zuknow learn together

新しい教材を作成

冷凍三種法令1-1

カード 21枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/09/26)

  • 高圧ガス保安法は、高圧ガスによる災害を防止して公共の安全を確保するという目的のために、民間事業者及び高圧ガス保安協会による高圧ガスの保安に関する自主的な活動を「促進」することのほか、高圧ガスの製造、貯蔵、販売等について「規制」することも定めている。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

冷凍三種法令試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    高圧ガス保安法は、高圧ガスによる災害を防止して公共の安全を確保するという目的のために、民間事業者及び高圧ガス保安協会による高圧ガスの保安に関する自主的な活動を「促進」することのほか、高圧ガスの製造、貯蔵、販売等について「規制」することも定めている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

  • 2

    高圧ガス保安法は、高圧ガスによる災害を防止して公共の安全を確保するという目的のために、高圧ガス保安協会による高圧ガスの「保安に関する自主的な活動を促進」することは定めていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    高圧ガス保安法は、民間事業者及び高圧ガス保安協会による高圧ガスの「保安に関する自主的な活動を促進」することが定められている。

  • 3

    高圧ガス保安法は、高圧ガスによる災害を防止して公共の安全を確保するため、民間事業者による高圧ガスの保安に関する自主的な活動を「規制」している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    高圧ガス保安法は民間事業者及び高圧ガス保安協会による高圧ガスの保安に関する自主的な活動を「促進」することが定められている。

  • 4

    常用の温度において圧力が1MPa以上となる圧縮ガス(圧縮アセチレンガスを除く)であって、現にその圧力が1MPa以上であるものは高圧ガスである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    【圧縮ガスにおける高圧ガスの定義】①常用の温度において圧力が1[MPa]以上で、「現に」その圧力が1[MPa]以上であれば高圧ガス②温度35℃において圧力が1[MPa]以上であれば高圧ガスである。

  • 5

    常用の温度において圧力が1[MPa]未満となる圧縮ガス(圧縮アセチレンガスを除く)であっても、温度35℃においてその圧力が1[MPa]であるものは、高圧ガスである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    温度35℃において圧力が1[MPa]以上であれば高圧ガスである。

  • 6

    常用の温度において圧力が0.2MPa以上となる液化ガスであって、現にその圧力が0.2MPa未満であっても、高圧ガスである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    常用の温度において0.2MPa以上で、現在の圧力が0.2MPa以上の液化ガスは高圧ガスである。

  • 7

    常用の温度において圧力が0.15MPaの液化ガスでも圧力が0.2MPaとなる場合の温度が20℃であるものは高圧ガスである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    温度35℃以下で圧力が0.2[MPa]以上で、現にその圧力が0.2[MPa]以上であれば高圧ガスである。

  • 8

    1日の冷凍能力が「3トン未満」の冷凍設備内の高圧ガスは、高圧ガス保安法の適用を受けない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    冷凍能力が「3トン未満」の冷凍設備内における高圧ガスは法の適用を受けない。「不活性のフルオロカーボン」の場合は、冷凍能力が「5トン未満」の冷凍設備内の高圧ガスは法の適用を受けない。

  • 9

    1日の冷凍能力が「5トン」の冷凍設備内における高圧ガスであるフルオロカーボン(不活性のものに限る)は、高圧ガス保安法の適用を受けない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    不活性のフルオロカーボンの場合は、冷凍能力が5トン未満の冷凍設備内の高圧ガスが適用外となる。5トンは含まれない。※「未満」「以上」などの表現に注意。

  • 10

    アンモニアは、「可燃性ガス」であり、「毒性ガス」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    毒性ガスは、アンモニアとクロルメチルの2種類。

  • 11

    圧縮機の「原動機の定格出力」の数値は、「遠心式圧縮機」を使用する冷凍設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    「遠心式圧縮機」では、「原動機の定格出力」1.2[kW]をもって1日の冷凍能力1トンとしている。

  • 12

    「発生器」を加熱する「1時間の入熱量」の数値は、吸収式冷凍設備の1日の冷凍能力の算定に必要な数値の一つである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    吸収式冷凍設備にあっては、「発生器」を加熱する「1時間の入熱量」27,800[kJ]をもって1日の冷凍能力1トンとする。

  • 13

    容積圧縮機(往復動式)である冷凍事業所の1日の冷凍能力の算定には、冷媒ガスの「種類」に応じて定められた数値(C)が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    「C」は、冷媒ガスの種類に応じて定められた数値。

  • 14

    容積圧縮機(往復動式)である冷凍事業所の1日の冷凍能力の算定には、圧縮機の「標準回転速度」における「1時間のピストン押しのけ量」の数値(V)が必要な数値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    「V」は、圧縮機の標準回転速度における1時間のピストン押しのけ量[㎥]の数値。

  • 15

    容積圧縮機(往復動式)である冷凍事業所の1日の冷凍能力の算定には、圧縮機の原動機の「定格出力」の数値(W)が必要な数値である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    往復動式の「定格出力」は、必要な数値として定められていない。

  • 16

    「遠心式圧縮機」を使用する製造設備の1日の冷凍能力の算定には、圧縮機の「標準回転速度」における「1時間当たりの吐出し量」の値が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    必要な数値として定められていない。※「遠心式圧縮機」を使用する製造設備にあっては、当該圧縮機の原動機の「定格出力」1.2[kW]をもって1日の冷凍能力1トンとする。

  • 17

    「遠心式圧縮機」を使用する製造設備の1日の冷凍能力の算定には、蒸発器の冷媒ガスに接する側の「表面積」の値が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    必要な値として定められていない。

  • 18

    「遠心式圧縮機」を使用する製造設備の1日の冷凍能力の算定には、圧縮機の原動機の「定格出力」の値が必要である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    遠心式圧縮機を使用する冷凍設備にあっては、当該圧縮機の原動機の定格出力1.2[kW]をもって1日の冷凍能力1トンとする。

  • 19

    1日の冷凍能力が「50トン」である冷凍のための設備(1つの設備であって、認定指定設備でないもの)を使用して高圧ガスの製造をしようとする者は、その製造する高圧ガスの「種類」にかかわらず、事業所ごとに都道府県知事の「許可」を受けなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    第一種製造者が「50トン以上」の不活性フルオロカーボン、不活性以外のフルオロカーボンまたはアンモニアを使用する場合には「許可」が必要である。

  • 20

    1日の冷凍能力が「30トン」の製造設備を使用して高圧ガスの製造をしようとするものであっても、その冷媒ガスの「種類」によっては都道府県知事の「許可」を受けなくてもよいものがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

    ①不活性のフルオロカーボンは50トン以上、②不活性以外のフルオロカーボンまたはアンモニアは50トン③その他のガスは20トン以上で第1種製造者は「許可」を受けなければならない。

  • 21

    「第二種製造者」は、事業所ごとに、高圧ガスの製造開始の日の「20日前まで」に、その旨を都道府県知事に「届け出」なければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誤答選択肢

    解説

57041

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ