zuknow learn together

新しい教材を作成

目の慣用句

カード 56枚 作成者: Murasaki (作成日: 2013/11/22)

  • 色目(いろめ)を使う

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

体の一部を使った慣用句です。 色んな表現があって面白いですね。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    色目(いろめ)を使う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ① とくに女性が男性に対して、気を引いたり媚(こ)びるような目つきをすること。② 人や物に対して、関心があるようにふるまうこと。

    解説

  • 2

    大目玉を食う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ひどく怒られること。とくに目上の人から怒られる場合に使う。

    解説

  • 3

    大目に見る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厳(きび)しくせず、寛大(かんだい)にあつかう。 「今回だけは大目に見てやる。次から気をつけろ」

    解説

  • 4

    白い目で見る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冷たい目つきで見る。憎(にく)しみを込めて見る。

    解説

  • 5

    長い目で見る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気長(きなが)にじっくり見守る。

    解説

  • 6

    目顔(めがお)で知らせる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手に気づかれないように、他の者に、黙(だま)ったまま顔の表情で意思を伝える。

    解説

  • 7

    目が利(き)く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本物か偽物(にせもの)か、いい物か悪い物かなどの区別がすぐつく。

    解説

  • 8

    目がくらむ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①めまいがする。 ②心を奪(うば)われて正しく物事を判断できなくなる。

    解説

  • 9

    目が肥(こ)える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いいものを見慣れていて、見分ける力がつく。 「多くの美術品を見続けてきたから、目が肥えてきた」

    解説

  • 10

    目が覚(さ)める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①眠りから覚める。 ②迷(まよ)いが解けて、本心に立ち返る。

    解説

  • 11

    目頭(めがしら)が熱くなる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心を打たれて、目に涙が浮(う)かんでくる。

    解説

  • 12

    目が高い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • よい悪いを見分ける力が優(すぐ)れている。 「彼は絵に関しては目が高い」

    解説

  • 13

    目が届(とど)く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 注意が行き届く。 「親の目の届かない所でいたずらをする」

    解説

  • 14

    目がない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • とても好きである。 「彼女は、あまいものに目がない」

    解説

  • 15

    目が離せない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あぶなくて注意を怠(おこた)ることができない。注目して他をみることができない。

    解説

  • 16

    目が回る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非常に忙(いそが)しい様子。 「目が回るほどの忙しさ」

    解説

  • 17

    目からうろこが落ちる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何かのきっかけで真実が理解できる。

    解説

  • 18

    目から鼻へ抜ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 判断力が優(すぐ)れ、物事にすばやく反応できる。 「彼は目から鼻へ抜けるような才人だ」

    解説

  • 19

    目から火が出る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非常に痛みを感じたときの様子。 「棚に頭をぶつけて目から火が出た」

    解説

  • 20

    目くじらを立てる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目のはじをつり上げて、他人のあらさがしをする。ささいなことにむきになる。

    解説

  • 21

    目先が利く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 先を見通すことができ、気転のきいた行動がとれる。

    解説

  • 22

    目先を変える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 今までの見方や方針をちょっと変えて、新しい雰囲気(ふんいき)をつくること。 「社名を新しくしたが、目先を変えただけで、会社の体質は変わっていない」

    解説

  • 23

    目じゃない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問題にするに値しない。何かを軽蔑(けいべつ)して無視する気持を表す言葉。 「あんなの目じゃない」

    解説

  • 24

    目尻(めじり)を下げる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うれしいときの表情の形容。美しい女性に見とれている男をさす場合もある。

    解説

  • 25

    目と鼻の先

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 距離が非常に近い様子。

    解説

  • 26

    目に余(あま)る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ひどすぎて見ていられない。 「君の行動は目に余る」

    解説

  • 27

    目に浮(う)かぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過去に見た光景や出来事(できごと)が頭によみがえること。または、何かを想像すること。 「娘の花嫁姿が目に浮かぶ」

    解説

  • 28

    目につく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目立って見える。 「赤いリボンが目につく」

    解説

  • 29

    目に触(ふ)れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目に見えること。視野(しや)にあること。

    解説

  • 30

    目に見えて

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何かの変化が目ではっきりとらえられる様子。「目に見えて大きくなった」

    解説

  • 31

    目に物見せる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • こらしめのために、ひどい目にあわせる。「あいつめ、いつか目に物見せてやる」

    解説

  • 32

    目の色を変える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 驚いたり、怒ったり、夢中になったりして、目つきを変える。

    解説

  • 33

    目の上のこぶ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分より力も地位も上にある者が、何かと自分の行動にとってじゃまになること。地位などに関係なく、単に自分のじゃまになる人をさす場合もある。 「口うるさい部長は、課長にとって目の上のこぶだ」

    解説

  • 34

    目の薬(くすり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • それを見ることによって、楽しい気分になったり、なぐさめられたりするもの。 (反対語) 目の毒(どく)

    解説

  • 35

    目のつけどころ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大事な点や、とくに注意するところ。 「目のつけどころがシャープでしょ」

    解説

  • 36

    目の中に入れても痛くない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • とてもかわいがる。 「娘のことは目の中に入れても痛くないほどかわいがる」

    解説

  • 37

    目鼻がつく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 今後のなりゆきや結果についての見通しが立つ。 「工事完成の目鼻がつく」

    解説

  • 38

    目星をつける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • だいたいの見当をつける。

    解説

  • 39

    目も当てられない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あまりにもひどい状態で、まともに見られない。 「今度の試験は悪すぎて、目も当てられない」

    解説

  • 40

    目もあやに

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目が開けられないほどまばゆく、美しいようす。 「金閣が朝日に照らされて、目もあやに美しく輝いている」

    解説

  • 41

    目もくれない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 見向きもしない。 「彼は仕事以外には目もくれない」

    解説

  • 42

    目を欺(あざむ)く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手に錯覚(さっかく)を起こさせて、だますこと。 「迷彩服を着て、敵の目を欺く」

    解説

  • 43

    目を疑う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意外なことに驚く。不思議(ふしぎ)に思う。 「あまりの変わりように目を疑った」

    解説

  • 44

    目を奪(うば)う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 思わず見とれさせるほど強い印象を与える。 「あまりの見事さに目を奪われた」

    解説

  • 45

    目をかける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かわいがって、面倒を見る。 「前の上司には目をかけてもらった」

    解説

  • 46

    目を皿(さら)のようにする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目を大きく見開いて、何かをよく見ようとする様子。

    解説

  • 47

    目を三角にする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 怒って険(けわ)しい目つきをする。

    解説

  • 48

    目を白黒させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目の玉を激(はげ)しく動かす意で、苦しがっている時やひどく驚いた時の様子。

    解説

  • 49

    目をつける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何かに関心を抱いたり、ねらいをつけたりして、注意を払(はら)うこと。

    解説

  • 50

    目をつぶる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過失や欠点に気がついても、見て見ぬふりをして非難しない。

    解説

  • 51

    目をぬすむ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人に見られないようにこっそりとする。 「人の目をぬすんで、いたずらをする」

    解説

  • 52

    目を引く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人の注意をひきつける。 「彼女の服装はとても目を引く」

    解説

  • 53

    目を細める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 喜んだり、まぶしがったりする。「息子のたくましい成長ぶりに目を細める」

    解説

  • 54

    目を丸くする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • おどろいたり、感心したりする。

    解説

  • 55

    目を見張る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目を大きく見開く意で、すばらしいものなどを見て驚く様子。 「風景のあまりの美しさに、思わず目を見張った」

    解説

  • 56

    目をむく

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 目を大きく開く意で、怒って相手をにらみつける。

    解説

57025

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ