zuknow learn together

新しい教材を作成

小児聴覚障害Ⅱ

カード 77枚 作成者: あだーちょ (作成日: 2016/09/25)

  • 間違いを指摘せよ:聴覚口話法による指導では、より聴覚を活用するために、なるべく視覚的な手段を用いない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

小児聴覚障害Ⅱ

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    間違いを指摘せよ:聴覚口話法による指導では、より聴覚を活用するために、なるべく視覚的な手段を用いない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音声言語に近い形で活用するために聴覚的手段と視覚的手段を併用する。

    解説

    音声言語に近い形で活用するために聴覚的手段と視覚的手段を併用する。

  • 2

    間違いを指摘せよ:聴覚障害児の指導では、手話を第一言語(母語)として使用する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手話が第一言語となるとは限らない。

    解説

  • 3

    キュードスピーチによる指導は日本語の子音部分を手の形(キュー)で表し、母音部分を口形で表すので音声を用いない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 音声も用いて指導する。

    解説

  • 4

    間違いを指摘せよ:先天性の聴覚障害児は、対人的相互交渉の不十分さから家族以外との愛着関係が成立しづらくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家族に対しても孤独感を感じる事もある。

    解説

  • 5

    間違いを指摘せよ:Mondini奇形は、内耳に電極を挿入するスペースがないため、人工内耳の適応が無い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Mondini奇形では蝸牛軸が頂回転には無いが基底核にはあるので、人工内耳適応となる。

    解説

  • 6

    間違いを指摘せよ:先天性サイトメガロウィルス感染では出生後すぐに難聴発症し、症状が固定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出生前に発症(先天性)するケースや出生数年後に発症するケースなど様々である。

    解説

  • 7

    空欄を埋めよ:出生児の1/( )人が高度先天性難聴を発症し、そのうち約( )%で難聴遺伝子が関与している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1000、60

    解説

  • 8

    空欄を埋めよ:遺伝性難聴の( )%が症候群性難聴で( )%が非症候群性難聴である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 30、70

    解説

  • 9

    空欄を埋めよ:非症候群性難聴の多くが常染色体( )遺伝の遺伝形式をとる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 劣性

    解説

  • 10

    空欄を埋めよ:JCB2(コネキシン26)遺伝子異変は( )性難聴の原因遺伝子として最も頻度が高い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非症候群

    解説

  • 11

    空欄を埋めよ:JCB2(コネキシン26)遺伝子異変では( )のやりとりに障害をきたすことによる難聴が発症する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カリウムイオン

    解説

  • 12

    空欄を埋めよ:JCB2(コネキシン26)遺伝子異変では( )は正常なため人工内耳の効果が( )。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基底板、高い

    解説

  • 13

    空欄を埋めよ:非症候群性難聴で2番目に多いものはSLC26A4遺伝子変異で( )症を伴う事が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 前庭水管拡大

    解説

  • 14

    合併症状を答えよ:Alport症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎障害

    解説

  • 15

    合併症状を答えよ:Norrie症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視覚障害

    解説

  • 16

    合併症状を答えよ:Treacher Collins症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特異顔貌

    解説

  • 17

    合併症状を答えよ:Pendred症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲状腺腫

    解説

  • 18

    合併症状を答えよ:ミトコンドリア症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 糖尿病、筋・神経症状

    解説

  • 19

    合併症状を答えよ:Waardenburg症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 色素異常

    解説

  • 20

    合併症状を答えよ:Branchio-Oto-Renal(BOR)症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 頭部瘻孔、尿路奇形

    解説

  • 21

    合併症状を答えよ:Stickler症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視覚障害、関節変形、顔面低形成

    解説

  • 22

    合併症状を答えよ:Usher症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 網膜色素変性症

    解説

  • 23

    合併症状を答えよ:Jervell and Lange-Nielsen症候群

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 心電図異常

    解説

  • 24

    間違いを指摘せよ:聴性行動反応検査(BOA)では、聴性行動を観察し、対象児の聴力閾値を測定する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対象児の難聴の有無の推定、聴性行動の発達評価を行う。

    解説

  • 25

    間違いを指摘せよ:聴覚強化式検査(VRA)ではCOR同様に光刺激で強化しつつ音の定位反応を促し反応を得る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VRAはスピーカーを1つのみ使用するため、定位反応は取れない。

    解説

  • 26

    間違いを指摘せよ:ベビー型補聴器は乳幼児専用に作成された補聴器で、主に乳幼児にはベビー型を用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最近は耳かけ型補聴器が小型化しており、乳幼児であっても耳かけ型補聴器を主に使用する。

    解説

  • 27

    間違いを指摘せよ:小児の人工内耳の適応年齢は原則3歳児以上であるが例外もある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人工内耳の適応年齢は原則「1歳以上」であるが、例外もある。

    解説

  • 28

    間違いを指摘せよ:重複障害と認定され身体障害者手帳が交付されたら、補聴器購入時費用の9割を各自治体が負担してくれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 難聴の程度により定められた上限額の範囲内で、補聴器購入時費用の9割を各自治体が負担してくれる。

    解説

  • 29

    空欄を埋めよ:幼児の補聴器フィッティングは、保護者の( )の状況を推し量り、カウンセリングと併行させる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 障害受容

    解説

  • 30

    空欄を埋めよ:新生児は出生1か月までに( )、3か月までに( )、6か月までに( )することが望ましい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 難聴発見、難聴診断、補聴器装用開始

    解説

  • 31

    空欄を埋めよ:補聴器を装用開始したら、装用指導を行い( )を目指す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 常時装用

    解説

  • 32

    空欄を埋めよ:3歳未満では、カプラと実耳の差=( )が大きい為、対象児童の( )を考慮する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RECD、裸自利得

    解説

  • 33

    空欄を埋めよ:聴力の不確定さを考慮し、利得・最大出力音圧ともに( )に設定し、装用を開始する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小さめ

    解説

  • 34

    空欄を埋めよ:0~3か月児で見られる、四肢又は全身のびくつきの反射を( )反射という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モロー反射

    解説

  • 35

    空欄を埋めよ:0~3か月児で見られる、瞬目・閉眼・開眼などの反射を( )反射という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 眼瞼

    解説

  • 36

    空欄を埋めよ:0~3か月児で見られる、サッキング運動は( )反射という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吸啜

    解説

  • 37

    空欄を埋めよ:3~7か月児で見られる、泣く・動きの停止・覚醒などの反応を( )反応という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 驚愕

    解説

  • 38

    空欄を埋めよ:3~7か月児で見られる、集中して音に耳を傾ける反応を( )反応という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 傾聴

    解説

  • 39

    空欄を埋めよ:3~7か月児で見られる、( )の音源へ顔を向ける反応を定位反応という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左右

    解説

  • 40

    空欄を埋めよ:7~9か月児で見られる定位反応では、( )方向へ素早く定位する反応が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左右

    解説

  • 41

    空欄を埋めよ:7~9か月児で見られる詮索反応では、( )の音を探る反応が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下方向

    解説

  • 42

    空欄を埋めよ:9~16か月児で見られる定位反応では、( )方向を素早く定位する反応が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 左右下

    解説

  • 43

    空欄を埋めよ:9~16か月児で見られる詮索反応では、( )方向の音を探る反応が見られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 44

    間違いを指摘せよ:聴覚障害児の言語発達は「音韻」「形態」「統語」の3側面から評価をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「形式」「意味」「語用」の3側面から評価をする。

    解説

  • 45

    間違いを指摘せよ:日本語マッカーサー乳幼児言語発達質問紙は就学前の幼児に適応される検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生後2歳未満の乳児に適応される。

    解説

  • 46

    間違いを指摘せよ:津守・稲毛式乳幼児精神発達診断は、医師が解答する形式の発達質問紙である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保護者が解答する形式の発達質問紙

    解説

  • 47

    間違いを指摘せよ:乳幼児発達スケール(KIIDS)は、対象児に直接行う検査である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳幼児発達スケール(KIIDS)は保護者が解答する形式の検査である。

    解説

  • 48

    間違いを指摘せよ:聴覚障害児との対話では子どもの言語レベルを把握し、それより下のレベルで対話をするようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子どもの言語レベルを把握し、それに応じた、またはその一歩先のモデルを提示する。

    解説

  • 49

    間違いを指摘せよ:ウェクスラー系の知能検査では、聴覚障害児の結果のの傾向はVIQに比しPIQが劣る傾向がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PIQに比しVIQが劣る傾向がある。

    解説

  • 50

    空欄を埋めよ:前言語気の指導では親子の基本的( )が基礎となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コミュニケーション

    解説

  • 51

    空欄を埋めよ:あらゆる感覚を使用し、特に積極的に( )を利用してコミュニケーション関係を成立されることが目標となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 視覚

    解説

  • 52

    空欄を埋めよ:言語習得に必要な( )を形成させる。そのために、子どもをよく観察して子どものやり方やプロセスを尊重する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相互行為フレーム

    解説

  • 53

    空欄を埋めよ:STは子どものよき( )となり、子どもとコミュニケーションが成立する経験を増やす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コミュニケーションパートナー

    解説

  • 54

    空欄を埋めよ:STは子どもとコミュニケーションが成立する様子を保護者に提示し、( )な助言をする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実現可能

    解説

  • 55

    空欄を埋めよ→1:6~1:11児の構文は1語文で、獲得語彙数は( )語、コミュニケーションでは「( )」等がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1~50、ドッチ

    解説

  • 56

    空欄を埋めよ:2:1~2:10児の構文は( )語文、獲得語彙数40~400語、コミュニケ―ションはあいさつ等が可能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2~3

    解説

  • 57

    空欄を埋めよ:2:11~3:11児の構文は多語連鎖や( )、語彙獲得数は400~1000語、コミュニケーションは質問と応答がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従属文

    解説

    従属文:***だから***する。

  • 58

    空欄を埋めよ:4:1~4:11児のコミュニケーションは「ドレ」「( )」「ドウ」などがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドウシテ

    解説

  • 59

    空欄を埋めよ:5:1~5:11児の構文は従属文や( )、獲得語彙数は( )語、コミュニケーションは「( )」等。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複文、1500~2500、~ッテナニ

    解説

  • 60

    間違いを指摘せよ:乳幼児の聴力検査結果は信頼性が低い為、他覚的聴力検査結果を基に補聴器を調整する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自覚的聴力検査、他覚的聴力検査、聴性行動の結果を基に補聴器を調整する

    解説

  • 61

    間違いを指摘せよ:検査対象児の集中地蔵の為、聴力検査は短時間にリズミカルに行う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じ李ズうや店舗で刺激を呈示し続けると子どもが飽きてしまう

    解説

  • 62

    間違いを指摘せよ:協議の遊戯聴力検査は生活年齢3歳以上から実施可能である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検査の呈示の理解が出来る発達年齢でないと実施不可能

    解説

  • 63

    間違いを指摘せよ:骨導検査を実施する場合、両耳間減衰量が0~5dBであるため、幼児においても常にマスキングが必要となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マスキングにて気が散ってしまう幼児もいるので常に必要とは限らない

    解説

  • 64

    間違いを指摘せよ:乳幼児の検査では検査目的を理解し、協力を得る事が難しいが、遊び要素等は入れず淡々と行う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遊び要素を取り入れ、患者が楽しく取り組める工夫が必要である

    解説

  • 65

    間違いを指摘せよ:遊戯聴力検査での強化子は子どもの興味に合わせ、楽しく夢中になれる物を複数用意する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夢中になれるものではなく、検査に集中してもらえるような、ある程度の楽しさのものを用意する。

    解説

  • 66

    空欄を埋めよ:ABRは( )反応のことである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聴性脳幹

    解説

  • 67

    空欄を埋めよ:ABRは( )から( )の脳幹付近から得られる微小な電機変位を加算平均し、利用している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内耳神経、内側膝状体

    解説

  • 68

    空欄を埋めよ:ABRでは下丘等から得られる微小な電機変位を( )回前後加算する必要がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1000

    解説

  • 69

    空欄を埋めよ:ABRの刺激音には( )が用いられることが多く、( )Hzの音域を検査する事が出来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリック音、2000-4000

    解説

  • 70

    空欄を埋めよ:ABRは( )法で行い、最後まで( )波が出現する音圧を閾値とする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下降、Ⅴ

    解説

  • 71

    空欄を埋めよ:Ⅴ波の起源は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下丘

    解説

  • 72

    空欄を埋めよ:中枢性の聴覚障害であるAuditory neuropathyでは、OAEは( )だが、ABRで( )する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常、閾値上昇

    解説

  • 73

    空欄を埋めよ:ティンパノメトリーの結果のA型の診断名は( )( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正常聴力、感音難聴

    解説

  • 74

    空欄を埋めよ:ティンパノメトリーの結果のAd型の診断名は( )、鼓膜の萎縮である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳小骨離断

    解説

  • 75

    空欄を埋めよ:ティンパノメトリーの結果のAs型の診断名は( )、( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳硬化症、アブミ骨癒着

    解説

  • 76

    空欄を埋めよ:ティンパノメトリーの結果のB型の診断名は( )である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 滲出性中耳炎

    解説

  • 77

    空欄を埋めよ:ティンパノメトリーの結果のC型の診断名は( )、滲出性中耳炎である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 耳管狭窄症

    解説

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ