼ばれる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筑前太宰府鷽替追儺之図

    解説

  • 10

    吉嗣梅遷は五卿との親交も厚く三条実美から(1)という室号をもらった。代表作は天満宮(2)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①古香書屋 ②天満宮境内図

    解説

  • 11

    吉嗣家の画家としての系譜は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吉嗣梅遷ー拝山ー鼓山

    解説

  • 12

    日吉神社に奉納された(1)図は(2,3,4)の親子三人が絵を描き,(5)が賛を書き入れた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①旭日松梅図 ②③④萱島秀山・秀岳・秀峰 ⑤吉嗣鼓山

    解説

  • 13

    明治15年に(1)から文人画は絵画の本質から外れるという指摘を受けた中(2,3)は孤高を守った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①フェノロサ ②萱島秀峰、吉嗣鼓山

    解説

  • 14

    五卿とも親しく代表作「三条公手植えの松図」を描いたのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大城谷良範 図ではなく、松の横の石碑揮毫をしたのでは?

    解説

  • 15

    宮小路浩潮は(1)で修行を積み(2)の住職も務めた。その時の名前は(3)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①比叡山延暦寺 ②六度寺 ③仙賀

    解説

  • 16

    宮小路浩潮の揮毫した代表的な額は今の国会に当たる(1),太宰府市の(2),平安神宮の(3)などである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①「帝国議会」 ②「議事堂」 ③「応天門」

    解説

  • 17

    西正寺の梵鐘,天満宮の手水鉢・相輪橖・神牛像などを製作した鋳物師は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山鹿包茂(兼隆、兼重)

    解説

  • 18

    二代目(1)は柚子肌錆地焼を考案し,(2)師の看板を掲げ,一番の名工は(3)代目で観世音寺の(4),戒壇院の(5)が有名。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①宗七 ②御用御焼物師 ③三 ④焼香炉 ⑤達磨像

    解説

  • 19

    (1)親王は1353年の針摺原の戦いで(2)を(3)(4)の連合軍で破った。1359年の(5)の戦いでは(4)を破った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①懐良親王 ②一色道猷 ③菊池武光 ④少弐頼尚 ⑤大保原

    解説

  • 20

    懐良親王は1361年に太宰府に入城し(1)をたてたが,1372年(2)に破れ太宰府を追われた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①西征府 ②今川了俊

    解説

  • 21

    竹田定簡の著作(1)によると郡奉行(2)は太宰府跡の荒廃を憂い,観世音寺村に(3)のお達しを出した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①太宰府備考 ②矢野昭徳(あきのり) ③礎石移動の禁止

    解説

  • 22

    全国行脚し太宰府にも四回来た亀井南冥にも会った女流詩人は? また竈門山を詠った句は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 田上菊舎 こがれ残る小春の木々や竈門山

    解説

  • 23

    江戸幕府の役人で長崎からの帰路 山家宿で天満宮(1)から海陸安全のお守りと(2)を貰ったのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①検校坊 ②梅ヶ枝餅 大田南畝(蜀山人)

    解説

  • 24

    遠山金さん(遠山景元)の実父で1804年ロシアのレザノフとの交渉の帰路太宰府に寄ったのは?またその日記は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遠山景晋(かげみち) 続未曾有記 :『未曾有記』は、寛政11年(1799)3月20日に蝦夷地を目指して江戸を発ち、9月14日に江戸に帰るまでの出張紀行。この年、幕府が蝦夷地の経営と防備の強化のために「蝦夷地取締御用掛」を設置したのに伴う出張でした。『未曾有記』には、出張中の苦楽や折々の感慨が記されています。「未曾有記」と題した理由を景晋は、「今回のように大規模な蝦夷地への派遣は幕府にとって未曾有であると同時に私のような一番士が選ばれるのも未曾有。遠山家の先祖にもこのような遠隔地に出張した方はいないから」(意訳)と述べています。景晋はその後、文化2年(1805)にロシア使節レザーノフの長崎来航の処理で長崎と西蝦夷地に出張。同4年にはロシア船の択捉島襲撃の件で、蝦夷地に派遣されました。

    解説

  • 25

    土佐藩士で太宰府で五卿の世話役として滞在し著作に(1)実記を著したのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①回天実記 土方久元 (回転ではない!) 七卿落ちから明治元年(1868年)にいたるまでの土方の活動は、自らの日記『回天実紀』によって詳しく記されている。

    解説

  • 26

    松屋の主人(1)は(2)はじめ勤王派の志士を匿い(3)の獄では投獄された。後(3)位を賜り三条実美等からは(4)を贈られた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①栗原孫兵衛 ②月照 ③乙丑 ④従五位 ⑤英華帖

    解説

  • 27

    七卿落ちを先導(警護)した人物四人と出身藩は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吉川経幹(周防岩国城主),久坂玄瑞(長州),真木和泉(久留米水天宮祠官),平野國臣(福岡藩士)

    解説

  • 28

    五卿の太宰府転座に尽力し,薩長同盟の基礎を築いた福岡藩士二名は誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 早川養敬、月形洗蔵

    解説

  • 29

    福岡藩士で攘夷派であったにも拘らず佐幕派への内通を疑われて暗殺されたのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喜多岡勇平

    解説

  • 30

    七卿落ち・五卿落ちに常に同行し,維新後は農商務・宮内大臣を務めた人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 土方久元

    解説

  • 31

    七卿在西日記を書いたのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東久世通禧、三条西季知 (山口文書館では七卿在西日記、他の資料では日誌、但し五卿西遷日誌は日誌)

    解説

  • 32

    オランダ海軍エド号艦長で長崎海軍伝習所で教鞭をとり,九州各地を訪問し手記を残した人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カッテンディーケ中佐

    解説

  • 33

    カッテンディーケ中佐の残した手記を何と言う?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長崎海軍伝習所の日々

    解説

  • 34

    明治26年西高辻信厳や吉嗣拝山とともに太宰府に(1)の建設計画をたてたのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①鎮西博物館 江藤正澄

    解説

  • 35

    江藤正澄等の博物館建設計画は(1)勃発で実現できなかったが集めた収集品は(2)の時天満宮に奉納された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①日清戦争 ②菅公一千年祭 (当時は,廃仏毀釈後なので太宰府神社では?)

    解説

  • 36

    御神忌一千五十年祭の記念事業として(1,2,3)の共著である(4)が刊行された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②③竹岡勝也・長沼賢海・橋詰武生 ④太宰府小史

    解説

  • 37

    太宰府小史の著者三人が担当した各編は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 竹岡勝也 第一編上代の太宰府、長沼賢海 中世の太宰府、橋詰武生 史伝と史話

    解説

  • 38

    森鴎外が菅公左遷をモチーフにして和魂洋才を発揮したと言われる作品は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山椒大夫 (山椒太夫)

    解説

  • 39

    森有礼が(1)を訪れ翌年から(2)が始まった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①水城小学校 ②運動会

    解説

  • 40

    建築技師で天満宮(1)はじめ福岡県(2),(3)宮社殿などを手掛けたのは誰?また筑紫史談会に疑問を投げかけたが何を?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①楼門 ②公会堂貴賓館 ③筥崎 三條榮三郎 水城の東門

    解説

  • 41

    日露戦争から第一次大戦にかけての経済勃興機に大きな利益を上げ天下の(1),九州に(1)ありと言われた人物は(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①荒長 ②荒津長七

    解説

  • 42

    第27代筑前太宰府別当延寿王院当主(1)の養子となり1861年跡を継いで別当となったのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大鳥居信全 西高辻信厳

    解説

  • 43

    叔父は真木和泉で,議会開設以降3期衆院議員を務め御神忌一千年祭では(1)建設,(2)拡大,(3)敷設に尽力したのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①文書館 ②神苑 ③馬車鉄道 小野隆助

    解説

  • 44

    小野隆助は(1)を利用した学校建設に熱心であった。天満宮境内に(2)の碑がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①民間の力 ②正五位小野君碑

    解説

  • 45

    1955年(昭和30)太宰府町と水城村が合併した際の初代町長は(1)出身の(2)であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①夜須町 ②森田久

    解説

  • 46

    光明寺の横に居を構え観世音寺復興会の発起人になったりし(1)市長も務めたのは(2)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①福岡 ②河内卯兵衛 (復興会会長は冨永朝堂)

    解説

  • 47

    太宰府生まれの町長で(1)歴史館を建設したり,双葉山道場を誘致したりしたのは(2)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①菅公 ②鬼木忠造

    解説

  • 48

    大正元年から9年間太宰府町長を務め,(1)事業を進め町の紋章として(2)を採用した金掛け梅で知られる古川家当主だったのは(3)町長。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①造林 ②梅 ③古川勝隆

    解説

  • 49

    九大医学部教授で多くの遺跡発掘業績の中で際立っているのは(1)の研究である。誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①太宰府の古瓦の研究 ②中山平次郎

    解説

  • 50

    現在の測量の基本となっている(1)測量の技術を駆使して(2)の礎石を実測したのは(3)。西暦(4)年の時である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①平板 ②大宰府政庁跡 ③池上年 ④1918 大正7 (大正4年には水城大堤の碑,翌8年は史蹟名勝天然紀念物保存法)

    解説

  • 51

    卒業論文(1)で大宰府の条坊を東西(2),南北(3)とし,最終的には(4)で実測図を作成したのは(5)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①西都条坊攷 ②各12坊 ③22条 ④大宰府都城の研究 ⑤鏡山猛

    解説

  • 52

    S43年から始まる大宰府政庁跡の発掘の中興の祖である(1)は奈良県の(2)から(3)へ移ったものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①藤井功 ②奈良国立文化財研究所 ③福岡県教育委員会

    解説

  • 53

    1946年に戦地より復員し(1)を太宰府天満宮と改称し御神忌(2)年大祭も迎えた。(3,4,5)都市も提唱したのは(6)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①太宰府神社 ②1050年 ③④⑤文教・宗教観光・田園都市 ⑥西高辻信貞

    解説

  • 54

    西高辻信貞宮司が誘致したのは(1,2,3)などである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ー③大学、太宰府インター、九博

    解説

  • 55

    西高辻信貞宮司のアイデアの実現に力を尽くしたのが初代市長の(1)で二人は若者の(2)の有力メンバーであった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①有吉林之助 ②新生会

    解説

  • 56

    江藤正澄,西高辻信巌,吉継拝山等の鎮西博物館の設立願は,誰の名で聞き届けられたか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内務大臣井上馨

    解説

  • 57

    1129年大宰権帥源経信の子(1)が京へ戻る際に詠んだ歌集(歌日記)を何と言う?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①源俊頼 歌集:散木奇歌集(さんぼくきかしゅう)

    解説

  • 58

    紀飯麻呂は広嗣の乱の(1)大将軍(2)の下で(3)を務めた。753年には(4)に就任した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①持節 ②大野東人 ③征討副将軍 ④大宰大弐 では紀長谷雄は?

    解説

  • 59

    遠山の金さんこと遠山(1)の実父(2)は太宰府に足を運んだ。その間の事は(3)にまとめられている。(1)は来ていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①景元 ②景晋(かげみち) ③続未曾有記 当時,人によく知られたのは父景晋の方であった。

    解説

  • 60

    奥村玉蘭は(1)醸造元に生まれ(2,3)親子に師事し(4)和尚共交わった。晩年荒廃した(5,6)の田地を買取(7)建設も計画した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①醤油 ②③亀井南冥.昭陽 ④仙厓 ⑤⑥都府楼跡,学校院 ⑦聖堂

    解説

  • 61

    明治33年に井上哲次郎が著した道真公に関する書物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 菅公論

    解説

  • 62

    774年に四王院が建立された事,803年には最澄が航海の無事を祈って薬師四体を造った事を伝える書物は夫々何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 類聚三代格 扶桑略記

    解説

  • 63

    齋藤秋圃は(1)派の画家とされる。耳が聞こえない中多くの作品を残したのは(2)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①丸山四条派 ②萱島秀峰

    解説

  • 64

    冨永朝堂は(1)彫刻家とも呼ばれた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①木の中に棲む

    解説

  • 65

    天満宮宮司(1)や初代市長(2)等で構成する(3)会で大宰府がアジアとの接点にある輝かしい歴史を持っている事を教えたのは(4)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①西高辻信貞 ②有吉林之助 ③新生会 ④竹岡勝也

    解説

  • 66

    大宝律令を編纂したのは(1-3)の三人が主だったと言われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①-③藤原不比等 刑部親王 粟田真人

    解説

  • 67

    (1)は造平城京司の長官から大宰帥に就任した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①多治比池守 : 持統天皇7年(693年)直広肆(従五位下に相当)に叙せられる。和銅元年(708年)平城京への遷都の詔が出ると、従四位下・民部卿、次いで阿倍宿奈麻呂とともに造平城京司長官に任ぜられ平城宮の造営を担当する。和銅6年(713年)正四位下、和銅7年(714年)従三位と元明朝末にかけて昇進を果たした。 和銅8年(715年)大宰帥に任ぜられると、霊亀3年(717年)には地方官としての善政を賞されて綾10疋・絹20疋・絁30疋・綿300屯・布100端を与えられた。その後養老2年(718年)中納言、養老5年(721年)大納言、養老7年(723年)正三位と元正朝でも順調に昇進し、長屋王政権下において左大臣・長屋王に次ぐ地位を占めた。

    解説

  • 68

    小野妹子から小野好古までの系譜は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小野妹子ー毛人(えみし)ー毛野ー永見ー岑守ー篁ー葛絃ー好古

    解説

  • 69

    小野文人(もんにん)三家の家系と夫々の人名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小野道風の次男小野道公と小野道風の長男である小野道奥の二人の息子道好と道幹の三人の事。

    解説

  • 70

    小野文人三家の現在は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道公は,西小野となり連歌通りの普通の民家。道好は東小野となり,参道の小野東風軒。道幹は南小野となり小野筑紫堂

    解説

  • 71

    菅原道真の息子四人を祀ったのは(1)社で,夫々の名前は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①御子社 高視、景行(かげつら)、兼茂、淳茂(あつしげ)

    解説

  • 72

    藤原道長との出世争いに敗れ,大宰権帥となった人物は?またその弟は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原伊周 藤原隆家

    解説

  • 73

    1023年に浄妙院を建立したのは(1)であるが,(2)著小右記で近代は(3)をもって(4)をなす,と皮肉られた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①藤原惟憲 ②藤原実資 ③富人 ④賢者

    解説

  • 74

    大宰大弐の職を宇佐八幡宮とのトラブルで解任され,書家としては三蹟と称され,国宝(1)の書状を書いたのは(2)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①離洛帖 ②藤原佐理

    解説

  • 75

    九州土着の藤原氏と言われるのは芦屋,熊本,佐賀では夫々何氏か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 芦屋 山鹿氏、熊本 菊池氏、佐賀 高木氏

    解説

  • 76

    大宰権帥(1)が1095年に(2)を視察したという記事を最後に(2)はどの書物にも出て来ない。この記事は(3)著(4)の中に出て来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①源経信 ②学業院 ③藤原経光 ④民経記

    解説

  • 77

    平清盛の祖父は(1),実父は(2)で,実弟は(3),息子は(4)などである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①平正盛 ②平忠盛 ③頼盛 ④重盛、宗盛

    解説

  • 78

    小早川隆景の後を継ぎ筑前一国,筑後の大部分,肥前基肄,養父二郡33万6千石, 筑前名島領主となったのは誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小早川秀秋

    解説

56894

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ