zuknow learn together

新しい教材を作成

NTAA

カード 79枚 作成者: やまけん (作成日: 2014/05/21)

  • 株価の将来を予測する方法としては3つのアプローチがあるが、そのひとつにマクロやミクロ面から携えようとするファンダメンタルズ分析がある

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    株価の将来を予測する方法としては3つのアプローチがあるが、そのひとつにマクロやミクロ面から携えようとするファンダメンタルズ分析がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ ①ファンダメンタルズ分析②テクニカル分析③テクノファンダメンタルズ分析

    解説

  • 2

    長期的に見て、名目GDPと東証一部時価総額の推移には連動性が認められる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 経済成長と共に時価総額も増加しており、連動性が認められる

    解説

  • 3

    鉱工業生産指数は、株式市場との関係を見る際、前年同月比の変化率が利用される場合が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 株式市場との関連では、鉱工業生産指数そのものの値よりも、鉱工業生産指数の前年同月比の変化率が利用される場合が多い

    解説

  • 4

    ー金融政策の基本方針は、原則四半期に一回開催される日銀政策委員会の金融政策決定会合で決定される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原則月一回の会合

    解説

  • 5

    ハイパワードマネーとは、現金通貨〔日銀券と硬貨〕と民間金融機関が保有する中央銀行預け金〔日銀当座預金残高〕の合計のことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    株価の将来を予測する方法としては三つのアプローチがあるが、その一つに株価の動きそのものから将来を探ろうとするテクニカル分析がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    低金利国から資金を調達し、高金利国で資金を運用する方法がキャリートレードである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    輸入原材料の高騰など国外のインフレーションが国内に影響し発生するインフレをデイマンドプルインフレという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × デイマンドプルインフレは、需要側に問題があるインフレで供給を大幅に超える需要側があることにより物価が上昇する

    解説

  • 9

    公開市場操作は、これによって金融市場の資金需給が変化し、金融機関の貸出金利などへの波及を通じて、経済活動全体に効果が及ぶことを目指す

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    M3は、M1+準通貨+CD〔譲渡性預金残高〕で、このうちの準通貨とは、普通預金、定期預金、据置貯金、定期積金、外貨預金の合計である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 準通貨の中に普通預金は含まれていない

    解説

  • 11

    大幅な増益決算が発表されても、それが期待値を下回っている場合、株価は上昇するよりも下落する場合が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    株価は、ファンダメンタルズだけでは捉え切れない、市場心理の動きを織り込んでいる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 13

    100営業日の期間で算出した騰落レシオ100日は最も一般的で、中期、長期の動きをみるのに使われる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 一般的な騰落レシオは25日が使用されている

    解説

  • 14

    将来性のある事業や魅力ある資産を持つにもかかわらず、株価純資産倍率が低位で推移している企業は格好の買収対象であるとみられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    株価収益率は、一般に30倍超なら割高と判断されることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 何倍が妥当かという確固たる基準はなく、同一銘柄や上場銘柄の平均が過去に比べてどうであるとか、同業種や他の上場銘柄と比較検討することに用いられる

    解説

  • 16

    企業収益が累積的に成長する時は❌❌もそれに応じて上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株価

    解説

  • 17

    これが成長株の株価波動であり、基本的に株価は❌❌によって形成され、❌❌とのギャップにより変化する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 期待値 現実

    解説

  • 18

    ただ、成長株も❌❌な❌❌や収益動向の動きにより、株価が振れるケースがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 短期的 景気波動

    解説

  • 19

    ボリンジャーバンドは、トレンドが❌❌場合や、継続してきたトレンドが❌❌に転換した時、あるいは、❌❌していたトレンドが❌❌し始めるようになる場合には注意を要する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強い 反対方向 収束 発散

    解説

  • 20

    それまでとは異なり、❌❌のスタンスが必要となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順張り

    解説

  • 21

    GCは、長期線の❌❌移動平均線を短期線の❌❌移動平均線が下から上に突き抜けた時点であり、長期の❌❌シグナル発生とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 200日 75日 買い

    解説

  • 22

    厳密にいうと、❌❌移動平均線が❌❌中あるいは横ばいの状態にある時に❌❌移動平均線が❌移動平均線を❌❌抜ける時点である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 200日 上昇 75下から上

    解説

  • 23

    応当水準とは❌❌の株価である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 応当日

    解説

  • 24

    応当日は、N日移動平均線を計算する場合、当日から当日を含めたN日前の日付である。これは翌日の株価がその応当日の株価より安ければ、N日移動平均線は❌❌なる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低く

    解説

  • 25

    つまり、翌日の株価とその応当日の株価と比べることによって❌❌の❌❌が予測できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 移動平均線 方向

    解説

  • 26

    グランビルは、陥りやすい落とし穴を避ける方法として 不本意な取引をすることを勧めている

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    移動平均線には慣性力があり、株価が移動平均線から一時的に乖離しても移動平均線に引き戻される力が働く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 28

    移動平均線では、株価の平均値を連続化することにより、株価トレンドの方向性を把握することが可能になる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 29

    移動平均線が上昇後、横這いlか下落しつつある時、株価が移動平均線を下に突き抜ける場合は、グランビルの売りシグナルである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 30

    移動平均線が逆順パターンを形成している時は、一貫して吹き値売りが有効な局面と判断される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 31

    ファンダメンタル分析は、グローバル経済や国内景気-金融などの❌❌に加えて、企業の成長性や財務分析などの❌❌まで、極めて広範囲の調査-分析を必要とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マクロ分析 ミクロ分析

    解説

  • 32

    その基本理念は企業の将来における利益や配当の流列を予測することである。株価にはしかるべき❌❌がある との仮説のもとに、株価の価値はその株式を保有することによって得られる将来の❌❌を❌❌で割り引く、すなわち資本還元したところに決まると考える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内在価値 配当金収入 市場金利

    解説

  • 33

    トレンドは、期間の長さによって、短期、中期、長期と分けることができる。厳密な定義はないが、日足で観察される❌❌以内に消滅するものを短期、週足で観察される❌❌〜❌❌程度を中期、月足で観察される❌❌〜❌❌続くものを長期と考えて良い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 数週間 数ヶ月 半年 一年 数年

    解説

  • 34

    ペナントのポールは、株価が出来高を伴って急騰ないし急落した場合に形成される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 35

    トライアングルフォーメーションのうち、下値が切り上がる一方、上値も切り下がるものをシンメトリカルトライアングルという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 36

    ライントップは、人為的な買い支えが破綻したケースなどに出現する場合があり、ラインボトムに比べると発生頻度が多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ ラインフォーメーションは、線形の天井大底を形成する形。ライントップはラインボトムに比べると発生頻度は極めて少ない

    解説

  • 37

    ダブルトップにおいて、二つの天井を結んでほぼ水平に引いた線をネックラインという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ ネックラインとは、ダブルトップにおける一つ目の天井を付けた後の安値のこと

    解説

  • 38

    ヘッドアンドショルダーズトップの完成直前に起こる、ネックラインレベルまでの揺り戻しをリターンムーブという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ リターンムーブはヘッドアンドショルダーズトップの完成後に起こる

    解説

  • 39

    一目均衡表において、❌❌が❌❌を下から上へ抜ける状態を好転、逆に❌❌が❌❌を上から下へ割り込むことを逆転言う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転換線 基準線

    解説

  • 40

    好転を買い転換、逆転を売り転換とする。ただし、転換線が基準線を上回っても、❌❌が❌❌に転じなければ❌❌と言わず、また、一度転換線が❌❌基準線を上回って再び下回った場合、❌❌が❌❌になっていれば❌❌とはならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基準線 上向き 好転 基準線 上向き 逆転

    解説

  • 41

    ダウ理論では、終値には様々な情報を持って全ての投資家の投資行動が、反映されると考えられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 42

    チャールズダウは、強気市場で株価上昇時に出来高が減少し、下落時に出来高が増加すると考えた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 強気市場では、株価上昇時に出来高が増加し、下落時には出来高が減少する。弱気市場では逆になる

    解説

  • 43

    ダウ理論における強気市場の第3局面とは、上昇の最終段階であり、一般の投資家はついて行けず、一部の機関投資家が投資を行う段階である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 強気市場の第一局面は先行型投資家、第二局面は追従型の投資家が買い始め、第三局面は一般投資家が投資を行う段階

    解説

  • 44

    ダウ理論における弱気市場の第二局面とは、景気、企業収益等に悪化に伴って、徐々に売り方主導の展開となり、株価が下落し始める段階である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 株価が大きく下落する段階である

    解説

  • 45

    ダウ理論では、長期トレンドが上昇中にある場合、その中期トレンドで安値をつけた後、次の高値がその前の高値を更新していく局面を、強気市場という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️ ダウ理論の中期トレンドーセカンダリーサイクルーは本来のトレンド構成と異なる。サイクルと言う意味合いを含んでいるためだ。本来は長期トレンドが上昇中なら中期トレンドは上昇トレンド、それを修正する短期トレンドの構成となる。これを中期トレンドと短期トレンドを一緒にするとセカンダリーサイクルとなる。つまり、ダウは安値から安値のサイクルの概念でトレンドを捉えている

    解説

  • 46

    相場において、材料、需給要因ー仮需を含むー、❌❌は大切で、決して無視軽視出来ないものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出来高

    解説

  • 47

    しかし、これらのものはすべて❌❌との関係から発生したものであり、❌❌が変化すれば、それらの❌❌も変わってくる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株価 株価 影響力

    解説

  • 48

    その影響力の研究も有意義であるが❌❌でもある。ゆえに、一目均衡表では❌❌自身が持っている❌❌を重視するとされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 影響力 複雑 株価 力

    解説

  • 49

    サイコロジカルラインは、下落や上昇の値幅にかかわらず、高い日や安い日の日数で強気になったり弱気になったりする相場心理を測る指標である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️ 通常12日間を取ることが多い

    解説

  • 50

    RSIと株価が強気のダイバージェンンスとなった場合は、買いのシグナルと判断される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️ 強気のダイバージェンンスは、株価が新安値を取ったにもかわらず、RSIが底値を切り上げる動きを示した場合

    解説

  • 51

    ストキャステイックスの%Kの計算式は〔当日終値ー計算期間中の最安値〕➗〔計算期間中の最高値ー計算期間中の最安値〕✖️100

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 52

    ストキャステイックスの基本的な見方は、70%以下は売られすぎで安値圏にあり、30%以上は買われすぎで高値圏にあるという見方である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 30%以下は売られすぎで安値圏、70%以上は買われすぎで高値圏であると見る

    解説

  • 53

    ストキャステイックスにおける弱気のダイバージェンンスは、株価が新高値をとってきたにもかわらずストキャステイックスが上値を切り下げる動きを示した場合である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 54

    コンドラチェフは、資本主義経済における長期波動は諸要因全部を相互に結び付けることにより説明可能と考えた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️ 諸要因全部とは、戦争、技術革新、金産出、農業等など。

    解説

  • 55

    サイクルの原則の中で比例性の原則とは、隣り合うサイクルは通常、整数倍の関係にあるとする考え方で、その整数は通常2である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 周期の長いサイクルは振幅も大きい。40日周期を持つサイクルの振幅は、20日間の振幅の約2倍となる

    解説

  • 56

    生産設備の増加分が設備投資なので、設備投資の動向は景気変動および経済成長のダイナミックな変動要因となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️ 設備投資循環 ジュグラーサイクル

    解説

  • 57

    サイクルの原則の中で実質性の原則とは、各市場の差や多様性とは別に、全ての市場に有効な実質かつ相互に調和のとれた一つのサイクルが存在することをいう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 各市場の差や多様性とは別に、全ての市場に有効な名目的かつ相互に調和のとれた一連のサイクルが存在することを、名目性の原則という

    解説

  • 58

    サイクルトランスレーションにおける弱気相場の特性は、山が中心よりも左寄りとなり、谷は、サイクルの始点より終点の方が低い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️ サイクルの山が左側に位置する場合をレフトハンドトランスレーション、右側に位置する場合をライトトランスレーションとう

    解説

  • 59

    フォーメーション分析 ヘッドアンドショルダーズボトムにおいてリターンムーブが見られるのは、需給バランスが戻り売りよりもネックラインレベルで押し目買い勢力が強くなるためである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️ 株価がネックラインを上回って上昇するものの、利益確定売りから反落に見舞われる。ところが、ネックラインレベルで下げ止まりすぐさま反発に転じる。この一連の揺れ戻しがリターンムーブである

    解説

  • 60

    フォーメーション分析 トライアングルフォーメーションは、リバースポイントが最低5つ必要で、6つあれば理想的である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 最低4つ 通常六つ必要

    解説

  • 61

    フォーメーション分析 株価が大きく上昇した後でない限り、上昇途中のウェッジパターンは造られる前の進行方向が、ウェッジ後の進行方向を決定する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️ ウェッジパターンはトライアングルの性質に似ているが、形状が異なる

    解説

  • 62

    フォーメーション分析 持続的な下降の最終局面においてー窓-を伴うキーリバーサルデーのことをアイランドリバーサルという

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 持続的な下降の最終局面において窓を伴うキーリバーサルデーのことを ボトムリバーサルデーという

    解説

  • 63

    フォーメーション分析 ダイヤモンドフォーメーションは、ブロードニングフォーメーションと同様、大底パターンとして捉えられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ ダイヤモンドフォーメーションは、ブロードニングフォーメーションと同様、 天井パターンとして捉えられている

    解説

  • 64

    株価指数のRSIでは、通常60以上が買われすぎで売りゾーン、40以下が売られ過ぎで買いゾーンとされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 70 40

    解説

  • 65

    RSIにおける強気のダイバージェンンスは、株価が新高値をとってきたと同時にRSIが底値を切り上げる動きを示した場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 株価が新安値をとってきたと同時にRSIが底値を切り上げる動きを示した場合

    解説

  • 66

    サイコロジカルラインの計算式は、n日間のうち陽線だった日数➗n日✖️100である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 陽線ではなく、前日比上昇した日数

    解説

  • 67

    RSIの計算に使われる日数は、指数が発表された当初は、 14日が有効とされていたが、短期のトレーディングを好む人は9日間を使うなど様々である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 68

    ストキャステイックスと株価が強気のダイバージェンンスとなった場合は、天井接近のシグナルと判断される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 天井接近ではなく、 反転上昇する兆しと判断される

    解説

  • 69

    ローソク足の週足は、2~6週間先のやや中期的なトレンドを分析するのに用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ ローソク足の週足は、2~6ヶ月先のやや中期的なトレンドを分析するのに用いる

    解説

  • 70

    ローソク足のはらみ線とは、基本的解釈として前日の実体部分の中に当日の実体線が収まる場合を指し、当日線の陰陽は問わない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 71

    ローソク足のトウバは下影がなく、寄り付き、安値、引け値の三値同時線で上影があるものをさす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 上影陽線が、株価の下の位置で現れた場合は、相場の底打ちを示唆する場合がある。上影陽線は、現れる位置によって意味が異なることに注意

    解説

  • 72

    ローソク足の差し込み線は、陽線の実体が大きくとも反発力に限界があり、打診買いにとどめるべきとされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ ローソク足の差し込み線は、陽線の実体が大きくとも反発力に限界があり、追撃売りの急所とされている

    解説

  • 73

    2011年の日経225、TOPIXの合計売買代金は先物が現物を上回っており、現物市場に与える先物市場の影響が大きくなっている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️ 需給を見る場合、先物市場の動向が欠かせない

    解説

  • 74

    投資主体別売買動向は市場内での売買動向を対象にしており、公募、売り出しで取得したものは集計対象に入らないため、個人の現金の売買は通常、買い越しとなっていることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ❌ 売り越し

    解説

  • 75

    投資主体別ー株式ー保有状況は、単元株ベースと市場価格ベースがあるが、実勢に則した投資家別の保有状況を捉えるには、後者がわかりやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 76

    貸借倍率が低いと、将来、買い残の決済に伴う売りで株価が下落する可能性が考えられ、需給圧迫懸念が強いとされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    貸借倍率は、二市場信用取引残高の場合は金額及び株数ベースで算出できるが、個別銘柄の場合は株数ベースのみでしか算出できない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ⚪️

    解説

  • 78

    出来高は、市場や個別銘柄の❌❌を表す指標として使われるが、生の数値では❌❌が多いゆえに出来高が多いものと、逆に少ないゆえに出来高が少ないものがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 勢い 発行株式数

    解説

  • 79

    そのため売買高分析の一つに❌❌という尺度を用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出来高回転率

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ