zuknow learn together

新しい教材を作成

冷凍三種法令1-5

カード 21枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/10/11)

  • 冷凍保安責任者が病気のため、その冷凍保安責任者に定期自主検査の実施について監督させることができなかったので、あらかじめ選任したその代理者にこれを監督させた。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

冷凍三種試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    冷凍保安責任者が病気のため、その冷凍保安責任者に定期自主検査の実施について監督させることができなかったので、あらかじめ選任したその代理者にこれを監督させた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 2

    冷凍保安責任者の代理者には、所定の冷凍機械責任者免状の交付を受けている者であれば、高圧ガスの製造に関する経験を有しないものを選任することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    冷凍保安責任者の代理者を選任する場合には、製造施設の区分に応じ、所定の製造保安責任者免状の交付を受けている者であって、所定の高圧ガスの製造に関する経験を有する者のうちから選任しなければならない。

  • 3

    「定期自主検査」を行うときには、「選任した冷凍保安責任者」にその実施について「監督」を行わせなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 4

    冷凍保安責任者を選任しなければならない事業所において、1日の冷凍能力が90トンである製造設備(認定指定設備でないもの)の事業所に冷凍保安責任者を選任するとき、その選任される者が交付を受けている製造保安責任者免状の種類は、第三種冷凍機械責任者免状でもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 5

    冷凍保安責任者を選任しなければならない事業所において、冷凍保安責任者の代理者に、製造保安責任者免状の交付を受けていないが、高圧ガスの製造に関する1年以上の経験を有する者を選任した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    冷凍保安責任者の代理者を選任する場合には、製造施設の区分に応じ、所定の製造保安責任者免状の交付を受けている者であって、所定の高圧ガスの製造に関する経験を有する者のうちから選任しなければならない。

  • 6

    製造施設の定期自主検査を実施するとき、冷凍保安責任者が旅行で不在のため、その施設の監督をさせることができなかったので、冷凍保安責任者の代理者にその監督をさせた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 7

    第一種製造者は、「3年以内」に少なくとも1回以上、都道府県知事が行う「保安検査」を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 8

    「保安検査」は、製造施設の「位置」、「構造」及び「設備」が技術上の基準に適合しているかどうかについて行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 9

    「定期自主検査」を1年に1回以上行っていれば、「保安検査」は受けなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    定期自主検査と保安検査には相互に関係がない。

  • 10

    高圧ガス保安協会が行う「保安検査」を受け、その旨を都道府県知事に「届け出」た場合は、都道府県知事が行う保安検査を受けなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 11

    第一種製造者の「保安検査」は、高圧ガスの「製造の方法」が所定の技術上の基準に適合しているかどうかについて行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    保安検査は、特定施設が製造のための施設の「位置」、「構造」及び「設備」が技術上の基準に適合しているかどうかについて行う。

  • 12

    第一種製造者が受ける「保安検査」は、都道府県知事または高圧ガス保安協会若しくは指定検査機関が行うものであって、3年以内に少なくとも1回以上行われるものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 13

    「定期自主検査」は、製造施設の位置、構造及び設備が技術上の基準(耐圧試験に係るものを除く)に適合しているかどうかについて行われなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 14

    定期自主検査は、1年に1回以上行わせなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 15

    すべての第二種製造者は、その製造施設について定期自主検査を行わなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    アンモニアまたは不活性以外のフルオロカーボンを冷媒ガスとする1日の冷凍能力が20トン以上の冷凍のための設備を使用して高圧ガスの製造をしようとする第二種製造者は、その施設について定期自主検査を行なわなければならない。

  • 16

    都道府県知事が行う「保安検査」を受けていれば、「定期自主検査」を行わなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    保安検査と定期自主検査には相互に関係がない。

  • 17

    「定期自主検査」は、製造施設の位置、構造及び設備が技術上の基準に適合しているかどうかについて行われなければならないが、「耐圧試験」に係るものについては行わなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 18

    「定期自主検査」は、「製造の方法」が技術上の基準に適合しているかについて行なわなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    定期自主検査は、所定の技術上の基準(高圧ガスの製造のための施設の位置、構造及び設備。但し耐圧試験に係るものを除く)に適合しているかについて、1年に1回以上行なわなければならない。

  • 19

    「定期自主検査」を実施したときは、検査の実施について「監督」を行った者の「氏名」も「検査記録」に記載しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 20

    「定期自主検査」を行ったときは、その「検査記録」を作成し、遅滞なく、これを都道府県知事に「届け出」なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    「定期自主検査」を行ったときは、その「検査記録」を作成し、「保存」しなければならないが、これを都道府県知事に「届け出」る定めはない。

  • 21

    「冷凍保安責任者」を選任している第一種製造者は、「定期自主検査」を行うときは、その冷凍保安責任者にその実施について「監督」を行わせなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

56726

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ