zuknow learn together

新しい教材を作成

耳鼻咽喉科

カード 54枚 作成者: k_ono (作成日: 2014/05/13)

  • 良性発作性頭位眩暈症について、
    (     )はきたさない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

MCQ対策


医学/医療/医師/国試

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    良性発作性頭位眩暈症について、 (     )はきたさない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蝸牛症状や中枢神経症状

    解説

  • 2

    良性発作性頭位眩暈症について、 発作を繰り返すと、(   )が現れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 疲労現象

    解説

  • 3

    剥離した耳石片の半規管内での浮遊やクプラへの付着が原因となるのは(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 良性発作性頭位眩暈症

    解説

  • 4

    内耳循環不全による内リンパ水腫が原因となるのは(    )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メニエール病

    解説

  • 5

    良性発作性頭位眩暈症について、 (   )では、頭位変換眼振検査にて回旋性眼振が出現し、懸垂順位と座位で坐位で方向が逆転する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後半規管型

    解説

  • 6

    メニエール病について、 発作を繰り返すことで、(   )が出現・固定する症例が圧倒的に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高度難聴

    解説

  • 7

    メニエール病について、 (   )が陽性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リクルートメント現象(補充現象)

    解説

  • 8

    メニエール病について、 自発眼振がみられ、発作直後は患側向きの(   )の眼振が注視でも認められ、しばらくすると、眼振の方向は健側向きに変わる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水平回旋混合性

    解説

  • 9

    メニエール病について、 特殊な造影MRIを行うと、外リンパ腔を造影することで、(   )を証明できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内リンパ水腫

    解説

  • 10

    メニエール病について、 温度刺激検査では、一側ないし両側の(   )が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半規管機能低下

    解説

  • 11

    椎骨脳底動脈循環不全について、 めまい頭位を繰り返してもめまいは(   )しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減弱

    解説

  • 12

    椎骨脳底動脈循環不全について、 めまい発作と相関する(   )の出現・変動を伴う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼前暗黒感や霧視、手足の痺れ感

    解説

  • 13

    椎骨脳底動脈循環不全について、 中枢性の眩暈であるため(   )の機能は関係ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 半規管

    解説

  • 14

    椎骨脳底動脈循環不全について、 めまい発作と相関する(   )の出現・変動を伴わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蝸牛症状

    解説

  • 15

    副鼻腔炎について、 保存的治療として、(   )を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マクロライド系抗生剤の少量長期投与

    解説

  • 16

    副鼻腔炎について、 保存的治療で改善されなければ、手術として(   )を主に行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ESS(内視鏡的鼻副鼻腔手術)

    解説

  • 17

    副鼻腔炎について、 一側性の場合、(   )との鑑別が問題となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 癌などの腫瘍

    解説

  • 18

    副鼻腔炎について、 まれに、(   )などの眼窩内合併症をきたすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼窩蜂窩織炎や眼窩内腫瘍

    解説

  • 19

    副鼻腔炎について、 まれに、(   )などの頭蓋内合併症をきたすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 髄膜炎や脳膿瘍

    解説

  • 20

    アレルギー性鼻炎について、 手術療法には、鼻腔形成異常の整復を目的とした、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鼻中隔矯正術や下鼻甲介切除術

    解説

  • 21

    アレルギー性鼻炎について、 診療ガイドラインでは、(   )が第一選択薬の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗ヒスタミン薬

    解説

  • 22

    アレルギー性鼻炎について、 ある種の季節性抗原は果物類との抗原の交差があり、重篤な(   )の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口腔アレルギー

    解説

  • 23

    アレルギー性鼻炎について、 反復する鼻炎は、(   )の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慢性副鼻腔炎

    解説

  • 24

    睡眠時無呼吸症候群について、 (   )により交通事故の原因となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日中の傾眠傾向

    解説

  • 25

    睡眠時無呼吸症候群について、 手術療法として(   )が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口蓋垂軟口蓋咽頭形成術

    解説

  • 26

    睡眠時無呼吸症候群について、 (   )の原因の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 循環器疾患や糖尿病

    解説

  • 27

    幼小児の気管支異物は、ほとんどの例で(   )で摘出する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 硬性直達鏡下

    解説

  • 28

    喉頭癌について、 声門癌では、癌が片側声帯にのみでも(   )を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 嗄声

    解説

  • 29

    喉頭癌について、 声門上癌は、(   )に転位を生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上内深頸部リンパ節

    解説

  • 30

    喉頭癌について、 (   )は、リンパ節転位を生じにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 声門癌

    解説

  • 31

    喉頭癌について、 (   )は、音声機能温存術である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喉頭垂直/水平部分切除、ラリンゴマイクロサージェリー(喉頭微細手術)

    解説

  • 32

    喉頭癌について、 (   )では、音声機能は喪失する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喉頭全摘術

    解説

  • 33

    口腔・咽頭腫瘍について、 (   )は、滲出性中耳炎の原因疾患となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 若年性鼻咽腔血管線維腫

    解説

  • 34

    口腔・咽頭腫瘍について、 舌癌は、(   )に転位しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顎下リンパ節

    解説

  • 35

    口腔・咽頭腫瘍について、 上咽頭癌が上方に伸展すると(   )をきたすことがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複視

    解説

  • 36

    口腔・咽頭腫瘍について、 中咽頭癌の発症には、(   )の感染が関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒトパピローマウイルス

    解説

  • 37

    口腔・咽頭腫瘍について、 下咽頭癌で最も多いのは、(   )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 梨状陥凹型

    解説

  • 38

    顔面神経麻痺を伴う耳下腺部の腫瘤は、良性腫瘍が大半の(   )を疑う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳下腺腫瘍

    解説

  • 39

    上甲状腺動脈は(   )から分枝する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外頸動脈

    解説

  • 40

    深頸部腫瘍の診断には(   )が有用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頸部造影CT

    解説

  • 41

    (   )は、甲状舌管の遺残である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正中嚢胞

    解説

  • 42

    頸部交感神経鞘腫の術後には、(   )を生じることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホルネル症候

    解説

  • 43

    頸部に(   )がみられた場合は、転位リンパ節の生検よりも原発巣検索を優先する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転移性リンパ節腫大

    解説

  • 44

    右滲出性中耳炎では、(   )で音は右に偏して聴こえる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音叉Weber法検査

    解説

  • 45

    耳小骨離断があれば、純音聴力検査では(   )を生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • air bone gap

    解説

  • 46

    老人性難聴では、(   )が低下することが多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 語音明瞭度

    解説

  • 47

    (   )があると、ティンパノメトリーは施行できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鼓膜穿孔

    解説

  • 48

    (   )の小児に発症した急性中耳炎は難治化しやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2歳未満

    解説

  • 49

    扁桃病巣感染症として、(   )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IgA腎症、掌蹠膿疱症、胸肋鎖骨過形成、尋常性天疱瘡

    解説

  • 50

    (   )では、コプリック斑がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 麻疹

    解説

  • 51

    手足口病は(   )が原因である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コクサッキーウイルス、エンテロウイルス

    解説

  • 52

    Plummer-Vinson症候群は、鉄欠乏性貧血で起きる(   )のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 舌炎、口角炎、嚥下障害

    解説

  • 53

    (   )では、毛様白板症がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • AIDS

    解説

  • 54

    (   )では、鵞口瘡がみられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カンジダ症

    解説

56638

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ