zuknow learn together

新しい教材を作成

社会調査の基礎

カード 102枚 作成者: you__0310 (作成日: 2016/10/10)

  • ( )統計とは、国勢調査・国民経済計算など行政機関が作成する統計のうち重要として法務大臣が指定する統計である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ( )統計とは、国勢調査・国民経済計算など行政機関が作成する統計のうち重要として法務大臣が指定する統計である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基幹

    解説

  • 2

    国民生活基礎調査は5年ごとに行われる基幹統計調査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 5年ごとにではなく、 3年ごと

    解説

  • 3

    社会調査における倫理規程 ❶社会調査は主観的に実施されなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 主観的にではなく、客観的

    解説

  • 4

    ❷協力を願われた調査対象者は原則、協力しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 調査対象者は自由意志によるものでなければならない。

    解説

  • 5

    ❸調査者は、調査対象者の求めに応じて、基本データの提供先と使用目的をしらせなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    ❹調査対象者が18歳以下である場合、責任のある成人の承諾を得なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 18歳ではなく、15歳

    解説

  • 7

    ❺記録機材を使用した場合、集計後必ず破棄・消去しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 調査対象者の要求があった場合、破棄・消去しなければならない。

    解説

  • 8

    既存の研究や文献データを収集する分析も、社会調査の一部である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 社会調査に含まれない

    解説

  • 9

    調査データ等は、研究発表や論文執筆後、必要がなくなった時点で破棄しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    標本抽出の目的で、住民基本台帳から個人情報を得ることはできないが、選挙人名簿からは可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 選挙人名簿からもだめ!

    解説

  • 11

    『統計法』は、公的機関が作成ふる統計全般を対象とした法律である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    統計法は、2009年の改正によって『社会の情報基盤としての統計』から『行政のための統計』へと位置付けが転換した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 『行政のための統計』から『社会の情報基盤としての統計』へと位置付けが転換した。

    解説

  • 13

    統計法の改正によって、すべての人が調査票情報の提供を受けることができるようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ なったわけではない。

    解説

  • 14

    統計法の改正によって、インターネットなどによる統計データの有効利用の促進が挙げられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 15

    ( )は、法律の定める事項について専門的くつ中立公正な調査審議を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統計委員会

    解説

  • 16

    統計委員会は法務省に設置される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 法務省ではなく、総務省

    解説

  • 17

    統計委員会は、公的統計の整備に関する『司令塔』機能の中核としての役割を担っている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    厚生労働省は、人口動態統計,国民生活基礎統計を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    法務省令で定められる公益性の高い統計の作成、または、統計を作成するための調査に係る名簿の作成においては、調査票情報を二次利用することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 20

    ( )調査は、統計調査などのように量の多い・少ないという客観的事実を把握するのに適している

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 量的

    解説

  • 21

    『タバコは健康に悪いから吸うべきでない、という意見にあなたは賛成ですか、反対ですか』 という質問は、ダブルバーレル質問という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    ダブルバーレル質問とは、1つの質問文に2つ以上の事柄をふくむ質問であるため、回答者を混乱に招く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    ダブルバーレル質問は避けた方がいい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    『増税する福祉予算が増えますが、あなたは消費税の引き上げに賛成ですか?』という質問は回答者がよりよく考えて回できるので、望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 回答者の回答を、希望の回答へ誘導するような誘導質問は避けなければならない。

    解説

  • 25

    国勢調査は、全数調査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    全数調査とは、ある集団の特性を調べるため、対象者全員を調査する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    全数調査では、標本誤差が生じやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 対象者全員を調査するため標本誤差は生じない

    解説

  • 28

    全数調査は、データ点検や入力ミスなどの非標本誤差は生じる可能性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    ( )は、調査対象となる集団の一部を抽出して、母集団の特性を推測する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標本

    解説

  • 30

    標本調査によって母集団の性質についての統計的な推測ができるのは、母集団に含まれるすべての人が同じ確率で選ばれるような標本抽出の手続きをとる場合である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    集団の一部を抽出する方法には、確率倫理に基づかない無作為抽出法と、確率倫理に基づく有意抽出法がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 確率倫理に基づかない、有意抽出法 確率倫理に基づく、無作為抽出法

    解説

  • 32

    有意抽出法は、調査者の主観が入る

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    大きな駅で周辺を歩く人を調査対象とするのは、無作為抽出である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 無作為ではなく、有意

    解説

  • 34

    ( )調査とは、様々なデータを取り、性別・年齢・職業など属性によって調査対象を分類する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横断

    解説

  • 35

    横断調査は因果関係を明らかにするのに適している

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    横断調査は一回限りでは2つの変数の間の相関関係を見出すことはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ できる

    解説

  • 37

    ( )調査は同じ調査対象を長時間かけて調査する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縦断

    解説

  • 38

    縦断調査は連続して複数回行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 連続してではなく、一定の時間をあける

    解説

  • 39

    縦断調査は横断調査に比べて、因果関係が推測しにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 推測しやすい!!!

    解説

  • 40

    縦断調査には、コーホート調査・パネル調査・繰り返し調査がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    パネル調査の、『パネルの磨耗』とは、第2回・第3回と回を重ねごとに回答者が減っていくことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 42

    パネル調査では、集団を特定してその対象集団の変化を見る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 集団ではなく、個人

    解説

  • 43

    繰り返し調査は、反復して同一質問により調査し、対象集団の変化をみるということである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    ( )式調査とは調査対象者が自分で調査票に記入する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自計

    解説

  • 45

    自計式調査では、性別・年齢・学歴・職歴・家族構成といった属性項目は記入し忘れを防止するために、調査票の最初に入れることが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 最後に入れることが望ましい

    解説

  • 46

    自計式調査票には、自由解答欄を多くする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 少なくする

    解説

  • 47

    自計式調査票には、リッカート尺度やSD法がよく用いられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 48

    自計式調査には、郵便調査と留置調査と集団調査がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    ( )調査とは、調査員が調査対象者を訪問しながら調査票を配布して後日回収する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 留置

    解説

  • 50

    留置調査では、調査員は調査票をチェックしてはいけない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ チェックしてもいい、というメリットがある。

    解説

  • 51

    集合調査では、系統誤差(バイアス)が生じにくい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 生じることがある。

    解説

  • 52

    ( )式調査とは、調査者が調査票に記入する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他計

    解説

  • 53

    他計式調査には、訪問面接調査・電話調査・個別面接調査がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    他計式調査は、調査者によって回答に違いが生じるというデメリットがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    ( )法とは、コンピューターが無作為に作った電話番号に電話する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RDD

    解説

  • 56

    個別面接調査には、費用・人件費が最もかかる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 57

    性別や血液型などを、( )変数という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 名義

    解説

  • 58

    名義変数では、最頻値、中央値を求めることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 中央値は求められない

    解説

  • 59

    順序変数では、中央値のみしか求められない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 中央値、最頻値共に求められる。

    解説

  • 60

    間隔変数は絶対的変数をもち 比例変数は絶対的変数をもたない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 間隔変数は絶対的変数をもたない 比例変数は絶対的変数をもつ

    解説

  • 61

    間隔変数と比例変数は、最頻値と中央値のみしか求められない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 最頻値、中央値、算術平均値、標準偏差・分散など何でも求めることができる。

    解説

  • 62

    ( )調査は、量的調査では計測できない個々の主観的な『質』を把握するのに適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質的

    解説

  • 63

    質的調査における観察法は、言葉遣い、態度、礼儀、表情、他者との距離や、座る位置などを調査する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 64

    観察法の主な目的は、質的調査であるため量的調査は行わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 質的調査が主な目的ではあるかが、量的調査も行われる

    解説

  • 65

    観察法においては、文字により記録したデータのみで分析される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 写真や音声も分析対象となる。

    解説

  • 66

    観察法において、マジックミラーを使う観察を行う場合もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 67

    マジックミラーを使用する場合は、事前に説明するとデータに不正が出てしまうため、調査終了後に必ず調査対象者に説明をするようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 『隠し撮り』にならないように、調査対象者に十分説明した上で了解を得る

    解説

  • 68

    データ収集の対象となる文書思慮には、官公庁などの公的機関による記録だけであり、手紙や日記などは含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 含まれる。

    解説

  • 69

    ( )法とは、調査者自身が調査対象者を含む集団の活動に何らかの形で参加し、時間をかけて記録する方法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 参与観察

    解説

  • 70

    参与観察法は、他の調査よりも客観性がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ あるとは言い切れない

    解説

  • 71

    参与観察法における調査者の立場は、『完全な観察者』『参加者としての観察者』『観察者としての参加者』『完全な参加者』と4種類である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 万人

    解説

  • 72

    参与観察法における調査者の立場は、調査者の途中で変更することは望ましくない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 途中で変更することは可能である。

    解説

  • 73

    観察中にメモをするなどして蓄積される物を、フィールドノートという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 74

    フィールドノートには、事実のみを記述することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 事実のみならず、インタビュー時に気づいたこと、その場の状況、解釈等も記述した方がよい

    解説

  • 75

    ( )とは、問題解決を図るために、研究者と当事者が共同して調査や実践を進める研究法のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクションリーチ

    解説

  • 76

    アクションリーチは、質的調査の一部であるため、量的調査には有効ではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 質的調査の一部であるが、量的調査も利用可能であれば利用すべき

    解説

  • 77

    アクションリーチは、基本的に観察のみによって行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 観察だけでなく、質問紙や面接も併用して行われる

    解説

  • 78

    ( )的観察法とは、調査者が事前に、観察対象の条件や観察手法などを定め、それに基づいて観察する法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統制

    解説

  • 79

    ( )とは、少人数の集団に対して行い、調査対象者は自由に発言できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォーカス・グループインタビュー

    解説

  • 80

    フォーカス・グループインタビューは、合意形成の元行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 必ずしも、合意形成をする必要はない。

    解説

  • 81

    アクティブ・インタビューとは、回答者を単に情報を収集する対象とみなすことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 単に情報収集の対象とみなすのではなく、相互行為によって意味を積極的に作成する者として捉える

    解説

  • 82

    ライフストーリー・インタビューでは、標準化された質問用紙を主に用いる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ ライフストーリー・インタビューでは、標準化された質問用紙を主に用いるのではなく、回答者がもつ自身の人生に対する主観的な意味づけを明らかにすること。

    解説

  • 83

    ( )コーディングするとは、収集したデータに見出しを付ける作業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オープン

    解説

  • 84

    理論がそれ以上発展しない状態を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 倫理的飽和

    解説

  • 85

    ( )コーディングとは、選択肢調査票の選択肢にあらかじめ数字などのコードを割り当てる方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プリ

    解説

  • 86

    ( )コーディングは、対象者の言葉をそのままコードのして用いる方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インビボ

    解説

  • 87

    会話分析は、会話者がいかにして相互行為を秩序立てて生み出すかを解明することが目的である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    会話分析は、会話の内容に関心を向ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 会話の内容ではなく、形式や構造に関心を向ける

    解説

  • 89

    ( )は、ある組織や集団の構成員同士の選択・拒否関係を図表化して、小集団における人間関係の構造を明らかにするためのものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソシオグラム

    解説

  • 90

    構成員同士における方向性を持った関係は、有向グラムで示される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 91

    ( )とは、ある集団や社会における行動様式を記録・分析し、質的に記述する手法である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エスノグラフィ

    解説

  • 92

    エスノグラフィは、量的調査の手法を用いてデータ収集する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ エスノグラフィは、インタビュー、参与観察、質問紙調査などの質的調査の手法を用いてデータを収集する。

    解説

  • 93

    ( )は、より科学的・客観的な証拠に基づく実践を意味する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • EBF

    解説

  • 94

    国勢調査は、わが国で唯一の全数調査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 国勢調査の他にも、事業所・企業統計調査などさまざまある。

    解説

  • 95

    年収額の分布では、中央値より高い人と中央値より低い人の数は等しくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 96

    データ分布に極端な偏りや例外的な値がある場合、分布の特性を把握するには、中央値よりも平均値を用いて分析するのが適している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 中央値で分析するのが適している

    解説

  • 97

    中央値とは、すべてのデータを足して合わせて、データの数で割った値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 中央値ではなく、平均値

    解説

  • 98

    平均値とは、すべてのデータを順に並べた時に、中央にくる値

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 平均値ではなく、中央値

    解説

  • 99

    中央値の場合、データが偶数であれば数の大きい値を中央値とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ データが偶数であれはま、2つのデータの平均値をとる。

    解説

  • 100

    中央値は、データ分布において他の値から大きく離れた外れ値の影響を受けやすい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 中央値ではなく、平均値

    解説

  • 101

    偏差とは、平均値と中央値との差のことである。偏差の2条値がこ平均値を分散という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 偏差とは、平均値と個々のデータの測定値との差のことである。 分散の定義は正しい

    解説

  • 102

    センサスとは、政党支持率について、民間調査機関がアンケート等を用いて導き出す総称のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ センサスとは、政治・行政上の目的を持ってもった調査 全数調査を指す

    解説

56638

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ