zuknow learn together

新しい教材を作成

薬理学Ⅱ_2016

カード 20枚 作成者: TOYO (作成日: 2016/10/17)

  • NA( )は、( )と( )の神経に作用する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    NA( )は、( )と( )の神経に作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノルアドレナリン、交感神経、中枢神経

    解説

  • 2

    Ad( )は、( )と( )の神経に作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレナリン、末梢神経、中枢神経

    解説

  • 3

    DA( )は、( )と( )の神経に作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドパミン、中枢神経、末梢神経

    解説

  • 4

    Ach( )は、( )と( )と( )に作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルコリン、副交感神経、運動神経、中枢神経

    解説

  • 5

    5-HT( )は、( )と( )の神経に作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セロトニン、中枢神経、末梢神経

    解説

  • 6

    GABAは( )性伝達物質で、( )と( )の神経に作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑制性、中枢神経、末梢神経

    解説

  • 7

    Glu(グルタミン酸)は( )性物質で、( )と( )の神経に作用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 興奮、中枢神経、末梢神経

    解説

  • 8

    血管(皮膚、粘膜)の受容体は( )で、Gタンパク質は( )である。効果器の反応は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • α1、Gq、収縮

    解説

  • 9

    心臓の受容体は( )で、Gタンパク質は( )である。効果器の反応は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • β1、Gs、心拍の促進

    解説

  • 10

    局所麻酔薬は( )型が細胞膜を通過し細胞膜に入り、再び( )型となり細胞の( )からNaイオンチャネル内に結合し、Naイオンの流入を阻害する。このことにより( )の発生が抑制され、興奮伝導が遮断され、痛みが伝わらなくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非イオン型、陽イオン型、内側、活動電位

    解説

  • 11

    吸入麻酔薬が、肺胞から血液、血液から脳組織に溶け込み、それぞれにおいて麻酔薬濃度が平衡に達する。この時点で麻酔の( )が完了する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 導入

    解説

  • 12

    吸入量を調整し麻酔状態を保つ過程を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 維持

    解説

  • 13

    麻酔薬を除去し、麻酔状態から脱却する過程を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 覚醒

    解説

  • 14

    吸入麻酔薬の以降の過程は、 ( )→( )→( )の3段階である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 導入、維持、覚醒

    解説

  • 15

    吸入麻酔薬の特性として、分配係数が小さいほど麻酔の( )と( )が速い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 導入、覚醒

    解説

  • 16

    MACの値が小さいほど( )強度が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 麻酔作用強度

    解説

  • 17

    吸入麻酔薬の代表薬は、亜酸化窒素(=笑気)、イソフルラン、( )の3つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セボフルラン

    解説

  • 18

    静脈内麻酔薬の代表薬は、チオペンタール、( )、( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケタミン、プロポフォール

    解説

  • 19

    静脈内麻酔薬であるケタミンは( )受容体で興奮性伝達物質のグルタミン酸に対する受容体を抑制する作用である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NMDA型受容体

    解説

  • 20

    静脈内麻酔薬であるチオペンタールと プロポフォールは( )受容体作用で抑制作用を発現する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GABAA受容体

    解説

57010

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ