zuknow learn together

新しい教材を作成

頭部外傷

カード 52枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/05/21)

  • 成人の頭蓋骨は(   )の荷重を乗せて圧迫すると骨折を起こす。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

TBL①対策
脳神経外科

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    成人の頭蓋骨は(   )の荷重を乗せて圧迫すると骨折を起こす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均500kg

    解説

  • 2

    頭蓋骨線状骨折について、 通常、処置不要。(   )に注意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋内出血の続発、3歳以下ではgrowing fracture

    解説

  • 3

    頭蓋骨陥没骨折について、 (   )は、緊急手術が必要。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開放性のもの、1cm以上陥没しているもの

    解説

  • 4

    前頭蓋底骨折では、(   )が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パンダの目、時に髄液鼻漏、視神経損傷

    解説

  • 5

    中頭蓋底骨折では、(   )が特徴的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バトル徴候、時に髄液耳漏、顔面神経・聴神経損傷

    解説

  • 6

    脳震盪は、(   )で回復後は神経損傷などはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一過性

    解説

  • 7

    脳挫傷は、頭部外傷により(   )に挫滅を来したものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非可逆的

    解説

  • 8

    脳を覆う構造は、(   )の順である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋骨-硬膜-くも膜-軟膜-(脳)

    解説

  • 9

    頭蓋内出血について、 出血箇所は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硬膜外、硬膜下、くも膜下、脳内

    解説

  • 10

    (   )は、前頭葉と頭頂葉の間に位置する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中心溝

    解説

  • 11

    (   )は、前頭・頭頂葉と側頭葉の間に位置する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シルビウス裂

    解説

  • 12

    頭蓋内圧亢進症状には、(   )、髄液圧亢進、意識障害、Cushing現象がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭痛(深部痛、早朝頭痛)、嘔吐(噴出性)、視覚障害(うっ血乳頭)

    解説

  • 13

    頭蓋内圧亢進症状には、(   )、頭痛、嘔吐、視覚障害がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髄液圧亢進、意識障害、Cushing現象(徐脈、血圧上昇)

    解説

  • 14

    刺激しなくても覚醒しており、大体意識清明だが今ひとつはっきりしない。 JCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCSⅠ-1

    解説

  • 15

    刺激しなくても覚醒しており、見当識障害がある。 JCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCSⅠ-2

    解説

  • 16

    刺激しなくても覚醒しており、自分の名前、生年月日が言えない。 JCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCSⅠ-3

    解説

  • 17

    刺激をすると覚醒する状態で、普通の呼びかけで容易に開眼する。 JCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCS Ⅱ-10

    解説

  • 18

    刺激をすると覚醒する状態で、大声または体を揺さぶることで開眼する。 JCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCS Ⅱ-20

    解説

  • 19

    刺激をすると覚醒する状態で、痛み刺激を加え、繰り返し呼びかけることで開眼する。 JCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCS Ⅱ-30

    解説

  • 20

    刺激をしても覚醒せず、痛み刺激に対し払いのける動作をする。 JCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCS Ⅲ-100

    解説

  • 21

    刺激をしても覚醒せず、痛み刺激に少し手足を動かしたり顔をしかめる。 JCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCS Ⅲ-200

    解説

  • 22

    刺激をしても覚醒せず、痛み刺激に反応しない。 JCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCS Ⅲ-300

    解説

  • 23

    脳ヘルニアについて、 帯状回(大脳鎌下)ヘルニアでは、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反対側下肢の麻痺

    解説

  • 24

    脳ヘルニアについて、 テント切痕(鉤・海馬)ヘルニアでは、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識障害(網様体賦活系の障害)、動眼神経麻痺(瞳孔散大)、除脳硬直、反対側片麻痺

    解説

  • 25

    脳ヘルニアについて、 大後頭孔(小脳扁桃)ヘルニアでは、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸障害、意識障害

    解説

  • 26

    脳ヘルニアに伴う動眼神経麻痺では、(   )がまず出現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瞳孔散大

    解説

  • 27

    動眼神経麻痺の原因には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳腫瘍、脳動脈瘤、テント切痕ヘルニア、糖尿病、重症筋無力症、外傷による直接損傷

    解説

  • 28

    動眼神経麻痺では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 瞳孔径の拡大、対光反射の消失、眼球の外転位(眼球運動障害)、眼瞼下垂

    解説

  • 29

    脳ヘルニアの治療について、 外科的治療法には、( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋内病変の除去、外減圧、内減圧、髄液ドレナージ

    解説

  • 30

    脳ヘルニアの治療について、 保存的治療法には、( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高浸透圧利尿剤、副腎皮質ホルモン、過換気、低体温法

    解説

  • 31

    急性硬膜外血腫は、( )に形成される血腫である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋骨と硬膜の間

    解説

  • 32

    急性硬膜外血腫について、 頭部CTで、( )を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 凸レンズ状

    解説

  • 33

    急性硬膜外血腫について、 (   )を伴うことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋骨骨折

    解説

  • 34

    急性硬膜外血腫について、 出血源は、(   )であることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中硬膜動脈

    解説

  • 35

    急性硬膜外血腫について、 受傷後、(   )がしばしばみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識清明期

    解説

  • 36

    急性硬膜外血腫について、 死亡率は(   )といわれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15~30%

    解説

  • 37

    痛み刺激で開眼し、払いのけようとする。また、理解不能の声を発する。 GCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • E2V2M5/ GCS9

    解説

  • 38

    呼びかけに反応せず、発語もない。 また、痛み刺激に対して四肢伸展がみられる。 GCSは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • E1V1M2/ GCS4

    解説

  • 39

    急性硬膜下血腫は、(   )に発生する血腫である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硬膜と脳の間

    解説

  • 40

    急性硬膜下血腫について、 出血源は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳挫傷からの出血、脳と硬膜を架橋する静脈からの出血

    解説

  • 41

    急性硬膜下血腫について、 頭部CTで、(   )を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高吸収域の三日月型

    解説

  • 42

    急性硬膜下血腫について、 受傷直後から、(   )を伴うことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識障害

    解説

  • 43

    急性硬膜下血腫は、生命予後は(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極めて不良

    解説

  • 44

    頭部外傷について、 直接外力が加わった部分の脳挫傷を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直撃損傷(coup injury)

    解説

  • 45

    頭部外傷について、 外力と反対側の脳挫傷を(   )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反衝損傷(対側損傷, contrecoup injury)

    解説

  • 46

    慢性硬膜下血腫は、(   )に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高齢者

    解説

  • 47

    慢性硬膜下血腫は、(   )でも発生し得る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軽微な頭部外傷

    解説

  • 48

    慢性硬膜下血腫について、 頭を打ってから1〜3ヶ月後に脳と頭蓋骨の間に(   )ができて、液状の血液が溜まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜状の袋

    解説

  • 49

    慢性硬膜下血腫の治療は、(   )を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 穿頭ドレナージ術

    解説

  • 50

    慢性硬膜下血腫について、 頭部CTで、(   )を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低〜等吸収域の三日月型

    解説

  • 51

    慢性硬膜下血腫について、 数ヶ月前の軽微な頭部外傷の後、(   )、徘徊、尿便失禁、頭痛、吐気などの症状が数週間の経過で徐々に増悪する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歩きにくい、座れない、立てない、半身不随、動作が緩慢、発語が少ない、言葉が出にくい

    解説

  • 52

    慢性硬膜下血腫について、 数ヶ月前の軽微な頭部外傷の後、(   )、歩きにくい、座れない、立てない、半身不随、動作が緩慢、発語が少ない、言葉が出にくいなどの症状が数週間の経過で徐々に増悪する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 徘徊、尿便失禁、頭痛、吐気

    解説

56554

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ