zuknow learn together

新しい教材を作成

脳出血

カード 51枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/05/24)

  • (   )は、脳血管障害の中で最も重篤である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

TBL対策
神経内科・脳外科

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    (   )は、脳血管障害の中で最も重篤である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くも膜下出血

    解説

  • 2

    頭蓋内の主幹動脈は、(   )を走行している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くも膜下腔

    解説

  • 3

    くも膜下出血の原因は、(   )が圧倒的多数である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳動脈瘤破裂

    解説

  • 4

    くも膜下出血の原因について、 脳血管障害には、(   )がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳動脈瘤、脳動静脈奇形、高血圧・脳動脈硬化性疾患、もやもや病、硬膜動静脈瘤

    解説

  • 5

    脳動脈瘤の好発部位は、(   )(全体の75%)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前交通動脈、内頸動脈−後交通動脈分枝部、中大脳動脈分枝部

    解説

  • 6

    脳動脈瘤のうち、破裂しやすい部位は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前交通動脈、内頸動脈−後交通動脈分枝部、脳底動脈先端部など

    解説

  • 7

    くも膜下出血の症状には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • "バットに殴られたような"突然の激しい頭痛、悪心、嘔吐、意識障害

    解説

  • 8

    くも膜下出血について、 (   )は様々で軽い場合もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識障害

    解説

  • 9

    くも膜下出血について、 頭痛が軽いと(   )と誤診される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 片頭痛等のその他の頭痛

    解説

  • 10

    くも膜下出血について、 (   )が主症状の場合、緊急内視鏡検査が行われることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嘔吐

    解説

  • 11

    くも膜下出血について、 (   )は1日程度しないと現れない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 項部硬直

    解説

  • 12

    くも膜下出血の予後不良因子について、 (   )は、急性期(発症時)に出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一次的脳損傷

    解説

  • 13

    くも膜下出血の予後不良因子について、 (   )は、急性期(6~24時間以内)に出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再出血(再破綻)

    解説

  • 14

    くも膜下出血の予後不良因子について、 (   )は、亜急性期(72時間~2週間)に出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳血管攣縮

    解説

  • 15

    くも膜下出血の予後不良因子について、 (   )は、慢性期(数週~数ヶ月)に出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常圧水頭症

    解説

  • 16

    くも膜下出血の再出血に対する予防として全身管理には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血圧コントロール(降圧薬、鎮痛・鎮静)

    解説

  • 17

    くも膜下出血の再出血に対する予防として、術式には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開頭手術(開頭動脈瘤頸部クリッピング術)、血管内手術(動脈瘤コイル塞栓術)

    解説

  • 18

    くも膜下出血の脳血管攣縮に対する予防として、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血腫の除去、昇圧、攣縮予防薬、脳槽・腰椎ドレナージ

    解説

  • 19

    Hunt and Kosnik分類(一次的脳損傷の評価)について、 「未破裂脳動脈」は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • grade 0

    解説

  • 20

    Hunt and Kosnik分類(一次的脳損傷の評価)について、 「無症候性か、最小限の頭痛および軽度の項部硬直がみられるもの」は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • grade Ⅰ

    解説

  • 21

    Hunt and Kosnik分類(一次的脳損傷の評価)について、 「急性の髄膜あるいは脳症状をみないが、固定した神経学的失調がみられるもの」は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • grade Ⅰa

    解説

  • 22

    Hunt and Kosnik分類(一次的脳損傷の評価)について、 「中等度から重篤な頭痛、項部硬直をみるが、脳神経麻痺以外の神経学的失調はみられないもの」は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • grade Ⅱ

    解説

  • 23

    Hunt and Kosnik分類(一次的脳損傷の評価)について、 「傾眠状態、錯乱状態、または軽度の巣症状を示すもの」は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • grade Ⅲ

    解説

  • 24

    Hunt and Kosnik分類(一次的脳損傷の評価)について、 「昏迷状態で、中等度から重篤な片麻痺があり、早期除脳硬直および自律神経障害を伴うこともあるもの」は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • grade Ⅳ

    解説

  • 25

    Hunt and Kosnik分類(一次的脳損傷の評価)について、 「深昏睡状態で除脳硬直を示し、瀕死の様相を示すもの」は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • grade Ⅴ

    解説

  • 26

    WFNSの分類(一次的脳損傷の評価)について、 grade Ⅰは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GCS15, 神経脱落症状(−)

    解説

  • 27

    WFNSの分類(一次的脳損傷の評価)について、 grade Ⅱは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GCS14~13, 神経脱落症状(−)

    解説

  • 28

    WFNSの分類(一次的脳損傷の評価)について、 grade Ⅲは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GCS14~13, 神経脱落症状(+)

    解説

  • 29

    WFNSの分類(一次的脳損傷の評価)について、 grade Ⅳは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GCS12~7, 神経脱落症状(+/−)

    解説

  • 30

    WFNSの分類(一次的脳損傷の評価)について、 grade Ⅴは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GCS6~3, 神経脱落症状(+/−)

    解説

  • 31

    脳血管攣縮について、 脳血管、特に主幹動脈が縮んで、(   )を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳虚血症状

    解説

  • 32

    脳血管攣縮について、 (   )で発症し、続いて脳局所症状が出現することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 見当識障害や意識障害

    解説

  • 33

    脳血管攣縮について、 早期に発見するには、(   )を頻回にとることが必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経所見

    解説

  • 34

    脳血管攣縮について、 (   )に近い血管の方がより攣縮を起こしやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 破裂した動脈瘤

    解説

  • 35

    正常圧水頭症について、 脳脊髄液の吸収障害により、産生の場である(   )が拡大。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳室

    解説

  • 36

    正常圧水頭症について、 くも膜下出血後(   )に発症することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1ヶ月以降

    解説

  • 37

    正常圧水頭症について、 (   )が三大主徴である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知機能低下、歩行障害、尿失禁

    解説

  • 38

    正常圧水頭症について、 正常圧と名付けられているが、実際には圧は、(   )している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微妙に亢進

    解説

  • 39

    正常圧水頭症について、 手術により、脳脊髄液腔から(   )に脳脊髄液を排出することで改善する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腹腔や静脈系

    解説

  • 40

    くも膜下出血後の再出血の予防ができたら、引き続き脳血管攣縮による(   )を作らないための加療が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳梗塞

    解説

  • 41

    脳(内)出血について、 原因の大部分は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高血圧による細動脈硬化

    解説

  • 42

    脳(内)出血について、 高齢者の場合、(   )が原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管へのアミロイド蛋白沈着

    解説

  • 43

    脳(内)出血について、 その他の原因としては、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻、海綿状血管腫

    解説

  • 44

    脳(内)出血について、 出血した部位によって、(   )に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被殻出血、視床出血、小脳出血、脳幹(橋)出血、皮質下出血

    解説

  • 45

    脳(内)出血の症状について、 代表的な症状として、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識障害、片麻痺、感覚障害、言語障害、運動失調、視野障害

    解説

  • 46

    脳(内)出血について、 血腫が大きくなると、(   )を生じるため手術を要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳ヘルニア、閉塞性水頭症

    解説

  • 47

    脳(内)出血の治療について、 手術(血腫除去術)は、脳ヘルニアや水頭症に対する(   )を要する症例に限定されつつある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 救命的手技

    解説

  • 48

    脳(内)出血により、一旦ダメージを受けた(   )は回復しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経機能

    解説

  • 49

    (   )は、脳動脈瘤の危険因子ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖尿病、高尿酸血症

    解説

  • 50

    脳動脈瘤の危険因子は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クモ膜下出血の家族歴、飲酒・喫煙、高血圧、脳卒中の家族歴、高脂血症

    解説

  • 51

    CT画像にて、クモ膜下出血が疑わしい時は、(   )が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腰椎穿刺による髄液検査

    解説

56646

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ