zuknow learn together

新しい教材を作成

社会保障論

カード 137枚 作成者: you__0310 (作成日: 2016/09/27)

  • 社会保険とは、強制加入の保険制度である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    社会保険とは、強制加入の保険制度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 生活の困難をもたらす各種のリスクが発生した場合に、一定の給付を行い、その生活の安定を図ることを目的としている。

    解説

  • 2

    社会保険は、医療保険、労働者災害補償保険、年金保険、介護保険の4種類である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 雇用保険、も含む

    解説

  • 3

    異なる社会保険から同時に給付を受ける場合の優先順位は、雇用保険⇒年金保険⇒介護保険⇒労働者災害補償保険の順である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 介護保険と労働者災害補償保険は逆 50音順、そして介護保険は2000年施行なため最後!と覚える!!

    解説

  • 4

    狭義の社会保障は、社会保険、公的扶助、社会福祉、公衆衛生及び医療、老人保険の5部門から構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    広義の社会保障は、狭義の社会保障に( )、戦争犠牲者援護を加えたものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 恩給

    解説

  • 6

    所得再分配機能には、現金給付だけでなく現物給付もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 所得再分配機能とは、低所得者の生活を安定させる機能のこと。

    解説

  • 7

    所得再分配機能の、水平的再分配とは、高所得者から低所得者へ再分配することである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 垂直的再分配の、内容

    解説

  • 8

    所得再分配機能の、垂直的再分配とは同じ水準の所得層内で再分配すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 垂直的再分配ではなく、水平的再分配の内容

    解説

  • 9

    垂直的再分配とは、生活保護制度のことであり、水平的再分配とは、児童手当、年金保険などの世代間の所得再分配のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 10

    ( )とは、国民一人一人が、国民生活を自らの責任と努力によって営むこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自助

    解説

  • 11

    ( )とは、自助のみでは対応できないリスクに対して、制度化された社会保険等によって国民が相互に支えあい安心した生活を保障すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共助

    解説

  • 12

    ( )とは、自助や共助によっても対応できない困窮などの状況に対して、受給要件を定めた上で必要な生活保障を行うこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公助

    解説

  • 13

    社会保障の基本的な考え方は、自らが( )で生活することを応援する仕組みであり、連帯して支え合う( )や困窮時の( )も含むものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に、 自助、共助、公助

    解説

  • 14

    年金制度は、国民年金を基礎に、厚生年金保険である被用者年金、企業年金等の3階建ての体型である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 企業年金等には、確定拠出年金、確定給付年金、厚生年金基礎がある。

    解説

  • 15

    厚生年金に統一される以前は、厚生年金保制度、国家公務員共済組合制度、地方公務員共済組合制度、私立学校教職員共済制度の4つが被用者年金制度内で分かれていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    国民年金は、原則として( )歳〜( )歳未満の者が加入する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に、 20、60

    解説

  • 17

    20歳以前及び60歳以降後に厚生年金保険に加入した期間は、合算対象期間として国民年金の受給期間に算入されるが、受給する年金額には反映されない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    第1号被保険者の保険料は、全国一律である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 19

    第1号被保険者には、保険料を免除する制度として、法定免除と申請免除がり、どちらも全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 法定免除は、全額免除のみである。 申請免除には、全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除がある。

    解説

  • 20

    法廷免除の要件は、いずれかに該当する者。 ❶障害基礎年金または障害厚生年金を受けている ❷生活保護の( )を受けている ❸国立及び国立以外の( )療養所などで療養している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 生活扶助 ハンセン病

    解説

  • 21

    申請免除の要件は、 ❶前年度の要件が低い時 ❷本人又はその世帯主が生活保護の生活扶助以外をうけているとき。 ❸保険料の納付が著しく困難なとき 第1号被保険者本人、保険料連帯納付義務者である世帯主・配偶者のいずれもが❶❷❸等のいずれかに該当する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 22

    申請免除は、配偶者と別居中のDV被害者も対象となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    若年者納付猶予制度の対象者は、50歳未満の第1号被保険者である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 2016年7月より、対象者が30歳未満から50歳未満へと拡大した。

    解説

  • 24

    年金保険料猶予制度は、20年以内に追納しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 20年ではなく、10年

    解説

  • 25

    年金保険料免除、納付猶予の申請は過去( )年に遡ってできる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 26

    ( )制度とは、過去10年間に年金保険料未納期間のある者が、所定の加算金を加えて保険料を後から支払うことが出来る制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 後納

    解説

  • 27

    ( )制度とは、過去10年間に年金保険料免除期間、もしくは納付猶予期間がある者が、所定の加算金を加えて保険料後から支払うことが出来る制度。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 追納

    解説

  • 28

    第1号被保険者は、日本国籍を有していれば他国に所在していても該当される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 日本に住所を有していなければならない 国籍は関係ない

    解説

  • 29

    第2号被保険者は、( )保険の被保険者または( )の組合員・加入者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 厚生年金 共済組合

    解説

  • 30

    老齢基礎年金の繰上げ受給をした場合、一生涯減額された年金額を受け取ることになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    老齢基礎年金の繰上げ受給をした場合( )年金、( )年金、( )年金の受給権を失う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 寡婦 障害基礎 障害厚生

    解説

  • 32

    老齢厚生年金の支給額は老齢基礎年金に上乗せという形で支給され、報酬比例の年金額に( )年金を加えた額である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加給年金

    解説

  • 33

    加給年金とは、扶養家族に( )歳未満の妻や( )歳未満の子、または1.2級の障害状態にある20歳未満の子がいる場合に支給される年金。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 65 18

    解説

  • 34

    ( )老齢基礎年金は、賃金と年金額に応じて年金の一部または全額が支給停止される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 在職

    解説

  • 35

    障害基礎年金は初診日に( )歳未満であった者が( )歳に達した日に障害等級1.2級の状態にある時、支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • どちらも、20

    解説

  • 36

    障害基礎年金の支給額は、障害等級2級の場合、老齢基礎年金の( )が支給され、1級の場合には、老齢基礎年金の満額相当の( )倍が支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 満額 1.25

    解説

  • 37

    障害厚生年金の支給要件の中に、初診日において厚生年金の被保険者であり、障害認定日まで被保険者である必要があると記載されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 初診日において厚生年金の被保険者である必要はあるが、障害認定日まで被保険者である必要はない。

    解説

  • 38

    障害厚生年金も、障害等級1.2級に該当する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 1.2.3級に該当する必要がある

    解説

  • 39

    遺族基礎年金は、通常( )年金と言われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 養育 遺族基礎年金は、養育年金と覚えると理解しやすい。

    解説

  • 40

    遺族基礎年金は、18歳未満の子を持つ妻や両親のいない18歳未満の子に支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    遺族基礎年金は、2014年から( )にも支給されることになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 父子家庭

    解説

  • 42

    子の要件として死亡時、胎児であった子は受給できない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 死亡時、胎児である子は生まれた時に受給される

    解説

  • 43

    遺族厚生年金額は、原則として( )年金の計算式例により、計算して算出された額の( )に相当する額とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 老齢厚生年金 4分の3

    解説

  • 44

    厚生年金保険の保険料は、事業主との折半である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 45

    厚生年金保険法で定める標準報酬月額の等級区分は第1級から第( )級である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30

    解説

  • 46

    報酬とは、労務の対償として受けた給与を指している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 労務の対償として受けた報酬の総額を指し、給与、手当、賞与、その他全てを含む。

    解説

  • 47

    ( )とは、労務の対償として受けら全てのもののうち3ヶ月を超える期間ごとに支給されるとの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賞与

    解説

  • 48

    厚生年金保険法で定める標準賞与額は、1ヶ月あたり( )円が上限である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 150

    解説

  • 49

    厚生年金保険は、( )中は保険料免除となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 育児休業

    解説

  • 50

    短時間労働者は、厚生年金保険の被保険者にはなれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 所定労働時間および所定労働日数が正規雇用の労働者と比べておおむね4分の3以上あれば、原則被保険者となる。

    解説

  • 51

    2016年10月から、短時間労働者に対する厚生年金保険の適用範囲が拡大された。❶〜❺まである。 ❶週所定労働時間が( )時間以上であること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20

    解説

  • 52

    ❷月額賃金が88000円以上(年収106万円以上)であること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    ❸勤務期間が( )以上あること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年

    解説

  • 54

    ❹( )は適用除外

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学生

    解説

  • 55

    ❺従業員600人以上であること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 600人ではなく、501

    解説

  • 56

    ( )年金制度とは、企業がその従業員を対象に実施する制度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業

    解説

  • 57

    企業年金制度は、1961年の( )の成立を踏まえて、それを補完する形で整備が進められた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国民皆年金

    解説

  • 58

    確定( )型年金は、あらかじめ給付額が定められている年金制度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 給付

    解説

  • 59

    確定給付型年金には、( )と確定給付型企業年金の2つの制度がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 厚生年金基金

    解説

  • 60

    厚生年金基金とは、企業が基金を設立して( )年金の一部を代行して給付し、代行部分に独自の上乗せ給付を行う制度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 老齢厚生

    解説

  • 61

    基金の加入者は、厚生年金基金のみに加入者し厚生年金保険には加入しなくても良い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生年金基金と厚生年金保険の双方に加入することになる。

    解説

  • 62

    ( )をきっかけに厚生年金基金の財源不足が問題となり、2014年に基金の新設は廃止された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • AIJ投資顧問事件

    解説

  • 63

    厚生年金基金は、( )年までに財政が健全な基金以外の解散、もしくは他制度への以降が進められることとなった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2019

    解説

  • 64

    確定拠出型年金は、拠出された掛け金が個人ごとに明確に区分され、加入者自らが資産の運用を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 65

    確定拠出型年金は、給付額が決定される年金制度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 66

    確定拠出型年金制度(個人型)に加入できるのは、確定拠出型年金等( )型を実施してない企業の従業員と国民年金の第( )号被保険者である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 企業 1

    解説

  • 67

    64歳〜74歳までの前期高齢者には( )制度という( )間の財政調整制度がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 前期高齢者医療 保険者

    解説

  • 68

    企業を退職し被用者保険から国民健康保険へと変更した時に生じる医療費負担の不均衡を調整するために、1984年に( )制度が創設された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 退職者医療

    解説

  • 69

    退職者医療制度は、2006年の医療制度改革により、2008年廃止された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 70

    退職者医療制度が廃止され、前期高齢者医療制度が創設された。 その翌年、後期高齢者医療制度が創設された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 退職者医療制度が廃止され、前期・後期高齢者医療制度が同時に創設された。(多分、、、)

    解説

  • 71

    後期高齢者医療制度の運営主体は市町村である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 都道府県を単位とする市町村の広域連合

    解説

  • 72

    75歳以上の者は、後期高齢者医療制度に強制的に加入しなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 73

    65歳以上75歳未満の者で一定以上の障害があり厚生労働大臣から認定を受けた者は、任意で後期高齢者医療制度に加入できる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働大臣ではなく、広域連合 65歳以上75歳未満の者で一定以上の障害があると広域連合から認定を受けた者は、任意で後期高齢者医療制度に加入できる。

    解説

  • 74

    生活保護を受給している75歳以上の高齢者も若者強制加入となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 生活保護を受給している者は、被保険者となることはできない。

    解説

  • 75

    若年者の医療保険料から、後期高齢者支援金が抜かれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 76

    後期高齢者医療制度の内訳は、( )割は後期高齢者支援金である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4

    解説

  • 77

    後期高齢者医療制度の内訳は、5割が公費負担である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 78

    後期高齢者医療制度の、公費負担は国( )割、都道府県( )割、市町村( )割である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 4 1 1

    解説

  • 79

    後期高齢者医療制度の保険料は厚生労働大臣が定める。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働大臣ではなく、広域連合

    解説

  • 80

    後期高齢者医療制度の保険料徴収は、運営主体の都道府県が行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 都道府県ではなく、広域連合を構成する市町村

    解説

  • 81

    後期高齢者医療制度の自己負担割合は原則1割だが、現役並みの所得がある者2割である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 2割ではなく、3割

    解説

  • 82

    国民健康保険法は、( )年に制定された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1938

    解説

  • 83

    第二次世界大戦は( )年から( )年である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1939〜1945 1939 イック(リュック)サック 1945 行くよ〜ゴー

    解説

  • 84

    国民健康保険の保険者は市町村である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 市町村と国民健康保険組合の2つ 国民健康保険組合は、医師や弁護士など同職種によって構成されている。

    解説

  • 85

    国民健康保険の保険者は2018年に都道府県に移管される予定である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 86

    国民健康保険組合の、職種は決められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 国民健康保険組合は、自営業であっても同職種のものが連合して作ることが法律で決められている。

    解説

  • 87

    国民健康保険の被保険者には、住所地特例がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 88

    住所地特例とは、病院、診療所、施設等に入院、入所し、住所を病院等の所在地の市町村に変更した場合、新たに変更した住所の市町村が保険者となること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 住所地特例とは、病院、診療所、施設等に入院、入所し、住所を病院等の所在地の市町村に変更した場合、引き続き住所変更前の住所地の市町村が保険者となる。

    解説

  • 89

    国民健康保険の被保険者は世帯主に納付義務がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 90

    世帯主が国民健康保険の被保険者ではない場合は、被保険者本人に納付義務がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 世帯主が被保険者ではなくても、世帯員が被保険者だったら世帯主に納付義務がある。

    解説

  • 91

    世帯主が被保険者ではなくても、世帯員が被保険者だったら世帯主に納付義務がある。 こうした世帯主を( )世帯主という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 擬制

    解説

  • 92

    被用者保険から脱退、生活保護の廃止など国民健康保険の該当者になったら( )以内に加入することが義務付けられている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 14

    解説

  • 93

    国民健康保険の制定当初、工場労働者等を対象にしていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 国民健康保険ではなく、健康保険 国民健康保険は、農山漁村の住民を対象としていた

    解説

  • 94

    健康保険は( )年に制定された

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1922 にゃんにゃん

    解説

  • 95

    短時間労働者は健康保険の被保険者にはなれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生年金と同じで、所定労働時間および所定労働日数が通常の労働者と比べておおむね4分の3以上あれば、被保険者となれる。

    解説

  • 96

    退職した者であっても、健康保険の任意継続被保険者の資格を得ることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 97

    健康保険の任意継続被保険者となったものは、申請をしない限り永久的に適用される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 次が答えだよん。

    解説

  • 98

    健康保険の任意継続被保険者の適用期間は、任意継続被保険者となった日から( )間である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2年

    解説

  • 99

    『健康保険法』で定める標準報酬月額と『厚生年金保険法』で定める標準報酬月額の等級区分は同じである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 次に続く

    解説

  • 100

    『健康保険法』で定める標準報酬月額の等級区分は第1級〜第( )級 『厚生年金保険法』定める標準報酬月額の等級区分は第1級〜第( )級

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 50 30

    解説

  • 101

    『健康保険法』で定める賞与と『厚生年金保険法』で定める賞与の基準は同じである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 続くよん。

    解説

  • 102

    『健康保険法』で定める標準賞与額は、( )の累計額573万円が上限 『厚生年金保険法』で定める標準賞与額は、( )当たり150万円が上限

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 年度 1ヶ月

    解説

  • 103

    健康保険の、全国健康保険協会と健康保険組合は、付加給付が認められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 健康保険組合のみ、認められている

    解説

  • 104

    健康保険の保険料は事業主が2分の1負担する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 105

    ( )が運営していた政府管掌健康保険は2008年に独立して公法人化され、全国健康保険協会となった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会保険庁

    解説

  • 106

    全国健康保険協会は、主に( )企業で働く従業員やその家族が加入している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中小

    解説

  • 107

    全国健康保険協会は、都道府県を単位として保険料が異なる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 108

    健康保険組合は、主に( )企業で働く従業員やその家族が加入している

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 109

    健康保険組合の保険料率は、厚生労働大臣が定める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働大臣ではなく、適用事業所ごと

    解説

  • 110

    義務教育就学前の乳幼児は、2割が自己負担となるが、国による『乳幼児医療費助成制度』によって、自己負担分の助成を受けることができる場合がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 国ではなく、地方公共団体

    解説

  • 111

    入院食事療養費は、被扶養者については( )費として給付される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家族療養

    解説

  • 112

    入院時食事療養費に年齢制限がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ ない

    解説

  • 113

    入院時生活療養費に年齢制限がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 65歳以上

    解説

  • 114

    ( )とは、65歳以上の人が療養病床に入院し、療養の給付と合わせて生活療養を受けた時に給付される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入院時生活療養

    解説

  • 115

    傷病手当金の要件のうち、連続する( )間の後( )日間以上仕事に就けなかったこと、がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 3 4

    解説

  • 116

    傷病手当金は、療養のため4日以上休んだ時は初日から支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 4日目から欠勤1日ごとに支給される。

    解説

  • 117

    傷病手当金の支給期間は、4日目からの( )の範囲内である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1年6ヶ月

    解説

  • 118

    全国健康保険協会、健康保険組合員、各種共済組合では、傷病手当金は( )給付である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 法定

    解説

  • 119

    健康保険、各種共済組合の資格損失をしたら傷病手当金の給付を受けることはできない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 資格損失(退職等)の前日まで、被保険者期間が継続して1年以上あり、被保険者資格損失日の前日に、現に傷病手当金を受けているか、傷病手当金の受給要件❶〜❸の全てを満たしていれば、資格損失後も引き続き受けることができる。

    解説

  • 120

    出産育児一時金とは、出産のため仕事を休暇して給料をもらえない時は、産休中の間、1日に付き算定された額が支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 出産育児一時金ではなく、出産手当金

    解説

  • 121

    健康保険、共済組合の場合被保険者本人、被扶養者が死亡した時に埋葬料として10万円支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 10万円ではなく、5万円

    解説

  • 122

    2015年度の一般会計予算の歳出のうち、社会保障関係費は( )%を占め、最( )歳出となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 32.7 大

    解説

  • 123

    社会保障財源は、( )と( )が中心であるが、資産収入もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会保険料、公費負担

    解説

  • 124

    2013年度の社会保障財源のうち、社会保険料が( )%、公費負担が( )%を占めている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 49.6 33.9

    解説

  • 125

    社会保障給付費は、毎年、増加している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 126

    2013年度の社会保障給付費の対国内総生産比は22.91%であり、対国民所得比は30.56%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 127

    社会保障給付費の規模は国の一般財源予算と同じ金額である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 社会保障給付費の規模は国の一般財源予算の規模の1.2倍に達している

    解説

  • 128

    国民負担率とは、国民一人当たりの社会保障負担率を合わせたものです。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 国民負担率とは、国民所得に対する租税負担率と社会保障負担率を合わせたものです

    解説

  • 129

    日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、スウェーデン、フランスの国民負担率を比較すると、( )が最も小さく、2番目に小さいのは( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に アメリカ 日本

    解説

  • 130

    ( )とは、厚生労働大臣の諮問機関として厚生労働省内に設置された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会保障審議会

    解説

  • 131

    50年勧告の、社会保障の理念は最低限度の生活の保障であるとした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 132

    50年勧告の社会福祉の定義は、( )の適用を受けている者、( )障害者、児童、その他援護を要する者が自立してその能力が発揮できるように、必要な生活指導、厚生補導その他援護育成を行うことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 国家扶助 身体

    解説

  • 133

    50年勧告では、( )を中心として税金を財源とする公的扶助制度は補完的な位置付けとした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会保険

    解説

  • 134

    50年勧告による社会保障制度は、社会保険、国家扶助、公衆衛生・医療、社会福祉の4分野から構成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 135

    95年勧告の社会保障の基本的理念は、広く国民に健やかで安心できる生活を保障することであるとし、国民の( )と( )の考えが社会保障制度を支える基盤となることを強調した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 自立 社会連帯

    解説

  • 136

    社会保障制度改革国民会議報告書では、( )、( )、( )、( )の4分野についての改革が報告された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 少子化対策、医療、介護、年金

    解説

  • 137

    日本の総人口は、2060年には約6400万人になると推計される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 約8674万人

    解説

56919

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ