zuknow learn together

新しい教材を作成

熟語・連語 初級14

カード 25枚 作成者: YASKA (作成日: 2016/10/15)

  • by chance


    I met Jone in the park by chance.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

中学1年から高校入試までの熟語・連語・決まり文句・副詞句・句動詞などのまとめ

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    by chance

    補足(例文と訳など)

    • I met Jone in the park by chance.

    答え

    • 偶然に

    解説

    by chance byは「(何々)のそばに」から「【理由】によって」。chanceは「たまたまめぐってくる事態」から「【偶然】」。それで《偶然という理由によって》となり、『偶然に』の意味となる。 〔私は会った、ジョンに、公園で、ばったり。〕

  • 2

    by oneself

    補足(例文と訳など)

    • She went there by herself.

    答え

    • 自力で

    解説

    by oneself byは「(何々)のそばに」から「【方法・手段】(何々)によって」。oneselfは「自分自身を,に」。それで《自分自身によって》となり、『自力で』の意味となる。 〔彼女は行きました、そこへ、自力で。〕

  • 3

    by the way

    補足(例文と訳など)

    • By the way, are you free this afternoon?

    答え

    • ところで

    解説

    by the way byは「(何々)のそばに」から「【表現の手段】」。wayは「目的にたどり着くための経路」。それで《話の経路(流れ)のそば(横)で》となり、話題を変える表現として、『ところで』の意味となる。 〔ところで、暇ですか、今日の午後?〕

  • 4

    day after day

    補足(例文と訳など)

    • He went to see her day after day.

    答え

    • くる日もくる日も

    解説

    day after day dayは「日」。afterは「基準(時)よりあとに」から「【反復・継続】次々に(ゼロ冠詞の名詞を繰り返す)。それで《日のあとに日がまた続いて》となり『くる日もくる日も』の意味となる。 〔彼は会いに行った、彼女に、くる日もくる日も。〕

  • 5

    each other

    補足(例文と訳など)

    • We must help each other.

    答え

    • お互いに

    解説

    each other each「(2つ以上のうちの)それぞれの」。otherは「別の」から「自分以外の」。それで《自分以外のそれぞれ》となり、『お互いに』の意味となる。 〔私たちは助けなければならない、お互いに。〕

  • 6

    ~ enough to do

    補足(例文と訳など)

    • He is old enough to drive a car.

    答え

    • doするのに十分何々だ

    解説

    ~ enough to do enoughは「不足がなく足りている」から「【十分に】」。形容詞としては名詞を前から修飾するが、副詞としては後置修飾になる。それで、十分足りているのは何をするのに?というのを説明するのに、to doが続く。よって『doするのに十分(何々)である』の意味となる。 〔彼は十分な歳だ、車を運転するには。〕

  • 7

    even if ~

    補足(例文と訳など)

    • I will go there even if you are against it.

    答え

    • たとえ何々でも

    解説

    even if ~ evenは「(物の表面が)平らな」。そこから反対の意見や出来事に対し、違う意見を対等に述べるときに使う。ifは「「もし(何々)なら」と条件を表す」。それで《お互いの意見を対等にして、それを条件としても》となり、『たとえ、if以下であっても』の意味となる。条件が強調される。 〔私は行きます、そこへ、たとえあなたがそのことに反対しても。〕

  • 8

    far away

    補足(例文と訳など)

    • He lives far away from his country.

    答え

    • 遠く離れて

    解説

    far away farは「(距離・時間が)遠く,(程度が)はるかに」。awayは「視点のあるところから(距離が)離れて」。それで《距離が離れて遠い》となり、『遠く離れて』の意味となる。 〔彼は住んでいます、遠く離れたところに、彼の国から。〕

  • 9

    first of all

    補足(例文と訳など)

    • First of all, I would like to thank you for your help.

    答え

    • ・第1に, ・始めに

    解説

    first of all firstは「1番の」。ofは「切っても切れない、(何々)の(何々)という関係」から「【数・時などの指定】」。allは「全部」。それで《すべてにおいて1番目》となり、『第1に,始めに』の意味となる。 〔始めに、私は感謝したいあなたに、あなたの助けに対して。〕

  • 10

    for a long time

    補足(例文と訳など)

    • We talked about the matter for a long time.

    答え

    • 長い間

    解説

    for a long time forは「(何々)に向かって」の矢印のイメージから「【時間の流れ】(何々)の期間」。long timeは「長い時間」。それで《その長い時間を1つの区切った単位(a)としてとらえ、それをforの「期間」で表現する。》だから、『長い間』の意味となる。 〔私たちは話した、問題について、長い間。〕

  • 11

    for a minute

    補足(例文と訳など)

    • The rain stopped for a minute.

    答え

    • 少しの間

    解説

    for a minute forは「(何々)に向かって」から「矢印のイメージを【時間の流れ】に応用し、「期間」」。a minuteは、文字通り「1分間」。それで《1分の期間》となり、慣用的に『少しの間』の意味となる。 〔雨は止んだ、少しの間。〕

  • 12

    for a while

    補足(例文と訳など)

    • Please keep quiet for a while.

    答え

    • しばらくの間

    解説

    for a while forは「(何々)に向かって」から「矢印のイメージを【時間の流れ】に応用し、「期間」」。whileは「(何々)する間(ずっと)」。それで《(何々)している背景や状況の期間》となり、『しばらくの間』の意味となる。 〔どうか静かにしていてください、しばらくの間。〕

  • 13

    for example

    補足(例文と訳など)

    • I like old cities, for example, Kyoto and Nara.

    答え

    • 例えば

    解説

    for example exampleは「例」。forは「(何々)に向かって」から「【関連】(何々)については」。それで《例については》となり、『例えば』の意味となる。 〔私は好きです古い街が、例えば、京都や奈良。〕

  • 14

    for now

    補足(例文と訳など)

    • Goodbye for now.

    答え

    • ひとまず

    解説

    for now forは「(何々)に向かって」から「【方向】」。nowは「今」。それで、会話などで中断したいときに、慣用的にfor nowで『今のところ,ひとまず』の意味となる。 〔さよなら、ひとまず。〕

  • 15

    for oneself

    補足(例文と訳など)

    • He finished the work for himself.

    答え

    • 独力で

    解説

    for oneself forは「(何々)に向かって」から「【方向】」。oneselfは「自分自身で」。それで《自分自身に意識を向けて》となり、『1人で,独力で』の意味となる。by oneself だと、1人しかいないというイメージがあるが、for oneself だと、まわりの状況は関係ない。 〔彼はやり終えた、その仕事を、独力で。〕

  • 16

    from A to B

    補足(例文と訳など)

    • She studies from eight to ten.

    答え

    • AからBまで

    解説

    from A to B fromは「(物事の起点を示して)そこから」から「【事柄の始まりの時点】から」。toは「対象と向き合って」から「【到着点】」。それで《起点Aから、到着点Bまで》となり、『AからBまで』の意味となる。 〔彼女は勉強する、8時から10時まで。〕

  • 17

    from now on

    補足(例文と訳など)

    • I will be more carefull from now on.

    答え

    • 今後ずっと

    解説

    from now on fromは「(物事の起点を示して)そこから」から「【事柄の始まりの時点】」。nowは「今」。onは「(何々)に接触して」から「【連続】」。それで《今ここを起点として、今後連続して》となり、『今後ずっと』の意味となる。 〔私はもっと慎重になります、これからずっと。〕

  • 18

    in a few hours

    補足(例文と訳など)

    • I cleaned the room in a few hours.

    答え

    • 2,3時間で

    解説

    in a few hours inは「空間内に」から「【時間的空間内】範囲のうちに」。a few hoursは「少しの(特定の)時間」。それで《少しの時間の範囲の中で》となり、慣用的に『2,3時間で』の意味となる。時間を明確にするときは、two or three hours, a couple of hoursを使う。 〔私は掃除した、その部屋を、2,3時間。〕

  • 19

    in a hurry

    補足(例文と訳など)

    • Why are you in such a hurry?

    答え

    • 急いで

    解説

    in a hurry inは「空間内に」から「【様態】のうちに」。a hurryは「急ぐこと」。それで《急いでいるという心理的な様態の中で》となり、『急いで』という様態の副詞になる。 〔なぜあなたはそんなに急ぐの?〕

  • 20

    in a way

    補足(例文と訳など)

    • He is a genius in a way.

    答え

    • ある意味では

    解説

    in a way inは「空間内に」から「【範囲】の中で」。a wayは「(どこどこ)に向かう経路」から「話の結果に向かう経路」となり「【考え・意見】」。それで「ある1つの考え」となる。それで《ある1つの考えの中では》となり、『ある意味では』の意味となる。 〔彼は天才だ、ある意味では。〕

  • 21

    in a year

    補足(例文と訳など)

    • There are twelve months in a year.

    答え

    • 1年で

    解説

    in a year inは「空間内に」から「【時間的空間内】範囲のうちに」。a yearは「1年」。それで《1年という時間の範囲の中で》となり、『1年で』の意味となる。 〔12ヶ月あります、1年には。〕

  • 22

    in addition (to) ~

    補足(例文と訳など)

    • In addition, I had to do the dishes.

    答え

    • 何々に付け加えて

    解説

    in addition (to) ~ inは「空間内に」から「【尺度・程度】において」。additionは「加えること」。それで《加えるという判断(尺度)において》となり、『付け加えると』という情報表示の副詞になる。 〔そのうえ、私はしなければならなかった、皿洗いを。〕

  • 23

    in all

    補足(例文と訳など)

    • How many subjects do you study in all?

    答え

    • 全部で

    解説

    in all inは「空間内に」から「【範囲】(何々)において」。allは「全部」。それで《「すべて」という範囲において》となり、『全部で』の意味となる。 〔いくつの教科を勉強しているのですか、全部で?〕

  • 24

    in danger

    補足(例文と訳など)

    • You will be in danger if you go there at night.

    答え

    • 危険にさらされて

    解説

    in danger inは「空間内に」から「【抽象的な状態】の中で」。dangerは「危険」。それで《危険という心理空間の中で》となり、『危険にさらされて』の意味となる。 〔あなたは危険な状態になるだろう、もしそこへ行ったら、夜に。〕

  • 25

    in fact

    補足(例文と訳など)

    • In fact I do not like apples.

    答え

    • 実際は

    解説

    in fact inは「空間内に」から「【抽象的な状態】の中で」。factは「事実」。それで《事実という心理空間の中で》となり、『実際は,それどころか』の意味となる。強調や訂正で使う。 〔実際は、私は好きではありません、リンゴが。〕

56662

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ