zuknow learn together

新しい教材を作成

民法 第9章 相続法 9-2

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/04/30)

  • 被相続人を強迫して,相続に関する遺言を変更させた者は,相続欠格事由に該当する。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    被相続人を強迫して,相続に関する遺言を変更させた者は,相続欠格事由に該当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 詐欺又は強迫によって,被相続人に相続に関する遺言をさせ,撤回させ,取り消させ,又は変更させた者は,相続欠格事由に該当する(891条4号)。 P.559

    解説

  • 2

    被相続人Aの推定相続人は兄Bのみであったが,BがAより先に死亡した。この場合,Bの実子であるCがBを代襲してAの相続人となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 代襲相続人は,被相続人の子の子,又は,兄弟姉妹の子である(889条2項・887条2項)。 P.558

    解説

  • 3

    被相続人を虐待した者は,被相続人から廃除されなくても,相続人となることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 廃除は,被相続人が家庭裁判所に請求し,廃除の審判又は調停により,始めて決定されるものである(892条,893条)。 P.560

    解説

  • 4

    推定相続人の廃除の取消しは,被相続人が推定相続人にその旨の意思表示をすることによってその効力が生ずる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 廃除の取消しは,被相続人の意思表示ではなく,家庭裁判所の審判の確定又は調停の成立によってその効力が生ずる(家事審判法13条ただし書,21条1項ただし書)。 P.561

    解説

  • 5

    占有権は,相続の対象となる権利である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 相続の対象となる(最判昭44.10.30)。 P.562

    解説

56903

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ