zuknow learn together

新しい教材を作成

保健医療サービス

カード 50枚 作成者: you__0310 (作成日: 2016/09/26)

  • 高額療養費共同事業とは、( ) の財政の安定化を図るため、一定額以上(一件( )円)の高額医療費について、都道府県内の全ての市町村が拠出し、( )の負担の変動を暖和する事業である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    高額療養費共同事業とは、( ) の財政の安定化を図るため、一定額以上(一件( )円)の高額医療費について、都道府県内の全ての市町村が拠出し、( )の負担の変動を暖和する事業である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 国民健康保険 80万 各市町村

    解説

  • 2

    高額医療費共同事業の負担割合は、国が( )、都道府県が( )、市町村国民健康保険が( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 1/4 1/4 1/2

    解説

  • 3

    限度額適用認定証は、70歳以上の者の入院に関わる高額医療費のみで現物給付が認められている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 医療制度改革により、2007年から70歳未満の入院患者にも対象者が拡大した。

    解説

  • 4

    高額医療費の現物給付とは、窓口での支払いが自己負担額で済むことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 5

    2012年より外来診療においても、限度額適用認定証を提示することで70歳未満も現物給付が認められるようになった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 6

    高額医療費制度の費用は所得ごとに分かれる。 70歳未満は( )段階 70〜75歳は( )段階

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 5 3

    解説

  • 7

    高額医療費の申請を受け入れた場合、受信した月から少なくとも1ヶ月程度はかかる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 1ヶ月ではなく、3ヶ月

    解説

  • 8

    高額医療費の支給を受ける権利の消滅時効は、診療を受けた翌月の初日から3ヶ月である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 3ヶ月ではなく、2年

    解説

  • 9

    70歳未満の高額医療費制度の世帯合算は、同じ世帯で、同じ月に2人以上がそれぞれ医療費が21000円以上になった場合は、住所が異なっている場合は世帯合算の対象とはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 住所が異なっていても、合算して限度額を超えた部分が申請によって返金される。

    解説

  • 10

    70歳以上の世帯合算は、負担額に関わらず請求することができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    高額医療費制度の特例措置に特定疾病療養受養証(高額長期疾病)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 12

    高額長期疾病とは、厚生労働大臣が定める難病とされる306疾病が対象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 難病とされる306疾病は含まれていない。 血友病、慢性腎不全、HIVの3疾病が該当する。

    解説

  • 13

    特定疾病療養受療証は、自己負担額が月( )円となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1万円

    解説

  • 14

    高額医療・高額介護合算療養費制度は、1ヶ月の医療保険と介護保険における自己負担の合計が著しく高額になる場合に、負担を軽減する仕組み。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 1ヶ月ではなく、1年

    解説

  • 15

    我が国では、保険診療と保健外診療の併用(混合診療)は原則として禁止されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    保険診療と保険外診療の併用を例外的に認める制度が、( )制度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保険外併用診療費

    解説

  • 17

    保険外診療でも、評価療養と選定療養は保険診療との併用が認められて、保険外併用療養費が支給される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 18

    ( )療養とは、保険給付の対象とすべきか否かについて適正は医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことことでり、再生医療等が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 評価

    解説

  • 19

    ( )療養とは、特別の病室の提供など被保険者の選定に係ることであり、特別の療養環境を必要とする者が対象である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 選定

    解説

  • 20

    評価療養および選定療養を受けた時は、全額、保険外併用療養費として医療保険から給付される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 療養全体に係る費用のうち基礎部分については、保険外併用療養費として医療保険から給付され、特別料金部分については全額自己負担となる。

    解説

  • 21

    2015年に新たな保険外併用療養の仕組みとして、( )療養が創設された。これは、2016年4月より実施された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 患者申出

    解説

  • 22

    患者申出療養とは、高度の医療技術を用いた療養であって、当該療養を受けようとする者の申出に基づき、保険給付の対象とすべきか否かについて、適正な医療の効率的な環境を図る観点から評価を行うことがひつような療養として、厚生労働大臣が定めるものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 23

    患者申出療養は、患者からの申出を起点とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 24

    医療費適正化計画は、( )の到来に対応した医療構造改革を目指す計画である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 超高齢社会

    解説

  • 25

    現在は第( )期医療費適正化原則が実施されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2

    解説

  • 26

    2015年に医療費適正化計画は、『持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律』に基づく措置の一つとして、見直しが行われた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 27

    都道府県は年度ごとに、都道府県医療費適正化計画の進歩状況を公表するものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 義務ではなく、努力義務である。

    解説

  • 28

    厚生労働大臣は、年度ごとに、全国医療費適正化計画の進歩状況を公表するものとする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 厚生労働大臣は義務で 都道府県は努力義務

    解説

  • 29

    医療費適正化計画において、地域医療構想を策定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 医療費適正化計画ではなく、 医療計画で策定する。

    解説

  • 30

    医療計画とは、地域完結型医療を目的とした計画である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 31

    医療計画では、都道府県が2次医療圏を設定し、療養病床及び一般病床に係る基準病床数について定めている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    2次医療圏とは、( )を除く( )治療を主体とした一般の医療需要に対応するために設定された区域である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 特殊な医療 入院

    解説

  • 33

    2006年の第5次『医療法』改正により、4疾病5事業について医療計画を策定することが、厚生労働大臣に義務づけられた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 厚生労働大臣ではなく、都道府県

    解説

  • 34

    2011年には4疾病に( )が追加され、5疾病となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 精神疾患

    解説

  • 35

    5事業は、5疾病に対応した医療連携体制の確保に必要な事業であり、( )の普及等を通じ実施される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域連携クリティカルパス

    解説

  • 36

    5疾病とは、がん、( )、( )( )、精神疾患である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病

    解説

  • 37

    5事業の中に、災害時医療が含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 救急医療 災害時医療 へき地医療 周産期医療 小児医療

    解説

  • 38

    都道府県が策定する地域医療構想は、2次医療圏単位での策定が原則である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 39

    クリティカルパスは、原則患者には提示しない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ クリティカルパスは診療内容や達成目標を示した診療計画であるため、入院時に患者に提示する。

    解説

  • 40

    シームレスケア研究会では、急性期病院や回復期リハビリ病院等の間で情報の共有を図り、医療関係者同士が意見交換や研究を行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    地域連携クリティカルパスは、( )等において作成される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シームレスケア会議

    解説

  • 42

    大腿骨頸部骨折、脳卒中、がんについては、クリティカルパスの作成が診療報酬上の評価とはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 評価対象となっている。

    解説

  • 43

    ( )料とは、転院後又は退院後の地域における患者の治療を総合的に管理するため、( )を作成する保険医療機関が算定する点数。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順に 地域連携診療計画管理 地域連携診療計画

    解説

  • 44

    ( )料とは、地域において、患者の退院後の治療等を補う管理病院と連携する医療機関が算定する点数。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地域連携診療計画退院時指導

    解説

  • 45

    ( )料とは、病院側と在宅の診療所側が退院後の居宅で療養上必要な説明及び指導を共同で行った場合、それぞれの医療機関で原則入院中1回、算定できる点数。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 退院時共同指導

    解説

  • 46

    国民医療費とは、当該年度内の医療機関等における保険診療、保険外診療の対象となり得る疾病の治療に要した費用を推計したもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 保険外診療は含まれない

    解説

  • 47

    国民医療費には、医科診療や歯科診療にかかる診療費、薬局調剤医療費、訪問看護医療費等が含まれ、入院時食事・生活費は含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 入院時食事・生活費も国民医療費に含まれる。

    解説

  • 48

    国民医療費には、保険診療の対象とならない評価療養、選定療養及び不妊治療における生殖補助医療等は費用に含まれない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 49

    国民医療費は、疾病の治療費に限っているため、妊娠・分娩、健康診断・予防接種は費用に含まれない。 身体障害者の義眼や義肢等は費用に含まれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ✖️ 身体障害者の義眼や義肢等も費用に含まれない。

    解説

  • 50

    国民医療費の推計費用の内訳は、医療保険等給付分、後期高齢者医療給付分、公費負担医療給付分、( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 患者負担

    解説

57038

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ