zuknow learn together

新しい教材を作成

神経内科・脳外科02

カード 105枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/05/19)

  • 認知症の中では(   )が最も多い。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

MCQ対策
疾病ver.

(※精神科分野移動→精神科01)



医学/医療/医師/国試

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    認知症の中では(   )が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Alzheimer認知症

    解説

  • 2

    意識障害の患者について、 大声で呼びかけると開眼するが、刺激しないとすぐに閉眼する。 意識レベルは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCS Ⅱ-20

    解説

  • 3

    意識障害の患者について、 JCSⅢ-200、右共同偏視、顔面を含む左片麻痺。 考えられる病巣はどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右大脳

    解説

  • 4

    重症筋無力症を疑う所見は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複視、眼瞼下垂

    解説

  • 5

    筋肉が弛緩できない(   )の病態は、筋強直性ジストロフィーでみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミオトニア

    解説

  • 6

    ギラン・バレー症候群の四肢麻痺は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下位運動神経障害

    解説

  • 7

    左側Th10レベルの脊髄疾患によるBrown-Sequard症候群では、(   )に温痛覚障害が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右下肢全体

    解説

  • 8

    右延髄外側部梗塞によるWallenberg症候群では、(   )に温痛覚障害が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右顔面と左頸部から下

    解説

  • 9

    左延髄内側部梗塞によるDejerine症候群では、(   )に深部感覚障害が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右頸部から下

    解説

  • 10

    右側Th10レベルの脊髄疾患によるBrown-Sequard症候群では、(   )に深部感覚障害が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右下肢全体

    解説

  • 11

    下部頸髄レベルの脊髄空洞症による左側の脊髄視床路障害では、(   )に温痛覚障害が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右上肢と右前胸部

    解説

  • 12

    片頭痛について、 急性期治療薬や(   )以外の予防薬は、妊娠中は禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β遮断薬

    解説

  • 13

    エルゴタミン製剤は、(   )には禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 妊婦の片頭痛

    解説

  • 14

    片頭痛について、 急性期治療薬としては、(   )が第一選択薬となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリプタン製剤(セロトニン受容体作動薬)

    解説

  • 15

    トリプタン製剤は、(   )には禁忌である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 虚血性心疾患、脳血管障害、末梢血管障害、妊婦

    解説

  • 16

    薬物乱用頭痛をきたした場合、(   )を禁止する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急性期治療薬の服用

    解説

  • 17

    (   )は、緊張型頭痛の予防薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗うつ薬

    解説

  • 18

    広汎な脳浮腫により、頭蓋内圧が亢進している患者に、(   )を行うことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外減圧術

    解説

  • 19

    もやもや病について、 外科的治療法として、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭蓋内外バイパス術(STA-MCA吻合術, 直接バイパス術)

    解説

  • 20

    もやもや病について、 小児では、(   )が現れることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳虚血症状(脱力発作、痙攣、意識障害、不随意運動)

    解説

  • 21

    もやもや病について、 成人では、(   )により発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳出血や脳虚血

    解説

  • 22

    もやもや病は、(   )に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本を含む東アジア諸国

    解説

  • 23

    意識障害の患者について、 刺激しても覚醒せず、痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめたりする。 意識レベルは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • JCS Ⅲ-200

    解説

  • 24

    意識障害を呈する疾患と検査結果について、 肝性脳症では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中NH3上昇

    解説

  • 25

    意識障害を呈する疾患と検査結果について、 ウェルニッケ脳症では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中ビタミンB1低値

    解説

  • 26

    意識障害を呈する疾患と検査結果について、 ウイルス性脳炎では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髄液蛋白上昇

    解説

  • 27

    意識障害を呈する疾患と検査結果について、 CO2ナルコーシスでは、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液ガスの呼吸性アシドーシス

    解説

  • 28

    意識障害を呈する疾患と検査結果について、 慢性硬膜下血腫では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭部CT異常

    解説

  • 29

    右中大脳動脈領域の脳梗塞では、(   )が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左半側空間無視

    解説

  • 30

    左中大脳動脈領域の脳梗塞では、(   )が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 右Babinski反射陽性、broca失語、右同名半盲、左共同偏視

    解説

  • 31

    高血圧性脳出血と障害される血管領域が共通している脳梗塞は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラクナ梗塞

    解説

  • 32

    片頭痛について、 前兆期には、(   )は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳血流量

    解説

  • 33

    片頭痛について、 頭痛に関与する脳神経は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三叉神経

    解説

  • 34

    片頭痛について、 脳動脈に局在する5-Hydroxytryptamine 1B受容体に対する作動薬は、(   )に関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管収縮作用

    解説

  • 35

    片頭痛について、 calcitonin gene-related peptideは(   )を有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管拡張作用

    解説

  • 36

    片頭痛時の嘔吐には、延髄最後野の(   )が関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セロトニン受容体

    解説

  • 37

    右の視床障害による感覚障害には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左半身の全感覚消失、左手掌と口周辺の感覚鈍麻、左半身の自発痛(視床痛)、左半身の二点識別覚の消失

    解説

  • 38

    ギラン・バレー症候群でのcampylobacter jejuniの先行感染が末梢神経障害を起こす機序は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分子相同性による抗ガングリオシド抗体の出現

    解説

  • 39

    錐体外路症状には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安静時振戦、筋固縮(強剛)、無動・寡動、姿勢反射障害

    解説

  • 40

    錐体路障害では、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 深部腱反射亢進

    解説

  • 41

    頸静脈孔を通る神経・血管がすべて障害された場合、(   )が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嚥下障害、呼吸障害、嗄声、味覚障害

    解説

  • 42

    妊婦の(   )は、胎児の二分脊椎の原因の一つとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 葉酸欠乏

    解説

  • 43

    髄膜腫について、 (   )が栄養血管であることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中硬膜動脈

    解説

  • 44

    髄膜腫について、 (   )から発生した腫瘍である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • くも膜の表層細胞

    解説

  • 45

    髄膜腫について、 (   )が特徴的な画像所見である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • dural tail sign

    解説

  • 46

    髄膜腫について、 全摘出後に(   )が必要となることは少ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放射線治療

    解説

  • 47

    髄膜腫について、 (   )で発症することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痙攣発作

    解説

  • 48

    広汎な脳浮腫による頭蓋内圧亢進の患者に対して、(   )をすることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外減圧術(頭蓋骨を外す)

    解説

  • 49

    悪性脳腫瘍について、 (   )の5年生存率は10%未満である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膠芽腫

    解説

  • 50

    悪性脳腫瘍について、 髄芽腫は(   )に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小児

    解説

  • 51

    悪性脳腫瘍について、 転移性脳腫瘍の原発巣として最も多いのは(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺癌

    解説

  • 52

    (   )は、側頭部の骨折による中硬膜動脈の破綻で起こることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 急性硬膜外血腫

    解説

  • 53

    t-PAによる脳梗塞治療において、 (   )のうち一つでも該当すれば、実施しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血圧185/110mmHg以上、血糖異常(<50,or >400mg/dL)、ワーファリン服用中でPT-INR>1.7、頭蓋内出血の既往、痙攣発作など

    解説

  • 54

    脳膿瘍について、 造影CT, MRIで、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リング状増強効果

    解説

  • 55

    多発性硬化症について、 頭部MRI(T1強調像)で、(    )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白質に低信号の脱髄巣

    解説

  • 56

    多発性硬化症について、 頭部MRI(T2強調像)で、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 白質に高信号の脱髄巣

    解説

  • 57

    (   )は、Creutzfeldt-Jakob病に特徴的な脳波である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高振幅鋭波を伴う周期性同期性放電(PSD)

    解説

  • 58

    ギラン・バレー症候群は、(   )の先行感染を伴うことが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Campylobacter jejuni

    解説

  • 59

    (   )とは、下肢腰部神経根の刺激症状(疼痛など)の有無を判断する徴候である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Lasegue徴候

    解説

  • 60

    (   )とは、頸部の前屈で、背中から下方に電撃的な痛みが放散するもので、多発性硬化症でみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Lhermitte徴候

    解説

  • 61

    (   )とは、手根部・肘部の神経圧迫部位の刺激で、支配領域に放散痛が生じる現象のことをいい、絞扼・圧迫性ニューロパチーの診断に有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Tinel徴候

    解説

  • 62

    重症筋無力症では、随意収縮または反復刺激(低頻度刺激)により、(   )がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • waning現象

    解説

  • 63

    脳卒中は、主に(   )に分けられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 虚血性疾患(脳梗塞)、出血性疾患(脳出血、くも膜下出血)

    解説

  • 64

    シンシナティ病院前脳卒中スケールでは、(   )の有無を確認し、一つでも当てはまれば脳卒中を強く疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顔の歪み、上肢挙上の異常、構音障害

    解説

  • 65

    3日前から39℃前後の発熱と激しい頭痛の患者について、 項部硬直陽性/髄液所見:初圧190mmH2O、黄色混濁、細菌数15,000/mm3(多核球85%)、蛋白77.4mg/dl、糖15mg/dl/血液所見:白血球14,000、CRP10.5mg/dl、血糖102mg/dl

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 細菌性髄膜炎

    解説

  • 66

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)について、 球麻痺症状として、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嚥下障害、構音障害、舌の萎縮

    解説

  • 67

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)について、 運動神経のみの障害のため、(   )はみられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚障害、排尿障害など

    解説

  • 68

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)について、 脳神経のうち、運動成分を含み延髄に核がある(   )が障害される球麻痺がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舌咽神経(Ⅸ)、迷走神経(Ⅹ)、舌下神経(Ⅻ)

    解説

  • 69

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)について、 自律神経は障害されないため、(   )は生じにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 褥瘡

    解説

  • 70

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)では、(   )は亢進する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 深部腱反射

    解説

  • 71

    筋電図検査について、 神経伝導速度の遅延は、(   )の障害を意味する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髄鞘

    解説

  • 72

    筋電図検査について、 針筋電図検査では、(   )に電極を挿入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋線維

    解説

  • 73

    筋電図検査について、 針筋電図検査では、(   )が筋肉由来か末梢神経由来かを鑑別できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋力低下

    解説

  • 74

    片頭痛について、 現在は、発生機序は(   )が有力である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三叉神経血管説

    解説

  • 75

    片頭痛に(   )が合併することがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 麻痺(家族性片麻痺性片頭痛)

    解説

  • 76

    片頭痛について、 (   )と考えられる家族内発症例がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 母系遺伝

    解説

  • 77

    片頭痛について、 (   )は明らかな頭痛発作を欠く例がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小児期(小児周期性嘔吐症、腹部片頭痛)

    解説

  • 78

    片頭痛について、 (   )は、代表的な前兆である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閃輝暗点

    解説

  • 79

    頭蓋内圧亢進症状には、(   )、頭痛、Cushing現象(徐脈、血圧上昇)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視神経乳頭浮腫(うっ血乳頭)、嘔吐・悪心、意識障害

    解説

  • 80

    頭蓋内圧亢進症状には、(   )、視神経乳頭浮腫(うっ血乳頭)、嘔吐・悪心、意識障害がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭痛、Cushing現象(徐脈、血圧上昇)

    解説

  • 81

    正常圧水頭症の三徴は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歩行障害、認知障害、排尿障害

    解説

  • 82

    視床出血や被殻出血で側脳室内に血腫が穿破して起こる急性水頭症は、(   )水頭症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閉塞性

    解説

  • 83

    視床出血や被殻出血で(   )に血腫が穿破して起こる急性水頭症は、閉塞性水頭症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 側脳室内

    解説

  • 84

    クモ膜下出血後になる正常圧水頭症は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交通性水頭症

    解説

  • 85

    脳室内出血後の慢性期に起こる水頭症は、(   )水頭症である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交通性

    解説

  • 86

    中脳水道狭窄症で起こる水頭症は、(   )が特徴である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 側脳室の拡大

    解説

  • 87

    下垂体腺腫は、(   )から発生した腫瘍である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下垂体前葉

    解説

  • 88

    下垂体腺腫では、(   )が最も多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非機能性下垂体腺腫

    解説

  • 89

    下垂体腺腫の局所症状には、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭痛、視野障害・視力低下、眼筋麻痺

    解説

  • 90

    (   )下垂体腺腫に対しては、薬物治療が第一選択である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロラクチン産生

    解説

  • 91

    下垂体腺腫について、 (   )は、下垂体腺腫内の出血性梗塞により起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下垂体卒中

    解説

  • 92

    神経膠腫は、成人では全脳腫瘍の中で(   )に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2番目(24%)

    解説

  • 93

    神経膠腫は、(   )から発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリア細胞

    解説

  • 94

    神経膠腫は、小児では(   )に発生する頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小脳や脳幹

    解説

  • 95

    神経膠腫は、成人では(   )に発生する頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脳半球(特に前頭葉)

    解説

  • 96

    神経膠腫について、 病変が(   )こともある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正中を越えて両側にまたがる

    解説

  • 97

    頭蓋内圧亢進症状の3徴は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭痛、嘔吐、うっ血乳頭

    解説

  • 98

    脊髄腫瘍について、 初発症状は、(   )であることが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 神経根性疼痛

    解説

  • 99

    脊髄腫瘍について、 部位別の発生頻度は、(   )の順に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胸髄、頸髄、腰仙髄

    解説

  • 100

    脊髄腫瘍について、 良性腫瘍は、(   )に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硬膜内髄外

    解説

  • 101

    脊髄腫瘍について、 転移性脊髄腫瘍は、(   )に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硬膜外

    解説

  • 102

    Willis動脈輪を形成する血管は、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内頸a.、前大脳a.、前交通a.、後交通a.、後大脳a.

    解説

  • 103

    急性硬膜下血腫について、 頭部CTにて(   )の血腫を認める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三日月型

    解説

  • 104

    急性硬膜下血腫について、 重症例で予後は(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不良

    解説

  • 105

    筋萎縮性側索硬化症(ALS)について、 脊髄の髄鞘染色(LFB)で、(   )が観察される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 側索の変性、前角の萎縮

    解説

56907

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ