zuknow learn together

新しい教材を作成

姿勢

カード 25枚 作成者: コバ (作成日: 2016/10/04)

  • 休息・睡眠の必要性

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    休息・睡眠の必要性

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.活動エネルギーを補給する 2.疲れを癒し、心身の緊張をほぐす 3.人が生きていくために必要な生理機能を営む

    解説

  • 2

    脳の休息による脳下垂体からの成長ホルモンの分泌

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 若年層は成長 成人は身体の修復 免疫機能が高まる

    解説

  • 3

    サーカディアンリズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒトは時を知ることの出来ない環境においても、24〜25時間ごとに眠ったり起きたりを繰り返す。 概日リズム

    解説

  • 4

    同調因子

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体内にもつ25時間の生態リズムを地球環境の24時間に合わせている因子 動物が最も影響を受ける同調因子は光 また社会的要因も強力な同調因子

    解説

  • 5

    健康な成人の睡眠周期

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約90〜100分 ノンレム睡眠とレム睡眠の周期は一晩3〜4回

    解説

  • 6

    レム睡眠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浅い眠り 急速な眼球運動 記憶の定着や学習を促す 脳波は覚醒時に近い 交感・副交感神経機能が低下 自律神経系の不安定化により、呼吸・脈拍・血圧が不規則に変動 筋緊張の低下 夢を見ることが多い

    解説

  • 7

    ノンレム睡眠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体機能も大脳も休養状態 脳血流が低下し外界からの刺激が脳に届かない 筋肉への血流は増加し、活動エネルギーを蓄積・保存する 脳波は緩やかな振動 副交感神経系が優位になり、縮瞳・血圧低下・徐脈・発汗量増加 筋緊張の保持 夢は覚えていない

    解説

  • 8

    乳幼児期の睡眠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 短い睡眠と短い覚醒を繰り返す

    解説

  • 9

    小児期の睡眠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昼間は覚醒し、夜間一回だけ睡眠をとるパターンを確立

    解説

  • 10

    一般成人の睡眠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平均7時間程度の睡眠

    解説

  • 11

    老年期の睡眠

    補足(例文と訳など)

    答え

    • まとまった覚醒が困難になり、さらに夜間の覚醒も多くなる

    解説

  • 12

    睡魔の悩み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 若年者は起床困難 老年期は早朝覚醒

    解説

  • 13

    睡眠不足の原因

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 身体的 生理学的 心理学的 精神医学的 薬学的

    解説

  • 14

    睡眠に快適な室温

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冬季16〜20℃ 夏季25〜28℃

    解説

  • 15

    睡眠に快適な明るさ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 照度10〜30ルクス

    解説

  • 16

    寝床内気候

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度33℃ 湿度50%

    解説

  • 17

    ADL

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日常生活活動

    解説

  • 18

    運動・活動のメカニズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 206個 骨格を形成、姿勢を保つ 無機塩類の貯蔵 造血

    解説

  • 20

    関節

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 関節を支点、骨格筋の収縮を力点としたてこの原理により、安定した動き、大きな力、早い運動を、可能にしている

    解説

  • 21

    活動・運動の効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    運動能力

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳幼児期と思春期の発達は著しい 成人期初期の後から徐々に低下

    解説

  • 23

    運動麻痺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運動中枢から骨格筋までのいずれかの経路に障害が起こり、随意運動が出来なくなる状態

    解説

  • 24

    廃用症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 活動・運動が制限されることや過度の安静保持や長期臥床によって障害が生じること 1日安静臥床するだけでも生じる

    解説

  • 25

    運動制限・廃用症候群が招く影響

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

57021

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ