zuknow learn together

新しい教材を作成

民法 第8章 親族法 8-5

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/04/30)

  • 養親と養子が離縁をした場合,養子は養親に対して財産分与を請求することができるが,養親は養子に対して財産分与を請求することはできない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    養親と養子が離縁をした場合,養子は養親に対して財産分与を請求することができるが,養親は養子に対して財産分与を請求することはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 離縁した養子又は養親が他方に対して財産分与を請求することができるとする規定はない。

    解説

  • 2

    Aは,Bとの婚姻前に子Cを出産した。BがAとの婚姻後にCを認知した場合,Cは,AとBの婚姻の時から嫡出子たる身分を取得する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 婚姻中に父が非嫡出子を認知した場合(789条2項 認知準正),その子は,父母の婚姻の時から嫡出子たる身分を取得する(昭42.3.8-民甲373)。 P.528

    解説

  • 3

    父は,胎内に在る子でも,これを認知することができるが,その場合には,家庭裁判所の許可を得なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 父は,胎内に在る子でも,母の承諾を得れば,認知することができる(783条1項)。家庭裁判所の許可は不要である。 P.529

    解説

  • 4

    AB夫婦は,成年者Cを養子とすることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 尊属又は年長者は,これを養子とすることはできないが(793条),成年者を養子とすることは禁止されていない。 P.532

    解説

  • 5

    AB夫婦のうち,Aが縁組の意思を表示することができないときは,Bは,Aの同意を得ることなく,単独で縁組をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 配偶者の一方が縁組の意思を表示することができない場合には,他の一方は,相手方の同意を得ることなく単独で縁組をすることができる(795条ただし書,796条ただし書)。 P.532

    解説

56726

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ