zuknow learn together

新しい教材を作成

平成25(基礎)1-16

カード 96枚 作成者: 海野好希 (作成日: 2014/05/25)


  • 成長期の野球肘について正しいのはどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1 成長期の野球肘について正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト③ P59~P66

    解説

  • 2

    a 肘内・外反の繰り返しによる骨棘の出現。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 3

    b 離断性骨軟骨炎は、上腕滑車部の発生が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 4

    c リトルリーグ肘は、上腕骨外側上顆の靭帯付着部の障害である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 5

    d 手術適応になる場合が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 6

    e 離断性骨軟骨炎は、病期が進行すると関節遊離体(ネズミ)が生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    2 ピーキングにつて誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト

    解説

  • 8

    a 24時間(1日)を周期とした生物学的現象を考慮した調整法をディトレーニングという

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 9

    b トレーニングの質もしくは量を減らすことで、パフォーマンス向上を意図するテーパリングの期間は2~3週間が一般的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    c 競技会などに備えて心身の状態を最高に高める調整法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    d グリコーゲンローディングはピーキングの一つの方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    e 一般的なテーパリングにおいてトレーニング量を減らしても最大酸素摂取量は維持される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    3 スポーツ中の突然死について正しいのはどれか。 2つ選べ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト④ P118~P124

    解説

  • 14

    a 若年者では冠動脈硬化性心疾患によるものが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 15

    b 若年者のメディカルチェックには心エコー図検査は有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    c 中高年者の突然死の原因で冠硬化は少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 17

    d  運動負荷試験は虚血性心疾患の判定に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    e 家族の既往歴や症状は重要ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 19

    4 肩腱板断裂について誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト③ P53~P54

    解説

  • 20

    a 中高年に多い疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    b MRIで腱板断裂がみつかれば直ちに手術が必要となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 22

    c 受傷直後は肩関節の挙上が困難である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    d 無症候性が多く存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    e 関節鏡視下手術により、早期競技復帰の可能性が高まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 25

    5 鉄欠乏性貧血について正しいのはどれか。 2つ選べ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト➈ P48

    解説

  • 26

    a 血液中のヘモグロビンの量が男性で25g/dl未満、女性で20g/dl未満を目安としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 27

    b 骨格筋の酸化的エネルギー生産能力は著しく増進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 28

    c 女性では月経による喪失分が加わるため、鉄の排出量は男性よりも多くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    d 症状としては、息切れ、呼吸困難、動悸、頻脈などが挙げられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    e 非ヘム鉄は、ビタミンCの存在下で吸収率が低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 31

    6 膝関節の徒手的検査につい正しいのはどれか。 2つ選べ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト③ P101~P111

    解説

  • 32

    a Lachmanテストは仰臥位で膝90°屈曲位として実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 33

    b 後方不安定テストは、仰臥位で膝90°屈曲位として脛骨を後方に押し込む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 34

    c 外反ストレステストは膝外側側副靭帯の徒手不安定検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 35

    d McMurrayテストは軟骨損傷の診断に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 36

    e 膝蓋骨のapprehensionサインは反復性膝蓋骨脱臼の診断に有効である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    7 運動の指令と調節機構につて誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト② P23

    解説

  • 38

    a 中枢神経は脳と脊髄から構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    b 末梢神経は体性神経ち自律神経から構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    c 大脳皮質の働きにより意識して行う運動を随意運動という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    d 骨格筋が急に引き伸ばされた時に収縮する反射を屈曲反射という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 42

    e 運動技術の習熟過程で無意識に運動ができるようになることを自動化という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    8 アキレス腱断裂の診断に有効なテストはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト⑧ P122

    解説

  • 44

    a Thomsenテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 45

    b Lachmanテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 46

    c Thompsonテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    d Jacksonテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 48

    e McMurrayテスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    9 中手骨骨折についてた正しいのはどれか。 2う選べ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト③ P77~P79

    解説

  • 50

    a 頚部骨折の検診は、困難なことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 51

    b 骨頭骨折では、治療を容易に行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 52

    c 骨幹部骨折は、横骨折、縦骨折、斜骨折の3タイプに分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 53

    d 頚部骨折はボクサー骨折とも呼ばれ、主に第5中手骨に発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    e 基部骨折では、骨癒合は早期に生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    10 エネルギー消費量について正しいのはどれか。 2つ選べ。 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト➈ P24~P27

    解説

  • 56

    a 1日の総エネルギー消費量は、基礎代謝量、食事誘発性生産、身体活動によるエネルギー消費量の合計値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    b アスリートは身体活動によるエネルギー消費量が運動習慣のない人より高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 58

    c アスリートにとってエネルギー消費量の推定は必要ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 59

    d アスリートのエネルギー消費量は実測しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 60

    e 身体活動レベル(PAL)はアスリートを対象とした指標である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 61

    11 女性や性別に関係するスポーツ外傷・障害について誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト③ P199~P212

    解説

  • 62

    a 女性に膝蓋大腿関節障害が多いのは、膝アライメントの性差が関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    b 女性に前前十字靭帯損傷が多いのは、動作時の膝外反が多いことなどが関係する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    c 女性の高齢者では、男性より変形性膝関節症に注意する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    d 成長期に多い脛骨疾走型疲労骨折は16歳前後に多くみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 66

    e 成長期の離断性骨軟骨炎は、成長が終了すれば治癒する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 67

    12 リラクセーションについて正しいのはどれか。 2つ選べ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト

    解説

  • 68

    a 緊張に対応する心身の状態を指す言葉として使用されることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    b リラクセーション訓練後には不安が減少する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    c マッサージや精神安定剤を服用して試合に臨めば効果的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 71

    d 自分の身体に注意を向け、自らの主体的努力をすることなくその部位を緊張させ、弛緩させていくことが重要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 72

    e リラックスした状態と、その状態をコントロールする主体的な過程の両方を指すが、それを毎日繰り返す必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    13 栄養教育・食事指導の進め方について誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト➈ P80

    解説

  • 74

    a プログラムマネジメントサイクルに従って進める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 75

    b 目標設定は、問題解決に向けての方策の基本となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    c 目標は、大目標、中目標、小目標に分けて検討することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    d 小目標は必ずしもひとつとは限らない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    e アセスメントは、基準となる数値との比較により進める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 79

    14 肘関節周辺の神経について誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト③ P67~P69

    解説

  • 80

    a 肘関節周辺には橈骨神経、正中神経および尺骨神経の3本が走行している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    b スポーツによる肘関節神経障害は、ほとんどが正中神経に見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 82

    c 肘部管症候群では、変形性肘関節症と尺骨神経脱臼が代表的原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 83

    d Tinel徴候とは、神経障害部位をたたくと、末梢に疼痛が走る現象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    e 神経症がにより筋萎縮が生じると回復が困難であるため、早期の対処が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 85

    15 筋収縮の様式について誤っているのはどれか。 2つ選べ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト⑥ P58~P60

    解説

  • 86

    a 筋の長さが変わらない収縮を等尺性収縮という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 87

    b 筋力が外力より大きく、筋が短くなる収縮を短縮性収縮という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    c 筋力が外力より小さく、筋が強制的に引きなばされる収縮を伸張性収縮という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    d 短縮性収縮では、筋力発揮が大きくなるにしたがって収縮速度も増大する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 90

    e 最大等尺性収縮力は、最大伸長性収縮力より大きな力発揮がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    16 出血性ショックの前駆症状として正しいのはどれか。 2つ選べ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テキスト③ P173

    解説

  • 92

    a 顔面紅潮

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 93

    b 発汗

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 94

    c 皮膚の冷感

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 95

    d 深く早い呼吸

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 96

    e 強く毎分120回を超える頻脈

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

56751

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ