zuknow learn together

新しい教材を作成

民法 第9章 相続法 9-9

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/04/30)

  • 遺贈の目的物が不特定物であり,その目的物に瑕疵があった場合,遺贈義務者は,瑕疵がない物をもってこれに代えることを要しない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 英語
  • カード裏 : 英語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    遺贈の目的物が不特定物であり,その目的物に瑕疵があった場合,遺贈義務者は,瑕疵がない物をもってこれに代えることを要しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 不特定物遺贈において目的物に瑕疵があるときは,遺贈義務者は,瑕疵のない物をもってこれに代える義務がある(998条2項)。 P.594

    解説

  • 2

    遺言執行者は,被相続人の代理人とみなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 民法は,遺言執行者を「相続人」の代理人とみなしている(1015条)。 P.589

    解説

  • 3

    遺言執行者は,やむを得ない事情がなくとも,自ら必要があると判断したときは,第三者にその任務を行わせることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 遺言執行者は,やむを得ない事由がなければ,遺言で許されたときでない限り,第三者にその任務を行わせることはできない(1016条1項)。 P.590

    解説

  • 4

    遺言者は,遺言で自ら遺言執行者を指定することができるが,その指定を第三者に委託することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 遺言者は,遺言で,1人又は数人の遺言執行者を指定し,又はその指定を第三者に委託することができる(1006条1項)。 P.589

    解説

  • 5

    包括受遺者は,相続人と同一の権利義務を有するとともに,遺留分をも有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 包括受遺者は,相続人と同一の権利義務を有するが(990条),遺留分を有しない。 P.593

    解説

56968

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ