zuknow learn together

新しい教材を作成

世界史 キーワードで一問一答② ギリシア世界

カード 27枚 作成者: mayo_ti (作成日: 2016/09/27)

  • ・南フランスに建設されたギリシア植民市
    ・現マルセイユ
    ・ポエニ戦争時代にはローマに味方する
    ・自治都市として栄えた

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ・南フランスに建設されたギリシア植民市 ・現マルセイユ ・ポエニ戦争時代にはローマに味方する ・自治都市として栄えた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マッサリア

    解説

  • 2

    ・エーゲ海世界に南下し定着したギリシア人の自称 ・地中海への植民活動開始以降、同一民族意識に目覚める ・英雄ヘレンの子孫と考えていた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘレネス

    解説

  • 3

    ・ドーリア人に征服される ・スパルタの先住民 ・農耕労働を強制される ・貢納の義務を負わされる ・隷属農民階級

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘイロータイ(ヘロット)

    解説

  • 4

    ・アテネで市民権を与えられなかった被支配民 ・鉱山採掘などに従事 ・従属民

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 奴隷

    解説

  • 5

    ・スパルタの伝説的立法者 ・土地の均等分配、所有地の売買禁止、常備軍の創設などを定める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リュクルゴス

    解説

  • 6

    ・古代地中海世界 ・軍隊の主力 ・兜、盾、長槍を装備 ・装備は自己負担 ・市民が参政権を求める契機に ・ファランクス戦法の主力を担う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 重装歩兵

    解説

  • 7

    ・古代地中海世界 ・右手に長槍、左手に盾 ・重装歩兵の市民が隊列を組んで戦う戦法 ・長槍密集隊形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファランクス

    解説

  • 8

    ・前594年 ・アルコンに選出 ・アテネの貴族政治家 ・負債の帳消し、債務奴隷禁止、市民を4等級に分ける財産政治を行った ・貴族と平民の対立の調停を試みた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソロン

    解説

  • 9

    ・前480年 ・レオニダス王が率いるスパルタ軍がアケメネス朝との陸上戦で全滅した戦い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テルモピレーの戦い

    解説

  • 10

    ・前479年 ・スパルタのパウサニアスが指揮するギリシア軍が、クセルクセス1世撤退後のアケメネス朝軍に完勝 ・ペルシア戦争を集結させた戦い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラタイアの戦い(プラテーエの戦い)

    解説

  • 11

    ・前478年頃 ・アケメネス朝の再攻に備えた軍事同盟 ・中心:アテネ ・ペロポネソス戦争で多くのポリスが離反 ・ペロポネソス同盟に敗れる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デロス同盟

    解説

  • 12

    ・アテネ全盛期の政治家 ・デロス同盟を指揮 ・ギリシア民主政治を完成 ・パルテノン神殿の再建 ・ペロポネソス戦争勃発までストラテゴス(将軍)の地位にあった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペリクレス

    解説

  • 13

    ・民会を最高議決機関とする ・直接民主制 ・アルコン(執政官)などの役職を抽選で決定 ・クレイステネスが基礎を築く ・ペリクレス時代に完成した政体

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (古代)民主政治

    解説

  • 14

    ・前431年 ・デロス同盟とペロポネソス同盟間の戦争 ・デマゴーゴスの登場により政治混乱に陥ったアテネが敗れる ・スパルタが勝利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペロポネソス戦争

    解説

  • 15

    ・ペロポネソス戦争期に登場 ・扇動政治家 ・アテネ敗北の一因に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デマゴーゴス(デマゴーグ)

    解説

  • 16

    ・ギリシア中部のポリス ・エパメイノンダスに率いられる ・レウクトラの戦いでスパルタを破る ・ギリシアを支配

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テーベ(テーバイ)

    解説

  • 17

    ・マケドニア王 ・カイロネイアの戦いに勝利 ・コリントス同盟(ヘラス同盟)を結成 ・アレクサンドロス大王の父

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィリッポス2世

    解説

  • 18

    ・前338年 ・アテネの北西 ・フィリッポス2世がテーベ、アテネ同盟軍を撃破 ・マケドニアを全ギリシア統一に導いた戦い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カイロネイアの戦い

    解説

  • 19

    ・ギリシア人植民市 ・東方遠征中 ・エジプトに建設 ・プトレマイオス朝の都 ・ムセイオン(王立研究所)開設 ・ヘレニズム文化の中心 ・「世界の結び目」と称される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アレクサンドリア

    解説

  • 20

    ・前6世紀 ・中心:ミレトス ・イオニア植民市 ・合理的な思考方法で万物の根源を解明しようとする哲学 ・代表者:タレス、ピタゴラス、デモクリトス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然哲学(イオニア自然哲学)

    解説

  • 21

    ・自然哲学者 ・サモス島出身 ・万物の根源を数と主張 ・三平方の定理 ・ギリシア数学の基礎を作った

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピタゴラス

    解説

  • 22

    ・ソフィスト ・弁論術の職業的教師 ・「万物の尺度は人間(人間が万物の尺度)」 ・相対主義を主張 ・ソクラテスに批判される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロタゴラス

    解説

  • 23

    ・ソクラテスの弟子 ・『国家(論)』 ・イデア論唱える ・哲人政治を理想とした ・アカデメイアを開設

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラトン

    解説

  • 24

    ・プラトンの弟子 ・「万学の祖」 ・アレクサンドロス大王の教育係 ・リュケイオン開設 ・イスラーム神学やスコラ学に影響与える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アリストテレス

    解説

  • 25

    ・ギリシア人歴史家 ・「歴史の父」 ・ペルシア戦争を主題にした『歴史』を著す ・スキタイに言及 ・「エジプトはナイルのたまもの」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘロドトス

    解説

  • 26

    ・アテネ出身の歴史家 ・ペロポネソス戦争を題材とした『歴史』を残す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トゥキディデス

    解説

  • 27

    ・ヘレニズム哲学の一派 ・創始者:ゼノン ・禁欲による幸福を追求 ・自然と理性に従って生きることを説く ・マルクス=アウレリウス=アントニヌスが学んだ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストア派

    解説

56869

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ