zuknow learn together

新しい教材を作成

H25 AT試験応用 84~100

カード 85枚 作成者: げーしー (作成日: 2014/05/26)

  • 問84 足関節のテーピングについて正しいのはどれか。
    a.足関節捻挫直後の救急処置のテーピングでは、アンカー以外のテープはホースシュー状に行い、下腿前面、足関節前面、足背部を開放しておく。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    問84 足関節のテーピングについて正しいのはどれか。 a.足関節捻挫直後の救急処置のテーピングでは、アンカー以外のテープはホースシュー状に行い、下腿前面、足関節前面、足背部を開放しておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    b.外がえし捻挫に対するスターアップは、外反を制限するために、外側から内側に引っ張り上げて、3本が足部で平行になるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    c.ヒールロックテープは、踵骨の側方への動きを抑える目的で行い、外側・内側に均等に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    d.フィギュアエイトは内がえし捻挫、外がえし捻挫ともに、外果の少し上から始め、足底でテープが斜めにならないようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    e.足関節背屈制限を目的として、アンカー、スプリットテープ、サポートテープを行う場合、足関節の肢位はやや底屈位を保持させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    問85 スポーツ動作エクササイズについて正しいのはどれか。2つ選べ。 a.ツイスティングは、足趾伸展によるウインドラス機構を利用しながら小趾球で支持して行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母趾球で支持して行う。

    解説

  • 7

    b.knee bent walk(KBW)は、膝屈曲位保持による筋活動量の増加や、接地時の衝撃力の低下などの利点がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    c.サイドステップは、蹴り脚のknee‐outと、ステップ側の足関節外反強制に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蹴り足のknee-in、ステップ側の足関節内反強制に注意する。

    解説

  • 9

    d.走行時の下肢の動きは、foot‐strikeと同時に距骨下関節の回内がはじまり、mid‐supportで回内のピークをむかえ、再びtake‐offで回外する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    e.方向転換時、フロントターンでは支持側のknee‐inに伴う足関節外反強制に、またバックターンではknee‐outに注意をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • knee-outに伴う足関節内反強制に、バックターンではknee-inに注意する

    解説

  • 11

    問86 防具について誤っているのはどれか。 a.防具には通常、抗菌加工が施されており、衛生上の問題はほとんどない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問題はある

    解説

  • 12

    b.防具は身体各部にしっかりと適合していないと傷害につながることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    c.防具の誤った使用方法により、相手に外傷を負わせてしまうことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    d.夏場の暑い日に、フル装備で防具を着用することにより脱水症状の危険がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    e.競技者の体力に見合った防具の選択は重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    問87 腰痛発生動作を確認する際の着目点について誤っているのはどれか。2つ選べ。 a.体幹前屈動作では、殿筋やハムストリングスの短縮により過度に腰背部の筋群が伸張され、腰痛が生じる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    b.体幹前屈動作では、特に腰椎分離症で症状を増悪しやすく、前屈時に逃避性の側屈を生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特に腰椎ヘルニアで症状を増悪しやすく

    解説

  • 18

    c.体幹伸展動作では、股関節屈筋群の短縮や過緊張のために腰椎前弯が増強して腰痛を生じる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    d.体幹伸展時に腰痛が生じる場合は、誤った動作習慣として腰椎前弯を強めてしまう伸展動作が考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    e.体幹回旋時に腰痛が生じる場合は、骨盤が後傾した状態で股関節での運動が大きいことが理由として考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨盤が前傾した状態で股関節での運動が小さいこと

    解説

  • 21

    問88 用具・道具・防具について誤っているのはどれか。 a.用具とは、スポーツやトレーニングで用いられるものの総称である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    b.道具を選択する場合は、体力や技術を考慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    c.定期的に状態を点検し、不良個所があればすぐに修理、交換をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    d.用具の規定には、競技者の体力や身体への負担を考慮し障害を減らす目的もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    e.防具の目的は、身体を外傷や障害から守ることよりパフォーマンスアップである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パフォーマンスアップは目的に含まれない

    解説

  • 26

    問89 関節可動域測定について正しいのはどれか。 a.開始肢位は全て解剖学的肢位を0°とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全てではなく、例外もある

    解説

  • 27

    b.制限因子には筋力や疼痛性因子は該当しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 該当する

    解説

  • 28

    c.測定の際には、角度計を皮膚に密着させ基本軸、移動軸がずれないように注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皮膚に密着させない

    解説

  • 29

    d.最終域感(end feel)は骨性、結合組織性の2つに分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 骨性、結合組織性、軟部組織性の3つ

    解説

  • 30

    e.足部・足関節の回内・外転・背屈の複合運動を外がえし、回外・内転・底屈を内がえしとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    問90 フィットネスチェックの留意事項について誤っているのはどれか。 a.実施する際には目的を明確にする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    b.適切な測定方法を選択する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    c.信頼性の高い測定を実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    d.測定条件は、測定環境に応じて変更しても良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    e.測定実施後は必ず評価を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    問91 膝前十字靭帯(ACL)損傷に対する半腱様筋を用いた術後早期のリハビリテーションについて誤っているのはどれか。2つ選べ。 a.関節可動域(ROM)エクササイズは、痛みや腫脹の程度によらず開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痛みや腫脹を評価し考慮しながら開始

    解説

  • 37

    b.炎症症状の軽減を目的に可及的早期からRICE処置を行い、痛みや熱感が軽減するまで継続する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 38

    c.レッグエクステンションを行う際には、ACLへの張力を減少させるため、脛骨遠位にゴムチューブをかけて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脛骨遠位にチューブをかける

    解説

  • 39

    d.内側広筋の萎縮に対しては、電気刺激を併用した大腿四頭筋セッティングが有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    e.関節メカノレセプターを賦活するために、術後早期から、タオルギャザーや足裏でのボール転がしを行うと効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    問92 心理的コンディショニングについて正しいのはどれか。2つ選べ。 a.興奮とパフォーマンスの間にはU字曲線を描くような関係がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 逆U字曲線

    解説

  • 42

    b.興奮水準を高めるのは身体への刺激だけでなく、動機づけによっても高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    c.興奮水準を下げるための方法として呼吸法、漸進的筋弛緩法、旋律訓練法の3つがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸法、漸進的筋弛緩法、自律訓練法の3つ

    解説

  • 44

    d.興奮水準を高めることを「サインアップ」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイキングアップ

    解説

  • 45

    e.マイナス思考から脱するためにはセルフトーク、成功のイメージを描くことが効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    問93 ゴムチューブによるエクササイズについて誤っているのはどれか。 a.求心性収縮、遠心性収縮が可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    b.あらゆる運動方向に抵抗を加えることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    c.負荷の定量化がしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負荷設定が困難

    解説

  • 49

    d.運動最終域で抵抗が強くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    e.マシンエクササイズと比べて手軽に行える。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 51

    問94 筋力トレーニングについて正しいのはどれか。2つ選べ。 a.フリーウエイトは比較的簡易で安全に、特定の筋群を強化することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マシンウエイト

    解説

  • 52

    b.カーフレイズは足関節を底屈させ、ヒラメ筋と腓腹筋を動員する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    c.同じ筋群が連続して使用されないようするには、ベンチプレス→ショルダープレス→ベントオーバーローイングの順で行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンチプレス→ベントオーバーローイング→ショルダープレス

    解説

  • 54

    d.筋肥大を目標にしたトレーニングは目標反復回数1セットあたり4回以内とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6回以上

    解説

  • 55

    e.筋力やパワーの向上は各セットで最大出力、最大努力を発揮するため、身体を十分に回復させて行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    問95 足関節内反捻挫用装具の種類について誤っているのはどれか。 a.inversion type

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 57

    b.rigid type

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    c.lace-up type

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 59

    d.soft type

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    e.semi rigid type

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    問96 検査・測定と評価のプロセスについて誤っているのはどれか。 a.最初のプロセスは情報の収集・状況の掌握である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    b.統合解釈は複数のデータを概観し、相互の関連性を理解することが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    c.問題点をリスト化する際には対処を進める順序のプライオリティを考慮する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    d.ゴール設定の際にはタイムラインを考慮することが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    e.効果判定では過去に行った検査・測定のみを繰り返す。 問

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新規の検査・測定も必要なら行う

    解説

  • 66

    問97 スプリントトレーニングとエンデュランストレーニングについて正しいのはどれか。 2つ選べ。 a.スポーツ種目やポジションが異なれば、求められるスプリント能力やエンデュランス能力は異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    b.エンデュランストレーニングは、最大酸素摂取量や有酸素作業閾値を改善することがねらいとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無酸素作業閾値

    解説

  • 68

    c.スプリントトレーニングのトーイングでは、ピッチを高めることに重点を置くことで筋力系に刺激を与えることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経系に刺激を与える

    解説

  • 69

    d.自転車エルゴメーターを一定時間全力でこぐペダリングトレーニングでは、100m走を想定するときには30秒から50秒程度が効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10秒程度

    解説

  • 70

    e.水中ウォーキングによるエンデュランストレーニングでは、浮力により腰、膝などへの負担が軽減する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    問98 筋力増強エクササイズについて正しいのはどれか。 a.レッグプレスは前脛骨筋の強化に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大腿四頭筋

    解説

  • 72

    b.単関節運動のエクササイズは閉鎖運動連鎖(CKC)で行われることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多関節

    解説

  • 73

    c.徒手筋力検査は6段階のグレードで筋力を評価する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    d.股関節内転筋の強化ではゴムチューブを大腿部に巻き、両下肢を広げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 股関節外転筋の強化

    解説

  • 75

    e.アッパーサイクルによるエクササイズは心臓への負荷が低く安全である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 負荷が高い

    解説

  • 76

    問99 身体組成について誤っているのはどれか。2つ選べ。 a.身体組成は一般的に脂肪と除脂肪の二つの要素で考えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    b.除脂肪には筋肉や骨格など脂肪以外のもの全てが含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    c.除脂肪の割合が高いということは筋量が多いことを意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    d.筋量が多ければ多いほど基礎代謝が低いことになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基礎代謝が高い

    解説

  • 80

    e.皮下脂肪の多い身体は「隠れ肥満」ともよばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内臓脂肪

    解説

  • 81

    問100 有酸素性トレーニングについて正しいのはどれか。2つ選べ。 a.LSD(long slow distance)トレーニングは、最大心拍数の80%以上の負荷で30分から2時間程度走る方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 80%以下の負荷で

    解説

  • 82

    b.ペーストレーニングは、一定の距離を設定ペースで走行する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 83

    c.インターバルトレーニングでは、心拍数を急走期180拍/分、緩走期120拍/分を下回らないようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    d.レペティショントレーニングとは、運動と不完全休息を反復し量より質を要求する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動と完全休息

    解説

  • 85

    e.ファルトレクトレーニングとは、都会の地形や起伏を利用して行う方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然の地形や起伏

    解説

56634

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ