zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt2 代謝(QB)

カード 34枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/12/29)

  • 糖尿病の運動療法は空腹時血糖値が高いほど運動量を増やす

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    糖尿病の運動療法は空腹時血糖値が高いほど運動量を増やす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,血糖値250mg / dL以上のコントロール不良例では過度の運動によりカテコラミンなどのインスリン拮抗ホルモンの分泌量が上昇し,かえって血糖上昇を招く

    解説

  • 2

    運動後に低血糖症状を起こしやすい薬物治療中の糖尿病患者への運動療法としてインスリン注射直後に運動を開始する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,食前,インスリン注射直後は低血糖になる恐れがある

    解説

  • 3

    インスリン依存型糖尿病の運動療法は尿ケトン体陽性時には運動量を増やす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,禁忌

    解説

  • 4

    CRPは2型糖尿病患者に対する教育入院後1ヶ月の効果を示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,急性炎症によって肝臓に生成されるタンパク質である

    解説

  • 5

    尿糖は2型糖尿病患者に対する教育入院後1ヶ月の効果を示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,尿糖が陽性となるが1ヶ月後の指標とはならない

    解説

  • 6

    HbA1cは2型糖尿病患者に対する教育入院後1ヶ月の効果を示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    空腹時血糖値は2型糖尿病患者に対する教育入院後1ヶ月の効果を示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,診断や現状把握のために用いられる

    解説

  • 8

    血中アルブミンは2型糖尿病患者に対する教育入院後1ヶ月の効果を示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,アルブミンは肝臓で生成される血漿タンパクで肝硬変,肝機能障害に用いられる

    解説

  • 9

    糖尿病性神経障害では単神経障害を呈することが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,複数の末梢神経が障害される多発性神経障害が多い

    解説

  • 10

    糖尿病性神経障害では近位部の筋力低下が生じやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,遠位筋力低下が見られやすい

    解説

  • 11

    糖尿病性神経障害ではアキレス腱反射が低下しやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    糖尿病性神経障害では深部感覚の中でも位置覚が障害されやすい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,振動覚が障害されやすい

    解説

  • 13

    糖尿病性神経障害では感覚障害が左右非対称であることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,四肢末端に見られ,手袋靴下型感覚障害と呼ばれることが多い

    解説

  • 14

    糖尿病性神経障害の足病変には足趾の冷感に対して湯たんぽを用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,感覚障害があると低音火傷を起こしやすい

    解説

  • 15

    薬物治療中の2型糖尿病患者の運動療法は食前に行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,食後血糖上昇は1〜2時間後にピークになるため,その時に行う

    解説

  • 16

    薬物治療中の2型糖尿病患者の運動療法は運動前に経口用オリゴ糖を準備する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,ブドウ糖を準備する

    解説

  • 17

    薬物治療中の2型糖尿病患者の運動療法は最大酸素摂取量の40〜60%の強度で行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    薬物治療中の2型糖尿病患者の運動療法は運動療法による消費カロリーを1日300〜400kcalとする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,1日160〜240kcal

    解説

  • 19

    薬物治療中の2型糖尿病患者の運動療法は冷感が出たら両下肢を挙上する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,低血糖症状による交感神経の緊張症状が考えられる.意識があるうちは速やかにブドウ糖を摂取させる

    解説

  • 20

    運動後に低血糖症状を起こしやすい薬物治療中の糖尿病患者への運動療法は段階的に運動量を増やす

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    運動後に低血糖症状を起こしやすい薬物治療中の糖尿病患者への運動療法は運動の頻度を週1回とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,3回以上

    解説

  • 22

    運動後に低血糖症状を起こしやすい薬物治療中の糖尿病患者への運動療法として食後30分以内に運動をする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,食後1時間後

    解説

  • 23

    運動後に低血糖症状を起こしやすい薬物治療中の糖尿病患者への運動療法としてインスリン注射直後に運動を開始する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,食前,インスリン注射直後は低血糖になる恐れがある

    解説

  • 24

    運動後に低血糖症状を起こしやすい薬物治療中の糖尿病患者への運動療法は高強度の筋力トレーニングを主体とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,Borgスケール11〜13の楽〜ややきつい

    解説

  • 25

    糖尿病の運動療法は尿ケトン体陽性時に効果が高い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,禁忌

    解説

  • 26

    糖尿病の運動療法は食後すぐに運動療法を始める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,食後1時間

    解説

  • 27

    糖尿病の運動療法は低血糖に備えて常に糖質を携行する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    糖尿病の運動療法で,網膜症がある場合は運動強度を軽くする

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    糖尿病の運動療法は空腹時血糖値が高いほど運動量を増やす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,血糖値250mg / dL以上のコントロール不良例では過度の運動によりカテコラミンなどのインスリン拮抗ホルモンの分泌量が上昇し,かえって血糖上昇を招く

    解説

  • 30

    インスリン依存型糖尿病の運動療法は運動強度をBorg指数で13以下に設定する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    インスリン依存型糖尿病の運動療法は自転車エルゴメーターは1日20〜30分程度とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    インスリン依存型糖尿病の運動療法は尿ケトン体陽性時には運動量を増やす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,禁忌

    解説

  • 33

    インスリン依存型糖尿病の運動療法は食後2時間以内の運動を避ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×,食後’1時間

    解説

  • 34

    インスリン依存型糖尿病の運動療法はインスリン注射部位の運動は避ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

61685

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ