zuknow learn together

新しい教材を作成

サッカー用語 は行からわ行まで

カード 65枚 作成者: ゆう (作成日: 2014/04/28)

  • バイタルエリア

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

サッカーで使われている用語、技の名前をまとめてみました。ワールドカップもこれで楽しくみれるかも!? サッカーの戦術、ルールに対する理解が深まること間違いなし!

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    バイタルエリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 得点のつながりやすいプレーが生まれるエリアのこと。主にセンターバックとボランチの間、ラストパスを出せるゾーンのことを指す場合が多い。

    解説

  • 2

    バックパス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 味方ゴールキーパーにパスをすること。キーパーは味方から足でパスされたボールは手を使うことはできない(ももや胸、頭を使ってのパスなら手で取ることができる)。ただし、故意にパスした場合でなければ味方が足で触っていてもキーパーは手で取ることが認められる。勝っているチームが時間稼ぎのためにキーパーにパスするシーンが激増したためこのルールが設けられた。

    解説

  • 3

    ハットトリック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じ選手が1試合で3得点すること。クリケットでは1試合3得点した選手に帽子をプレゼントしていたことからこの名前がつけられた。

    解説

  • 4

    バナナシュート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バナナのように曲がるカーブのかかったシュートのこと。

    解説

  • 5

    バレリーナターン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボールを受けた時に足の裏でトラップした後、そのまま足を引いて回転する技。軸足でボールをブロックしているので相手は簡単に足を出せない。

    解説

  • 6

    パワープレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前線に張っているフォワードにロングパスを放り込み、フォワードが落としたボールやこぼれ球を狙い得点を奪おうとする戦術のこと。試合終了間際にどうしても点が取りたい時に用いる戦術で、力づくで得点を狙う姿勢からこの名前がつけられた。

    解説

  • 7

    ハーフウェイライン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピッチの中央に敷かれたラインのこと。

    解説

  • 8

    ハーフタイム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前半と後半の間の休憩時間のこと。

    解説

  • 9

    ハーフボレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バウンド直後のボールを蹴ることで主にシュートの時に用いられる。

    解説

  • 10

    パンチング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールキーパーが拳を使ってボールを弾き返すプレーのこと。「フィスティング」ともいう。 キーパーがキャッチできないと判断した際に、両手もしくは片手で、ボールを大きく弾き返してクリアすることで相手にシュートされることを防ぐプレー。

    解説

  • 11

    パントキック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールキーパーが手に持っているボールを地面につかないで蹴ること。

    解説

  • 12

    ビッグブリッジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手の右側にボールを出し、相手はDFの左側から突破する技。もちろん逆パターンもアリ。相手はどちらからまわっていいかわからなくなる。

    解説

  • 13

    ビルドアップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディフェンダーやボランチが後方から攻撃を組み立てること。

    解説

  • 14

    ヒールキック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かかとでボールを後ろに蹴ること。相手の意表をつく時に使うが、安定感を欠く上に至近距離でしか使えない。

    解説

  • 15

    ヒールリフト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両足でボールを縦に挟み込み、そのまま軸足のかかとを浮かした後、上から押さえ込んでいた足を素早く軸足にしてそれと同時にさっきまで軸足だった方の足を蹴り上げてボールを浮かす技。

    解説

  • 16

    ピーケー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ペナルティキック」の略称。自陣ペナルティエリア内で直接フリーキックに該当するファールを犯してしまった場合に相手チームにPKの権利が与えられる。PKを蹴る瞬間までキッカーとゴールキーパー以外の選手はペナルティエリアの中に入れず、エリア外でもボールのある地点よりも後ろにいなければならない。また、キーパーもPKを蹴る瞬間までゴールライン上に立っていなければならない。

    解説

  • 17

    ファーサイド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボールのある側から遠い方のサイド。反対語は「ニアサイド」。

    解説

  • 18

    ファーストタッチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほとんど「トラップ」と同じような意味だが、こちらの方がより広く用いられる。「トラップ」はボールをコントロールするだけだが、「ファーストタッチ」は相手をかわしたりする場合にも用いることができる。上手いフォワードはパスを受ける時にファーストタッチで相手ディフェンダーをかわし、自分が最もシュートを打ちやすい場所に持っていくことができる。

    解説

  • 19

    ファンタジスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 創造性溢れるプレーで観客を魅了するロベルト・バッジョを賞賛するために作られた造語。それ以来こういったタイプのプレイヤーのことをこう呼ぶ。

    解説

  • 20

    ファンブル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールキーパーがボールをキャッチできずにこぼすこと。即失点につながる可能性が高いため、ファンブルするリスクがある場合はキーパーはキャッチせずに「ディフレクティング」や「パンチング(フィスティング)」といったプレーを選択することが多い。

    解説

  • 21

    フィジカル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選手の身体能力のこと。スピード、パワー、バランス能力などの総称。

    解説

  • 22

    フィード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前線にいる選手にパスを出すこと。

    解説

  • 23

    フォアチェック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前線から積極的にプレッシャーをかけて相手ゴールに近い位置でボールを奪い、攻撃につなげる戦術のこと。反対語は「リトリート」。

    解説

  • 24

    プルアウェイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディフェンダーの視野から巧みに消え、マークをはずしボールを受ける動き。

    解説

  • 25

    フリックオン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほとんどコースを変えずに頭や足などにボールをかすらせてダイレクトで後方へ送るプレー。 ロングボールや、センタリングの場面で多く見られ、特にヘディングに多い。

    解説

  • 26

    フリーキック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手からファールを受けた時に、地面にボールを静止させてボールを蹴る権利を与えられる。相手側はボールより10 ヤード(9.15メートル)離れなければならない。ファールの種類により「直接」か「間接」の2つに分けられる。

    解説

  • 27

    ブレイクアウェイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディフェンスラインの裏に出てきたボールをゴールキーパーが処理すること。

    解説

  • 28

    プレスバック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボールを持った相手側の選手を自陣へ戻りながら挟み込むようプレッシャーをかけるプレー。

    解説

  • 29

    プレースキック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリーキック、ゴールキック、コーナーキックでプレーを再開することを指す。

    解説

  • 30

    ヘディング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トラップ、パス、シュート、クリアなどを頭で行なうこと。

    解説

  • 31

    ペナルティエリア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールの周りの大きい方の四角いエリア。ゴールキーパーは自陣ペナルティエリア内では手を使ってボールを扱うことができる。

    解説

  • 32

    ペナルティキック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「PK」の正式名称。

    解説

  • 33

    ポストプレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前線でロビングボールを受けて周りにいる味方に落とすプレーのこと。

    解説

  • 34

    ポゼッション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チームでパスをまわして相手に取られないようにする戦術のこと。

    解説

  • 35

    ボランチ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポルトガル語で「かじ取り」の意味。中盤の底に位置して、攻守両面でプレーの方向付けを行ない、試合をコントロールするミッドフィルダーのこと。チームの戦術によってその役割は異なるが、相手からボールを奪い攻撃の起点となるパスを出して攻撃を組み立てていく選手で、チーム全体の動きを把握して攻守のバランスを取る重要なポジションである。

    解説

  • 36

    ボレーキック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 浮き球を直接キックすること。

    解説

  • 37

    ホーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分たちが普段練習したりなど慣れ親しんだピッチで試合をすること。反対語は「アウェー」。

    解説

  • 38

    ホームアンドアウェー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • お互いのホームで1試合づつ試合を行なうこと。アウェーでは厳しい条件の中で試合を行なわなくてはいけないことが多いため、最も公平な試合方式である。

    解説

  • 39

    ホールディング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手を手でつかんだり押さえ込んだりするファールのこと。

    解説

  • 40

    マーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手選手のポジションに合わせて自分のポジションを取り、ボールを奪うための態勢を作ること。

    解説

  • 41

    マリーシア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ずる賢いプレーのこと。勝っている時やカウンターを食らわないための時間稼ぎやダイブなどがこれに当たる。

    解説

  • 42

    マルセイユルーレット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボールを足裏で引き寄せながら半回転し、相手に背を向けてボールを完璧にブロックしつつ流れるように逆足にボールをスイッチして残りの半回転で進行方向へ抜けるという技。ジネディーヌ・ジダンが幼少の頃、マルセイユ市内でこのフェイントを多用していた事からこう呼ばれるようになった。

    解説

  • 43

    マルチボールシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボールが遠くに蹴り出された時にプレーが中断しないように、次のボールがすぐに入ってくるというシステム。

    解説

  • 44

    マンツーマン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1人の選手が特定の相手選手をマークすること。

    解説

  • 45

    ミドルレンジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーフウェイラインから相手陣地のペナルティエリアまでのエリアのことを指すが、実際はペナルティエリアにより近いエリアのことをこう呼ぶ。

    解説

  • 46

    ミートザボール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パスを受ける時に自らボールに寄っていくプレーのこと。相手にインターセプトされることを防ぐために使う。

    解説

  • 47

    戻りオフサイド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パスが出た瞬間にはオフサイドポジションにいる選手が、自陣の方向へ下がっていって オフサイドポジションではないところでパスを受けた場合のオフサイド。 一見するとオフサイドではないように感じられるが、 パスが出た瞬間の受け手のポジションが判定の基準となるため、 オフサイドが成立する。

    解説

  • 48

    ユーティリティプレーヤー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のポジションや役割をこなすことのできる能力を備えた選手のことを指す。戦略上の選択肢を増やすことができる貴重な存在。

    解説

  • 49

    ライナーボール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低くて速い弾道のパスのこと。反対語は「ロビングボール」。

    解説

  • 50

    ラインコントロール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プレッシャーを効率よくかけるために、ラインを上げてコンパクトに保つこと。これが悪いと、オフサイドの裏を相手に狙われたりするため、非常に危険である。

    解説

  • 51

    ラストパス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュートにつながるパスのこと。

    解説

  • 52

    ラボーナ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自分の利き足と反対側にあるボールを蹴る時に、ボールに近い方の足を軸足にして利き足を後ろから交差させてボールを蹴る技。

    解説

  • 53

    ラーボ・デ・バッカ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポルトガル語で「牛のしっぽ」という意味。ロマーリオがクラシコで見せた技で、ゴールに背を向けた状態で相手をブロックしながらトラップした足のインサイドでそのままボールをひきずるようにして軸足を軸に180度ターンする技。足でボールをひきずる動きが牛のしっぽに似ていることから名付けられた。

    解説

  • 54

    リザーブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交代要員としてベンチで待機している選手のこと。

    解説

  • 55

    リトリート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全員がいったん自陣まで下がり、そこからディフェンスを開始する戦術のこと。反対語は「フォアチェック」。

    解説

  • 56

    リフティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボールを地面に落とさないように蹴り続けること。安定してしっかりボールの真ん中を蹴らないと続けられないため、サッカー選手に不可欠な技術。単純なようだがインステップ、インサイド、アウトサイド、モモ、頭、肩など様々な部分で色々な技が見せられてなかなか奥が深い。

    解説

  • 57

    ループシュート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴールキーパーの頭を越えるように浮かして蹴るシュートのこと。

    解説

  • 58

    レジスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリア語で「演出家」の意味。ボランチとほぼ同じ意味で用いられるが、パスで攻撃を演出できる選手という意味合いが込められている。

    解説

  • 59

    レッドカード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極めて悪質なプレー、他選手への暴力、審判への暴言などを行なった選手に対して出される。また、1試合に同じ選手が2枚イエローカードをもらった場合にも出される。レッドカードを出された選手はその場で退場し、悪質さの程度によって1~4試合の出場停止となる。また、レッドカードを出されたチームはその試合は退場した選手の代わりに新しく選手を補充することはできない。

    解説

  • 60

    ロコモティブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手と併走している時に足を上げてボールを止める仕草を見せ、相手がスピードを落とした瞬間に一気にトップスピードに持っていって相手を置き去りにする技。

    解説

  • 61

    ロスタイム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 様々な理由によりプレーが中断した時間とランニングタイム45分との誤差の時間分、試合が延長されること。「アディッショナルタイム」、「インジュリータイム」と呼ぶ場合もある。

    解説

  • 62

    ロビングボール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 山なりの浮いたパスのこと。反対語は「ライナーボール」。

    解説

  • 63

    ロングスロー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手陣地深くでゴール前まで飛ぶようなスローインのこと。

    解説

  • 64

    ワンサイドカット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 縦か横のどちらかを封じて相手を一方へ追い込んでいくプレーのこと。

    解説

  • 65

    ワンツーパス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 味方にパスを出して前に走り、ダイレクトで再び自分にパスをもらうプレーのこと。「壁パス」と呼ぶ場合もある。

    解説

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ