zuknow learn together

新しい教材を作成

腕の慣用句

カード 9枚 作成者: Murasaki (作成日: 2013/11/22)

  • 腕(うで)が上がる

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

体の一部を使った慣用句です。
色んな表現があって面白いですね。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    腕(うで)が上がる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 技術や実力がつく。上手になる。  「最近、テニスの腕が上がった」

    解説

  • 2

    腕が利(き)く

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 何かに優れた技術を発揮することができる。「近頃は腕が利く職人がめっきり少なくなった」

    解説

  • 3

    腕が立つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 技芸に優れた腕前を示す。 「腕が立つ浪人を用心棒に雇う」

    解説

  • 4

    腕が鳴る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うでまえを見せたくてはりきっている。 「試合を前にして今から腕が鳴る」

    解説

  • 5

    腕に覚えがある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そのことについては、以前に修練や経験を積んだので、今でも十分に能力を発揮(はっき)する自信がある。 「年をとっても、テニスなら腕に覚えがある」

    解説

  • 6

    腕によりをかける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 持っている能力を十分に発揮して事に当たる。

    解説

  • 7

    腕をこまねく(腕をこまぬく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分は何もせずに、そばで様子を見ている。 「もはや腕をこまねいている事態ではない」(類句)手をこまねく なお、ほんらいは「腕をこまぬく」が正しい。

    解説

  • 8

    腕をふるう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • うでまえを十分にあらわす。 「料理に腕をふるう」

    解説

  • 9

    手腕(しゅわん)をふるう

    補足(例文と訳など)

    答え

    • あることをするのに、能力を存分に発揮(はっき)すること。 

    解説

56632

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ