zuknow learn together

新しい教材を作成

解剖生理

カード 33枚 作成者: 森田梨絵 (作成日: 2016/09/24)

  • 発汗は節後繊維から効果器への伝達物質がアセチルコリンだが交感神経である ◯か×か

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    発汗は節後繊維から効果器への伝達物質がアセチルコリンだが交感神経である ◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 2

    エクリン汗腺には交感神経系が関与しており伝達物質としてノルアドレナリンが分泌される ◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アセチルコリン

    解説

  • 3

    糸球体から濾過されたグルコース。アミノ酸などは100パーセント再吸収される ◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 4

    一時脱水は主に水が失われた状態であり血しょうの浸透圧は下降する ◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 上昇する

    解説

  • 5

    ヘンレループの働きとしては尿の濃縮とイオンの分泌である◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 分泌ではなく再吸収

    解説

  • 6

    カルシトニンは破骨細胞の活性を上昇させて骨吸収を抑制させる◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 血中のカルシウム濃度低下作用や破骨細胞機能抑制作用があり、骨の形成を促進させる働きを持つため、骨粗しょう症の治療や高カルシウム血症の治療などに用いられる。 ★カルシウムを骨にシトシトくっつける!★

    解説

  • 7

    活性型ビタミンDは腎臓でのカルシウムの分泌を促進する ◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 腎臓は、カルシウムを体内に吸収させるのに必要な活性型ビタミンDをつくっています。 腎臓の働きが悪くなると活性型ビタミンDが低下し、カルシウムが吸収されなくなって骨が弱くなるなどの症状が出てきます。

    解説

  • 8

    甲状腺ホルモンはT3よりもT4のほうが活性がたかい◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × T4のほうが低い T3 ★3⇨トリオだから、 トリヨードサイロニン★ T4 サイロキシン T3(トリヨードサイロニン)細胞透過性が強く、T4の4~5倍の生物活性があり、また即効的です。

    解説

  • 9

    熱の出納のうち熱産生機構として身体活動や ふるえがある◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ 熱産生機構には、身体活動 特異動的作用 震え ホルモンの作用がある

    解説

  • 10

    熱産生機構でのホルモンで代表的なものを二つあげよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 甲状腺ホルモン アドレナリン(副腎髄質ホルモン)など

    解説

  • 11

    エリスロポエチンは肝臓で作られるホルモンである◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 腎臓

    解説

  • 12

    副交感神経の興奮によって唾液の分泌は抑制される◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ×

    解説

  • 13

    水溶性ホルモンの一つとして甲状腺ホルモンがある◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 脂溶性である 水溶性ホルモンはアミン型ホルモンとペプチドホルモン 脂溶性ホルモンはステロイドホルモン 甲状腺ホルモン(サイロキシン・トリヨードサイロニン) ステロイドホルモンの材料はコレステロール(脂質) 副腎皮質から分泌される、糖質コルチコイドとミネラルコルチコイド。 それから、性ホルモン(テストステロンとかエストロゲン) そして、もう1つの脂溶性ホルモンは甲状腺ホルモンです。甲状腺ホルモンである、サイロキシンとトリヨードサイロニンの材料は、チロシンとヨウ素 脂溶性ホルモンといえば、ステロイドホルモンと甲状腺ホルモン。

    解説

  • 14

    ANPはナトリウムの再吸収を抑制しナトリウムの排泄を増加させる◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ◯ ANP=心房性ナトリウム利尿ペプチド

    解説

  • 15

    膵臓のβ細胞からはインスリンが分泌される◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    副腎髄質ホルモンとしてはアドレナリンやノルアドレナリンがある◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 17

    副腎髄質ホルモンとを二つあげよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アドレナリン ノルアドレナリン

    解説

  • 18

    アドレナリン ノルアドレナリンは何ホルモンか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 副腎髄質ホルモン

    解説

  • 19

    エクリン汗腺には交感神経系が関与しており伝達物質としてノルアドレナリンが分泌される◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アドレナリン作動性

    解説

  • 20

    体温中枢のセットポイントが高温側にずれると悪寒や戦慄を生じることがある◯か×か

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    糸球体濾過の〇〇%は〇〇される ◯をうめる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 99%は再吸収される

    解説

  • 22

    クリアランス値を、求める式は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 尿中の濃度×1分間の尿量÷血漿ちゅうの濃度

    解説

  • 23

    気道の機能3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加湿機能 加温機能 防御機能

    解説

  • 24

    甲状腺機能亢進症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バセドウ病

    解説

  • 25

    甲状腺機能低下症

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クレチン病

    解説

  • 26

    交感神経が興奮すると心拍数はどうなるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 増加する

    解説

  • 27

    交感神経が興奮すると 瞳孔はどうなるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 散大する

    解説

  • 28

    交感神経が興奮すると消化管の機能はどうなるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑制される

    解説

  • 29

    交感神経が興奮すると気管支はどうなるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 弛緩する

    解説

  • 30

    近位尿細管で再吸収される電解質。3つ答える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナトリウム カリウム カルシウム

    解説

  • 31

    近位尿細管では、〇〇などは100パーセント再吸収されます 物質名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グルコース アミノ酸 ビタミンなど

    解説

  • 32

    脳下垂体後葉ホルモン2つあげよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バゾプレシン(antidiuretic hormon)ADH オキシトシン OXT

    解説

  • 33

    オキシトシンの作用は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 子宮収縮 射乳

    解説

56968

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ