zuknow learn together

新しい教材を作成

情報処理技術者試験 システム開発

カード 29枚 作成者: Yuuki Fukushima (作成日: 2016/10/03)

  • ペアプログラミング

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ペアプログラミング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実装担当及びチェック担当の二人一組で役割を交代しながら開発を行うこと

    解説

  • 2

    XDDP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • eXtreme Derivative Development Process 派生開発を、変更プロセスと追加プロセスとに分けて開発を行うこと

    解説

  • 3

    DFD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムの入力と出力がどんな情報なのかを示し、データがどこから来てどこに行くのか、どこに格納されるのかを示す

    解説

  • 4

    E-R図

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム化の対象世界にある実体(エンティティ)と実体間の関連(リレーションシップ)を表現

    解説

  • 5

    HIPO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソフト設計のため、入力、処理、出力を明確に表現するダイアグラム。

    解説

  • 6

    ペトリネット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分散システムに現れる並行プロセスの状態変化を表現。条件、事情、資源(トークン)で表現。

    解説

  • 7

    現物理モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現行業務をベースに新システムを開発する場合に、現行業務をDFDでモデル化する

    解説

  • 8

    現物理モデルの注意点

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非効率や無駄な部分があればそのまま記載し、現行業務をありのままに反映する

    解説

  • 9

    現論理モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現行業務の物理的要素や無駄を考えずに、現行業務の本質部分をDFDでモデル化

    解説

  • 10

    新論理モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現論理モデルから新システムで必要となる新機能・改善内容を加味してモデル化

    解説

  • 11

    新物理モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新論理モデルに新業務上の物理的な要素を加えてモデル化

    解説

  • 12

    決定表

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 条件と論理を対比させた表。複雑な条件記述などに有効

    解説

  • 13

    構造化チャート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 処理をブロックで表現。最上位を関数名として、左から右へ、階層的に表現できる。

    解説

  • 14

    MDA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モデル駆動型アーキテクチャ。PF依存部分と、非依存部分で分けてモデル化

    解説

  • 15

    PIM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PFに依存しない部分のモデル

    解説

  • 16

    PSM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PF毎のモデル

    解説

  • 17

    OMT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オブジェクト思考のシステム開発方法論の1つ。

    解説

  • 18

    DOA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データ中心アプローチ。システムで扱うデータ構造に着目してシステム設計を行う手法

    解説

  • 19

    DOAのプロセス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データを中心に構造を整理し重複を排除、またプロセスの重複も排除する

    解説

  • 20

    STS分割

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データの流れに着目し、入力・変換・出力に分割。モジュールの独立性を高めやすい。

    解説

  • 21

    TR分割

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トランザクション単位でモジュール分割。トランザクション毎に処理が異なる場合に有効

    解説

  • 22

    共通機能分割

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システム全体から共通する機能を洗い出して、共通モジュールとする手法

    解説

  • 23

    ジャクソン法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データの構造に着目して分割。

    解説

  • 24

    インヘリタンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 継承のこと。親クラスの定義を引き継いで子クラスを定義。

    解説

  • 25

    モジュール強度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モジュールに含まれる機能の独立性尺度

    解説

  • 26

    機能的強度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モジュールが単一機能をもつ。最もモジュールの独立性が高い。

    解説

  • 27

    情報的強度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同一のデータ構造を扱う複数の機能的強度のモジュールを、それぞれに入口、出口を設けて、一つにパッケージ化したもの

    解説

  • 28

    スタンプ結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 構造を持つ引数(構造体など)を引き渡す

    解説

  • 29

    データ結合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 構造を持たない引数(スカラ型)を受け渡す。もっともモジュール結合度が弱い。

    解説

56635

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ