zuknow learn together

新しい教材を作成

更生保護

カード 89枚 作成者: you__0310 (作成日: 2016/10/06)

  • 更生保護制度は、『更生保護』の語を法律上初めて使用した( )によって創設された。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    更生保護制度は、『更生保護』の語を法律上初めて使用した( )によって創設された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 犯罪者予防更生法

    解説

  • 2

    ( )法とは、少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調整に関する保護処分を行い、少年の刑事事件について特別の措置を講ずることを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少年

    解説

  • 3

    少年とは( )歳に満たない者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20

    解説

  • 4

    犯罪少年とは、( )歳以上( )歳未満で罪を犯した少年。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 14 20

    解説

  • 5

    触法少年とは、( )歳未満で刑罰法令に触れる行為をした少年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 14

    解説

  • 6

    ( )少年とは、将来罪を犯し、また刑罰法令に触れる行為をする虞のある少年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 虞犯

    解説

  • 7

    犯罪少年に係る事件を、家庭裁判所に送致されることを原則としていることを( )という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全県送致主義

    解説

  • 8

    触法少年及び虞犯少年で14歳に満たない者に係る事件は、( )の処置が優先され、( )が関与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 児童福祉法 児童相談所

    解説

  • 9

    14歳に満たない者については、家庭裁判所は( )又は( )から送致を受けた時に限り、審判することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 都道府県知事 児童相談所長

    解説

  • 10

    ( )歳以上になれば少年院に送致されることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 12

    解説

  • 11

    家庭裁判所が少年に対して行う処分に、児童自立支援施設または児童養護施設送致、がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    家庭裁判所は、家庭裁判所の審判に付するべき少年について、( )に命じて、少年、保護者または参考人の取り調べその他必要な調査を行なわせることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家庭裁判所調査官

    解説

  • 13

    家庭裁判所は、調査及び観察のため、警察官、保護観察官、保護司、児童福祉司、児童委員または学校教諭に対して、必要な援助をさせることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 学校教諭は含まれないら

    解説

  • 14

    更生保護は、施設内処遇に位置付けられている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 施設内処遇ではなく、社会内処遇

    解説

  • 15

    地方公共団体は、民間の団体又は個人により自発的に行なわれる更生保護活動を促進し、連携協力するとともに、更生保護に対する国民の理解を深め、かつ、その協力を得るように努めらければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 地方公共団体ではなく、国

    解説

  • 16

    地方公共団体は、国の活動に対して必要な協力をしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 義務はない 努力義務である。

    解説

  • 17

    保護観察とは、保護観察官及び保護司がそれぞれ行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 共同して行う

    解説

  • 18

    保護観察対象者について ❶1号観察 ( )で( )に付された少年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 家庭裁判所 保護観察

    解説

  • 19

    1号観察の期間は、原則( )歳に達するまで、( )歳に達するまで2年に満たない者は2年間 例外的に( )歳まで可能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 20 20 23

    解説

  • 20

    ❷2号観察 ( )から( )を許された少年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 少年院 仮退院

    解説

  • 21

    2号観察の期間は、仮退院期間が満了するまで。通常は( )歳に達するまで。 例外的に( )歳まで可能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 20 26

    解説

  • 22

    指導監督及び指導援護は、1.2号観察対象者に大して行なわれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 1.2号だけではなく、1〜5号観察対象者に対して共通事項として行われる

    解説

  • 23

    指導監督では、面接を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    指導( )では、特定の犯罪傾向を改善するため専門的処遇を実施する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 監督

    解説

  • 25

    一般遵守事項には、転居または7日以上の旅行記をするときは、あらかじめ( )の許可を得ること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護観察所の長

    解説

  • 26

    特別遵守事項は、必要と認められたら必ず定めなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 必ず定める必要はない

    解説

  • 27

    特別遵守事項の設定は、1.4号観察の場合( )が、2.3.5号観察の場合は( )が設定及び変更する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 保護観察所の長 地方更生保護委員会

    解説

  • 28

    特別遵守事項は、家庭裁判所の長の判断によって取り消しができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 家庭裁判所の長ではなく、 保護観察の長や地方更生保護委員会

    解説

  • 29

    ある種の犯罪的傾向を有する保護観察対象者に対しては、本人の任意によって専門的処遇プログラムが行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 任意ではなく、義務

    解説

  • 30

    専門的処遇プログラムは( )を基盤として開発された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知行動療法

    解説

  • 31

    2013年の更生保護法の改正によって、( )等の罪を犯した者に対して刑の一部執行猶予の言い渡しをする時は、猶予の期間中保護観察を付する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 薬物使用

    解説

  • 32

    ( )では、住所の確保、就職支援、生活環境の改善などを行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補導援護

    解説

  • 33

    家庭裁判所の長は、必要があると認める時は保護者に対して指導、助言その他の措置を取る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 家庭裁判所ではなく、保護観察所の長

    解説

  • 34

    保護観察付執行猶予者の裁判確定前の生活環境は行わない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 行う

    解説

  • 35

    生活環境調整は、保護観察所の長が行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 36

    生活環境の調整とは、主に釈放後の( )・( )の確保等を中心に行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 住居 就業先

    解説

  • 37

    仮釈放の拒否を判断するのは、中央更生保護審査会である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 中央更生保護審査会ではなく、 地方更生保護委員会

    解説

  • 38

    更生緊急保護とは、本人の申し出が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    更生緊急保護とは、( )の確保が第一優先である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 衣食住

    解説

  • 40

    更生緊急保護とは、( )が必要があると認める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護観察所の長

    解説

  • 41

    更生緊急保護は、事業者に委託できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 保護観察所の長が自ら行うに、または、更生保護事業に委託する

    解説

  • 42

    更生緊急保護の期間は1年間である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 1年間ではなく、6ヶ月

    解説

  • 43

    更生緊急保護の費用は、( )が支払う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    恩赦の申し出は、地方更生保護委員会である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 中央更生保護審査会

    解説

  • 45

    ( )制度とは、地方更生保護委員会が仮釈放や仮退院を許すか否かを審理するにあたり、意見や心情等を述べることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意見等聴取

    解説

  • 46

    ( )制度とは、被害に対して抱いている心情や保護観察対象者の生活や行動に関する意見等を聴取し、これをできるかありのまま対象者に伝える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心情等伝達

    解説

  • 47

    保護観察官は、( )及び( )に配置される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地方更生保護委員会 保護観察所

    解説

  • 48

    保護観察官は、専門的知識に基づき指導監督、補導援護を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    保護観察官は、( )に関する事務を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 犯罪予防活動

    解説

  • 50

    保護司は、地方更生保護委員会が推薦し、厚生労働大臣が委嘱する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 保護観察所の長が推薦し、法務大臣が委嘱する

    解説

  • 51

    保護司の任期は3年である。 但し、再任は妨げない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 3年ではなく、2年

    解説

  • 52

    ( )は、保護司や保護司会の地域における更生保護活動拠点である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 更生保護サポートセンター

    解説

  • 53

    保護司の定数は全国を通じて( )人を超えないもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 52500

    解説

  • 54

    保護司は、地方更生保護委員会または保護観察所の指揮監督を受ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 55

    社会復帰調整官とは、( )法に基づき審判時の資料となる生活環境の調査のために対象者や家族と面接等を行ったり、裁判所が行う事前協議に参加したりする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医療監察

    解説

  • 56

    社会復帰調整官は、( )に配置される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護観察所

    解説

  • 57

    社会復帰調整官に、作業療法士はなれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 精神保健福祉士のほか、保健師、看護師、作業療法士、社会福祉士等で精神障害者に関する業務経験を有する者から任用される。

    解説

  • 58

    更生保護施設とは、居住がない人を宿泊させる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 保護観察対象者や更生緊急保護対象者で、住居がない人を宿泊させ、社会復帰を助けることを目的にしている

    解説

  • 59

    更生保護施設の運営は、( )法人、( )法人、( )法人、( )法人が行なっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 更生保護 社会福祉 NPO 一般社団

    解説

  • 60

    更生保護施設では、円滑な社会復帰のための指導や援助を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    自立準備ホームとは、( )に登録されたNPO法人等が管理する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護観察所

    解説

  • 62

    自立準備ホームとは、住居・食事の提供、生活指導を行う施設である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 63

    自立準備ホームは、( )年から開始された緊急的住居確保・自立支援対策により始まった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2011

    解説

  • 64

    特定の問題性に応じた重点的、専門的な社会内処遇を実施する施設を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自立更生促進センター

    解説

  • 65

    ( )センターとは、高齢又は障害により自立が困難な矯正施設退所者に対して、退所後直ちに福祉サービス等に繋げ、保護観察所と連携して地域生活定着促進事業を実施する支援

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域生活定着支援

    解説

  • 66

    地域生活定着支援センターは、2011年度末までに全市町村に設置された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村ではなく、都道府県

    解説

  • 67

    自立更生促進センターは、各都道府県に設置されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 各都道府県ではなく、福島県福島市および福岡県北九州市に設置されている。

    解説

  • 68

    協力雇用主は( )で登録を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護観察所

    解説

  • 69

    刑務所出所者に対して就労支援を行うため、2006年から、矯正施設、保護観察所、( )等が連携して、刑務所出所者等総合的就労支援対策を行なっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公共職業安定所

    解説

  • 70

    医療観察法の目的には、病状の改善も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 医療観察対象者の病状の改善及びこれに伴う同様の行為の再発の防止を図り、もってその社会復帰を促進することを目的としている。

    解説

  • 71

    医療観察制度が実施される前は、( )法に基づく措置入院などが行われていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神保健福祉

    解説

  • 72

    ( )は、地方裁判所に対して、医療観察対象者の審判の申し立てをしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検察官

    解説

  • 73

    審判は、原則( )と( )各1人からなる合議体で行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 裁判官、精神保健審判員

    解説

  • 74

    精神保健審判員とは、精神保健福祉士のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 精神保健福祉士ではなく、精神科医

    解説

  • 75

    原則として裁判官は、対象者に( )命令を出さなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鑑定入院

    解説

  • 76

    保護観察所には、社会復帰調整官を置く

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 77

    社会復帰調整官は、対象者の( )の調査を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活環境

    解説

  • 78

    裁判には、生活環境の調査の結果を報告するなどのために、社会復帰調整官の出席は義務である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 裁判所は、社会復帰調整官に対して、生活環境の調査の結果を報告するなどのために、裁判期日への出席を求めることができる。

    解説

  • 79

    裁判所は、❶入院決定❷通院決定❸不処遇決定❹( )のいずれかを行わなわなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 申し立て却下

    解説

  • 80

    保護観察所の長は、必要があると認める場合、地方裁判所に対して通院期間の延長の申し立てや再入院等の申し立てをしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 81

    通院期間は原則で( )年間で、裁判所の決定で( )年を超えない範囲で通院期間を延長することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 3 2

    解説

  • 82

    通院決定または退院決定を受けた、地域社会における処遇を受けている期間中は、原則として医療観察法のみが適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 医療観察法と精神保健福祉法の双方が適用される。

    解説

  • 83

    刑事施設の長は、刑事施設等収容者について、刑法または少年法に規定する期間が経過したときは、その旨を地方更生保護委員会に通告しなければならないとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    法定期間とは、 有期刑の場合、執行すべき刑期の4分の3 無期刑の場合、10ねんの期間を指し、 この期間を過ぎると仮釈放が許可されることが可能となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 有期刑の場合、3分の1 無期刑の場合、10年

    解説

  • 85

    心情等伝達制度には、保護観察対象者の生活の行動に関する意見等を伝えることも含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    被害者等通知制度は、加害者の仮釈放・仮退院審理や保護観察の状況等に関する情報を、必ず被害者に伝える制度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 地方更生保護委員会は、仮釈放や仮退院を許すか否かの審理の開始・結果に関する事項を通知し、 保護観察所は、保護観察の開始・終了に関する事項や保護観察中の処遇についに関する事項を通知する。

    解説

  • 87

    恩赦の決定権は天皇にあり、内閣はこれを承認する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 恩赦の決定権は内閣にあり、天皇がこれを承認する。

    解説

  • 88

    保護司の身分は非常勤・一般の国家公務員と位置付けられている。保護司の活動中に災害を追った際には、国家公務員災害補償法が適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    地域生活定着安定センターとは、生活環境に問題を抱えている満期釈放者を宿泊させ援助する民間団体である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 地域生活定着安定センターとは、高齢又は障害により自立が困難な矯正施設退所者に対し、退所後直ちに福祉サービス等に繋げ、保護観察所と連携して地域生活定着促進事業を実施する施設である。

    解説

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ