zuknow learn together

新しい教材を作成

商法 第1章 設立-01

カード 10枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/05/03)

  • 株式会社の募集設立において,各発起人は,設立時発行株式を引き受けることを要しない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    株式会社の募集設立において,各発起人は,設立時発行株式を引き受けることを要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 各発起人は,株式会社の設立に際し,設立時発行株式を1株以上引き受けなければならない(会社25条2項)。これは,発起設立か募集設立かを問わない。 P.12

    解説

  • 2

    会社は,株式会社の発起人になることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 発起人の資格には制限がなく,会社も発起人となることができる。 P.14

    解説

  • 3

    発起人が割当てを受ける設立時発行株式の数を定款で定めなかった場合には,発起人の過半数の同意によって設立時発行株式の数を定めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 発起人が割当てを受ける設立時発行株式の数を定款で定めなかった場合には,「発起人の全員の同意」によって定めなければならない(会社32条1項1号)。 P.17

    解説

  • 4

    発起人が払込み又は給付をすることにより設立時発行株式の株主となる権利の譲渡は,成立後の株式会社に対抗することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 会社法35条。 P.67

    解説

  • 5

    発起人は,出資の履行をしていない場合,当然に設立時発行株式の株主となる権利を失う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 当然には失権せず,他の発起人は,出資の履行をしていない発起人に対し,期日を定め,その期日までに出資の履行をしなければならない旨を通知しなければならない(会社36条1項 失権手続)。 P.20

    解説

  • 6

    設立しようとする株式会社が公開会社であるか否かにかかわらず,設立時発行株式の総数は,発行可能株式総数の4分の1を下ることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 設立時発行株式の総数は,設立しようとする株式会社が非公開会社である場合には,発行可能株式総数の4分の1を下ることができる(会社37条3項ただし書)。 P.21

    解説

  • 7

    種類株式を発行しない株式会社を発起設立によって設立する場合において,定款で設立時取締役を定めなかったときは,設立時取締役は,発起人の議決権の過半数をもって選任する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 発起人は,出資の履行が完了した後,遅滞なく,発起人の議決権の過半数をもって設立時取締役を選任しなければならない(会社38条1項,40条1項)。 P.23

    解説

  • 8

    発起人は,株式会社の成立前であっても,錯誤を理由として,設立時発行株式の引受けの無効を主張することができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 株式会社の「成立前」であれば,当該主張をすることができる(会社51条2項の反対解釈)。 P.32

    解説

  • 9

    発起人は,設立時発行株式を引き受ける者の募集をする旨を定める場合には,発起人全員の同意を得なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 会社法57条2項のとおり。 P.18

    解説

  • 10

    設立時募集株式の引受人は,払込期日又は払込期間内に,発起人が定めた銀行等の払込みの取扱いの場所に払込みをしないときは,設立時募集株式の株主となる権利を当然に失う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 会社法63条3項。 P.20

    解説

56585

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ