zuknow learn together

新しい教材を作成

人体

カード 53枚 作成者: さき (作成日: 2016/09/21)

  • ICIDHは、生活機能(プラス面)に焦点を当て、ICFとは、障害(マイナス面)に焦点を当てた。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

覚えたい分野
人体の主な器官 人の成長 加齢
高齢者に多い疾病
DSM-5
ICF

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ICIDHは、生活機能(プラス面)に焦点を当て、ICFとは、障害(マイナス面)に焦点を当てた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × ICIDHは障害(マイナス面) ICFは生活機能(プラス面) ICFはICIDHの改訂版

    解説

  • 2

    ICFは障害の人だけではなく、すべての人の健康状態を分類する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 3

    通勤できずに働けないのは、活動制限である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 通勤できず働けないのは参加制約 参加制約とは、社会に参加する際に経験する困難

    解説

  • 4

    社会福祉士が専門性を発揮できる主要な領域は、個人因子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 個人因子は、年齢、性別、生活歴など 正解は、環境因子 環境因子とは、物的環境(住宅、福祉用具)、人的環境(家族、介護者)

    解説

  • 5

    健康とは、完全に身体、精神、及び社会的に良い状態であることを意味し、病気や虚弱ではないこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 単に病気でないとか、虚弱でないということではない。と定義されている

    解説

  • 6

    アルマ・アタ宣言では、ヘルスプロモーションの概念が提唱された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × アルマ・アタ宣言ではプライマリ・ヘルスケアが提唱 ヘルスプロモーションとは、オタワ憲章で提唱。 →プロモーションオワタ(太ってる)で覚えましょう

    解説

  • 7

    ヘルスプロモーションとは、人々が自らの健康をコントロールし、改善できるようにするプロセスである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    国民健康づくり対策の第二次では、栄養に重点を置いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 栄養に重点を置いたのは、一次 二次は、運動習慣の普及に重点を置いた

    解説

  • 9

    健康日本21とは、21世紀における国民健康づくり運動のことで、生活の質向上のみを実現することを目標とした。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 生活の質向上だけでなく、壮年期死亡の減少、健康寿命の延伸

    解説

  • 10

    健康寿命とは、健康上の問題で日常生活に制限されることなく生活できる期間のことである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 11

    健康日本21の1次予防とは、早期発見早期治療である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 一次予防は、健康の増進 発病予防

    解説

  • 12

    健康増進法法には、学校、体育館、病院、その他多数の者が利用する施設を管理する者は受動喫煙を防止するための措置を講じなければならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 必ずしも講じるのではなく、あくまで努めることが規定されている。

    解説

  • 13

    脳の重量は、出生時は、成人の25%であり、6歳て成人の90%を超える

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    リンパ系の器官は、幼児期に最も発達する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 12歳前後

    解説

  • 15

    生殖器系の器官は、思春期に発育する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 16

    加齢とともに体重から体脂肪量を差し引いた除脂肪体重が増加する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 減少

    解説

  • 17

    流動性知能は加齢によっても低下しにくいが、結晶性知能は加齢と共に衰退する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 説明が反対

    解説

  • 18

    流動性知能は、言語や知能に適応される能力で、新しい環境に適応したり、新しいことを学習したりする能力に関係する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 言語や知能に適応される能力は、結晶性知能 新しい環境に適応したり、新しいことを学習したりする能力に関係するは、流動性知能

    解説

  • 19

    流動性知能は、ウェクスラーの言語性知能に近く、結晶性知能は、ウェクスラーの動作性知能に近い

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 説明が反対

    解説

  • 20

    加齢に伴う主な身体的変化で、聴力の低下は、高い音から始まり、視覚では、視力の低下や視野狭窄がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 21

    嚥下時には、喉頭蓋が閉じることにより誤嚥を防止しているため、呼吸のために開くことはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 呼吸のために開く

    解説

  • 22

    大脳の後頭葉と側頭葉は、聴覚の中枢である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 聴覚の中枢は、側頭葉 後頭葉は、視覚の中枢

    解説

  • 23

    大腸は、水分を吸収し調整し、腸絨毛によって栄養素を効率よく吸収している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 大腸は、水分を吸収し調整する 腸絨毛によって栄養素を効率よく吸収しているのは、小腸

    解説

  • 24

    血管、消化管、気管支には、平滑筋が分布しており、自律神経によって不随意にコントロールされているが、心臓の横紋筋は意識的に動かしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 心臓の横紋筋も、自律神経によって支配され、意識して動かすことはできない

    解説

  • 25

    アルツハイマー型認知症は、幻視も特徴的な症状である、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × この説明は、レビー小体型認知症

    解説

  • 26

    アルツハイマー型認知症では、記憶障害のみ生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 見当識障害、感情の平板化等も生じる

    解説

  • 27

    脳血管性認知症では、まだら認知症が特徴的な症状である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 28

    レビー小体型認知症は、感情失禁が特徴的な症状である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 幻視が特徴的な症状である。 感情失禁が特徴的な症状であるのは、脳血管性認知症

    解説

  • 29

    高次脳機能障害の原因の1つに、アルツハイマー型認知症があげられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 脳血管性認知症

    解説

  • 30

    全失語は、運動性失語と感覚性失語と健忘性失語と伝導性失語の4つの障害により起こる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 全失語は、運動性失語と感覚性失語の両方の障害によって起こる

    解説

  • 31

    健忘性失語は、物の名前を思い出せなくなる失語であり、聞いた言葉は理解できるので障害としては軽度である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 32

    脳血管性認知症は、高血圧などの生活習慣病が原因となっていることが多い

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 33

    自閉症の症状は、3歳くらいに現れ、精神遅滞を伴うのは3割である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 精神遅滞を伴うのは、7から8割

    解説

  • 34

    リハビリテーションには、教育、医学、職業、社会の領域の組み合わせである

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 35

    健康日本21では、一次予防に早期発見、早期治療と、上げている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 早期治療と早期発見は、二次 一次予防は、健康の増進、発病予防

    解説

  • 36

    健康日本21の最終評価の結果、改善傾向であるが、60パーセントを占め、悪化している言う結果は見られなかった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 悪化15パーセントあり。

    解説

  • 37

    出生時に存在し、生後約4から5ヶ月に消失する反射を原始反射といい、原始反射は、養育者や対象物の相互作用により獲得され、生得的な行動でない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 養育者や対象物の相互作用により獲得されるものではなく、生得的な行動である

    解説

  • 38

    生後6ヶ月頃から喃語を話し、2歳頃にに有意語を話す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 有意語は、12ヶ月頃

    解説

  • 39

    二語文を話すようになるのは、3歳頃である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 一歳半から2歳ごろ

    解説

  • 40

    大泉門とは、全頂骨と前頭骨の間にある骨化していない部分であり、生後約一年半で自然に閉鎖する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 41

    5歳以上の子供の睡眠中の間欠的な尿漏れを夜尿症といい、6歳児の約50パーセントに見られ、男児に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 約15パーセント

    解説

  • 42

    脳や感覚器官などの神経系は、4から5歳で成人の約80%まで急激に成長する

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 43

    老化は、環境因子と遺伝因子に影響を受けており、特に遺伝因子に大きく左右され、生理的機能の低下は、老化が進むほど個人差が大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 特に環境因子に大きく左右されます

    解説

  • 44

    生理的老化は40歳から50歳から徐々に生じ、不可逆的で全ての人に共通して起こる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 20歳から30歳頃から

    解説

  • 45

    身体的変化として、各器官全般における回復力、予備力、防御力、適応力の低下をきたす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 46

    廃用症候群とは、動かない状態が続くことで、高齢者の寝たきりの原因として、脳血管障害や、転倒骨折等の割合が大きいが、認知症は、原因となることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 認知症も原因の1つ

    解説

  • 47

    廃用症候群とは、身体機能だけであって、精神神経機能の低下は含まない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 心理的荒廃や認知症化などの精神神経機能の低下も含む

    解説

  • 48

    体液は、細胞内液と細胞外液からなり、人体の80パーセントを占める

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 60パーセント

    解説

  • 49

    人体の恒常性により、外部からのものを摂取しても体液内の電解質の組織や体液の量は一定に保たれることはない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 保たれる

    解説

  • 50

    体液が不足することを脱水といい、高齢者によく見られる、身体症状を生じるが、意識障害などの神経症状をきたすこたは、あまりない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 神経症状をきたすことも多い

    解説

  • 51

    血液は、固形成分である、血球と液体成分である血漿に分けられ、血漿は、骨髄で作られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 骨髄でつくられるのは、血球

    解説

  • 52

    赤血球は、呼吸により肺胞から取り入れた酸素を全身に運ぶ役割担っているが、成分は、血色素(ヘモグロビン)である

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 53

    リンパ球には、細胞性免疫及び液性免疫に関わるB細胞と、液性免疫に関わるT細胞がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • × 説明が反対

    解説

56981

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ