zuknow learn together

新しい教材を作成

H25 AT試験基礎 84~100

カード 85枚 作成者: げーしー (作成日: 2014/05/26)

  • 問84 以下の部位に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多いのはどれか。2つ選べ。
    a.踵骨

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    問84 以下の部位に発生する疲労骨折において、手術療法が選択されることが多いのはどれか。2つ選べ。 a.踵骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 2

    b.脛骨中央

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    c.腓骨遠位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    d.第2中足骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    e.第5中足骨

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    問85 筋活動のエネルギー供給について正しいのはどれか。 a.筋収縮の直接的なエネルギー源は炭水化物である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    b.非乳酸性機構のエネルギー供給速度は無限である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    c.乳酸性機構では代謝産物として乳酸が産生される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    d.有酸素性機構のエネルギー供給速度は乳酸性機構よりも速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    e.持続時間が長い持久的な運動ほどパワーが大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    問86 腰椎分離症や筋・筋膜性腰痛症について正しいのはどれか。2つ選べ。 a.腰椎分離症は、発育期の過度なスポーツ活動が原因となることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    b.腰椎分離症では、後屈時より前屈時に痛みが増悪することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    c.筋・筋膜性腰痛症の単純エックス線画像では、「テリアの首輪」がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 14

    d.筋・筋膜性腰痛症に理学所見はないので、診断の際に下肢伸展拳上(SLR)テストや腱反射などの神経学的検査は省略してもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    e.筋・筋膜性腰痛症と診断されていても、経過中に別の疾患の可能性も考えておく。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    問87 エネルギー供給系について誤っているのはどれか。2つ選べ。 a.ATP-CPr系は無酸素系である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    b.ATP-CPr系が最大限に動員されると、7~8秒で筋内のクレアチンリン酸が枯渇する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    c.エネルギー供給系とはATPを利用してADPを再合成する過程である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ADPを利用してATPを再合成

    解説

  • 19

    d.1分30秒~3分の最大運動では、解糖系と有酸素系が主たるエネルギー供給系である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    e.解糖系では反応に酸素を必要とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要としない

    解説

  • 21

    問88 血液量や出血について正しいのはどれか。2つ選べ。 a.人間の血液量は体重の7~8%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    b.外傷により生じるショックのうち出血性ショックは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 23

    c.体内の血液の20%が急速に失われると出血性ショックとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    d.出血性ショックをきたす内出血の部位は頭蓋、胸腔、腹腔、後腹膜の4か所である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 25

    e.出血量の類推に脈拍数は参考にならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 26

    問89 運動単位とその動員様式について誤っているのはどれか。 a.大きな力を必要とする筋力発揮に関与するのは神経支配比が小さな運動単位である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    b.Fタイプ運動単位はSタイプに比べ軸索伝導速度が速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    c.1個の運動ニューロンとそれが神経支配する筋線維群を運動単位という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    d.Sタイプ運動単位は疲労耐性があり、遅筋線維を有している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疲労耐性がない

    解説

  • 30

    e.軽度の負荷の場合、Sタイプ運動単位が選択的に動員される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    問90 ドーピングコントロールについて正しいのはどれか。2つ選べ。 a.世界アンチ・ドーピング機構(WADA)の禁止表国際基準は4年に1回の改訂である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毎年改訂されている

    解説

  • 32

    b.禁止表国際基準で禁止されるのは、物質と方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    c.禁止物質は治療目的使用に係る除外措置(TUE)を提出すれば使用できるようになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    d.医師から処方される薬はドーピング違反にならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 違反になる

    解説

  • 35

    e.ドーピング検査は尿検査と血液検査がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿検査のみ

    解説

  • 36

    問91 腰椎椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。2つ選べ。 a.好発年齢は50歳代である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30~40歳代

    解説

  • 37

    b.椎間板内圧は座位より立位で高くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 座位のほうが高い

    解説

  • 38

    c.髄核の移動による神経の圧迫で疼痛や麻痺症状が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    d.下肢伸展拳上(SLR)テストは、被験者を腹臥位にして実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仰臥位にして実施

    解説

  • 40

    e.逃避性側弯を呈する場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    問92 一般人と比較した競技者の月経について誤っているのはどれか。2つ選べ。 a.月経周期異常が少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多い

    解説

  • 42

    b.一般的に初経の発来が早い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅れる

    解説

  • 43

    c.初経発来には体脂肪率が17%以上必要とされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    d.月経痛は軽いことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    e.スポーツパフォーマンスは、月経前・月経中よりも月経後10日間が最もよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    問93 足部の疲労骨折について正しいのはどれか。2つ選べ。 a.Jone’s骨折は第2中足骨基部の骨折である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第5中足

    解説

  • 47

    b.踵骨疲労骨折では通常、手術は不要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    c.舟状骨疲労骨折の治療では免荷が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    d.外反母趾傾向がみられる場合、母趾末節骨に疲労骨折が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母趾基節骨

    解説

  • 50

    e.足関節内果疲労骨折は通常のエックス線撮影で容易に診断できることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 51

    問94 競技者のトレーニングについて正しいのはどれか。 a.青年期競技選手の年間トレーニングにおいては、通常準備期として3~5か月間が設定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 52

    b.体力の増進が最も強調されるのは試合期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 53

    c.有酸素性トレーニングとして最も効果的な方法は、高強度、短時間の間欠的運動である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 54

    d.トレーニング内容に加えて、原理・原則も非競技者と異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 55

    e.移行期には、より専門性(競技特異性)の高いトレーニングを実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 56

    問95 上腕骨外側・内側上顆炎について誤っているのはどれか。2つ選べ。 a.テニス肘やゴルフ肘と呼ばれるものも多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    b.内側上顆炎の診断に、Thomsen テストや中指伸展テストが有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外側上顆炎

    解説

  • 58

    c.エックス線やMRIの診断的価値はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 診断的価値はある

    解説

  • 59

    d.外側上顆炎に対する手関節伸筋群のストレッチは有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 60

    e.治療は保存療法が原則で、手術を要することはまれである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    問96 スポーツの心血管系への影響について正しいのはどれか。2つ選べ。 a.心臓への負荷は、圧負荷と容量負荷に大別される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 62

    b.筋肉へより多くの酸素を供給することを要求されるのが、圧負荷になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 容量負荷になる。

    解説

  • 63

    c.最大筋力の高さを求めるものが、容量負荷となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 圧負荷

    解説

  • 64

    d.トレーニングでもたらされる生理的左室肥大は、トレーニングの中止で復する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    e.競技者の安静時心電図では、頻脈性不整脈が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徐脈性不整脈

    解説

  • 66

    問97 膝の半月板について正しいのはどれか。2つ選べ。 a.膝の屈伸で動かず、適合性を維持している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膝の屈伸で前後に移動する

    解説

  • 67

    b.荷重の伝達・分散、膝の安定、関節の潤滑などの役割がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    c.一般に外側半月板に比して内側半月板は可動性が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可動性が小さい

    解説

  • 69

    d.硝子軟骨である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 線維軟骨

    解説

  • 70

    e.断面はくさび状である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    問98 マルファン症候群について正しいのはどれか。2つ選べ。 a.結合組織の代謝異常をきたす疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    b.大動脈弁狭窄症を90%の患者に認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 73

    c.両側性硝子体脱臼を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    d.指極間長(アームスパン)は身長より長いことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    e.罹患期間によってスポーツ参加の可否が定められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 76

    問99 セルフトークについて正しいのはどれか。2つ選べ。 a.自己への語りかけである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    b.目的は、技術習得、悪い習慣の修正、現在に意識を向ける、感情や気分を変える、努力増進、自己効力感向上などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    c.認知行動療法の影響を全く受けないと考えられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    d.プラスとマイナスのセルフトークがあるが、物事をどう解釈するかで情動的反応に影響をすることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 80

    e.セルフトークによって、出来事や状況に対する見方を変えても、肯定的な感情を醸し出すことはなく、結果的にパフォーマンスを高めることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 81

    問100 手・指の外傷について正しいのはどれか。2つ選べ。 a.キーンベック病は、主にスポーツが誘因となる例が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 例が少ない

    解説

  • 82

    b.有鉤骨骨折は、保存療法で容易に骨癒合が得られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手術する場合がある

    解説

  • 83

    c.深指屈筋腱裂離損傷は、ラグビーなどで相手のシャツをつかんだまま振り払われたときに発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    d.ギオン管症候群は、尺骨神経の急性・慢性圧迫により発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    e.手根管症候群は、手関節の橈屈・尺屈を繰り返す競技に好発する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手関節の掌背屈

    解説

56846

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ