zuknow learn together

新しい教材を作成

sigsg pt2 循環(教科書・プリント)

カード 80枚 作成者: ななななななな (作成日: 2016/12/29)

  • 心筋酸素摂取量と相関が高いもの

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    心筋酸素摂取量と相関が高いもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二重積(ダブルプロダクト)

    解説

  • 2

    ST下降は何を現しているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心内膜の虚血

    解説

  • 3

    ST上昇は何を現しているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心外膜、もしくは心筋層の虚血

    解説

  • 4

    以上Q波は何を現しているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貫壁性心筋

    解説

  • 5

    最大運動時の冠血流予備能が低下し始めるのは(1)%以上の狭窄が認められる場合である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 50

    解説

  • 6

    安静時から冠血流が低下し始めるのは(1)%以上の狭窄が認められる場合である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 75%

    解説

  • 7

    心エコー検査の基準値は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 55〜60%

    解説

  • 8

    心エコー検査で左室機能障害となる値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40%未満

    解説

  • 9

    心エコー検査で40%未満の場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左室機能障害

    解説

  • 10

    循環器疾患のトレーニングで有酸素運動を行う時の運動強度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嫌気性代謝閾値(AT)

    解説

  • 11

    NYHAの分類Ⅰ度は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心疾患があるが症状はなく、通常の日常生活は制限されないもの、通常の労作では疲労、動悸、呼吸困難、狭心痛を生じない

    解説

  • 12

    NYHAの分類Ⅱ度は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心疾患患者で日常生活が軽度から中等度に制限されるもの。安静時には無症状だが、普通の行動で疲労、動悸、呼吸困難、狭心痛を生じる

    解説

  • 13

    NYHAの分類Ⅲ度は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心疾患患者で、日常生活が高度に制限されるもの。安静時は無症状だが、平地の歩行や、日常生活以下の労作によっても症状が生じる

    解説

  • 14

    NYHAの分類Ⅳ度は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心疾患患者で、非常に軽度の活動での何らか症状が生ずる、安静時においても、心不全、狭心症症状を生ずることもある。

    解説

  • 15

    少しぐらいATを超えてもすぐに心臓が悪くなることはない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    AT以上の活動を持続的に行うと問題となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    交感神経の持続的な過度の活動は血圧や脈拍が上がったり、不整脈が生じやすかったりと心臓の負荷を増やす要因になる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    AT以上の活動を行う前の対策を2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 息が切れたらすぐに休む、つらくなる前に休憩をれる(持続的な交感神経の緊張を避ける)

    解説

  • 19

    循環器疾患の患者の運動指導で動作中であっても息堪えをしてはならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    循環器疾患患者の運動強度はBorgスケール13以下である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    平均血圧の式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (収縮期血圧-拡張期血圧)÷ 3 +拡張期血圧

    解説

  • 22

    左冠動脈の拡張・収縮の割合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張期が80%

    解説

  • 23

    右冠動脈を2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前右室枝、後下行枝

    解説

  • 24

    前右室枝の栄養領域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右房

    解説

  • 25

    後下行枝の栄養領域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心室後面

    解説

  • 26

    後下行枝の分岐枝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 房室結節枝

    解説

  • 27

    左冠動脈の分枝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左前下行枝、左回旋枝

    解説

  • 28

    左冠動脈主幹部の閉塞は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 致死的

    解説

  • 29

    左前下行枝の栄養領域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左室のかなりの部分

    解説

  • 30

    左回旋枝の栄養領域

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓の後面

    解説

  • 31

    冠血流量のは心拍出量の?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4〜5%

    解説

  • 32

    冠血流量は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 250ml

    解説

  • 33

    大動脈圧が高くなり(1)の収縮により(2)を圧迫する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左室、左冠動脈

    解説

  • 34

    右冠動脈の収縮・拡張の割合は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左室ほどではない

    解説

  • 35

    心筋の特徴2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素摂取量が高い、動脈血酸素較差が高い

    解説

  • 36

    心筋が酸素を必要としている時の対応

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冠血流を増やすしかない

    解説

  • 37

    運動を行うと(1)が増加し、冠動脈の(2)があると冠血流量が増やせないために(3)が生じる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心筋酸素摂取量、器質的狭窄、心筋虚血

    解説

  • 38

    心筋酸素摂取量の規定因子3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心筋の収縮性、圧仕事量、心拍数

    解説

  • 39

    心拍出量の増加と平行して増加するものとしないもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増;血圧、不変:心筋酸素摂取量

    解説

  • 40

    心筋酸素摂取量の求め方

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 収縮期血圧×心拍数

    解説

  • 41

    冠動脈硬化の原因2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内膜の線維性肥厚、アテローム硬化

    解説

  • 42

    冠動脈硬化を促進する因子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高脂血症、喫煙、肥満、DM、高血圧、ストレス

    解説

  • 43

    心筋酸素消費量の増加は器質的狭窄があるとどうなるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定以上の増加はない

    解説

  • 44

    血管が強く収縮し、夜〜明け方にかけてよく起こり、体を動かせず、心筋酸素消費量が増加しない時にも狭心症が起こる原因は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冠攣縮

    解説

  • 45

    冠動脈のソフトプラーク破綻による血栓形成による疾患をなんと呼ぶか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急性冠症候群:ACS

    解説

  • 46

    心室細動や僧帽弁狭窄症では(1)内に血栓ができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左房

    解説

  • 47

    陳旧性梗塞や拡張型心筋症では(1)内に血栓ができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左室

    解説

  • 48

    梗塞巣は心(1)膜側から心(2)膜側に向かって進行する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内→外

    解説

  • 49

    心筋梗塞が発症して(1)時間後に(2)が発症する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3〜6時間、貫壁性梗塞

    解説

  • 50

    壊死した心筋は脆く発症早期は梗塞部に亀裂が入り(1)を起こすことがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心破裂

    解説

  • 51

    壊死した心筋が徐々に線維組織に置き換えられて丈夫になることを?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心筋リモデリング

    解説

  • 52

    心筋リモデリングに要する時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1〜数か月

    解説

  • 53

    心臓超音波検査(心エコー検査)は左心機能の評価に用いられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    血行再建療法を2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経皮的冠動脈形成術(PIC) 冠動脈バイパス術(CABG)

    解説

  • 55

    一回拍出量を規定する因子を4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前負荷 後負荷 心筋拡張特性 心筋収縮特性

    解説

  • 56

    急性心筋梗塞の血流途絶時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30分以内

    解説

  • 57

    理学療法の目的5つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過剰な安静臥床によるディコンディショニング、安全に確実に離床を進め早期に病棟内ADLを再獲得する、退院前までに各種ADL動作中の心血管反応を確認する、早期退院・早期社会復帰、再発予防の教育

    解説

  • 58

    長期臥床による筋力低下をきたしやすい筋

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅筋

    解説

  • 59

    Nohria/ Stevenson分類の4つの要素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うっ血;wet うっ血傾向なし;dry 末梢循環不全あり;cold 末梢循環不全なし;warm

    解説

  • 60

    閉塞性動脈硬化症の略語

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ASO

    解説

  • 61

    ASOの好発部分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈の分岐するとこ、大腿動脈-膝窩動脈

    解説

  • 62

    ASOの症状

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 間欠性跛行、安静時痛、壊死・壊疽

    解説

  • 63

    ASOに用いられる分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Fontaine分類

    解説

  • 64

    ASOの進行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急だったり、緩徐だったり

    解説

  • 65

    ABIとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 足関節上腕血圧比:収縮期血圧

    解説

  • 66

    健常者のABI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.9〜1.0

    解説

  • 67

    早朝空腹時血糖値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 126mg/dL以上

    解説

  • 68

    心筋虚血で認めるST下降は、心外膜側の虚血を示す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 69

    冠動脈造影検査において、50%以上の狭窄で最大運動時の冠血流予防能が低下し始める

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    冠動脈造影検査において、70%以上の狭窄で安静時から冠血流量が低下し始める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 71

    心エコー検査で左室駆出率が50%未満の場合、左室機能障害を認める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 72

    心不全の徴候に、体重減少がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 73

    右心不全の徴候に、体重減少がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 74

    左心不全の徴候に、頸動脈怒張を認める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 75

    身体活動により静脈還流量が上昇することで、左室の拡張末期容量も上昇する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張

    解説

  • 76

    運動強度の上昇と心拍出量の増加について、軽い運動では(1)と(2)が上昇し、激しい運動では(3)が上昇することで心拍出量が増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈血酸素較差、1回換気量、心拍数

    解説

  • 77

    心筋梗塞の範囲は冠動脈が閉塞している時間が長いほど、(1)側から(2)側に向かって進展する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心内膜、心外膜

    解説

  • 78

    心筋梗塞の急性期リハでは、解答求む血圧より解答求む血圧が上がらないようリスク管理を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 79

    心筋梗塞の慢性期の有酸素運動の処方では、運動強度はAT以下が良いといわれ、ボルグスケールの(1)がATに相当するとされている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 13

    解説

  • 80

    循環器疾患のトレーニングでは、血圧を運動前後・運動中も測定するが、脈圧を(1)mmHgは確保する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30

    解説

60372

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ