zuknow learn together

新しい教材を作成

不動産登記法 第5章 仮登記-01

カード 10枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/05/02)

  • 所有権の保存の仮登記はすることができない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    所有権の保存の仮登記はすることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 表題登記がされていて,かつ表題部所有者と仮登記の申請人が異なる場合に,仮登記を命ずる処分に基づいて申請するときに限ってすることができる。 P.411

    解説

  • 2

    不動産売買の先取特権の保存の仮登記はすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不動産売買の先取特権は売買による所有移転の登記と同時に登記をすべきであるので,仮登記をすることはできない。 P.414

    解説

  • 3

    離婚前の「財産分与予約」を原因とする所有権の移転の請求権の仮登記はすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × することはできない(昭57.1.16民三251号回答)。 P.412

    解説

  • 4

    抵当権の順位変更の仮登記を申請することはできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 申請することはできない。順位変更は,登記が効力要件だからである(民374条2項)。 P.414

    解説

  • 5

    AからBへの所有権の移転の仮登記がされている不動産について,重ねてAからCへの所有権の移転の仮登記をすることはできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ することはできる(明33.2.2民刑回答)。仮登記はいまだ対抗力も有していないので,既存の仮登記と内容において矛盾抵触する仮登記の申請も認められる。 P.408

    解説

  • 6

    仮登記された所有権移転請求権を目的とする根抵当権設定請求権を保全するための仮登記を申請することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 申請することはできない(登記研究519号)。 P.424

    解説

  • 7

    仮登記された権利の変更又は更正の登記を登記権利者が単独で申請することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 登記義務者の承諾があるとき又は仮登記を命ずる処分があるときは,登記権利者は単独で申請することができる(昭42.8.23民事甲2437号回答参照)。 P.429

    解説

  • 8

    2号仮登記の登記原因が売買予約である場合において,代物弁済を登記原因として当該仮登記に基づく本登記を申請することはできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × できない(昭55.9.19民三5618号回答)。2号仮登記に基づく本登記を申請する場合の本登記原因は,仮登記原因と関連する登記原因であることを要する。 P.436

    解説

  • 9

    仮登記名義人が単独で仮登記の抹消を申請する場合,仮登記名義人の登記識別情報を提供することを要する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 要する(不登法22条,令8条1項8号)。 P.447

    解説

  • 10

    契約解除を登記原因とする仮登記の抹消及び当該仮登記に基づく本登記の抹消を,一つの申請情報によって申請することはできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ できる。この場合,登記の目的として仮登記をも抹消する登記である旨を記載すべきである。 P.448

    解説

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ