zuknow learn together

新しい教材を作成

民法 第7章 法定債権 7-1

カード 5枚 作成者: マコチン (作成日: 2014/04/30)

  • AがBのために事務管理をした場合,AにはBを代理する権限が法律上当然に認められるわけではない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

司法書士

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    AがBのために事務管理をした場合,AにはBを代理する権限が法律上当然に認められるわけではない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 事務管理者には代理権がないから(最判昭36.11.30),AがBのために事務管理をした場合,AにはBを代理する権限が法律上当然に認められるわけではない。 P.485

    解説

  • 2

    AがBのために事務管理をした場合,AはBに対し,事務管理に要する費用の前払請求権を有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 事務管理者には費用の前払請求権は認められていない(701条は,649条を準用していない)。 P.485

    解説

  • 3

    管理者が,有益な費用を支出したので,本人に対してその費用の償還を求めた場合,本人は費用償還義務を負う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本人は,管理者が支出した有益な費用の全額について償還しなければならない(702条1項)。 P.485

    解説

  • 4

    Aは,Bに債務を負っていないことを知っていたにもかかわらず,債務の弁済として任意に給付をした。Aは,Bに対して,弁済金の返還請求ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 返還を求めることはできない(705条)。 P.488

    解説

  • 5

    Aが,BのCに対する債務を自己の債務と信じてCに弁済した場合,Aは,Cに対して,弁済した金銭について不当利得返還請求をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ Aは,他人の債務を自己の債務と誤信して弁済しているので,不当利得の要件(703条)を満たし,返還請求できる。 P.489

    解説

56782

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ