zuknow learn together

新しい教材を作成

冷凍三種法令3-1

カード 21枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/10/17)

  • 高圧ガス保安法は、高圧ガスによる災害を防止して公共の安全を確保する目的のために、高圧ガス保安協会による高圧ガスの保安に関する自主的な活動を促進することを定めているが、「民間事業者」による高圧ガスの保安に関する「自主的な活動を促進」することは定めていない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

冷凍三種法規試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    高圧ガス保安法は、高圧ガスによる災害を防止して公共の安全を確保する目的のために、高圧ガス保安協会による高圧ガスの保安に関する自主的な活動を促進することを定めているが、「民間事業者」による高圧ガスの保安に関する「自主的な活動を促進」することは定めていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    法第1条において、高圧ガスによる災害を防止するため、「高圧ガスの製造、貯蔵、販売、移動その他の取扱及び消費並びに容器の製造及び取扱を規制する」こと、「民間事業者及び高圧ガス保安協会による高圧ガスの保安に関する自主的な活動を促進する」ことが定められている。

  • 2

    現在の圧力が0.9[MPa]の圧縮ガス(圧縮アセチレンガスを除く)であって、温度「35℃」において圧力が「1MPa」となるなるものは高圧ガスではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    圧縮ガス(圧縮アセチレンガスを除く)は、温度「35℃」において圧力が「1メガパスカル以上」であれば高圧ガスであると定められている。

  • 3

    圧力が0.2メガパスカルとなる温度が30度である液化ガスは、現在の圧力が0.1メガパスカルであっても高圧ガスである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 4

    ◎第一種製造者は、その製造施設の位置、構造または製造設備について、定められた「軽微な変更」の工事をしようとするときは、都道府県知事の許可を受ける必要はないが、その工事の完成後遅滞なく、都道府県知事が行う「完成検査」を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    第一種製造者は、製造のための施設の位置、構造若しくは設備の変更の工事をし、または製造する高圧ガスの種類若しくは製造の方法を変更しようとするときは、都道府県知事の「許可」を受けなければならない。ただし、軽微な変更の工事を除くと定められている。従って、「軽微な変更」の工事は、完成後遅滞なく「届け出」なければならない。

  • 5

    1日の冷凍能力が3トン未満の冷凍設備内における高圧ガスは、その種類に関わらず高圧ガス保安法の適用を受けない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 6

    不活性ガスのフルオロカーボンを冷媒ガスとする1日の冷凍能力が「30トン」の設備を使用して冷凍のための高圧ガスの製造をしようとするときは者は、都道府県知事の「許可」を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    不活性ガスのフルオロカーボンを冷媒ガスとする1日の冷凍能力が「30トン」の設備を使用して冷凍のための高圧ガスの製造をしようとする者は、事業所ごとに、高圧ガスの製造開始の日の20日前までに、その旨を都道府県知事に「届け出」なければならない(第二種製造者に該当する)。

  • 7

    高圧ガスの販売の事業を営もうとする者は、その事業の、「開始後」、遅滞なく、その旨を都道府県知事に「届け出」なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    高圧ガスの販売の事業を営もうとする者は、販売所ごとに、「事業開始の20日前まで」に、販売をする高圧ガスの種類を記載した書面を添えて、都道府県知事に「届け出」なければならないと定められている。

  • 8

    冷凍保安規則に定められている高圧ガス廃棄に係る技術上の基準に従って「廃棄」しなければならない高圧ガスは、「可燃性ガス」及び「毒性ガス」に限られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 9

    機器製造者が所定の技術上の基準に従って製造しなければならない機器は、「不活性のフルオロカーボン」を冷媒とする冷凍機のものにあっては、1日の冷凍能力が「5トン以上」のものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 10

    冷凍設備の冷媒ガスの補充用の高圧ガスを車両に積載した容器(高圧ガスを充填するためのものであって、内容積が48ℓのもの)により移動する場合について、「液化アンモニア」を移動するときは、その車両の見やすい場所に「警戒標」を掲げなければならないが、「不活性のフルオロカーボン」を移動するときはその必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    充填容器等を車両に積載して移動するとき(内容量が20ℓ以下である充填容器(毒ガスは除く)のみを積載し、その内容量の合計が40ℓ以下を除く)は、車両の見やすい箇所に「警戒標」を掲げなければならないと定められている。「不活性のフルオロカーボン」についての「除外規定」はない。

  • 11

    冷凍設備の冷媒ガスの補充用の高圧ガスを車両に積載した容器(高圧ガスを充填するためのものであって、内容積が48ℓのもの)により移動する場合について、質量50kgの不活性ガスである液化フルオロカーボンを移動するときは、移動に係る技術上の基準等の適合を受ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 12

    冷凍設備の冷媒ガスの補充用の高圧ガスを車両に積載した容器(高圧ガスを充填するためのものであって、内容積が48ℓのもの)により移動する場合について、液化フルオロカーボンを移動するときは、充填容器及び残ガス容器には、転落、転倒等による衝撃及びバルブの損傷を防止する措置を講じ、かつ、粗暴な取り扱いをしてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

    【一般則第50条の四】充てん容器等(内容積が5ℓ以下を除く)には、転落、転倒等による衝撃及びバルブの損傷を防止する措置を講じ、かつ、粗暴な取り扱いをしないこと。

  • 13

    冷媒ガスの補充用としての高圧ガスを充填するための容器(再充填禁止容器を除く)について、容器の「記号」及び「番号」は、容器検査に合格した容器に刻印すべき事項の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 14

    冷媒ガスの補充用としての高圧ガスを充填するための容器(再充填禁止容器を除く)について、容器の外面に所有者の氏名などの所定の事項を明示した容器の所有者は、その事項に「変更」があったときは、「次回の容器再検査時」にその事項を明示し直さなければならないと定められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    容器の外面に所有者の氏名などの所定の事項を明示した容器の所有者は、その事項に「変更」があったときは、遅滞なく、その表示を変更するものと定められている。従って、「遅滞なく、明示し直さなければならない。」

  • 15

    冷媒ガスの補充用としての高圧ガスを充填するための容器(再充填禁止容器を除く)について、容器に充填する高圧ガスである液化ガスは、所定の方法により刻印等または自主検査刻印等で示された内容積に応じて計算した質量以下のものでなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 16

    冷凍のため高圧ガスを製造する事業所における冷媒ガスの補充用としての容器による高圧ガスの貯蔵(質量が1.5kgを超えるもの)について、液化アンモニアの充填容器及び残ガス容器は、常に温度「40度以下」に保たなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 17

    冷凍のため高圧ガスを製造する事業所における冷媒ガスの補充用としての容器による高圧ガスの貯蔵(質量が1.5kgを超えるもの)について、可燃性ガスまたは毒性ガスの充填容器等の貯蔵は、「通風の良い場所」でしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 18

    冷凍のため高圧ガスを製造する事業所における冷媒ガスの補充用としての容器による高圧ガスの貯蔵(質量が1.5kgを超えるもの)について、高圧ガスを車両に搭載した容器により貯蔵することは、特に定められていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 19

    冷凍能力の算定基準について、蒸発部または蒸発器の冷媒ガスに接する側の表面積の数値は、自然還流式冷凍設備または自然循環式設備を使用する冷凍設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 20

    冷凍能力の算定基準について、圧縮機の気筒の「内径」の数値は、「回転ピストン型圧縮機」を使用する冷凍設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 21

    冷凍能力の算定基準について、圧縮機の「原動機の定格出力」の数値は、「遠心式圧縮機」を使用する冷凍設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

    遠心式圧縮機を使用する製造設備にあっては、当該圧縮機の原動機の定格出力1.2[kW]をもって、1日の冷凍能力1トンとする。

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ