zuknow learn together

新しい教材を作成

児童福祉論

カード 188枚 作成者: you__0310 (作成日: 2016/10/05)

  • 児童委員は、妊婦に対して妊娠中の心配事などの相談・支援等行う。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    児童委員は、妊婦に対して妊娠中の心配事などの相談・支援等行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 児童委員は、地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるように、子どもたちを見守り、子育ての不安や心配ごとなどの相談・支援等を行う。

    解説

  • 2

    ( )は、児童委員の職務に関して必要な指示をすることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市町村長

    解説

  • 3

    主任児童委員は、児童委員の中から( )が指名する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚生労働大臣

    解説

  • 4

    主任児童委員は特定の区域を担当しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    次世代育成支援対策推進法における、市町村行動計画は3年を一期として、策定しなければならなき。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 3年1期ではなく、5年1期 また、策定義務はない

    解説

  • 6

    次世代育成支援対策推進法における、( )行動計画は、従業員が仕事と家庭を両立させ、ワークライフバランスのとれた働き方ができら職場を作るための計画である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般事業主

    解説

  • 7

    一般事業主行動計画は、常時雇用する労働者の数が( )人を超える一般事業主は、策定義務である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 100

    解説

  • 8

    次世代育成支援対策地域協議会は、地方公共団体と事業主によって組織される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 地域住民も含まれる

    解説

  • 9

    児童手当はの支給要件は2つある。 ❶日本国籍を有している(国外住所可能) ❷小学校終了前の子どもを監護し、一定の生計関係にある者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ ❶日本国内に住所を有する者 ❷小学校ではなく、中学校

    解説

  • 10

    児童手当には、所得制限は設けられていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    児童手当の支給額は、この数によって変動される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 子の数ではなく、子の年齢

    解説

  • 12

    児童手当の支給認定は厚生労働大臣が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働大臣ではなく、 住所地または所在地の市町村長

    解説

  • 13

    児童手当には、一般受給資格者と施設等受給資格者がいる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    一般受給資格者には、里親も含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 里親は、施設等受給資格者に含まれる

    解説

  • 15

    児童扶養手当は、18歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童、あるいは20歳未満で政令で定める障害の状態にある児童を扶養している父、母、または養育者に支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    婚姻によらないで懐胎した子が、子の父に認知されても、支給されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 支給される。

    解説

  • 17

    児童扶養手当の受給資格者が母(または父)であり、父(または母)からの養育費の支払いがあった場合、受給資格者の所得として算入される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    父、母または養育者が老齢福祉年金を含む公的年金を受けている時は支給制限される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 老齢福祉年金は良い !! 老齢福祉年金以外の公的年金

    解説

  • 19

    児童扶養手当の手当額の水準は全部支給と一部支給からなるが、 全部支給の手当額は所得によって細分化される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全部支給ではなく、一部支給額は所得によって細分化される

    解説

  • 20

    児童扶養手当の支給開始から原則( )年を経過した場合、一部支給額が停止(2分の1)される場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5

    解説

  • 21

    児童扶養手当と児童手当は併給できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 併給できる。

    解説

  • 22

    特別児童扶養手当は、重度( )児と重度( )児に支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 精神薄弱児 身体障害

    解説

  • 23

    特別児童扶養手当法、制定当初は重度身体障害児のみが対象とされていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 制定当初は、重度精神薄弱児のみが対象とされていた。

    解説

  • 24

    特別児童扶養手当は、障害等級1.2.3級の者が対象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 3級は含まれない

    解説

  • 25

    特別児童扶養手当は、障害等級によって支給額が変わってくる

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 26

    障害児福祉手当の対象の重度障害児と特別障害者手当の特別障害者は、在宅での生活が要件である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    母子保健法は( )年に制定された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1965

    解説

  • 28

    母子保健法は、母性、乳児、幼児、児童の健康の保持及び増進を図ることを目的とした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 児童は含まれていない

    解説

  • 29

    母子保健法における用語の定義 ❶妊産婦とは妊娠中または出産後半年以内の女子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 半年以内ではなく、一年以内

    解説

  • 30

    ❷乳児とは、3歳に至らないもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 3歳ではなく、1歳

    解説

  • 31

    ❸幼児とは、満1歳から小学校就学の始期に達するまでの者

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    ❹保護者とは実の親のことを指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 親権を行う者、未成年後見人その他の者、乳児または幼児を現に監督する者

    解説

  • 33

    ❺新生児とは出産後( )日を経過しない乳児

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 28

    解説

  • 34

    ( )は、妊娠の届けをした者に対して、母子健康手帳を交付しなければならならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市町村

    解説

  • 35

    妊娠した女子は、母子健康手帳を受け取る義務がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 義務はない

    解説

  • 36

    体重が2500g未満の低体重乳児を出生した保護者は、市町村に届出をしなけらばならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 37

    1歳6ヶ月児健康検査は、満( )歳を超えて満( )歳に達していない児童に対して行わなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 1歳6ヶ月 2

    解説

  • 38

    3歳児健康検査は、満( )歳を超えて満( )歳に達していない児童に対して行わなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 3 4

    解説

  • 39

    母子保健法の訪問指導は、( )、保健師、( )などが行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医師、助産師

    解説

  • 40

    新生児訪問指導は、新生児に対して必ず行わなければならい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 育児上必要があると認める時に行われる

    解説

  • 41

    未熟児訪問指導は、未熟児に対し必ず行わなければならい

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 育児上必要があると認める時に行われる

    解説

  • 42

    未熟児訪問指導は、2013年度より実施主体は市町村から都道府県、保健所を設置する市または特別区となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 未熟児訪問指導は、2013年度より実施主体は都道府県、保健所を設置する市または特別区から、市町村となった

    解説

  • 43

    市町村は、母子健康センターを設置しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村は、必要に応じて、母子健康センターを設置する努力義務がある

    解説

  • 44

    子どもの貧困対策の推進に関する法律の目的は、子どもの将来が生まれ育った環境によって左右されることないのう、貧困状況にある子どもが健やかに育成される環境を整備すると共に、教育の機会均等を図るため、子どもの貧困対策を総合的に推進することを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    子どもの貧困対策の推進に関する法律の基本理念として、子どもの貧困対策は、子どもに対する( )の支援、( )の支援、( )の支援、( )的支援の施策を、子どもの将来がその生まれ育った環境によって左右されることのない社会を旨として講ずることにより、推進されなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 教育 生活 就労 経済

    解説

  • 46

    子どもの貧困対策の推進に関する法律で、( )は基本理念にのっとり、子どもの貧困対策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 47

    子どもの貧困対策の推進に関する法律では、( )は、基本理念にのっとり、子どもの貧困対策に関し、( )と協力しつつ、地域の状況に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 地方公共団体 国

    解説

  • 48

    配偶者から暴力を受けている者を発見した者は、市町村または母子健康センターへ通報するよう努めなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村または母子健康センターではなく 配偶者暴力相談支援センターまたは警察官

    解説

  • 49

    DV防止法では、国及び地方公共団体は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に資するため、加害者の更生のための指導方法、被害者の心身の健康を回復させるための方法等に関する法律調査研究の推進を努める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 50

    DV防止法では、医師その他の医療機関はその業務を行う当たり、配偶者からの暴力により負傷または疾病にかかったと認められる者を発見した時は、通報しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 義務はない 通報できる。

    解説

  • 51

    DV防止法の( )年改正で、配偶者からの生命等に対する脅迫を受けた被害者に係る保護命令が追加された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2007

    解説

  • 52

    配偶者暴力相談支援センターは都道府県に設置義務がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    配偶者暴力相談支援センターは、市町村は設置努力義務である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 54

    国及び地方公共団体は、必要に応じ配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等の活動を行う( )との連携を努めるものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 民間団体

    解説

  • 55

    配偶者からの暴力が関係する相談件数は、毎年増加している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 56

    売春防止法に規定されている、( )は配偶者暴力相談支援センターとしての機能を果たすことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 婦人相談所

    解説

  • 57

    売春防止法に規定されている、婦人相談してのは、要保護女子の収容保護にするための施設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 収容保護ではなくて、保護更生

    解説

  • 58

    売春防止法に規定されている、婦人保護施設は、要保護女子の保護更生に関する義務を行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 保護更生ではなく、収容保護

    解説

  • 59

    婦人相談所、婦人保護施設共に都道府県に設置義務がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 婦人相談所は設置義務があるが 婦人保護施設は、ない

    解説

  • 60

    婦人相談員は、非常勤である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 61

    母子及び父子並びに寡婦福祉法における、児童の定義は( )歳に満たない者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20

    解説

  • 62

    ( )年の改正により、父子家庭まで広げた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2000

    解説

  • 63

    市町村は、母子父子寡婦に対して福祉資金を貸し付けることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村ではなく、都道府県

    解説

  • 64

    母子父子( )は、無料または低額な料金で、母子家庭等に対して、各種の相談に応ずると共に、生活指導及び生業指導など供与する施設。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 福祉センター

    解説

  • 65

    母子父子( )は、無料または低額な料金で、母子家庭等に対して、レクリエーションなど休養のためのものを供与する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 休養ホーム

    解説

  • 66

    『母子家庭及び寡婦自立促進計画』は厚生労働大臣が策定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働大臣ではなく、 都道府県・市及び福祉事務所を設置する市町村

    解説

  • 67

    母子父子自立支援員は、社会的信望があり、かつ、職務を行うに必要な熱意と識見を持っている者のうち、都道府県知事、市長及び福祉事務所を管轄する町村長が委嘱する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 68

    児童虐待防止法は、2000年に制定された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 69

    戦前の児童虐待防止法は、1933年に制定されたが、1947年の( )制定により廃止された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童福祉法

    解説

  • 70

    児童虐待とは、❶( )虐待❷( )的虐待❸( )的虐待❹( )のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 身体的 心理的 性的 ネグレクト

    解説

  • 71

    配偶者に対する暴力を子どもの目の前で行うことは、ネグレクトに該当する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ ネグレクトではなく、 心理的虐待

    解説

  • 72

    児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は速やかに、警察官または児童相談所へ通告しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 警察官は含まれない 都道府県、市町村の設置すること福祉事務所または、児童相談所

    解説

  • 73

    児童虐待の通知を受けた市町村、福祉事務所、児童相談所は、通告した者を特定し公表する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 公表してはいけない。

    解説

  • 74

    児童虐待の疑いのある保護者が再出頭要求に応じない場合には、児童相談所が裁判所の許可を得た上で、立ち入り調査ができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 児童相談所ではなく、都道府県知事

    解説

  • 75

    児童虐待を行なった保護者は、指導を受けることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 指導を受けなければならない

    解説

  • 76

    虐待を行なった保護者は、指導を受けず、都道府県知事による勧告にも従わない時、( )は必要に応じて親権損失の審判を請求することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童相談所長

    解説

  • 77

    児童虐待で最も多いのは、心理的虐待である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    児童虐待の被虐待者の年齢は、幼児が最も多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 幼児ではなく、小学生

    解説

  • 79

    乳児院とは、乳児を入院させて養育することを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 80

    乳児院では、要件を満たしていれば幼児も含む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 保険上、安定した生活環境の確保その他の理由により特に必要がある場合には幼児を含む

    解説

  • 81

    母子生活支援施設には父子家庭も対象者となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 母子生活支援施設の対象者は、配偶者のいない女子またはこれに準ずる事情にある女子とその者の監護すべき児童を入所させ保護し、自立の促進のために生活を支援する。

    解説

  • 82

    母子生活支援施設の入所理由で最も多いのは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家庭内暴力(DV被害)

    解説

  • 83

    母子生活支援施設には父子家庭は入所できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 84

    児童養護施設の対象者は、( )のいない児童、( )されてきる児童、その他環境上養護を必要とする児童を入所させて養護する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 保護者 虐待

    解説

  • 85

    障害児入所施設には、福祉型と医療型がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    医療型の目的とは福祉型に治療を加えたものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 福祉型の目的とは、障害児を入所させ保護、日常生活の指導、独立自活に必要な知識技能の付与を行う。

    解説

  • 87

    情緒障害児短期治療施設は、障害児入所施設の医療型に含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 情緒障害児短期治療施設は、障害児施設ではない。

    解説

  • 88

    情緒障害児短期治療施設は、入所と通所がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 89

    情緒障害児短期治療施設は、( )の情緒障害を有する児童を短期間入所させ、または保護者のもとか通わせ、情緒障害を治すことを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軽度

    解説

  • 90

    情緒障害児短期治療施設の対象者は、幼児期から20歳に至るまでの子どもを対象としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 学童期から18歳に至るまでの子どもを対象としている。

    解説

  • 91

    情緒障害児短期治療施設は、必要がある場合は20歳に至るまでの措置遅延可能である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 92

    児童自立支援施設とは、児童養護施設等退所後の児童の自立促進を主な目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 児童自立支援施設は、不良行為をなし、またはなすおそれのある児童、及び家庭環境その他の環境上の理由により生活指導等を要する児童を入所させ、または保護者のもとから通わせ、個々の児童の状況に応じて必要な指導を行いら自立を支援する。

    解説

  • 93

    助産施設では、( )的理由により入院助産を受けることができない妊産婦を入所させて助産を受けさせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経済

    解説

  • 94

    保育所とは、( )の委託を受けて保育する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護者

    解説

  • 95

    児童発達支援センターは、障害児を対象とした入所型施設である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 入所型ではなく、通所型である。

    解説

  • 96

    児童発達支援センターは、障害児入所施設のように福祉型と医療型がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    児童家庭支援センターとは、地域の児童の福祉に関する各般の問題につき、児童に関する家庭その他からの相談のうち、専門的な知識及び技術を必要とするものに応じ、必要な助言を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 98

    児童家庭支援センターでは、児童相談所、児童福祉施設等との連絡調整その他の援助を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 99

    児童福祉施設への入所に関して、 母子生活支援施設と助産施設は、児童相談所長が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 児童相談所長ではなく、福祉事務所長が行う。

    解説

  • 100

    児童福祉施設の入所に関して、 乳児院、児童養護施設、障害児入所施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設は、児童相談所長が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • または

    解説

  • 101

    母子生活支援施設と助産施設のみ、福祉事務所長が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 102

    保育所の入所は、( )に委任された福祉事務所長または、市町村に置かれる( )が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 市町村 教育委員会

    解説

  • 103

    障害児通所支援とは、児童発達、医療型児童発達支援、( )、( )をいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放課後等デイサービス 保育所等訪問支援

    解説

  • 104

    児童発達支援とは、障害児に対し( )等に通わせ、日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練その他供与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童発達支援センター

    解説

  • 105

    医療型児童発達支援は、福祉型児童発達支援と同様児童発達支援センター等に通所させ、児童発達支援及び治療を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 医療型児童発達支援は、医療児童発達支援センター等の指定発達支援医療機関に通わせる。

    解説

  • 106

    児童発達支援の障害児の障害種類は規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ されていない。 医療型児童発達支援は、自体不自由と規定されている

    解説

  • 107

    放課後等デイサービスとは、学校教育法に規定する学校に就学している障害児に対し、授業終了後または休業日に児童発達支援センター等に通わせ、生活能力の向上のために必要な訓練、社会との交流促進などを行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 108

    放課後等デイサービスの対象者は、幼稚園から大学に就学している障害児である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 幼稚園と大学は除く

    解説

  • 109

    保育所等訪問支援とは、保育所その他の児童が集団生活を営む施設に通う障害児に対し、児童発達支援センター等に通わせ、施設における障害児以外の児童との集団生活への適応のための専門的な支援その他の支援を供与する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 児童発達支援センターには通わない、 直線施設へ訪問する。 保育所等訪問支援とは、保育所その他の児童が集団生活を営む施設に通う障害児に対し、施設を訪問し、施設における障害児以外の児童との集団生活への適応のための専門的な支援その他の支援を供与する。

    解説

  • 110

    障害児相談支援とは、障害児支援利用援助及び( )障害児支援利用援助を行うことをいう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 継続

    解説

  • 111

    障害児相談支援とは、障害児通所支援及び入所支援に関する利用計画案作成のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 障害児相談支援とは、通所支援のみ。 入所支援は、障害者総合支援法で行う。

    解説

  • 112

    障害児のサービス利用決定は、入所・通所共に都道府県が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 入所は、障害者総合支援法だから都道府県 通所は、児童福祉法だから市町村

    解説

  • 113

    認可保育園とは、保護者等の就学や疾病などにより保育でかにい児童を保育することを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 114

    認可保育園の設置主体は、社会福祉法人又は公的法人に限られている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 設置主体は従来、社会福祉法人又は公的法人に限られていたが、2000年3月の厚生省児童家庭局長通知『保育所の設置認可等について』により規制緩和され、現在では株式会社、NPO法人を含む多様な実施主体が設置できるようになった。

    解説

  • 115

    『三位一体の改革』によって、2004年度から公立保育所の運営費が一般財源化され、私立認可保育園もその対象となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 私立認可保育園は、対象外である。

    解説

  • 116

    認可保育園は、( )事業を行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一時預かり

    解説

  • 117

    認可保育園は、地域の乳児、幼児等の保育に関する相談応じて助言を行わなわなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 義務はない 行うよう努めなければならない。(努力義務)

    解説

  • 118

    ( )とは、保護者の就労の有無により利用できる施設が限定されることや、子育てについて不安を感じている保護者への支援が不足していることなどの問題がある中で、地位ににおいて子供が健やかに育成される環境の整備をすることを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認定こども園

    解説

  • 119

    認定こども園には2つの機能がある。 ❶( )の子どもに幼児教育・保育を提供する機能 →保護者の( )の有無に関わらず受け入れ、教育・保育を( )に行う機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 就学前 就労 一体的

    解説

  • 120

    ❷( )における子育て支援を行う機能 →すべての子育て家庭を対象に、子育て不安に対応した相談活動や、親子の集いの場の提供などを行う機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域

    解説

  • 121

    幼稚園、保育所などのうち、認定こども園の2つの機能を備え、認定基準を満たす施設は、市町村長による認定を受けることが出来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村長ではなく、都道府県知事

    解説

  • 122

    認可外保育施設は、都道府県知事の定めた基準によれば、認定こども園の認定を受けることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 都道府県知事ではなく、国

    解説

  • 123

    認定こども園の入所は、利用者と施設との直接契約によりなされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 124

    認定こども園が、利用者と直接契約を結ぶため、申し込みを受けた児童のうち、保育に欠ける児童についての、保育の実施の要否も当該認定こども園が判断する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 申し込みを受けた児童のうち、保育に欠ける児童については、 市町村長長に送付し、市町村が保育の実施の要否を判断することになる。

    解説

  • 125

    児童自立生活援助事業とは、別名( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自立援助ホーム

    解説

  • 126

    児童自立生活援助事業は、児童自立支援施設を退所した者の、社会的促進をしようとするものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 児童自立生活援助事業は、義務教育終了後、児童養護施設などを退所し、就職する児童等に対して、共同生活を通し、生活設計・就労に関する相談や日常生活上の援助及び生活指導を行うことにより、社会的自立を促進しようとするものである。

    解説

  • 127

    児童自立生活援助事業の、対象者は義務教育を修了した満20歳に満たない者である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 128

    家庭支援専門相談員は、別名( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファミリーソーシャルワーカー

    解説

  • 129

    家庭支援専門相談員の主な業務は3つある。 ❶保護者等への( )のための養育相談・養育指導

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 早期家庭復帰

    解説

  • 130

    ❷退所後の( )に対する継続した生活相談

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童

    解説

  • 131

    ❸( )委託推進のための相談・養育指導

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 里親

    解説

  • 132

    家庭支援専門相談員は、( )、児童養護施設、( )、( )に配置しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳児院 情緒障害児短期治療施設 児童自立支援施設

    解説

  • 133

    児童相談所は、都道府県と指定都市に設置義務がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 134

    児童相談所の主な業務のうち、児童及びその家庭について、必要な調査、並びに( )学的、( )学的、( )学的、( )学的及び精神保健上の判定を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医 心理 社会 教育

    解説

  • 135

    児童相談所は児童の一時保護を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 136

    一時保護とは、( )が、児童が虐待を受けているなど必要があると認める時に、一時的に行う保護のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 児童相談所長

    解説

  • 137

    一時保護の期間は原則として、開始した日から、6ヶ月を超えてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 6ヶ月ではなく、2ヶ月

    解説

  • 138

    児童相談所長は、適当な者に委託して、一時保護を加えさせることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 139

    児童相談所長は、児童等の親権者に関わる親権喪失、親権停止を行うことができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 児童相談所長は、児童等の親権者に関わる親権喪失、親権停止もしくは管理権喪失の審判の請求または審判の取り消しの請求を行うことができる。

    解説

  • 140

    社会的養護を行う対象児童は、約( )人である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4万6千人

    解説

  • 141

    里親の認定は、都道府県知事の意見を聞いた上で、児童相談所が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 里親の認定は、都道府県児童福祉審議会の意見を聞いた上で都道府県知事が行う

    解説

  • 142

    ( )里親は、虐待を受けた児童のさ、非行傾向のある児童、障害児など一定の専門的ケアを必要とする児童を対象としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専門

    解説

  • 143

    親族里親は、4親等以内の親族である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 4親等ではなく、3親等

    解説

  • 144

    里親が委託する養育児童は、20歳未満の者とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 20歳未満ではなく、18歳未満

    解説

  • 145

    小規模居住型児童養育事業とは、別名( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファミリーホーム

    解説

  • 146

    小規模居住型児童養育事業では、児童養護施設などにおいて、適切な支援の質の担保を図りつつ、5〜6人の要保護児童をより適切に養育する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 小規模居住型児童養育事業では、養育者の住居において、家庭的な養育環境の下、適切な支援の質の担保を図りつつ、5〜6人の要保護児童をより適切に養育する。

    解説

  • 147

    ( )は、要保護児童などを早期発見し、保護や適切な支援を行うため、関係機関が情報を交換し、支援内容を協議する機関である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要保護児童対策地域協議会

    解説

  • 148

    要保護児童対策地域協議会の設置者は都道府県である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 都道府県ではなく、地方公共団体

    解説

  • 149

    要( )児童とは、保護者のない児童または保護者に監護させることが不適当であると認められる児童。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護

    解説

  • 150

    要保護児童には、虐待を受けた児童に加え非行児童なども含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 151

    要( )児童とは、乳児家庭全戸訪問事業の実施などにより把握した、保護者の養育を支援することが特に必要と認められる児童。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 支援

    解説

  • 152

    保護者とは、児童の扶養義務を負う者である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 保護者とは、親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護する者。

    解説

  • 153

    特定妊婦とは、出産後の養育について、出産前において支援を行うことが特に必要と認められる妊婦。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • または

    解説

  • 154

    要保護児童対策地域協議会の構成員として、教育関係、保健医療関係機関の職員も想定される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 155

    ( )は、要保護児童対策地域協議会に関する事務を総括するとともに、要保護児童等に対する支援の実施状況を的確に把握し、必要に応じて、児童相談所、養育支援訪問事業を行う者その他関係機関等との連絡調整を行う機関。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要保護児童対策調整機関

    解説

  • 156

    恤救規則は、無告の窮民であって、かつ13歳以下の孤児を救済することを規定している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 157

    感化法に規定されていた感化院の入院対象年齢は、18歳未満であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 満8歳以上16歳未満の少年犯罪者等に対して、感化教育を行った

    解説

  • 158

    戦前の工場法では、18歳未満の児童労働を禁止した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 12歳未満の児童労働を禁止した

    解説

  • 159

    救護法では、貧困にあたって15歳以下の幼者を救済の対象者とした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 13歳以下

    解説

  • 160

    戦前の児童虐待防止法の対象年齢は16歳未満であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 14歳未満

    解説

  • 161

    日本初の養育施設である、『東京府養育院』を創設した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 渋沢栄一

    解説

  • 162

    乳児や孤児を救済するため『浦上養育院』を創設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 岩永巻き

    解説

  • 163

    日本初の孤児院である『岡山孤児院』を創設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石井十次

    解説

  • 164

    日本初の知的障害者福祉施設である、『滝乃川学園』を創設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 石井亮一

    解説

  • 165

    感化院である『家庭学校』を東京巣鴨に設立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 留岡幸助

    解説

  • 166

    貧民のための幼稚園である、『双葉幼稚園』(現、双葉保育園)を創設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 野口幽香

    解説

  • 167

    日本初の肢体不自由児学校である『光明学校』を開設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高木憲次

    解説

  • 168

    知的障害児施設である『近江学園』を創設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糸賀一雄

    解説

  • 169

    『この子らを世の光に』という言葉を残した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糸賀一雄

    解説

  • 170

    児童の権利に関する条約には、18歳未満のすべての人の保護と基本的人権の尊重を促進することを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 171

    児童の権利に関する条約には、親の保護や援助を受けることにより効力をもつ権利(受動的権利)について保障している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ ➕、人間として主張を行使する自由を得ることにより効力をもつ権利(能動的権利)についても保障している。

    解説

  • 172

    児童の権利に関する条約には、児童の最善の利益が主として考慮されるとことする、と規定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 173

    家庭型保育事業では、保護者の労働や疾病等の理由により保育を必要とする小学校就学前の乳幼児に対して、保育を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 小学校就学前の乳幼児ではなく、 満3歳未満の乳幼児

    解説

  • 174

    家庭的保育事業とは、定員が5〜6人で、家庭的保育者がその居宅その他の場所において保育を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 定員は、5人以外

    解説

  • 175

    ( )事業は、小学校に就学している児童で、保護者が労働等により昼間家庭にいない者に対して、授業終了後に児童更生施設等の施設を利用して適切な遊びや生活の場を与えて、その健全な育成を図る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放課後児童健全育成

    解説

  • 176

    放課後児童育成健全事業は、別名( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放課後児童クラブ

    解説

  • 177

    子育て短期支援事業とは、子育て等に対する相談、保護者への指導を短期的に行うことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 子育て短期支援事業とは、家庭において養育を受けることが一時的に困難になった児童について、児童養護施設等に入所させ、必要な保護を行う。

    解説

  • 178

    子育て短期支援事業には、短期入所生活援助事業と夜間養護等事業がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 179

    短期入所生活援助事業とは、保護者の育児不安や育児疲れ、慢性疾患児の看病疲れ等、身体的・精神的負担の軽減が必要な場合に、児童を保護する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 180

    短期入所生活援助事業には、保護者の疾病や仕事などの理由でも構わない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 181

    乳児家庭全戸訪問事業は、原則として生後一年までの乳児のいるすべての家庭を訪問する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 生後一年ではなく、 生後4ヶ月

    解説

  • 182

    乳児家庭全戸訪問事業で問題のあった一部の家庭は( )事業に繋がる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 養育支援訪問

    解説

  • 183

    養育支援訪問事業は、保護者等に対して、その養育が適切に行われるよう、家庭を訪問し、養育に関する相談、指導、助言その他必要な支援を行なう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 保護者に対してではなく、 要支援児童に対して

    解説

  • 184

    地域子育て支援拠点事業では、乳幼児と保護者が相互の交流を行う場を開設し、子育てについての相談、情報の提供、助言その他の援助を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 185

    要保護児童対策地域協議会は、児童虐待防止法に基づき、市町村に設置しなければならないとされている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 要保護児童対策地域協議会は、児童福祉法に規定されており、地方公共団体に設置することが努力義務とされている。

    解説

  • 186

    里親を委嘱するのは都道府県知事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 里親は委嘱されるのではなく、認定される。

    解説

  • 187

    ファミリーソーシャルワーカーは、入所児童の早期の退所を促進し、親子関係の再構築等が図られることを目的としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 188

    市町村・都道府県は5年を一期とし、『子ども・子育て支援事業計画』を策定いなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56600

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ