zuknow learn together

新しい教材を作成

循環_呼吸の生理学_2016

カード 101枚 作成者: TOYO (作成日: 2016/10/05)

  • 心臓を支配する交感神経の節後線維は( )作動性である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

完成!!

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    心臓を支配する交感神経の節後線維は( )作動性である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレナリン

    解説

  • 2

    心臓を支配する副交感神経の節後線維は( )作動性ある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コリン

    解説

  • 3

    交感神経の興奮は心筋の( )受容体を刺激する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • B1

    解説

  • 4

    副交感神経の興奮は心筋の( )受容体を刺激する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ムスカリン性

    解説

  • 5

    副交感神経の興奮では心筋の( )、( )、( )は低下する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心拍数、収縮力、興奮伝導速度

    解説

  • 6

    心筋は( )で構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心筋細胞

    解説

  • 7

    境界板(=介在板)にはイオンを通す多数の( )が存在するため、心臓は機能的合胞体として振る舞う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GAP結合

    解説

  • 8

    筋節は( )フィラメントと( )フィラメントで構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクチン、ミオシン

    解説

  • 9

    筋小胞体は( )の貯蔵庫である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Caイオン

    解説

  • 10

    心筋細胞の横行小管と筋小胞体を合わせて( )と呼ぶ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部膜系

    解説

  • 11

    神経細胞と筋細胞は( )を発生させるので、興奮性細胞と呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活動電位

    解説

  • 12

    毛細血管からろ過される血液の量は1日( )Lである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 24

    解説

  • 13

    成人男子の体液は約60%で、それぞれ細胞内液は( )%で、細胞外液は( )%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40%、20%

    解説

  • 14

    アルブミンは( )で作られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓

    解説

  • 15

    興奮の自動的かつ周期的な発生、またはその伝導を担う興奮伝導性の心筋を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特殊心筋

    解説

  • 16

    特殊心筋は、①左右脚、②プルキンエ線維、③ヒス束、④( )、⑤( )の5つからなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 房室結節、洞房結節

    解説

  • 17

    固有心筋は( )と( )からなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房筋、心室筋

    解説

  • 18

    ( )の細胞は、心拍のリズムを作ることから、ペースメーカーと呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 洞房結節

    解説

  • 19

    洞房結節では、( )電流の増大により活動電位の立ち上がり相(=速い脱分極相)が形成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内向きICaL電流

    解説

  • 20

    心室筋では、( )電流の増大により活動電位の立ち上がり相(=速い脱分極相)が形成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内向きINa電流

    解説

  • 21

    糸球体係蹄の3要素とは、①内皮細胞、②上皮細胞、③( )で構成されている事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糸球体基底膜

    解説

  • 22

    糸球体を構成する細胞は、糸球体係蹄と( )細胞である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メサンギウム細胞

    解説

  • 23

    心筋室では、( )電流の増大により、活動電位のプラトー相が形成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内向きICaL電流

    解説

  • 24

    洞房結節および心室筋では、( )電流の増大により活動電位の速い再分極相が形成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外向きIK電流

    解説

  • 25

    右手と左手に電極を装着して行う心電図記録を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標準12誘導

    解説

  • 26

    心電図のP波は( )、QRS群は( )、T波は( )を表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房の興奮、心室の脱分極、心室の再分極

    解説

  • 27

    心電図のPQ間隔は( )の興奮伝導時間、QT間隔は( )の興奮時間を表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 房室間、心室

    解説

  • 28

    糸球体で通過されないマイナスに荷電している物質は次のうちどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルブミン

    解説

  • 29

    遠位尿細管や集合管で水の再吸収を行うホルモンは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗利尿ホルモン

    解説

  • 30

    遠位尿細管でNaの再吸収を行うホルモンは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルドステロン

    解説

  • 31

    アルドステロンは( )の球状帯から分泌されるホルモンである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎皮質

    解説

  • 32

    標準肢誘導で得られる棘波(=QRS群)とアイントーベンの三角形から( )を求めることが出来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心起電力ベクトルE

    解説

  • 33

    標準肢第Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ誘導の電位、E1、E2、E3には( )の関係が成り立つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • E1+E3=E2

    解説

  • 34

    心筋は活動電位の持続時間が長いため、( )も長く、( )を生じない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不応期、強縮

    解説

  • 35

    心筋における興奮発生及び伝導の異常を総称して( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不整脈

    解説

  • 36

    心筋細胞が( )すると、細胞内Caイオン濃度が上昇し、( )が生じる。この過程を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 興奮、収縮、興奮収縮連関

    解説

  • 37

    Caイオンがリアノジン受容体に結合すると、( )からCaイオンが放出される。この仕組みをCaイオン誘発性Caイオン放出機構という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筋小胞体

    解説

  • 38

    Caイオンが筋節のトロポニンCに結合すると、( )と( )の間でATP加水分解を伴う相互反応が起こる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミオシン、アクチン

    解説

  • 39

    心筋は筋節長が長いほど、( )が大きい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発生張力

    解説

  • 40

    "心筋の力⇆速度"関係は( )を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直角双曲線

    解説

  • 41

    筋長を一定に保つ(=筋長が変化しない事)収縮を( )、張力を一定に保つ収縮を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等尺性収縮、等張性収縮

    解説

  • 42

    動脈弁、房室弁が閉鎖した状態で心室内圧が急激に上昇するのは( )期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 等容性収縮期

    解説

  • 43

    動脈弁が解放し、血液が心室から動脈へ拍出されるのは( )期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 駆出期

    解説

  • 44

    等容性弛緩期では、動脈弁と房室弁は( )している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 閉鎖

    解説

  • 45

    心房収縮期では、( )は閉鎖している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動脈弁

    解説

  • 46

    第一心音は( )、第二心音は( )を表わす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 房室弁閉鎖、動脈弁閉鎖

    解説

  • 47

    一回拍出量は、( )×( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一回拍出量、心拍数

    解説

  • 48

    一回拍出量は( )、( )、( )の影響を受ける。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前負荷、後負荷、収縮性

    解説

  • 49

    後負荷(大動脈圧)が増大すると、一回拍出量は( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 減少

    解説

  • 50

    前負荷(拡張末期容積、静脈環流量)が( )すると、一回拍出量は増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増加

    解説

  • 51

    心臓の収縮性と心拍数は( )と( )により調整される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自律神経、内分泌

    解説

  • 52

    交感神経が興奮すると、洞房結節の( )電位の勾配が大きくなり、心拍数は( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 歩調取り、増加

    解説

  • 53

    副交感神経から分泌される伝達物質( )は心筋の( )受容体を介して、細胞内Ca濃度と( )を低下させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセチルコリン、ムスカリン性、収縮性

    解説

  • 54

    血液は( )勾配に従って血管を流れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血圧

    解説

  • 55

    ( )筋の収縮・弛緩により、血管径は変化し、( )と( )は調整される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血管平滑筋、血流、血圧

    解説

  • 56

    血管の内側は、( )細胞で覆われている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内皮細胞

    解説

  • 57

    機能的観点から、動脈は弾性線維の多い( )動脈と血管平滑筋の多い( )動脈に分類される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弾性動脈、筋性動脈

    解説

  • 58

    静脈は壁が薄く、( )に富み、容量が大きいため( )と呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンプライアンス、容量血管

    解説

  • 59

    毛細血管は( )が高いため、血漿と間質液の間でO2、CO2、栄養素、老廃物などの( )が行われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 透過性、物質交換

    解説

  • 60

    間質液が貯留した状態を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浮腫

    解説

  • 61

    毛細血管壁を介した水分の移動では、通常、減退=( )+( )の関係が保たれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 再吸収、リンパ管流入

    解説

  • 62

    毛細血管における体循環を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微小循環

    解説

  • 63

    ボアズイユの法則を体循環に当てはめると、血圧(=大動脈圧)=( )×( )となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心拍出量、総抹消血管抵抗

    解説

  • 64

    血管抵抗は、血管長に( )して、血管径の4乗に( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比例、反比例

    解説

  • 65

    血流量=( )÷( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血圧、血管抵抗

    解説

  • 66

    最高血圧120mmHg、最低血圧90mmHgの時、脈圧は( )mmHg、平均血圧は( )mmHgである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30mmHg、100mmHg

    解説

  • 67

    血流量=( )×( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血流速度、断面積

    解説

  • 68

    心臓血管中枢は( )にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延髄

    解説

  • 69

    心臓血管反射の効果器は、( )、( )、( )、( )、( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心臓、血管、副腎髄質、下垂体後葉、腎臓

    解説

  • 70

    心臓血管反射の受容器は、( )、( )、( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高圧受容器、低圧受容器、化学受容器

    解説

  • 71

    血管は例外的な部分(=脳、唾液腺、顔面皮膚)を除いて、( )神経の単独支配である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交感神経

    解説

  • 72

    NAは血管平滑筋の( )受容体に作用し、血管を( )させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • α受容体、収縮

    解説

  • 73

    カテコラミンは、( )神経の単独支配である( )から分泌される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交感神経、副腎髄質

    解説

  • 74

    バゾプレシンの標的器官は( )と( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎臓、血管

    解説

  • 75

    アンジオテンシンⅡは、副腎皮質からの( )分泌と血管を( )させる働きをもっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルドステロン、収縮

    解説

  • 76

    血圧を上げるホルモンは( )、( )、レニン-アンジオテンシン-アルドステロン系である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カテコラミン、バソプレシン

    解説

  • 77

    心房で合成、貯蔵され、血圧を下げるホルモンは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房性ナトリウム利尿ホルモン(ANP)

    解説

  • 78

    胃、腸管、脾臓を還流した血液は( )を通って肝臓に入る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 門脈

    解説

  • 79

    脳の毛細血管には( )があるため、透過性が低い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血液脳関門

    解説

  • 80

    肺胞と外界の間でガスが出入りする過程を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 換気

    解説

  • 81

    末梢毛細血管でのガス交換を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内呼吸

    解説

  • 82

    吸息筋には、( )と( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 横隔膜、外肋間筋

    解説

  • 83

    吸息筋が収縮すると、( )の増大→( )の低下→( )が拡張→吸息 の順で働く。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胸郭の容積、腹膜腔の内圧、肺

    解説

  • 84

    安静時の出入りする呼吸気量を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一回換気量

    解説

  • 85

    最大吸気位 - 最大呼気位 = ( )

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肺活量

    解説

  • 86

    ガス交換に関わらない換気量を( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 死腔量

    解説

  • 87

    動脈血のO2分圧は( )、CO2分圧は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 95〜100mmHg、40mmHg

    解説

  • 88

    静脈血のO2分圧は( )、CO2分圧は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 40mmHg、46mmHg

    解説

  • 89

    赤血球の酸素は主に、赤血球の( )と結合して運ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘモグロビン

    解説

  • 90

    動脈血、静脈血の色は( )を反映している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘモグロビンの酸素飽和度

    解説

  • 91

    ヘモグロビンの酸素飽和度と( )の関係を表す曲線を、「ヘモグロビンの酸素解離曲線」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中のO2分圧

    解説

  • 92

    ヘモグロビン酸素解離曲線の右方シフトより、末梢でのヘモグロビンの( )が低下し、( )が増す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • O2親和性、O2利用度

    解説

  • 93

    血液中のCO2は主に( )の形で運ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重炭酸イオン(=HCO3)

    解説

  • 94

    呼吸運動の基本的なリズムとパターンを決めている呼吸中枢は( )にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延髄

    解説

  • 95

    呼吸運動に関わる化学受容器には、( )と( )がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 末梢化学受容器、中枢化学受容器

    解説

  • 96

    化学受容器は血液中の( )と( )を感知する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • O2分圧、CO2分圧

    解説

  • 97

    洞房結節で最も膜電位が低いところを( )という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大拡張期電位

    解説

  • 98

    心筋細胞間の境界板には、イオンの通過する( )があるため、活動電位は心臓全体に伝導する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ギャップ結合

    解説

  • 99

    心筋細胞のうち、( )や( )には一定の静止膜電位がみられるが、( )には静止膜電位がみられない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心房筋、心室筋、洞房結節

    解説

  • 100

    心室筋や心房筋には長く続く緩やかな再分極相である( )相が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラトー相

    解説

  • 101

    活動電位の持続時間は、骨格筋では( )ミリ/ 秒のに対し、心筋では( )ミリ/ 秒と非常に長い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1〜2ミリ/ 秒、200〜300ミリ/ 秒

    解説

56802

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ