zuknow learn together

新しい教材を作成

福祉サービス

カード 42枚 作成者: さき (作成日: 2016/10/07)

  • 法人は、権利.義務が与えられるが、任意団体には与えられない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    法人は、権利.義務が与えられるが、任意団体には与えられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    財団は、社員によって設立された団体であり、社員総会が理事会を選任し、理事会の業務執行状況を確認する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × この説明は、社団 財団は、理事会は最高議決機関、業務執行機関であるため、評議員会を設置し、評議員会が理事会の業務執行状況の確認を行う

    解説

  • 3

    社団の業務執行機関の理事会を評議員会が確認を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 社団の理事会は社員総会の業務執行機関であるため、確認は必要なし 評議員会は、財団の理事会を確認する

    解説

  • 4

    社団の社員とは、従業員である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 出資者のこと

    解説

  • 5

    社会福祉事業とは、第1種社会福祉事業と第2種社会福祉事業のことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    第2種社会福祉事業は、国、地方公共団体、社会福祉法人が経営することが原則である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × この説明は、第1種 第2種は、都道府県知事の届け出

    解説

  • 7

    第2種社会福祉事業は、入所型、在宅サービス、婦人保護施設を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第2種は、利用型施設、在宅サービス、相談事業 入所型と、婦人保護施設は、第1種

    解説

  • 8

    第1種は、都道府県知事の届け出により経営することができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × この説明は、第2種

    解説

  • 9

    社会福祉法人とは、第1種、第2種社会福祉事業を行うことを目的として設立された法人

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    社会福祉法人は、必要な資産を備えなければならないが、社会福祉事業を行うための直接必要な物件について、所有地を有さなくてもよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 所有地を有さなければならない

    解説

  • 11

    社会福祉法人は 公益事業、収益事業を行ってよい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ○ 本来の事業である社会福祉事業に支障がない限り○

    解説

  • 12

    社会福祉法人の所轄庁は、都道府県である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原則都道府県であり、 複数の都道府県で行われる場合、厚生労働大臣 1つの市内のみは、市長 地区社会福祉協議会は指定都市市長

    解説

  • 13

    社会福祉法人は、定款を所轄庁に申請し、所轄庁の認可を受けることで社会福祉法人を設立することが可能である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 所轄庁の認可を受けた後に、設立の登記が必要

    解説

  • 14

    社会福祉法人の理事は、三人以上、監事は一人以上、理事については、都道府県知事の認可を受けた場合、理事の数を一人又は二人とすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • この説明は、医療法人 社会福祉法人は、理事は、三人以上、監事は一人以上のみ

    解説

  • 15

    社会福祉法人の業務は、理事の3分の2によって決まる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 過半数

    解説

  • 16

    監事は、評議員、職員を兼ねることができるが、理事は兼ねることができない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 理事、評議員、職員はだめ

    解説

  • 17

    社会福祉法人は評議員会を置くことは、任意である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 措置委託事業、保育所経営、介護保健事業のみを行う法人を除き、必置が原則

    解説

  • 18

    社会福祉法人は、医療法人と合併できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 他の社会福祉法人なら○

    解説

  • 19

    社会福祉法人が合併する際、理事の過半数の同意によって決められる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 3分の2

    解説

  • 20

    社会福祉法人は、残余財産の帰属より、解散した社会福祉法人の残余財産は、すべて国庫に帰属する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 定款の定めるところによりその帰属すべき者に帰属される。(他の社会福祉法人) その他処分されない財産は、国庫に帰属

    解説

  • 21

    社会医療法人とは、医療機関法人のうち 都道府県知事の認可を受けたもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    医療法人は、第1種と第2種社会福祉事業を行うことができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × この説明は、社会医療法人 医療法人は、軽費老人ホームと第2種社会福祉事業である。

    解説

  • 23

    医療法人は、病院、医師又は歯科医師が非常勤の診療所である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 常時勤務 診療所だけではなく、介護老人保健施設も含む

    解説

  • 24

    社会福祉事業経営者は、利用契約の成立時の書面交付と、誇大広告の義務がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 誇大広告は義務ではなく、禁止。 広告自体を禁止しているわけではない。

    解説

  • 25

    誇大広告の禁止には、人を誤認させるような表示をしてはならない。と記載されており、条文に誇大広告の記載は一切ない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    運営適正化委員会は、苦情の解決の相談、助言、調査を行い、民間の事業であるため、申し出・事業者の同意を得ずに解決のあっせんができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 申し出・事業者の同意を得る必要がある。

    解説

  • 27

    第三者委員は、都道府県が選任する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 事業者が選任

    解説

  • 28

    苦情解決の処理は、 ①利用者事業者間で話し合う 第三者委員をいれる ②運営適正化委員会による解決のあっせん

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 29

    運営適正化委員会、都道府県社協におく

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 30

    福祉従事者の確保について、都道府県知事は、基本指針を策定しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 策定しなければならないのは、厚生労働大臣

    解説

  • 31

    第三者評価事業は、福祉サービス第三者評価を義務づけられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 原則任意

    解説

  • 32

    福祉サービス第三者評価は、地域密着型サービス外部評価と社会的養護施設第三者評価だけ、義務づけられている。二種類とも、最低3年に一回行はなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 地域密着型サービス外部評価は、最低年に一回

    解説

  • 33

    人間関係論とは、メイヨーによるホーソン実験であり、職場内における非公式な人間関係は、作業効率に大きな影響をを与えないとした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 与える

    解説

  • 34

    リーダーシップ論の、レヴィンのリーダーシップ類型は、業績に対する関心と、人間に対する関心という2つの要件に注目し、リーダーシップを5つのタイプに分類した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × レヴィンのリーダーシップ類型は、3つのタイプに分類 民主型 専制型 放任型

    解説

  • 35

    リーダーシップ論のマネジリアルグリッドは、ブレイクらによって、業績に対する関心と人間に関する関心という2つの要件に注目し、リーダーシップを次の5つのタイプに分類した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    三隅二不二は、PM理論を用いてリーダーシップの構成を導き出したが、最も理想的なリーダーシップをPM型とした、

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    P機能とは、集団の中で発生した、人間関係の緊張を解消し、集団をまとめることのできるリーダーの能力を表すものである

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × M機能の説明

    解説

  • 38

    P機能とは、集団に課された目標を達成し、仕事の成果をあげることのできるリーダーの能力をあらわすものである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    フィードラーのコンティンジェンシー理論とは、有能なリーダーシップのあり方は、状況好意性によって異なると主張した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 40

    使用者は、労働者の3分の2で組織する労働組合との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合のみ、労働者に時間外労働や休日労働をさせることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 労働組合は、労働者の過半数で組織する。

    解説

  • 41

    使用者は、常時100人以上の労働者を使用する場合、所定の事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 常時10人以上

    解説

  • 42

    使用者は、労働契約を常時各作業場に見やすい場所へ掲示し、又は備え付けること、書面を交付することなどの方法により、労働者に周知させなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 労働契約ではなく、就業規則

    解説

56600

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ