zuknow learn together

新しい教材を作成

俳句と季語

カード 63枚 作成者: Murasaki (作成日: 2013/11/22)

  • 赤い椿(つばき) 白い椿と 落ちにけり

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    赤い椿(つばき) 白い椿と 落ちにけり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:椿(春)

    解説

  • 2

    秋深き 隣(となり)は何を する人ぞ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「・・・ぞ」は疑問。季語:秋深き(秋)

    解説

  • 3

    赤とんぼ 筑波(つくば)に雲も なかりけり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:赤とんぼ(秋)

    解説

  • 4

    秋空を 二つに断てり 椎大樹(しいたいじゅ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「断てり」=切断する。季語:秋空(秋)

    解説

  • 5

    朝顔に つるべとられて もらい水

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「つるべ」=つなの先におけを取りつけて、水をくむようにしたもの。季語:朝顔(秋)

    解説

  • 6

    朝立(あさだち)や 馬のかしらの 天の川

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:天の川(秋)

    解説

  • 7

    荒海や 佐渡(さど)に横とう 天の川

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:天の川(秋)

    解説

  • 8

    海に出て 木枯らし帰る ところなし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 木枯らしのあわれさを人間になぞらえている。季語:木枯らし(冬)

    解説

  • 9

    梅(うめ)一輪(いちりん) 一輪ほどの あたたかさ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ほどの」=ぐらいの。季語:梅(春)

    解説

  • 10

    梅が香に のっと日の出る 山路かな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春の喜びを味わっている。季語:梅(春)

    解説

  • 11

    斧(おの)入れて 香(か)におどろくや 冬木立(ふゆこだち)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:冬木立(冬)

    解説

  • 12

    おりとりて はらりとおもき すすきかな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 見た目には感じない、生命の重さに感動している。季語:すすき(秋)

    解説

  • 13

    街道を キチキチととぶ ばったかな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:ばった(秋)

    解説

  • 14

    柿(かき)くえば 鐘(かね)がなるなり 法隆寺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「法隆寺」=聖徳太子が建立した、現存する世界最古の木造建築物。 季語:柿(秋)

    解説

  • 15

    菊(きく)の香(か)や 奈良には古き 仏たち

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:菊の香(秋)

    解説

  • 16

    きつつきや 落ち葉をいそぐ 牧の木々

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:きつつき(秋)

    解説

  • 17

    君が手も まじるなるべし 花すすき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「花すすき」=白い穂が出たすすき。季語:花すすき(秋)

    解説

  • 18

    行水(ぎょうずい)の 捨てどころなし 虫の声

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「行水」=たらいに水を張って浴びること。季語:虫の声(秋)

    解説

  • 19

    桐(きり)一葉 日当たりながら 落ちにけり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秋の深まりをしみじみと感じている句。季語:きり一葉(秋)

    解説

  • 20

    くろがねの 秋の風鈴(ふうりん) 鳴りにけり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:秋(秋)。「風鈴」は夏の季語だが、「秋の風鈴」と表現しているところに、ユーモアがある。

    解説

  • 21

    こがらしや 海に夕日を 吹き落とす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:こがらし(冬)

    解説

  • 22

    小春日(こはるび)や 石をかみいる 赤とんぼ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「小春」=旧暦の10月で、現在の11月ごろ。季語:小春日(冬)。赤とんぼ(秋)も季語だが、切れ字「や」をふくむ方をとる。

    解説

  • 23

    これがまあ 終(つい)のすみかか 雪五尺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「五尺」=一尺は約30センチメートル。季語:雪(冬)

    解説

  • 24

    咲きみちて 庭盛り上がる 桜草

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春まっさかりのすばらしいようすに感動している。季語:桜草(春)

    解説

  • 25

    さじなめて 童(わらべ)たのしも 夏氷(なつごおり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「わらべ」=幼い子のこと。季語:夏氷(夏)

    解説

  • 26

    五月雨(さみだれ)や 大河(たいが)を前に 家二軒

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:五月雨(夏)

    解説

  • 27

    五月雨を 集めてはやし 最上(もがみ)川

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最上川は、山形県にあり、富士川・球磨川とともに日本三大急流の一つ。季語:五月雨(夏)

    解説

  • 28

    残雪や ごうごうと吹く 松の風

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「残雪」=春になっても消えずに残っている雪。季語:残雪(春)

    解説

  • 29

    閑(しず)かさや 岩にしみ入る 蝉(せみ)の声

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「静かさ」ではなく、「閑かさ」と表現して、さびしく物静かな情景を強調している。季語:蝉の声(夏)

    解説

  • 30

    しずかなる 力満ちゆき ばったとぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「力満ちゆき」=力がみなぎって。季語:ばった(秋)

    解説

  • 31

    島々に 灯(ひ)をともしけり 春の海

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:春の海(春)

    解説

  • 32

    涼風(すずかぜ)の 曲がりくねって 来たりけり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:涼風(夏)

    解説

  • 33

    すずめの子 そこのけそこのけ お馬が通る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:すずめの子(春)

    解説

  • 34

    大根(だいこ)引き 大根で道を 教えけり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • おかしくてほのぼのとした光景をよんだ句。季語:大根引き(冬)

    解説

  • 35

    たたかれて 昼の蚊(か)をはく 木魚(もくぎょ)かな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「木魚」=お経をあげるときに、調子をとるためにたたく道具。季語:蚊(夏)

    解説

  • 36

    旅に病(や)んで 夢は枯(か)れ野を かけめぐる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:枯れ野(冬)

    解説

  • 37

    玉のごとき 小春日和(こはるびより)を 授かりし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「小春日和」=冬の初めのころ、春のように暖かくておだやかな日。季語:小春日和(冬)

    解説

  • 38

    遠山に 日のあたりたる 枯野(かれの)かな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「遠山」=遠くに見える山。季語:枯野(冬)

    解説

  • 39

    長々と 川ひとすじや 雪野原(ゆきのはら)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:雪野原(冬)

    解説

  • 40

    夏川を こすうれしさよ 手にぞうり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:夏川(夏)

    解説

  • 41

    夏草や つわものどもが 夢の跡(あと)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「つわものども」は、勇ましい武士たちのこと。季語:夏草(夏)

    解説

  • 42

    菜の花や 月は東に 日は西に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:菜の花(春)

    解説

  • 43

    初時雨(はつしぐれ) 猿(さる)も小蓑(こみの)を ほしげなり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「小蓑」は、今で言うかっぱのこと。季語:初時雨(冬)

    解説

  • 44

    花散るや 耳ふって馬の おとなしき

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:花散る(春)

    解説

  • 45

    春の海 ひねもすのたり のたりかな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ひねもす」=一日中。季語:春の海(春)

    解説

  • 46

    万緑の 中や吾子(あこ)の歯 生え初(そ)むる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子どもの成長ぶりを喜んでいる句。季語:万緑(夏)

    解説

  • 47

    冬の浅間(あさま)は 胸を張れよと 父のごと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「・・・のごと」=・・・のようだ。季語:冬(冬)

    解説

  • 48

    富士ひとつ うずみ残して 若葉かな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「うずみ」は「埋み」で、うずもれるという意味。季語:若葉(夏)

    解説

  • 49

    古池や 蛙(かわず)とびこむ 水の音

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「かわず」=かえるの古い言い方。季語:蛙(春)

    解説

  • 50

    ぼたん散って うち重なりぬ ニ三片(にさんぺん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:ぼたん(夏)

    解説

  • 51

    ほろほろと 山吹(やまぶき)散るか 滝(たき)の音

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:山吹(春)

    解説

  • 52

    名月や 池をめぐりて 夜もすがら

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:名月(秋)

    解説

  • 53

    名月を とってくれろと 泣く子かな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「くれろ」は、・・・・・・してほしい、の意味。季語:名月(秋)

    解説

  • 54

    目には青葉 山ほととぎす 初がつお

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:青葉・ほととぎす・初がつお(夏)・・・季語がいくつもあり、「季重なり」という。

    解説

  • 55

    やせ蛙(がえる) 負けるな一茶 これにあり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一茶はかえるを自分に見立ててはげましている。季語:蛙(春)

    解説

  • 56

    山路(やまじ)きて 何やらゆかし すみれ草

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ゆかし」=心が引かれる、おくゆかしい、という意味。季語:すみれ草(春)

    解説

  • 57

    やれ打つな はえが手をする 足をする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:はえ(夏)

    解説

  • 58

    夕立や 草葉をつかむ むら雀(すずめ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夕立のすさまじさを詠んでいる。「むら雀」=雀の群れ。季語:夕立(夏)

    解説

  • 59

    雪だるま 星のおしゃべり ぺちゃくちゃと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:雪だるま(冬)

    解説

  • 60

    雪とけて 村一ぱいの 子どもかな

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 春になったことの喜びを感じている句。季語:雪とけて(春)

    解説

  • 61

    六月や 峰(みね)に雲置く 嵐山(あらしやま)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:六月(夏)

    解説

  • 62

    若(わか)あゆの 二手(ふたて)になりて のぼりけり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季語:若あゆ(春)

    解説

  • 63

    われと来て 遊べや親の ないすずめ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「われ」=わたし。季語:すずめ(春)

    解説

57064

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ