zuknow learn together

新しい教材を作成

短歌と作者

カード 46枚 作成者: Murasaki (作成日: 2013/11/22)

  • あおによし 奈良の都は咲(さ)く花の におうがごとく 今さかりなり

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 中国語(台湾)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    あおによし 奈良の都は咲(さ)く花の におうがごとく 今さかりなり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小野 老

    解説

  • 2

    秋来ぬと 目にはさやかに見えねども 風の音にぞおどろかれぬる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原敏行

    解説

  • 3

    朝あけて 船より鳴れるふとぶえの こだまは長し なみよろう山

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斎藤茂吉

    解説

  • 4

    天(あま)の原 ふりさけ見れば 春日なる 三笠の山に出(い)でし月かも

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 阿倍仲麻呂

    解説

  • 5

    幾山河 こえさりゆかば さびしさの はてなん国ぞ きょうも旅ゆく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 若山牧水

    解説

  • 6

    石がけに 子ども七人こしかけて ふぐをつりおり 夕焼け小焼け

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北原白秋

    解説

  • 7

    妹の小さき歩み いそがせて 千代紙(ちよがみ)買いに 行く月夜かな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木下利玄

    解説

  • 8

    石(いわ)ばしる たるみの上のさわらびの 萌(も)えいづる春になりにけるかも

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 志貴皇子

    解説

  • 9

    うすべにに 葉はいちはやく萌(も)えいでて 咲かんとすなり 山ざくらの花

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 若山牧水

    解説

  • 10

    遠足の 小学生徒うちょうてんに 大手ふりふり 往来(おうらい)とおる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木下利玄

    解説

  • 11

    大海(おおうみ)の いそもとどろに 寄する波 われてくだけて さけて散るかも

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 源実朝

    解説

  • 12

    親馬の 道をいそげば きりにぬれて 子馬も走る いななきながら

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 橋田東声

    解説

  • 13

    おりたちて けさの寒さをおどろきぬ つゆしとしとと かきの落ち葉深く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伊藤左千夫

    解説

  • 14

    かすみ立つ 長き春日(はるび)をこどもらと 手まりつきつつ きょうもくらしつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 良寛

    解説

  • 15

    かめにさす 藤の花ぶさ みじかければ たたみの上に とどかざりけり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正岡子規

    解説

  • 16

    ガラス戸の 外のつきよをながむれど ランプのかげの うつりて見えず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正岡子規

    解説

  • 17

    葛(くず)の花 踏みしだかれて色あたらし この山道を 行きし人あり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 釈迢空

    解説

  • 18

    くれないの 二尺のびたるばらの芽の 針(はり)やわらかに 春雨の降る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正岡子規

    解説

  • 19

    心なき 身にもあわれは知られけり 鴫(しぎ)立つ沢の 秋の夕ぐれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 西行法師

    解説

  • 20

    こどもらと 手まりつきつつ この里に あそぶ春日は くれずともよし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 良寛

    解説

  • 21

    駒(こま)とめて そでうちはらうかげもなし 佐野のわたりの 雪の夕ぐれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原定家

    解説

  • 22

    金色(こんじき)の 小さき鳥のかたちして いちょう散るなり 夕日の丘に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 与謝野晶子

    解説

  • 23

    死に近き 母にそい寝のしんしんと 遠田(とおだ)のかわず 天に聞こゆる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斎藤茂吉

    解説

  • 24

    しもやけの 小さき手して みかんむく わが子しのばゆ 風の寒きに

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 落合直文

    解説

  • 25

    白鳥(しらとり)は かなしからずや 空の青 海のあおにも 染まずただよう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 若山牧水

    解説

  • 26

    銀(しろがね)も 金(くがね)も玉も 何せんに まされる宝 子にしかめやも

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山上憶良

    解説

  • 27

    田子(たご)の浦ゆ うちいでて見れば真白(ましろ)にぞ 富士の高嶺(たかね)に 雪は降りける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山部赤人

    解説

  • 28

    たらちねの 母がつりたる青蚊帳(あおがや)を すがしといねつ たるみたれども

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長塚 節

    解説

  • 29

    たわむれに 母を背負いてそのあまり 軽(かろ)きに泣きて 三歩あゆまず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石川啄木

    解説

  • 30

    父君よ けさはいかにと 手をつきて 問う子を見れば 死なれざりけり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 落合直文

    解説

  • 31

    東海の 小島の磯(いそ)の白砂(しらすな)に われ泣きぬれて 蟹(かに)とたわむる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石川啄木

    解説

  • 32

    箱根路(はこねじ)を わが越えくれば伊豆の海や 沖(おき)の小島に 波の寄る見ゆ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 源実朝

    解説

  • 33

    花の色は うつりにけりな いたづらに 我が身世にふる ながめせし間に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小野小町

    解説

  • 34

    春過ぎて 夏来にけらし 白妙(しろたえ)の 衣ほすてふ 天(あま)の香具山(かぐやま)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 持統天皇

    解説

  • 35

    馬鈴薯(ばれいしょ)の うす紫の花に降る 雨を思えリ 都の雨に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石川啄木

    解説

  • 36

    ひさかたの 光のどけき春の日に しず心なく 花の散るらむ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紀友則

    解説

  • 37

    東(ひんがし)の 野にかぎろいの立つ見えて かえりみすれば 月かたぶきぬ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 柿本人麻呂

    解説

  • 38

    ふるさとの なまりなつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きに行く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石川啄木

    解説

  • 39

    ふるさとの 山にむかいて言うことなし ふるさとの山はありがたきかな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石川啄木

    解説

  • 40

    水ぐるま 近きひびきにすこしゆれ すこしゆれいる こでまりの花

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木下利玄

    解説

  • 41

    みちのくの 母のいのちをひと目見ん ひと目見んとぞ ただにいそげる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 斎藤茂吉

    解説

  • 42

    見わたせば 花ももみじもなかりけり 浦のとまやの 秋の夕ぐれ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 藤原定家

    解説

  • 43

    山里は 秋こそことにわびしけれ 鹿の鳴く音(ね)に 目をさましつつ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 壬生忠岑

    解説

  • 44

    ゆく秋の 大和の国の薬師寺の とうの上なる ひとひらの雲

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 佐々木信綱

    解説

  • 45

    和歌の浦に しおみちくれば かたをなみ あしべをさして たずなきわたる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山部赤人

    解説

  • 46

    わが宿の いささむら竹 吹く風の 音のかそけき この夕べかも

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大伴家持

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ