zuknow learn together

新しい教材を作成

Java 学習進捗 (サーバサイド編)

カード 18枚 作成者: master note (作成日: 2013/11/20)

  • ディレクティブ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ディレクティブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • <%@ ~ %> ページ単位の処理方法を指定します。

    解説

  • 2

    contentType(ディレクティブ名)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターネット経由でやりとりされるデータの種類を表す情報のこと。 @pageディレクティブの属性で宣言する。 例:<%@ page contentType="text/html"; charaset="Windows-31J" %>

    解説

  • 3

    buffer(ディレクティブ名)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • jspページが処理を行った場合に、「その結果を一時的に蓄積するメモリ上の倉庫」みたいなもの。 ※溜めすぎても処理が重くなるので、最適化のためにbufferのサイズを指定する。

    解説

  • 4

    import(ディレクティブ名)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この属性で予め指定しておくことで、jsp内でJavaのクラスライブラリを自由に使うことが出来る。

    解説

  • 5

    アクションタグ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動的な処理を記述するタグ。定期的な処理をHTML同様のタグ形式で記述することによって、コーディングの簡素化を実現する。

    解説

  • 6

    アクションタグのルール(全3つ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.必ず閉じタグ(省略時は"~/>")で終わること 2.属性値は必ずダブルクォート(" ")で括ること 3.文字化け防止のため、pageEncoding属性が必須。(親ページはcontentType、子ページはpageEncodingで書く。)

    解説

  • 7

    スクリプティング要素

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宣言部、式(Expression)、スクリプトレットの総称。スクリプティング要素を使うことで、jsp内にJavaプログラムを埋め込むことが可能に。

    解説

  • 8

    スクリプトレット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • <% ~ %> ~ の部分をJavaのコードとして解釈、実行する。 ※Javaコードなので、全角文字、全角スペースは使えないことに注意。

    解説

  • 9

    暗黙オブジェクト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スクリプトレットの中で、予め使えるJavaメソッド。 ex)out, request, response, session, config...

    解説

  • 10

    宣言部

    補足(例文と訳など)

    答え

    • <%! ~ %> ~の部分で変数や定数、メソッドの定義をする。この変数は有効範囲が広く、JSPコンテナ(Tomcat等)が起動している間はずっと有効なので注意が必要。

    解説

  • 11

    式(Expression)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • <%= ~ %> out.printの代替として使える。簡潔な記述で「間違えやすさ」を避ける。

    解説

  • 12

    HTTPメソッド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントからサーバに対して発行する直接の命令。 メソッド名、パス、プロトコル情報という部分から構成される。 ex)GET /twitter/login/new.jsp HTTP/1.1

    解説

  • 13

    HTTPステータス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サーバでの処理結果を表す。 プロトコル情報、ステータスコード、ステータスメッセージで構成される。 ex)HTTP/1.1 404 Not Found

    解説

  • 14

    ポストデータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォームタグ(<form method="POST">)で定義されたHTMLフォームから送信されるデータ。

    解説

  • 15

    送信されたデータを取得する方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • getParameterメソッド(requestオブジェクト)でできる。パラメータ名(name)に対応する値を取得する。

    解説

  • 16

    日本語を入力してリクエスト情報として送信する際に気をつけること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文字コードの整合性がくずれて文字化けする可能性が高いので、request.setCharacterEncodingメソッドで、リクエスト情報の文字コードを宣言しておく必要がある。 ex)request.setCharacterEncoding("Windows-31J");

    解説

  • 17

    複数の送信データを取得する方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • getParameterValuesメソッドを使用する。文字列の配列として受け取る。一つしか値がなくても、文字列として受け取るので注意が必要。 String[] getParameterValues(String name) name:パラメータ名

    解説

  • 18

    クエリ情報

    補足(例文と訳など)

    答え

    • URLの末尾の「~?」以降に「キー名=値」のセットで付加される簡易な情報。パス本体とクエリ情報は?で区切られ、複数のキーがある場合は、「&」で連結されている。

    解説

56941

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ