zuknow learn together

新しい教材を作成

キャリコン実践

カード 352枚 作成者: Junko (作成日: 2017/01/03)

  • 職種11

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    職種11

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 営業、企画マーケティング 事務スタッフ クリエイティブ itソフトウェア 生産製造品質管理 研究開発設計 建築土木 金融 流通サービス 専門スペシャリスト

    解説

  • 2

    職種 流通サービス関連

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飲食店ホテル旅行娯楽 医療福祉清掃理容エステ 学校情報サービスセキュリティ 冠婚葬祭 必要なのは世の中の動きを捉える力対応力と包容力

    解説

  • 3

    営業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客のニーズに応えるコミュニケーション力 課題解決 信頼関係 ライフスタイルを観察する 忍耐力

    解説

  • 4

    企画マーケティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報収集、分析能力 幅広い知識 社内部署間の調整力 想像力

    解説

  • 5

    事務スタッフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社内の仕事がスムーズに運ぶように総合的なサポート 合理化効率化のアイデア 企業が円滑に機能するためのサポート

    解説

  • 6

    クリエイティブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デザイナー編集 制作、記者、ライター ゲームクリエイター webデザイナー コピーライター

    解説

  • 7

    itソフトウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客のコンピュータシステム企画立案、設計開発メンテナンス 設計能力スピード根気強さ 変化が激しい分野なので常に勉強研究が必要

    解説

  • 8

    生産製造品質管理関連

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 車、住宅、電機、電子製品、薬品 求められるのは生産現場の効率化、ものづくりへの情熱、信頼できる製品を作る

    解説

  • 9

    研究開発設計関連

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 想像力、発想力、探究心、地道や努力が求められるの

    解説

  • 10

    建築土木関連

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 建築設計、施工管理 トンネル橋ダムビル道路住宅プラント、調査測量製図CADオペレーター マネジメント能力

    解説

  • 11

    金融

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 銀行、証券、保険、カードリース、消費者金融 経済状況を分析して資産運用管理をサポート 勘案力 フィナンシャルプランナー専門知識、コミュニケーション能力想像力

    解説

  • 12

    専門スペシャリスト関連

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンサル、教師、インストラクター、保育士、弁護士、会計士、税理士、警察官、消防士、自衛官、薬剤師、ケアワーカー、社会福祉士、管理栄養士 独立開業フリーランスも可

    解説

  • 13

    日本標準産業分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農林、漁業、鉱業、建設業、 製造業、電気ガス水道業、情報通信業、運輸業、卸売小売業、金融保険業、不動産、物品賃貸業、学術専門技術サービス業、宿泊飲食業、教育学習支援業、医療福祉複合サービス業、公務

    解説

  • 14

    キャリアとは 日本キャリア教育学会

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ひとりのひとが生涯にわたって踏み行き形成する職業経歴の全体をいう

    解説

  • 15

    キャリアコンサルティング 職業能力開発促進法 第7次職業能力開発基本計画

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者がその適正や職業経験等に応じて自ら職業生活設計を行い、これに即した職業選択や職業訓練等の職業能力開発を効果的に行うことなど個別の希望に応じて実践される相談その他の支援をいう

    解説

  • 16

    日本の総人口

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1億2700万人

    解説

  • 17

    生産年齢人口

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 15歳以上 総人口の61パーセント 8000万人(2014年)

    解説

  • 18

    高齢者人口 (65歳以上)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3300万人 総人口の26パーセント 総人口の1/4

    解説

  • 19

    労働力人口に占める 女性労働者の割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 43パーセント

    解説

  • 20

    女性労働者の非正規割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 55パーセント

    解説

  • 21

    H27 男女非正規割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 37パーセント 労働力人口の1/3

    解説

  • 22

    H27 男性非正規

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 22パーセント 1/5

    解説

  • 23

    ニート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2010年60万人

    解説

  • 24

    フリーター 2014年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 180万人

    解説

  • 25

    キャリコン10万人計画

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H36年末の目標 現在4万5千人 第7次職業能力開発基本計画

    解説

  • 26

    クランボルツ 計画された偶発性理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 好奇心、持続性、 楽観性、柔軟性、冒険心

    解説

  • 27

    計画された偶発性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリアの8割が予期しない出来事や偶然の出会いによって 決定される

    解説

  • 28

    キャリアアンカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 管理能力、技術的能力 安全性、クリエイティブ 自律独立、社会貢献 純粋な挑戦、 ワークライフバランス

    解説

  • 29

    高橋俊介 21世紀のキャリアモデル 3パターン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専門性から広げていく 幅広い経験から絞り込む どちらも中程度→新しい勉強や幅広い経験を

    解説

  • 30

    面談で

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 求められる役割の変化 過去と現在の違いきっかけ リソースをさがす 思い込みを外す 成功体験から自信取り戻す 視野を広げるwhyよりhow

    解説

  • 31

    リカレント教育

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生涯学習の制度的形態。回帰教育、循環教育などとも訳される。社会に出てからも学校または教育・訓練機関に回帰する(戻ってくる)ことが可能な教育システムのこ

    解説

  • 32

    成長に共通するきっかけ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過去成長したと思う3つをあげてください。その3つに共通するきっかけは、その3つに共通する成長のです特徴は

    解説

  • 33

    花田光世 キャリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多様な能力と可能性を有している自分自身への気づきを通して、その自分らしさの発揮を、多様な局面で実践し続けるプロセス

    解説

  • 34

    棚卸し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自身が持っている多様な力がどうして発揮されていないのかにきづく、どうしたら発揮したくなるのか

    解説

  • 35

    sフィッシュバック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 欲求不満から攻撃行動を取ろうとする人に対して頭の中で空想するだけで攻撃動因を軽減出来るというカタルシス効果を考案

    解説

  • 36

    賠償予定の禁止

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使用者と労働者が労働契約を結ぶ際、違約金を定め、または損害賠償額を規定する契約を結んではならないとする労働法の概念。日本では労働基準法第16条に定められている

    解説

  • 37

    フレーミング効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意思を決定する場合、情報の意味する内容が同じであっても、その問題認識の心理(決定フレーム)によって結果が異なる現象

    解説

  • 38

    意思を決定する場合、情報の意味する内容が同じであっても、その問題認識の心理(決定フレーム)によって結果が異なる現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10パーセントから5パーセントになったイコール50パーセントの改善

    解説

  • 39

    モデリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動療法 ストーカーされたらやり返す(^_^;)

    解説

  • 40

    アクションスリップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小学生のとき学校の先生と話してる時楽しくなってうっかりママと呼んでしまった

    解説

  • 41

    職業能力開発促進法によるキャリアコンサルティングの定義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者の職業の選択、職業生活設計または職業能力の開発及び向上に関する相談き応じ、助言及び指導を行う

    解説

  • 42

    セルフ・キャリアドック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア形成における「気付き」を支援するため、働き手に対して年齢、就業年数、役職等の節目において定期的にキャリアコンサルティングを受ける機会を企業が提供する仕組み

    解説

  • 43

    ホワイトカラーエグゼンプション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホワイトカラー労働時間規制適用免除制度。ホワイトカラーの労働時間の規制の例外。労働時間が長くてもよい。裁量権、専門職、日本では反対が多い

    解説

  • 44

    2020年に女性の就業率 (22歳から44歳)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 73%にする 2015年70%

    解説

  • 45

    2020年指導的地位にしめる女性の割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30% 2013年管理職比率 7.5%

    解説

  • 46

    高齢者2020年 60から64歳の就業率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 65% 2013年59%

    解説

  • 47

    人材不足分野

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療・福祉、建設業、 製造業、交通関連産業等

    解説

  • 48

    エンブロイアビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業が自社における永続的な雇用を保障できない代償として従業員に対して他社でも通用する技術や能力を身につけられるように教育訓練の機会等を通じて支援する

    解説

  • 49

    にほんでの エンブロイアビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現在働いている企業においての雇用されうる能力もふくまれる

    解説

  • 50

    企業などの組織内で キャリア相談やのうち メンタルな問題

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5割以上

    解説

  • 51

    企業内キャリコン の役割1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア支援と メンタルケアの両面の支援が必要

    解説

  • 52

    企業内キャリコン の役割2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒューマンスキル (対人関係能力)習得の支援 自律的なキャリア形成への 支援

    解説

  • 53

    企業内キャリコン の役割3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育機能のアウトソーシングなど企業でのキャリア形成支援機能が全体として低下傾向→キャリコンによるキャリア形成支援

    解説

  • 54

    企業内キャリコン の役割4

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレイングマネージャなど上司と部下の関係希薄化により上司からのキャリア形成支援も期待できない→キャリコンの支援

    解説

  • 55

    企業内キャリコン の役割5

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なりたい自分になる為の能力開発計画作成と推進の支援

    解説

  • 56

    企業内キャリコン の役割6

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア形成に必要な情報の提供と学習への提言

    解説

  • 57

    企業内キャリコン の役割7

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教育、普及活動への期待

    解説

  • 58

    企業内キャリコン の役割8

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職場の人間関係の改善支援

    解説

  • 59

    企業内キャリコン の役割8

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営者及び管理者へのキャリア開発にかんする啓蒙活動

    解説

  • 60

    企業内キャリコン の役割9

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア開発支援制度の実施と新しい援助方法の開発

    解説

  • 61

    企業内キャリコン の役割10

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己理解。自己分析のためのテストや診断方法の開発

    解説

  • 62

    企業内キャリコン の役割11

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他の専門家との連携と相互支援

    解説

  • 63

    企業内キャリコン の役割12

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自社流のキャリア開発の調査と研究

    解説

  • 64

    企業内キャリコン の役割13

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織開発の指導と推進

    解説

  • 65

    ビューイの システマティックアプローチ 目標設定の留意事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目標は具体的であるか、観察可能であるか、期限があるか、到達可能か、明文化できるか、明確か

    解説

  • 66

    自己理解の原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①分析と統合を繰り返すプロセスである②描写する言葉や方法は客観的でなければならない③自己理解には自分の個性だけでなく、自分と環境の関係もはいる④自己理解は包括的かつ継続的に行う必要がある

    解説

  • 67

    自己理解の際にチェックする自分の個性にはどんなものがえる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①能力、適性 ②興味、パーソナリティ ③価値観

    解説

  • 68

    キャリアアンカー 問い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自分は何が得意か ②自分は一体何をやりたいのか ③どのようなことをやっている自分なら意味を感じ、社会に役に立っていると実感できるか

    解説

  • 69

    職業理解

    補足(例文と訳など)

    答え

    • しごと情報ネット ハローワークインターネットサービス 職業ハンドブックOHBY カード式職業情報ツールOHBYカード

    解説

  • 70

    厚労相h25調査 仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、すとれすがあるの内容 「仕事の質、量」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男性67% 女性62%

    解説

  • 71

    厚労相h25調査 仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、すとれすがある 「パワハラセクハラ対人関係」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男性30% 女性38%

    解説

  • 72

    厚労相h25調査 仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、すとれすがある 「仕事の失敗、責任」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男性37% 女性35%

    解説

  • 73

    厚労相h25調査 仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、すとれすがある 「昇進昇格配置」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男性29% 女性17%

    解説

  • 74

    セクハラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①環境型②対価型 ③制裁型④妄想型

    解説

  • 75

    パワハラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①身体的な攻撃②精神的な攻撃③人間関係からの切り離し④過大な要求⑤過小な要求⑥個の侵害

    解説

  • 76

    労災認定判断基準

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①業務遂行性 ②業務起因性

    解説

  • 77

    労災認定判断基準 業務遂行性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者が労働契約に基づいて 事業者の支配管理下にある 状態であること

    解説

  • 78

    労災認定判断基準 業務起因性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務と健康障害の間に相当因果関係があること

    解説

  • 79

    自殺者 3万人超えてたのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1998年から2011ねん

    解説

  • 80

    自殺者全体の中で鬱病のひと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20%

    解説

  • 81

    鬱病の生涯有病率 女性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 10から25%

    解説

  • 82

    鬱病の生涯有病率 男性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5から12%

    解説

  • 83

    鬱病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メランコリー親和型鬱病 非定型が鬱病(でぃすちみあ親和型)

    解説

  • 84

    鬱病症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意欲が出ない、心から喜べない、心から笑えない、不眠症になる、朝起きられない、疲労感、身体が重く感じる、集中力や思考力がなくなる、死ぬことをなんども考える、自殺念慮

    解説

  • 85

    メランコリー親和型うつ病 どんなタイプの人によく見られる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 真面目で律儀で誠実、周囲への配慮、仕事熱心、責任感、自分の責任と思う、自分ひとりでなんとかしようとする、

    解説

  • 86

    ディスチミア親和型うつ病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 責任のある仕事や役職につきたがらない、人のせいにする、うつ病を公言する、嫌なことをするとき症状がでるが好きな事をしてる時は出ないことが多い、気分の差が大きい、うつ病を他人のせいにしたがる、過食過眠

    解説

  • 87

    ディスチミア親和型うつ病とただの我儘な性格をみわけるには

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 以前から症状があったか。 学生じだいはまじめで責任感が強かったひとがその様な症状がでたら疑われる

    解説

  • 88

    職場で特徴的なうつ病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昇進うつ病 荷下ろしうつ病 燃え尽き症候群 仮面うつ病

    解説

  • 89

    仮面うつ病

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体症状が強く表れて 抑うつ状態か目立たないうつ病 肩こり頭痛、倦怠感などの症状と共にあらわれる

    解説

  • 90

    うつ初期症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朝起きられない、眠れない、熟睡感がない、仕事の能率や意欲が減退、食欲無く味がしない、痩せる、ため息感情的になる涙もろい、突然唐突な辞意表明異動願い、身体愁訴わを理由に頻繁に職場の診療所を訪問、自殺願望をほのめかす

    解説

  • 91

    統合失調症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人口の0.7から0.9%に出現する 主な症状は幻聴、妄想、 まとまりのない会話、ひどくまとまりのない行動、 平板な感情

    解説

  • 92

    不安障害、 パニック障害

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全般的不安障害、パニック障害、社会(社交)恐怖(対人恐怖症)強迫性障害、PTSD、 心気障害

    解説

  • 93

    ポジティブアクション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 積極的差別是正措置

    解説

  • 94

    ジェンダーバイアス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会的文化的性差による偏見 女性は家事をするのが当たり前、とか男は台所に立つもんじゃないなど

    解説

  • 95

    心の健康の予防

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①第一次予防:メンタル不調にならないための予防と心の健康の保持増進②第二次予防:メンタル不調に対する早期発見とそのケア③第三次予防: 復職支援、再発予防

    解説

  • 96

    フリーター総数

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 180万人

    解説

  • 97

    ニート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H26 60万人

    解説

  • 98

    引きこもり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 買い物は行く広義の引きこもり70万人 家族しか話さない6カ月以上続けて自宅狭義のひきこもり20万人

    解説

  • 99

    テレワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雇用型 自営型

    解説

  • 100

    テレワーク 雇用型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 在宅勤務型 モバイルワーク型 施設利用型

    解説

  • 101

    テレワーク 利点欠点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 利点:時間の有効利用、労働者の裁量権増大 欠点:労働時間の長時間化

    解説

  • 102

    テレワーク導入率 総務省H27

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 導入済み7.9% 300人以上事業所18% 情報通信業20% 営業53% システム開発36%

    解説

  • 103

    テレワーク導入率 期待する効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社員の通勤異動時間短縮50% 生産性業務効率向上55% ワークライフバランス実現30%

    解説

  • 104

    フレックスタイム導入 日本企業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6%

    解説

  • 105

    ワークシェアリング 導入

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3%

    解説

  • 106

    アメリカテレワーク導入率 2008

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 42% 利用者6割が男性、裁量のきくマネジメント、プロフェッショナル職

    解説

  • 107

    メンタルな問題が疑われたときに大事なもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事例性 遅刻が多いとか仕事に集中できてないとか周囲とうまくコミュニケーションがとれてないなど、会社がこんな事で困っていますという事実

    解説

  • 108

    病識

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分が病気であると認識すること。精神科領域では病気が重いほど病識が無い

    解説

  • 109

    病感

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なんとなく自分が病気であると感じられること。 精神科領域では病気が重くなるほど病識が失われ、よくなるにつれて病感がでてくる

    解説

  • 110

    職業性ストレスモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人的要因、職場のストレス要因、仕事以外の要因、緩衝要因、急性のストレス反応→疾病?

    解説

  • 111

    クルト・レヴィン 集団力学の法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個人の行動や振る舞い =個人特性×環境

    解説

  • 112

    三隅じゅうじ PM理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Pm 仕事>人間関係 pM 仕事<人間関係 pm 仕事=人間関係(共に弱) PM 仕事=人間関係(共に強)

    解説

  • 113

    リッカーと リーダシップに関わる 管理システム4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①権威主義、専制性 ②温情、専制型 ③参画、協調型 ④民主主義型

    解説

  • 114

    フィードラーの リーダシップ論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織はリーダーの性格より、 リーダーとフォロアーの人間関係、課業の複雑さ、リーダー権限の大小、集団の緊張度の強弱による

    解説

  • 115

    ロバート・ケリーの フォロアーシップ論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォロアー①模範型仕事もできる上司に働きかけもする②順応型仕事できる黙って従う③実務型バランスとれてる④孤立型仕事できない文句言う⑤消極型仕事できない指示待ち

    解説

  • 116

    マズロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 欲求階層理論

    解説

  • 117

    マズローの欲求階層理論 下三つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生理的欲求:食べる寝る 安全欲求 健康:ある程度の財産、住む家がある 社会欲求:友達、仲間がほしい

    解説

  • 118

    マズローの欲求階層理論 うえふたつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尊厳欲求:人から尊敬されたい 自己実現欲求:理想とする自分になる

    解説

  • 119

    マグレガー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X理論Y理論

    解説

  • 120

    マグレガー X理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人間は本来働くことが嫌い、 だから強制されないど力を 発揮しない

    解説

  • 121

    マグレガー Y理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 働くことは人間の本性であり 満足を得るために人は働く。 自分で目標を立て、それに 対しては自分で取り組む

    解説

  • 122

    フロイト 葛藤の理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 接近接近型 回避回避型 接近回避型

    解説

  • 123

    ローゼンツヴァイク フラストレーション・トレランス(欲求不満体制)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ひとは欲求不満に陥るとその攻撃性の方向は3つあり、反応の型は3つある

    解説

  • 124

    ローゼンツヴァイク フラストレーション・トレランス(欲求不満体制) 攻撃性の方向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他責 自責 無責

    解説

  • 125

    ローゼンツヴァイク フラストレーション・トレランス(欲求不満体制) 反応の型

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①障害優位型(障害の指摘を重視)②自我防衛(自我を防衛機制で守ろうとする)③要求固執型(問題解決を重視)

    解説

  • 126

    職能給

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その人の能力につく給与のことだが、能力というより長く勤めていればあがってゆく給与のこと

    解説

  • 127

    職務給

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その仕事そのものにつく給与のこと。バイトが時給900円なら20さいでも50さいでもおなじ

    解説

  • 128

    業績給

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業績や売上によって決定する給与のこと。ただし日本では完全出来高制は禁止されているので、基本給+業績給などで運用されている

    解説

  • 129

    雇用ポートフォリオ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業経営の環境変化や雇用形態の多様性に対応するための、企業にとって最も効果的な雇用の組み合わせ

    解説

  • 130

    雇用ポートフォリオ 3つの雇用形態

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①長期蓄積能力活用型 ②高度専門能力活用型 ③雇用安定型

    解説

  • 131

    雇用ポートフォリオ 3つの雇用形態 長期蓄積型能力活用型グループ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長期勤務前提の管理職、 総合職、技術部門の 基幹職

    解説

  • 132

    雇用ポートフォリオ 3つの雇用形態 高度専門能力活用型グループ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の抱える課題解決に専門的 熟練、能力をもって応える企画、営業、研究開発など専門部門。有期雇用、業績給、成果配分による賞与

    解説

  • 133

    雇用ポートフォリオ 3つの雇用形態 雇用柔軟型グループ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の業績量に応じて一定時間 時間帯、期間、従業員の就労意識にあわせて雇用、有期雇用、職務給による時間給制

    解説

  • 134

    成果主義

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1996年から2004年にかけて 業績、成果給部分を拡大する 企業が増えたが、

    解説

  • 135

    2007年から低下に転じて 2010年には更に低下した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業績、成果給部分を拡大する 企業の数 (厚労省 平成23年度版労働経済白書)

    解説

  • 136

    2007年から業績 成果主義部分を拡大する 企業が減ったわけ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バブル崩壊後 短期の業績や成果を求めて業績、成果給採用したが、それ故に長期の人材育成やチームワークが崩壊、近年はその見直しが行われている

    解説

  • 137

    成果主義の問題点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業が短期の業績を求めすぎてその影響が労働者に及び、労働者に対しても短期での評価を求めすぎてしまったこと

    解説

  • 138

    職能資格制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事の困難度や責任の重さなどを判断基準として職能資格区分を作成し、その区分に該当すふ職務遂行能力の種類やていどを明確にした職務資格基準を設定し、それにもとづいて賃金などの人事処遇を行う制度

    解説

  • 139

    職能資格制度の 問題点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定期間ごとの業績によって評価が変動→賃金の上げ下げがあるので従業員にストレスと不安が増加→個人によってはライフプランがたてにくい

    解説

  • 140

    人事考課制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 能力評価、 情意(態度)評価 業績評価

    解説

  • 141

    多面評価

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 360度評価 上司だけでなく部下、同僚その他仕事上関連する部署のひとなど各方面のひとから評価。客観的で公平性の保たれた評価

    解説

  • 142

    社内FA制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行きたいポストへの異動を希望できる。フリーエージェント 会社にとっても意欲のあるひとに頑張ってもらえる

    解説

  • 143

    ジョブローテーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社員の能力開発のため 一人のひとを定期的に異動させること

    解説

  • 144

    ハロー効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 評価される人の全体的な印象によってその人の特定評価が影響を受ける 美人だから営業で採用、美人=営業ができるとは限らない

    解説

  • 145

    寛大化傾向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 評価を実際より甘くしてしまうこと

    解説

  • 146

    中央化傾向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 評価を全体的によってへいきんのところでおさめてしまう

    解説

  • 147

    論理誤差

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なんとなく論理的にあってるような気がして間違える よく喋る=社交的 とは限らない

    解説

  • 148

    自己類似化傾向

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分とにている被評価者を高く評価する

    解説

  • 149

    対比誤差

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対基準ではなく評価者が自分をまたは誰かを基準にして被評価者を評価してしまう

    解説

  • 150

    ヒューマンリソースフロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人材の流れ「人材戦略」組織のニーズと個人のニーズがバランスよく勘案されて、インフロー、内部的フロー、アウトフローに運用される

    解説

  • 151

    インフロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 募集、採用、評価

    解説

  • 152

    内部的フロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配置、昇進、降格、教育訓練

    解説

  • 153

    アウトフロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解雇、退職

    解説

  • 154

    OJTがoffJTより効果が得られない可能性がある理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 指導者(上司や先輩)の能力や熱意などのレベルにバラツキ

    解説

  • 155

    コンピテンシー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高業績者の行動特性

    解説

  • 156

    福利厚生 法定福利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚生年金 健康保険 介護保険 雇用保険

    解説

  • 157

    法定労働時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1週間40時間 1日80時間を超えて 労働させてはならない

    解説

  • 158

    36協定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労基法36条により時間外、休日に関する労使協定を締結し、労働基準監督署に届けなければならない

    解説

  • 159

    法定労働時間を超える時間外労働に対する割増賃金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2割五分

    解説

  • 160

    法定休日になされて休日労働に対する割増賃金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3割五分

    解説

  • 161

    時間外労働が月60時間を超える部分に対する割増賃金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 割増率2割五分

    解説

  • 162

    深夜労働に対する割増賃金

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2割五分

    解説

  • 163

    変形労働時間制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働時間を一定期間で平均して 週40時間を超えていなければ 時間外労働は無いものとする1ヶ月単位、一年単位、1週間単位

    解説

  • 164

    変形労働時間制 労働時間の上限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1日10時間 1週52時間

    解説

  • 165

    フレックスタイム制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 清算期間(1ヶ月以内)とその期間における総労働時間(週平均40時間以内)を定め、労働者に始業就業時刻の決定を委ねる

    解説

  • 166

    ホワイトカラーエグゼンプション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働時間の規制について サラリーマンだけ例外 として労働時間がながくてもよいことにしようという制度

    解説

  • 167

    労働時間のみなし制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業場外のみなし制 裁量労働のみなし制

    解説

  • 168

    事業場外労働のみなし制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者が事業場外での業務に従事し、その労働時間の算定が困難な場合は一定時間労働したものとみなす

    解説

  • 169

    裁量労働のみなし制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務遂行について労働者に大きな裁量が認められるものについて実労働じかんによらず一定時間労働したものとみなす

    解説

  • 170

    裁量労働のみなし制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①専門業務型(研究開発やSEなどの専門職労働者) ②企画業務型(事業の運営に関する企画、立案、調査、分析の業務を行うホワイトカラー労働者対象)

    解説

  • 171

    年次有給休暇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社に雇われて6ヶ月以上継続して勤務し、全労働日の8割以上出勤した場合10労働日の年休の権利が発生する

    解説

  • 172

    産前産後休業、育児休業、 看護休暇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一覧をつくろう

    解説

  • 173

    人的資本論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲイリー・ベッカー 自分に投資した分は将来の給与や賃金や利益で回収せよ という理論

    解説

  • 174

    社会保障

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会保険 公的扶助 社会福祉 公衆衛生及び医療 老人保険

    解説

  • 175

    社会保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療保険 年金保険 介護保険 雇用保険 労災保険

    解説

  • 176

    公的扶助

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活保護

    解説

  • 177

    社会福祉

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老人福祉 障害者福祉 児童福祉 母子福祉

    解説

  • 178

    公衆衛生及び医療

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感染症対策 食品衛生 上水道 廃棄物処理 結核対策 麻薬対策

    解説

  • 179

    老人保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H18より 後期高齢者医療制度

    解説

  • 180

    能力 (キャリアインサイトの能力評価の種類) リーダーシップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人と交渉したり、指導監督したり、集団をまとめる能力

    解説

  • 181

    能力 (キャリアインサイトの 能力評価の種類) ボランティア、 サポート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手の気持ちを理解し、 世話したり、養護、 教育、援助する 能力

    解説

  • 182

    能力 (キャリアインサイトの 能力評価の種類) プランニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イベントの企画、実行 運営をしたり、物事を てきぱきと処理する 能力

    解説

  • 183

    能力 (キャリアインサイトの 能力評価の種類) リサーチ&アナライズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文章の読み書き、集約など 情報を理解し、分析し、 まとめる能力

    解説

  • 184

    能力 (キャリアインサイトの 能力評価の種類) コンピュート&アカウント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 計算をしたり帳簿を うけたりするなど 数字を扱う能力

    解説

  • 185

    能力 (キャリアインサイトの 能力評価の種類) ハンドメイキング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道具や機材を使ってものを 作ったり修理したり 操作する能力

    解説

  • 186

    能力 (キャリアインサイトの 能力評価の種類) アート&クリエイト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文学、美術、音楽、 演劇など創造的な活動を行う 能力

    解説

  • 187

    職業興味評価 (キャリアインサイト) 志向の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対情報志向 対人志向 対物志向

    解説

  • 188

    職業興味評価 (キャリアインサイト) 志向の種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報探索志向、情報管理志向、 集団志向(皆でやる)、 自己表現、愛他心(人のために) 物作り志向、自然志向

    解説

  • 189

    行動特性 (キャリアインサイト)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストレスへの耐性 変化への欲求、 経験への肯定感 自信のある態度

    解説

  • 190

    行動特性評価 (キャリアインサイト) 職場イメージ特徴

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ゆったりした職場 vs動きの多い職場 ②伝統や慣習を重視する保守的な職場vs伝統にこだわらない自由な職場

    解説

  • 191

    行動特性評価 (キャリアインサイト) 職場イメージ ゆったり&自由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広報、企画部門 専門技術、経営管理系

    解説

  • 192

    行動特性評価 (キャリアインサイト) 職場イメージ ゆったり&保守的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人事、教育部門 事務、医療専門職系

    解説

  • 193

    行動特性評価 (キャリアインサイト) 職場イメージ 自由&動きの多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報システム部門 教育講師、営業、販売系

    解説

  • 194

    行動特性評価 (キャリアインサイト) 職場イメージ 保守的&動きの多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現場労務系、営業、販売部門 介護、福祉、保育

    解説

  • 195

    価値観評価 (キャリアインサイト) 価値観評価3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事重視 会社重視 環境重視

    解説

  • 196

    価値観評価 (キャリアインサイト) 価値観評価 仕事重視

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会への奉仕貢献、趣味特技との関連、独立自営の可能性、仕事の内容、成果反映の処遇、処遇の公平さ、職場の人間関係、資格取得、達成感

    解説

  • 197

    価値観評価 (キャリアインサイト) 価値観評価 会社重視

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会保障制度の充実、企業の将来性、雇用の安定性、賃金、福利厚生の充実、産業、業界の発展性、企業ブランド、企業規模

    解説

  • 198

    価値観評価 (キャリアインサイト) 価値観評価 環境重視

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昼間の勤務、休日のとりやすさ、育児介護休暇、勤務地、 物理的化学的環境

    解説

  • 199

    行動特性 (キャリアインサイト) 得意とする対人関係業務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対人接触への意識 対人応対への自信 電話でのやりとり

    解説

  • 200

    職業興味 (キャリアインサイト) 6つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①現実的(ものを扱う) ②研究的(研究、開発) ③芸術的(創造的活動) ④社会的(人と接する) ⑤企業てき(企画、管理) ⑥慣習的(事務的処理)

    解説

  • 201

    公的年金 現役世代は全て

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民年金の被保険者、 基礎年金の給付を受ける (1階部分)

    解説

  • 202

    公的年金制度 会社員、公務員は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚生年金や共済年金に 加入し、基礎年金の上乗せとして所得比例年金の給付を受ける (2階部分)

    解説

  • 203

    国民年金 (基礎年金) 第1号被保険者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自営業者

    解説

  • 204

    国民年金 (基礎年金) 第2号被保険者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社員

    解説

  • 205

    国民年金 (基礎年金) 第3号被保険者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第2号被保険者の 被扶養者、配偶者

    解説

  • 206

    介護保険 第1号被保険者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要支援、要介護と認定 されたひと

    解説

  • 207

    介護保険 第2号被保険者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40歳から65歳 加齢に伴う疾病などを原因とした要介護、要支援のひとも 保険給付うけられる

    解説

  • 208

    雇用保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者が失業、就業が困難なときに労働者の生活や雇用の安定と、再就職促進のための給付を行う

    解説

  • 209

    雇用保険 二つの目的

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 失業に対する給付 再就職支援のための給付

    解説

  • 210

    失業保険、失業給付という 言葉は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公的な言葉ではない。 雇用保険制度のなかにある基本手当のことを失業給付とか失業保険とか呼んでいる

    解説

  • 211

    雇用保険 4つの種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般被保険者 (65歳未満の常用労働者) 高年齢継続被保険者 短期雇用特例被保険者 日雇労働被保険者

    解説

  • 212

    失業保険(雇用保険制度の 基本手当)をもらえるかどうか を決定するのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 被保険者であった期間が 重要である

    解説

  • 213

    失業保険(雇用保険制度の 基本手当)の1日あたりの 金額を決めるのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直近半年間の給料の額 である

    解説

  • 214

    失業保険(雇用保険制度の 基本手当)の受給期間を 決めるのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雇用保険の加入期間である

    解説

  • 215

    公務員は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雇用保険はない。 失業給付金はでない。解雇が ないから。国家公務員退職手当がでる

    解説

  • 216

    自己都合での退職 失業給付金は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3ヶ月後

    解説

  • 217

    会社都合で退職 失業給付金 ハローワークで手続きすると

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1週間後くらいには もらえる

    解説

  • 218

    雇用保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 求職者給付 就職促進給付 教育訓練給付 雇用継続給付

    解説

  • 219

    労災保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者が業務上または通勤によって負傷病気死亡した時被災労働者や遺族を保護するために必要なきかを行う

    解説

  • 220

    労災保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • また労働者の社会復帰の促進など、労働者の福祉の増進も目的の一つ

    解説

  • 221

    労災保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公務員、船員、個人事業主、介護作業従事者は労災保険上の労働者とならない

    解説

  • 222

    公的扶助

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公的な機関か税金を財源として 国民の最低限の生活を 保証するために行う 経済的援助

    解説

  • 223

    社会保険はイベント時に支給 病気になる高齢になる介護が 必要になる仕事を辞める 仕事中事故にあう でも公的扶助は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イベントが要らない 貧困者と低所得者を 対象

    解説

  • 224

    公的扶助の理由

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 憲法25条 全て国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する

    解説

  • 225

    生活保護 八種類の扶助

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活扶助、住宅扶助、 教育扶助、介護扶助、 医療扶助、出産扶助 生業扶助、葬祭扶助

    解説

  • 226

    社会福祉

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会生活をする上で何らかのハンディキャップを負っている国民が、何とかしてそのハンディキャップを克服し、安心して社会生活を営むことが出来るよう公的な支援を行うシステム

    解説

  • 227

    福祉六法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①生活保護法(公的扶助と重ならない部分)②児童福祉法③母子及び寡婦福祉法④老人福祉法⑤身体障害者福祉法⑥知的障碍者福祉法

    解説

  • 228

    公的年金制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民年金 厚生年金 私学共済 国民全員に加入が義務づけられている

    解説

  • 229

    年金保険

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国内に居住している20歳以上 60歳未満の全てのひとが対象 日本に住む外国人も。

    解説

  • 230

    年金保険の 厚生年金保険は何歳まで

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 70歳まで加入が 義務づけられている

    解説

  • 231

    これまで雇用保険は 65歳以上は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雇用保険の一般被保険者 にはなれなかった。 雇用保険は失業のみではなく 再就職促進支援だったので。65歳以上は再就職しないと認識されていた

    解説

  • 232

    高齢者雇用安定法 改正により

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 継続雇用制度導入82% 定年引き上げ16% 定年制廃止3%

    解説

  • 233

    雇用保険適用の対象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H29から 65歳以上の雇用者は 雇用保険の一般被保険者 となることができる

    解説

  • 234

    65歳以上の 雇用保険の徴収

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H32年から 64歳以上のひと、給与から 差し引かれる

    解説

  • 235

    就業規則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働基準法に基づいて 定められた規則

    解説

  • 236

    就業規則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常時10人以上の労働者を使用する使用者は就業規則を作成し、所轄の労働基準監督署にとどけでをしなければならない。変更したときも。正社員だけでなく、臨時、短期雇用形態の労働者も。、

    解説

  • 237

    就業規則 絶対的必要記載事項

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①始業終業休憩休日休暇 就業時転換(交代勤務)に関する事項②賃金の決定、計算及び支払いの方法③退職に関する事項(解雇事由含む)

    解説

  • 238

    就業規則の作成は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者の過半数で組織する労働組合か、なければ労働者の過半数を代表するものの意見を聞かなければならない。届出のときに添付する

    解説

  • 239

    労働基準法に比べて 就業規則の優位性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1法令(民法、労基法、 労働安全衛生法) 2労働協約 3就業規則 4労働契約

    解説

  • 240

    労働基準法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この法律で定める基準に 達しない労働条件を定める労働契約はその部分については無効とする

    解説

  • 241

    労働基準法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使用者が労働者を解雇する場合少なくとも30日前に予告しなければならない。できない場合には30日に不足する日数分の平均賃金を支払う

    解説

  • 242

    解雇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 普通解雇 整理解雇 懲戒解雇

    解説

  • 243

    解雇の正当性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解雇は客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合はその権利を乱用したものとして無効とされる

    解説

  • 244

    解雇してはならない期間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①義務上の怪我や病気で休業している間及びその後30日間 ②産前産後で休業している間及びその後30日間

    解説

  • 245

    労働契約法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者及び使用者の自主的な交渉で労働契約が合意により成立、または変更されるという合意の原則、合理的労働条件の決定など労働者の保護と個別労働関係の安定に資する

    解説

  • 246

    安全配慮義務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働契約法2007年追加 使用者は労働者がその生命、身体等の安全を確保しつつ労働することが出来るよう必要な配慮をするものとする

    解説

  • 247

    民事法と刑事法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民事法は罰則規定が無い。訴えられなければなにもない。 刑事法は罰則規定がある。 労働契約法は民事法である

    解説

  • 248

    労働基準法、最低賃金法 労働安全衛生法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 罰則規定がある 刑事法

    解説

  • 249

    労働関連法で 刑事法の場合は 警察ではなく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働基準監督署が、警察の役割をはたす

    解説

  • 250

    男女雇用機会均等法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業主は労働者に対して婚姻妊娠出産等を理由とする、不利益な取り扱いをしてはいけない

    解説

  • 251

    男女雇用機会均等法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働局雇用均等室 刑事法

    解説

  • 252

    育児介護休業法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者は申し出ることにより 子が1歳に達するまでの間 育児休業をすることができる

    解説

  • 253

    育児介護休業法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者は申し出ることにより要介護状態にある対象家族ひとりにつき、常時介護を必要とする状態ごとに1回の介護休業をすることかできる

    解説

  • 254

    育児介護休業法 H29改正

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護休業3回上限で分割 取得可 介護休暇半日単位で 取得可

    解説

  • 255

    看護休暇

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小学校就学前の子を養育する労働者は一年5日まで休暇取得が出来る

    解説

  • 256

    事業主は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 育児休業、介護休業や子の看護休暇を申し出をした事取得したことを理由として解雇その他不利益な取り扱いをしてはならない

    解説

  • 257

    育児介護休業法 事業主は3歳未満の子を養育し、又は要介護状態にある対象家族の介護を行う労働者については

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本人からの申し出があれば勤務時間の短縮等の措置を講じなければならない

    解説

  • 258

    育児介護休業法 事業主は3歳から小学校就学前の子を養育し、又は家族の介護を行う労働者については

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 育児介護休業の制度または勤務時間の短縮等の措置に準じた措置を講ずるよう務めなければらならい

    解説

  • 259

    育児介護休業法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 罰則規定のある 刑事法

    解説

  • 260

    雇用対策法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民事法 雇用の安定と完全雇用を目指す

    解説

  • 261

    職業安定法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民事法 国が国民の職業安定を 図るためにつくった

    解説

  • 262

    公共職業安定所

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業選択の自由を 保証

    解説

  • 263

    職業能力開発促進法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刑事法 労働者の能力を 労働者の生活を考慮しながら 向上させてゆく

    解説

  • 264

    労働安全衛生法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 刑事法 労働災害防止のための危害防止基準確立、責任明確、防止のための総合的計画的対策推進による労働者の安全と健康確保、快適な職場環境形成促進が目的

    解説

  • 265

    高齢者雇用安定法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2013年改正 定年引き上げ、継続雇用制度の導入等による高年齢者の安定した雇用確保、再就職促進 定年退職者の就業機会確保など

    解説

  • 266

    男女雇用機会均等法 改正

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マタハラなどの問題を受け 不利益な取り扱いをしてはいけないという規定から、その防止措置義務が加えられた

    解説

  • 267

    労働者派遣法 改正

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H27 派遣事業健全化、派遣労働者雇用安定とキャリアアップ、派遣の位置付け明確化、派遣労働者均等待遇強化

    解説

  • 268

    障害者雇用促進法 改正

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体障害者、知的障害者 民間企業2% 法定雇用率 (精神障害者は含まれない)

    解説

  • 269

    にほんの総人口

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1億2700万人

    解説

  • 270

    日本の総人口 2055年 推計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9000万人

    解説

  • 271

    2010年 生産年齢人口 15歳から64歳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 63%

    解説

  • 272

    2055年 生産年齢人口 15歳から64歳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 51%

    解説

  • 273

    2010年 高齢化率 65歳以上人口割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 23%

    解説

  • 274

    2055年推計 高齢化率 65歳以上人口割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40%

    解説

  • 275

    完全失業率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2013年4% 2014年3.6% 2015年3.4%

    解説

  • 276

    完全失業率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事してない 仕事あればすぐに就ける 仕事さがしていた

    解説

  • 277

    完全失業率一番多いのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①15歳から24歳 ②次いで25歳から34歳 ③55歳から64歳 ④35歳から44歳

    解説

  • 278

    長期失業者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一年以上失業してるひと

    解説

  • 279

    長期失業者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 55歳以上はここ10年でそれほど変化無い。35歳から44歳の 長期失業者割合が高くなっている

    解説

  • 280

    長期失業者 理由一番

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 希望する種類、内容の仕事がない

    解説

  • 281

    長期失業者 理由二番

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 条件にこだわらないが仕事がない

    解説

  • 282

    長期失業者 理由三番目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の技術が求人要件に満たない

    解説

  • 283

    ものづくり白書 あらたな産業分野

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新エネルギー、環境関連分野、 健康医療福祉関連分野 次世代自動車関連分野

    解説

  • 284

    ポリテクセンター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業能力開発促進センター 短期間の職業訓練を 行う 公共職業能力開発施設 のこと

    解説

  • 285

    ポリテクカレッジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高校卒業者に対して ものづくり訓練などを実施するところ

    解説

  • 286

    キャリコンとして リファーするとき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支援の範囲を超えるとき 支援の範囲であっても自分の 能力を超えるとき

    解説

  • 287

    リファーしたら

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専門家にリファーした後は 経過を聞いたり、その後の フォローアップは必要

    解説

  • 288

    リエゾン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専門機関と協力して 相談者の支援を行う リファーとの違いはカウンセラーと専門機関との間に協力関係があるということ

    解説

  • 289

    ネットワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業内ネットワーク、コミュニティアプローチ、公共サービス、心の耳、マザーズハローワーク、人材銀行、キャリアアップハローワーク、法テラス

    解説

  • 290

    心の耳

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 働くひとの メンタルヘルスポータルサイト

    解説

  • 291

    マザーズハローワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子育てしながら就職を希望 しているひと 両立しやすい求人情報 提供

    解説

  • 292

    人材銀行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40歳以上の 管理的職業、専門的技術的職業に従事してきた労働者に対して職業相談、職業紹介

    解説

  • 293

    キャリアアップハローワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非正規労働者対象 ハローワーク

    解説

  • 294

    法テラス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本司法支援センター

    解説

  • 295

    医療機関

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神科、メンタルクリニックにリファーするが、相談者本人に行かせること 安易に病院を紹介しない

    解説

  • 296

    メンタル不調のとき 病院以外のリファー先

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神保健福祉センター 保健所

    解説

  • 297

    職業能力開発機関

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業能力開発促進センター、 障害者職業能力開発校 職業能力開発校 職業能力開発大学校 職業能力開発総合大学校

    解説

  • 298

    キャリアコンルタント 行動憲章

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自身の能力の限界を知る 自己研鑽

    解説

  • 299

    スーパービジョン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仲良くなり過ぎない (二重関係になる) スーパーバイザーが途中からケース(事例)担当してはいけない。相談者が不信におもうから

    解説

  • 300

    キャリアコンルタントが 自己成長、自己研鑽する方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スーパービジョン コンサルテーション 事例検討会 ケースカンファレンス

    解説

  • 301

    コンサルテーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他の領域の専門家から 情報提供、助言、意見を求める、問題点を明らかにするために話し合う

    解説

  • 302

    キャリア形成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者の職業生活設計 に即した自発的な 職業能力開発

    解説

  • 303

    職業能力開発の重点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①労働者の職業生活設計に即した自発的な職業能力開発(キャリア形成)とこれに資する職業能力評価制度の整備

    解説

  • 304

    労働者の職業生活設計に即した自発的な職業能力の開発及び 向上を促進するために 事業主が講ずべき措置に 関する指針

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①情報の提供、相談の機会の確保その他の援助②配置その他の雇用管理についての配慮③休暇の付与④教育訓練を受ける時間の確保⑤その他

    解説

  • 305

    職業キャリア形成支援 とは 個人では

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仕事を通じて職業能力の蓄積が 進むこと

    解説

  • 306

    職業キャリア形成支援 とは 企業から

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ひとりひとりの職業能力の 蓄積がすすむことによって その雇用の可能性を高める

    解説

  • 307

    職業能力開発の基本的施策 労働市場のインフラの整備

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①多様な職業訓練、教育訓練の機会の確保②職業能力評価に係るインフラの充実③職業キャリア形成に向けた情報提供体制の 充実

    解説

  • 308

    企業の労務費用に 占める教育訓練費の割合 大企業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.42%

    解説

  • 309

    企業の労務費用に占める教育訓練費の割合 中小企業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.18%

    解説

  • 310

    成長が見込まれる分野

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 介護、福祉、医療 子育て、情報通信、 観光、環境、エネルギー ものづくり分野

    解説

  • 311

    キャリコンの社会的意義に 対する理解 (キャリコン実施のために 必要な能力体系)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①社会、経済的動向とキャリア形成支援の必要性②キャリコンの役割の理解③キャリコンを担う者の活動範囲と義務

    解説

  • 312

    キャリコンの社会的意義に 対する理解 ③キャリコンを担う者のの活動範囲と義務

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活動範囲、限界の理解 守秘義務の遵守 倫理規程の遵守

    解説

  • 313

    キャリコンを行う為の 基礎知識 その1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア理論 カウンセリング理論 自己理解に関する理解 仕事に関する理解 職業能力開発に関する理解

    解説

  • 314

    キャリコンを行う為の 基礎知識 その2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人事労務管理の理解 労働市場の理解 学校教育キャリア教育 労働関係法規社会保障制度 メンタルヘルス理解 発達課題、転機理解 相談者の個人的特性に関する理解

    解説

  • 315

    キャリコン相談実務において 必要なスキル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カウンセリングスキル グループアプローチスキル キャリアしーと作成指導 相談過程全体のマネジメント スキル

    解説

  • 316

    相談実施過程において 必要なスキル 相談場面設定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物理的環境 ラポール形成 キャリア形成および キャリコンに関わる理解 相談の目的、範囲の明確化

    解説

  • 317

    相談実施において必要なスキル キャリア形成および キャリコンに関わる理解

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主体的なキャリア形成の必要性、最終てきな意思決定は相談者自身が行うこと、キャリコンの前提、目的を明確にする、相談者の理解を促すことができる

    解説

  • 318

    相談実施過程において 必要スキル 自己理解支援

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 興味や価値観明確化 職業経験の棚卸し、能力の確認 個人を取り巻く環境の分析などにより相談者の理解を深める 支援ができる アセスメントスキル

    解説

  • 319

    相談実施過程において 必要スキル 意思決定支援

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリアプランの作成支援 具体的目標設定の支援 能力開発に関する支援

    解説

  • 320

    相談実施過程において 必要スキル 方策の実行支援

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目標、意義の理解 自らの意思で取り組む支援 進捗を把握、現在の状況の理解、今後の進め方や見直し等について適切な助言ができる

    解説

  • 321

    相談実施過程において 必要スキル 新たな仕事への適応支援

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 方策実行後のフォローアップが 相談者の成長を支援するために重要であることを理解し、相談者の状況に合わせた適切なフォローアップができるよう

    解説

  • 322

    相談実施過程において 必要スキル 相談過程の総括

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 適正な時期をおける相談の終了 相談者自身が目標達成度や 能力の発揮度について自己評価できるよう支援ができる キャリコン自身も自己評価できる

    解説

  • 323

    キャリコンの包括的な推進 効果的実施に係る能力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①キャリア形成、キャリコンに関する教育。普及活動②環境への働きかけ③ネットワーグの認識と実践③自己研鑽、スーパービジョン④キャリア形成支援者としての姿勢

    解説

  • 324

    キャリコンの包括的な推進 効果的実施に係る能力 ネットワークの認識と実践

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネットワークの重要性認識 ネットワークの形成 専門機関への紹介 (リファー)の実施、 異なる分野への照会(コンサルテーション)の実施

    解説

  • 325

    キャリコンの包括的な推進 効果的実施に係る能力 ネットワーク 専門機関へのリファー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メンタル不調、発達障害様々なニーズから適切な見立てを行い、キャリコン任務の範囲、自身の能力の範囲を超えるとき必要適切な専門機関、専門家を選択、相談者の納得を得た上で紹介あっせんできる

    解説

  • 326

    団塊の世代

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1947から49年生まれ 出生800万人 総人口に占める割合 5%

    解説

  • 327

    団塊の世代が生まれたころ 雇用者比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3割

    解説

  • 328

    団塊の世代 雇用者比率

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 7割

    解説

  • 329

    農業1956年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40%

    解説

  • 330

    農業2002年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4% 1956ねんの10分の1

    解説

  • 331

    労働時間、雇用形態多様化 働く人の 非正規の割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三人にひとり 正社員の負担増

    解説

  • 332

    人事考課の評価は 年功や勤務態度からへんか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業績重視 it発展で高度なスキルが求められる、仕事量ぞうかうつ病増加、メンタルヘルスの課題

    解説

  • 333

    個人は生活の質を高める欲求、ワークライフバランス、女性の意識も高くなり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 計画てき、継続てきに能力を高める必要性、自己主導のキャリア形成と企業の支援が求められるようになってきている

    解説

  • 334

    高校進学率 第二次大戦後5年 の1950年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 男子48% 女子36%

    解説

  • 335

    高校進学率 現在

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 97%

    解説

  • 336

    大学進学率 10%を超えたのは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1962年 男子16% 女子3%

    解説

  • 337

    大学進学率現在 短大含む

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 56% 男子56% 女子57%

    解説

  • 338

    90年代

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本経済が安定成長期終焉後である1991年2月から 若者の非正規雇用急増、フリーター増加、大卒高卒無業者増加

    解説

  • 339

    働くことの意識調査報告書 (日本生産性本部、日本経済青年協議会) この会社でずっと働きたいか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 状況次第で変わる、とりあえずここで働くの合計が7割。 4人に3人はひとつの会社にとどまる意思をもっていない

    解説

  • 340

    ダウンサイジング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイズ(規模)を小さくすること ものや組織など。従業員の人数削減など。解雇(レイオフ)より語感が柔らかい

    解説

  • 341

    ひとは自分の力を伸ばしてくれる職場や集団や友人たちに囲まれているとき、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最も活力が湧き成長への意欲が増進される

    解説

  • 342

    企業が活力を維持し続けるためには

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員が職場生活や仕事を通じて日々自分は成長しているという実感を持てるようにすること、その時従業員の企業に対する貢献意欲、一体感がでてくる

    解説

  • 343

    従業員のキャリア支援は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織活性化の推進力である (キャリコンテキストp67)

    解説

  • 344

    キャリアの棚卸しの時に 拾いたい能力 (本人も気づいていない)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問題発見能力 課題設定能力 問題解決能力 対人能力

    解説

  • 345

    キャリアの棚卸しの時に 拾いたい能力 (本人も気づいていない) 対人能力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メンバーをまとめる能力 対立する意見や異質の価値観に基づく主張をとりまとめる交渉力、折衝力、困った時問い合わせができる専門家を確保する人的ネットワーク作りの能力、自己啓発を持続的計画的に持続できる能力

    解説

  • 346

    キャリア相談の5割以上か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メンタルな問題と重なっている、という見方があるほど両者の関係は密接である

    解説

  • 347

    企業内 キャリア開発支援制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己啓発の援助制度、 自己分析の支援、キャリア 研修、キャリア開発のための面接・相談制度、社内公募制、社内職安、自己申告せいど、フリーエージェント制度、独立開発や転職への支援制度

    解説

  • 348

    企業内キャリコン 自己理解、自己分析のため

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相談業務という実務を通じて 新しいテスト類や面接、診断方法を開発することも念頭におきたい

    解説

  • 349

    自社流の キャリア開発の調査と研究

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア開発に成功している人のプロセスやきっかけを調べることにより個別の企業組織に適応したキャリア形成の手がかりが 得られる可能性がある

    解説

  • 350

    組織開発のスタートは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問題の存在の確認。 そのために組織診断と分析を行い、多角的に検討、課題設定を進める

    解説

  • 351

    個人の秘密は プライバシーに属する プライバシー権侵害は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不法行為、 損害賠償責任を問われることがある 民法709条

    解説

  • 352

    クライエントの守秘義務 と使用者の健康管理義務 (労働安全衛生法) 情報提供(報告)を求めてきたら

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 報告を求める理由に正当性がある、必要性がある、代替え案が無い場合のみ

    解説

62272

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ