zuknow learn together

新しい教材を作成

小児理学療法-1章

カード 7枚 作成者: asn51 (作成日: 2016/12/14)

  • 運動発達にはいくつかの法則性
    があり運動発達の方向性に
    関するものとして発達の頭尾律がある。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

1章-正常運動発達 胎児期・新生児期から歩行獲得まで

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    運動発達にはいくつかの法則性 があり運動発達の方向性に 関するものとして発達の頭尾律がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    正常発達において、2ヶ月の乳児は背臥位で頭部の正中位保持ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖︎

    解説

  • 3

    正常発達において、3ヶ月の乳児は腹臥位でon handsをとることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖︎

    解説

  • 4

    正常発達において、7ヶ月の乳児は腹臥位で腹這い移動ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    正常発達において、座位の発達指標として9ヶ月ごろに起座動作が可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    正常発達において立位の発達指標として10ヶ月ごろにつたい歩きができるようになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 7

    巧緻動作の発達にて、 健常な9ヶ月の乳児はつまみ動作として指尖つまみが可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

62272

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ