zuknow learn together

新しい教材を作成

冷凍三種法令1-3

カード 21枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/10/06)

  • ◎第一種製造者の定置式製造設備である製造施設について、冷凍設備には圧縮機が「強制循環方式」であり、かつ、潤滑油圧力に対する「保護装置」を有する場合の油圧系統を除き、「圧力計」を設けなければならない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

冷凍三種試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ◎第一種製造者の定置式製造設備である製造施設について、冷凍設備には圧縮機が「強制循環方式」であり、かつ、潤滑油圧力に対する「保護装置」を有する場合の油圧系統を除き、「圧力計」を設けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

  • 2

    第一種製造者の定置式製造設備である製造施設について、製造設備に設けたバルブまたはコックには、「作業員」がそのバルブまたはコックを「適切に操作」することが出来るような措置を講じなければならないが、そのバルブまたはコックが「操作ボタン等」により開閉される場合は、その操作ボタン等にはその措置を講じなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    製造設備に設けたバルブ又はコックが操作ボタン等により開閉される場合は、その操作ボタンを、作業員が適切に操作できるような措置を講じなければならない。

  • 3

    第一種製造者の定置式製造設備である製造施設について、圧縮機、凝縮器等が「引火性」または「発火性」の物(作業に必要なものを除く)を堆積した場所の付近にあってはならないとの定めは、「不活性ガス」を冷媒とする製造施設には適用されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    圧縮機、凝縮器等が「引火性」又は「発火性」の物(作業に必要な物を除く)を堆積した場所の付近にあってはならないとの定めは、「不活性ガス」であっても適用される。

  • 4

    製造施設が定置式製造設備である第一種製造者の製造施設について、冷凍設備には、その設備内の冷凍ガスの圧力が「許容圧力を超えた場合」に直ちに「許容圧力以下に戻す」ことができる「安全装置」を備えなけれぱならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 5

    製造施設が定置式製造設備である第一種製造者の製造施設について、冷凍設備の圧縮機が「強制潤滑方式」であって潤滑油圧力に対する「保護装置」を有している場合であっても、その圧縮機の油圧系統を除く冷媒設備には「圧力計」を備えなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 6

    製造施設が定置式製造設備である第一種製造者の製造施設について、不活性のフルオロカーボンを冷媒ガスとする製造設備に設けたバルブには、いかなる場合であっても、「作業員が適切に操作することが出来る措置」を講じる必要はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    製造設備に設けたバルブまたはコック(操作ボタンで操作する場合は、その操作ボタン)には、作業員が当該バルブまたはコックを「適切に操作することができるような措置」を講ずること。ただし、操作ボタンを使用しない自動制御式は除く。

  • 7

    第一種製造者の製造の方法について、冷媒設備を開放して修理又は清掃をするとき、冷媒ガスが不活性ガスである場合、その作業責任者の監視の下で行えば、その作業計画を定めなくても良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    冷媒設備を開放して修理又は清掃をするとき、冷媒ガスの種類に関係なく、修理等の作業計画及び作業責任者を定め、修理等はその作業計画に従い、かつ、その作業責任者の監視の下で行うこと。

  • 8

    第一種製造者の製造の方法について、安全弁に付帯して設けた「止め弁」は、「常に全開」にしておかなければならないが、その安全弁の修理又は清掃の為に必要な場合に限り閉止してもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 9

    第一種製造者の製造の方法について、高圧ガスの製造は、製造する高圧ガスの種類及び製造施設の態様に応じ、1日に1回以上その製造設備の属する製造施設の異常の有無を点検し、異常のあるときは、その設備の補修その他の危険を防止する措置を講じてしなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 10

    第一種製造者の製造の方法について、製造設備の運転を数日間停止したが、その間安全弁に付帯して設けた止め弁を全開にしておいた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 11

    第一種製造者の製造の方法について、高圧ガスの製造は、連続運転を行っているので、2日に1回、その製造設備の属する製造施設の異常の有無を点検して行った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    高圧ガスの製造は、製造する高圧ガスの種類及び製造施設の属する製造施設の異常の有無を点検し、異常のあるときは、その設備の補修その他の危険を防止する措置を講じしなければならないと定められており、連続運転には関係しない。

  • 12

    第一種製造者の製造の方法について、冷媒設備を開放して修理するとき、その開放する部分に他の部分からガスが漏えいすることを防止するための措置を講じた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 13

    第一種製造者の製造の方法について、冷媒設備の「安全弁」に付帯して設けた「止め弁」は、安全弁の修理等のため特に必要な場合を除いて、「常に全開」にしておかなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 14

    第一種製造者の製造の方法について、冷媒設備の修理を行うときは、あらかじめ、その「作業計画」及び「作業の責任者」を定めなければならないが、冷媒設備を開放して清掃のみを行うときはその作業計画及び作業の責任者を定めなくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    修理(清掃も含む)をするときは、あらかじめ、その「作業計画」及び「責任者」を定め、修理等は、その作業計画に従い、かつ、責任者の「監視の下」に行うことと定められており、特に冷媒設備を開放して清掃のみを行う場合の特例は定められていない。

  • 15

    第一種製造者の製造の方法について、冷媒施設を開放して修理をするとき、あらかじめ定めたその修理の「作業計画」に従い、かつ、あらかじめ定めたその作業の責任者の「監視の下」に行った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 16

    第一種製造者の製造施設の位置、構造または設備の「変更の工事」のうちには、その工事の完成後遅滞なく、その旨を都道府県知事に「届け出」れば良い「軽微な変更」の工事がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 17

    凝縮器の取り替えの工事において、冷媒設備に係る「切断」、「溶接」を伴う工事である場合、あらかじめ、都道府県知事の「許可」を受け、その完成後、都道府県知事等が行う「完成検査」を受けなけれぱならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 18

    第一種製造者は、所定の事項を記載した「危害予防規程」を定め、これを都道府県知事に届け出なければならないが、定めた事項を「変更」したときは「届け出」なくてもよい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    第一種製造者は、「危害予防規程」を定め、都道府県知事に「届け出」なければならない。これを変更したときも、同様とする。

  • 19

    第一種製造者は、高圧ガス保安協会が作成し公表した基準となるべき事項を参考にして従事者に対する「保安教育計画」を定め、これを「忠実に実行」している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

  • 20

    第一種製造者は、その製造する高圧ガスの「種類」を変更したときは、遅滞なく、その旨を都道府県知事に「届け出」れば良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • X
    • 誤答選択肢

    解説

    第一種製造者は、製造のための設備等の変更の工事(定められた軽微な変更工事を除く)または製造する高圧ガスの「種類」若しくは「製造の方法」を変更しようとするときは、都道府県知事の「許可」を受けなければならない。(法第14条)

  • 21

    第一種製造者は、高圧ガスの製造施設の設置の工事を完成し、都道府県知事が行う「完成検査」を受けた場合、これが所定の技術上の基準に適合していると認められた後に、その施設を使用することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢 X

    解説

57056

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ