zuknow learn together

新しい教材を作成

QMP不整脈・心不全

カード 15枚 作成者: muraiyun (作成日: 2016/10/10)

  • ジソピラミドは上室性不整脈と心室性不整脈の適応を有する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ジソピラミドは上室性不整脈と心室性不整脈の適応を有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    メキシレチンはボーンウイリアムス分類Ⅰb群で、上室性不整脈に対する適応がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 心室性不整脈のみ適応

    解説

  • 3

    アプリンジンはほとんど( )で代謝され、胆汁または腎臓から排泄される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓

    解説

  • 4

    ピルジカイニドはTmaxが約( )〜( )時間であり、即効性が期待できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Tmax1〜2時間 外来での処方で対応可能

    解説

  • 5

    SVPC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上室期外収縮

    解説

  • 6

    PSVT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発作性上室頻拍

    解説

  • 7

    ARISTOTLEはリバーロキサバンの試験である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 アピキサバンの第Ⅲ相国際共同試験

    解説

  • 8

    ダビガトランは直接Xa因子阻害薬である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 直接トロンビン阻害薬

    解説

  • 9

    患者個々で容量調節を行う必要があり、PT-INRでその調整を行うのはアピキサバンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 ワルファリン

    解説

  • 10

    ベラパミルは、特に発作性上室性頻拍に対する停止効果が高く、頻拍停止の第一選択薬となる場合が多い(特に静注薬)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正 発作性上室性頻拍の停止、頻脈性AFの心室レートコントロール、ベラパミル感受性の突発性心室頻拍に用いられる。

    解説

  • 11

    特徴的な副作用として肺線維症が知られているのは、ベプリジルである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 アミオダロン(アンカロン®︎:sanofi)

    解説

  • 12

    強心作用に加え、心臓の迷走神経を刺激する作用により、房室伝導を抑制し、頻脈性AFの心室レートコントロールに使用できる薬剤は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジゴキシン(ジゴシン®︎:中外)

    解説

  • 13

    カテーテルアブレーションの心室細動での成功率は90%を超え、今治療法として確立されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 心室細動には効果はない。 WPW症候群、房室結節リエントリー性頻拍、心房粗動、心房頻拍、心房細動で効果が期待できる

    解説

  • 14

    弁膜症に合併するAFなどに施行される代表的な手術は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Maze手術

    解説

  • 15

    初期のペースメーカーは、あらかじめ決まった回数だけ刺激するレートレスポンス型が主流であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤 固定レート型

    解説

56932

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ