zuknow learn together

新しい教材を作成

薬剤学

カード 27枚 作成者: 松ぼっくり (作成日: 2016/09/22)

  • 経口投与された薬物が吸収される過程はどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    経口投与された薬物が吸収される過程はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小腸→門脈→肝臓→全身循環系
    • 誤答選択肢 小腸→全身循環系→肝臓→門脈
    • 小腸→肝臓→門脈→全身循環系
    • 小腸→全身循環系→門脈→肝臓
    • 小腸→門脈→全身循環系→肝臓

    解説

  • 2

    薬物の生体膜透過機構のうち、トランスポーターを介するが、ATPの加水分解で産生されるエネルギーを必要としないのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 促進拡散
    • 誤答選択肢 単純拡散 
    • 一次性能動輸送
    • 二次性能動輸送  
    • 膜動輸送

    解説

  • 3

    薬物の血漿タンパク結合の測定に際し、非結合形薬物を分離する方法として、一般的なのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 限外ろ過法
    • 誤答選択肢 溶媒抽出法   
    • 塩析法 
    • 再結晶法
    • 逆浸透法  

    解説

  • 4

    ヒトの肝臓において、薬物の酸化、還元、加水分解、抱合の全ての代謝反応が行われる細胞内小器官はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小胞体
    • 誤答選択肢
    • ゴルジ体  
    • ミトコンドリア
    • リソソーム

    解説

  • 5

    主として未変化体のまま体内から尿中に排泄されるのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲンタマイシン 
    • 誤答選択肢 テオフィリン
    • ニフェジピン
    • フェニトイン
    • リドカイン

    解説

  • 6

    水酸化アルミニウムを含む制酸剤とともに経口投与すると、キレートを形成して吸収が低下するのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノルフロキサシン 
    • 誤答選択肢 オメプラゾール 
    • フェノバルビタール
    • リボフラビン
    • ワルファリン

    解説

  • 7

    薬物を除去する能力を表すパラメーターで、血流速度と同じ単位を持つのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリアランス
    • 誤答選択肢 分布容積
    • 消失半減期
    • 消失速度定数
    • 血中濃度−時間曲線下面積

    解説

  • 8

    Fickの第一法則に従う膜透過において、薬物の透過速度と反比例するのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 膜の厚さ
    • 誤答選択肢 ドナー側(高濃度側)の薬物濃度
    • レシーバー側(低濃度側)の薬物濃度
    • 薬物の拡散係数
    • 薬物の膜への分配係数

    解説

  • 9

    単純拡散による薬物の生体膜透過に関する記述のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脂溶性薬物は、水溶性薬物と比べて透過性が高い。
    • 誤答選択肢 イオン形薬物は、非イオン形薬物と比べて透過性が高い。
    • 高分子薬物は、低分子薬物と比べて透過性が高い。
    • 透過速度はMichaelis-Menten式で表される。
    • 構造類似薬物の共存により、透過速度が低下する。

    解説

  • 10

    弱酸性藥物の単純拡散による消化管吸収に及ぼす管腔内 pH の影響として正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • pH が低下すると分子形分率が上昇し、吸収が増加する。
    • 誤答選択肢 pH が低下すると分子形分率が低下し、吸収が増加する。
    • pH が低下すると分子形分率が低下し、吸収が減少する。
    • pH が低下すると分子形分率が上昇し、吸収が減少する。
    • pH の変化によって、吸収は変化しない

    解説

  • 11

    肝初回通過効果を受ける可能性が高い投与経路はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経口投与
    • 誤答選択肢 舌下投与
    • 経皮投与
    • 経肺投与  
    • 経鼻投与

    解説

  • 12

    胃内容排出速度を上昇させる薬物はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メトクロプラミド
    • 誤答選択肢 アトロピン
    • イミプラミン 
    • プロパンテリン
    • モルヒネ

    解説

     アトロピン,イミプラミン,プロパンテリン,モルヒネは抗コリン作用がある。  腸管において抗コリン薬は、運動低下を引き起こす。  その結果、胃内容排出速度は低下する。  メトクロプラミドは、D2 受容体遮断薬。  脳幹の消化管中枢に作用することで、消化器の運動を改善する。  その結果、胃内容排出速度は上昇する。

  • 13

    血液脳脊髄液関門の実体を形成している細胞はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脈絡叢上皮細胞
    • 誤答選択肢 神経細胞
    • 毛細血管内皮細胞
    • アストロサイト
    • 周皮細胞

    解説

  • 14

    薬物の血漿タンパク結合の解析に用いられる式はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Langmuir 式
    • 誤答選択肢 Henderson - Hasselbalch 式 
    • Augsberger 式 
    • Arrhenius 式 
    • Cockcroft - Gault 式

    解説

  • 15

    アルブミンに最も結合しやすいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワルファリン
    • 誤答選択肢 イヌリン 
    • ゲンタマイシン  
    • クレアチニン 
    • リチウム

    解説

    アルブミンは、血中で最も大きな割合を占めるタンパク質。  アルブミンには、大きく3つ薬物結合サイトが存在する。  サイト I は、ワルファリンサイト。  ここには、ワルファリン、フロセミド、インドメタシン、フェニトイン、トルブタミドなどの薬物が結合する。  サイト II は、ジアゼパムサイト。  ここには、ジアゼパム、フルルビプロフェン、イブプロフェンなどの薬物が結合する。  サイト III は、ジギトキシンサイト。  ここには、ジギトキシンや、ジゴキシンなどの薬物が結合する。  これらのサイトに結合する薬物は、比較的、アルブミンとの結合率の高い。  よって選択肢の中からこれらのサイトに結合する薬を選ぶと、ワルファリンとなる。

  • 16

    グルクロン酸抱合反応に関する記述のうち誤っているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • UDP - グルクロン酸転移酵素により触媒される。
    • 誤答選択肢 シトクロムP450による酸化的代謝物にのみ起こる。
    • UDP-グルクロン酸が必要である。
    • 薬物のフェノール性水酸基にも起こる。
    • 主に細胞のミクロソーム画分に活性がある。

    解説

  • 17

    遺伝子多型により、イソニアジドの体内動態に大きく影響を及ぼす代謝酵素はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NAT2
    • 誤答選択肢 CYP1A2  
    • CYP2C19  
    • CYP2D6
    • UGT1A1  

    解説

  • 18

    種々のシトクロム P450 分子種の発現を誘導する代表的な薬物はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェノバルビタール
    • 誤答選択肢 イトラコナゾール 
    • エリスロマイシン
    • セファレキシン
    • シメチジン  

    解説

  • 19

    腎尿細管上皮細胞刷子縁膜に存在し藥物の尿細管分泌に関与する一次性能動輸送体はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • P-糖タンパク質
    • 誤答選択肢 H+/ペプチド共輸送体
    • Na+,K+ - ATPase
    • H+/有機カチオン逆輸送体
    • Na+/グルコース共輸送体

    解説

  • 20

    腸肝循環を受けやすい薬物はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラバスタチン 
    • 誤答選択肢 リチウム  
    • ゲンタマイシン
    • セファレキシン
    • アシクロビル

    解説

  • 21

    薬物の尿中排泄に重要な働きをする腎小体を糸球体とともに構成しているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボーマン嚢  
    • 誤答選択肢 ヘンレ係蹄
    • 集合管
    • 近位尿細管
    • 遠位尿細管

    解説

  • 22

    プロベネシドの併用によってメトトレキサートの血中からの消失が遅延する主要な原因はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎排泄の阻害
    • 誤答選択肢 肝代謝の阻害
    • 肝取り込みの阻害
    • 血漿タンパク結合の阻害
    • 脳移行の阻害

    解説

  • 23

    フェロジピン服用患者が避けるべき飲食物はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グレープフルーツジュース  
    • 誤答選択肢 牛乳
    • コーヒー 
    • ブロッコリー 
    • 納豆

    解説

    CYP 3A4 で代謝されるためグレープフルーツジュース(GFJ)摂取を避ける。  牛乳 →テトラサイクリン系、ニューキノロン系  コーヒー → ジアゼパム、テオフィリン  ブロッコリー → ワルファリン  納豆 → ワルファリン が、相互作用として知られています。

  • 24

    ある薬物が併用薬物の体内動態を変動させる要因のうち併用薬物の血中濃度を低下させるのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 腎尿細管再吸収の阻害 
    • 誤答選択肢 消化管吸収の促進
    • 肝代謝酵素の阻害
    • 胆汁排泄の阻害
    • 腎尿細管分泌の阻害

    解説

  • 25

    薬物の経口投与時における バイオアベイラビリティを増加させるのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 肝臓における薬物代謝酵素の阻害
    • 誤答選択肢 肝臓における胆汁中排泄の促進
    • 消化管内での溶解性の低下
    • 小腸上皮細胞における膜透過性の低下
    • 小腸上皮細胞における薬物代謝酵素の誘導

    解説

  • 26

    薬物動態が線形モデルに従うとき、投与量に比例するパラメータはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 血中濃度時間曲線下面積
    • 誤答選択肢 吸収速度定数  
    • 消失半減期
    • 全身クリアランス  
    • 分布容積

    解説

  • 27

    体内動態が 線形 1 - コンパートメントモデルに伴う薬物において 全身クリアランスと分布容積がともに2 倍に上昇すると消失半減期はどうなるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 変化しない
    • 誤答選択肢 4 倍になる。 
    • 2 倍になる。
    • 1/2 倍になる。
    • 1/4 倍になる。

    解説

56724

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ